朝鮮半島情勢が急激に動き始めました。好むと好まざるにかかわらず、韓国は日本の敵対国になる可能性が高まって来たと私は考えています。そこで、本日は現時点までの情報をもとに、おもに平昌(へいしょう)冬季五輪の出来事を整理しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

急激に動き始めた半島情勢

平昌五輪開会式で米韓関係は根底から覆る

韓国・平昌(へいしょう)で9日夜、冬季五輪の開会式が行われました。

これについては一昨日、当ウェブサイトでも「速報」としてお伝えしたとおり(※)、米韓関係と日韓関係が根底から覆りかねない出来事だったと思います。

ただ、不思議なことに、日本国内の主要メディアは、あまりこの平昌五輪の話題に深く触れておらず、また、報道では重要なポイントを外してしまっています。

そこで、本日は現段階で入手できる情報をベースに、これからの「東アジア新秩序」について考察を加えておきたいと思います。

象徴的なショット

ただ、細かい議論に入る前に、「平昌五輪開会式とは何だったのか」がわかる、非常に優れた写真を紹介したいと思います。

私自身のツイートで恐縮ですが、重要なのはそのリンク先にある、時事通信の写真です。

時事通信はこの写真に「手を振る韓国大統領と北朝鮮高官ら」というキャプションを付けていて、本文ではこの写真が、開会式で南北朝鮮の選手団が合同で入場している場面であることを説明しています。

しかし、重要な点は、そこではありません。

日本の安倍晋三総理、米国のマイク・ペンス副大統領夫妻の3人が、ニコリともせず、仏頂面で座ったままだ、という点でしょう。

私が探した限り、わが国のメディアでこの決定的瞬間を報じていたのは時事通信くらいなものでしたが、英字メディアではこのシーンは大きく取り上げられています(たとえば、次のタイムの記事では、安倍総理が写っていないことを除けば、ほぼ同じ写真が掲載されています)。

Mike Pence’s Bid to Isolate North Korea at Olympics Falls Flat(2018/02/10付 TIMEより)

おそらく、この1枚が、平昌冬季五輪の開会式を契機に、すっかり変質してしまった米韓関係、日韓関係、そして南北朝鮮関係を象徴するものだといえるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



平昌五輪は「さよなら韓国」

大きく3つの行事

首相官邸のホームページによると、安倍総理の今回の訪韓では、

  • 安倍総理が韓国に到着し、文在寅氏と会談
  • 文在寅氏が主宰するレセプション(兼夕食会)に参加
  • 平昌五輪開会式に出席

という、大きく3つの行事をこなしました。

そして、この3つの行事を軸に、安倍総理、マイク・ペンス米副大統領、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の3者の動きを追いかけていけば、それだけで、今後の朝鮮半島の将来図が、おぼろげながら見えてきます。

どうして既存のメディアがこれに深く触れないのか、私には疑問でならないのですが、それはともかく、先に論点をまとめておきましょう。

まずは、日韓首脳会談について、です。

首相官邸の公式発表をベースにすれば、安倍総理が日韓首脳会談で話した内容は、次のとおりです(ただし、私の文責で要約し、箇条書きに変更しています)。

  • 首脳会談の冒頭、安倍総理は文在寅大統領に対して、日韓合意について、最終的かつ不可逆的に解決したとの合意であるとする日本の立場について明確・詳細に伝達した
  • アジアで開催される平昌五輪の成功に日本としても最大限協力していきたいが、この瞬間も北朝鮮は、核・ミサイル計画を執拗に追求し、開発を続けている
  • 北朝鮮に政策を変更させ、北朝鮮の側から対話を求めてくるよう、国連安保理の制裁決議を全ての加盟国が遵守し、圧力を最大限まで高めていく必要がある点については日米で完全に一致している
  • 日韓米3ヵ国の強固な協力関係は、決して揺らぐことはない

この安倍総理の発言だけを信じるならば、以前から日米両国が主張し続けていることを繰り返しただけであり、新鮮味は全くありません。

しかし、詳細をよく読んでみれば、たとえば

日米韓3ヵ国協力

という単語と、

日米両国

という単語が、微妙に使い分けられていることに気付きます。

つまり、「慰安婦合意が揺らがない」、「現在のところは北朝鮮に(対話ではなく)圧力を加えなければならない」という2つの事項を文在寅氏に突き付け、このいずれが破られたら、その瞬間、韓国は日米の敵国になる、という「脅し」が含まれているのです。

ハンギョレ「文在寅氏は『内政干渉』と反発」

それだけではありません。

韓国のハンギョレ新聞に、非常に重要な記事が掲載されています。

文大統領、韓米訓練の進行を主張した安倍首相に「内政干渉」と一針(2018-02-11 07:52付 ハンギョレ新聞日本語版より)


(※余談ですが、記事タイトルの「一針」とは意味不明ですが、もしかするとハンギョレ新聞は「一蹴」と書きたかったのかもしれません。)

ハンギョレ新聞によると、韓国大統領府の高官が10日、記者団に対し、前日の安倍総理と文在寅氏の「非公開会談の内容を紹介」(!)し、次のやり取りがなされたと述べたのです。

安倍「オリンピック以後が峠だ。非核化に対する北朝鮮の真摯な意志と具体的行動が必要だ。韓米軍事演習を延期する段階ではない。韓米合同軍事演習は予定通りに進めることが重要だ

文「安倍首相のお言葉は北朝鮮の非核化が進展する時まで韓米軍事演習を延期するなという言葉と理解する。しかし、この問題は私たちの主権の問題で、内政に関する問題だ。首相がこの問題を直接論じてもらっては困る

私は一昨日の記事の中で、「米韓合同軍事演習の再開については、首相官邸の公式発表からは確認できなかった」と申し上げましたが、これは単に首相官邸が公式発表していなかっただけであり、安倍総理はきちんと韓国側に伝えていた、ということです。

本来なら外交機密の範疇に属すべき内容を、わざわざ記者団に対し、首脳会談の翌日にペラペラしゃべってしまうという韓国政府高官の行動も驚きですが、文在寅氏がこれに対し「内政干渉だ」と反発したと述べてしまうことも、韓国の国益を大きく損ねる行為です。

「安倍訪韓」の目的は日米結束を示すため

つまり、安倍総理が公式に明らかにしなかった「平昌五輪後の米韓軍事演習再開要求」という話題を、韓国政府側が記者団に対して漏らしたということ自体、もはや日韓関係と米韓関係が持たない証拠でしょう。

ただ、それと裏返しですが、日米の結束がかつてないほど強まっているのも、また事実です。

よく日本が「アメポチだ」(つまり米国の飼い犬だ)、と揶揄する人もいるのですが、話はまったく逆です。日本は今回の安倍総理の訪韓によって、米国に対して極めて強い「貸し」を作った格好となったからです。

文在寅氏は安倍総理の発言に「内政干渉だ!」と反発したそうですが、おそらく前日のペンス副大統領との会談でも、文在寅氏は同じことを要求されていたはずです。

韓国(と北朝鮮)からすれば、「米国だけを敵に回す」のと、「日米を揃って敵に回す」のとでは、その恐怖はまったく別次元のものとなります。なぜなら、日米が足並みをぴったりと揃えば、軍事、経済、金融と、あらゆる面で韓国(と北朝鮮)に強大な圧力を掛けることができるからです。

もっとも、今回、安倍総理が文在寅氏に米韓合同軍事演習再開を求めたことで、韓国にとっては、逆にこの演習の再開が困難になった、という事情もあるかもしれません。

なぜなら、平昌五輪後に演習を再開したら、「日本の総理大臣に命じられてそれを再開した」という批判が、文在寅氏に対して突き刺さる可能性もあるからです。

その意味で、日韓首脳会談の内容をわざわざ記者団に対して漏らしたことは、結果的に韓国を窮地に追いやることになりそうです。

レセプションへの「遅刻」が意味するもの

日韓首脳会談が終了後、舞台はレセプションに移ります。

一昨日の記事でも紹介しましたが、文在寅氏が主宰した、開会式当日のレセプション兼晩餐会については、安倍総理とペンス副大統領が、揃って遅刻しました。

朝鮮日報の報道によれば、レセプションで文在寅氏は外国の来賓の歓迎行事を行い、また、歓迎のあいさつで

平昌五輪でなかったら一堂に会するのが難しかった方々もいる。私たちが一緒にいるという事実そのものが、世界の平和に向けて一歩踏み出す貴重なスタートとなるだろう

と述べたのだそうですが、その挨拶が行われているあいだ、肝心の安倍総理とペンス副大統領が、その場にいなかったというのです。

しかも、ペンス副大統領はレセプションをわずか5分で退席。日・米・中・北朝鮮の各国の代表を1つのテーブルに就かせて食事をさせようとした文大統領の計画も失敗に終わった格好です。

これについて朝鮮日報は

ペンス副大統領は当初、北朝鮮代表団と動線が重ならないようにしてほしいと韓国政府に要請しており、このレセプションでも金永南氏と同じテーブルに就くことはできないとの意向を事前に伝えていた

と伝えていますが、この報道が事実であれば、韓国は「だまし討ち」でペンス氏を北朝鮮代表者と同席させようとしたことになります。そして、ペンス副大統領の行動からは、怒りがひしひしと伝わってきます。朝鮮日報は

ペンス副大統領は金永南氏とどのような形の接触でも拒否するという意思を表明したものと受け止められている

と評していますが、実際には「北朝鮮との同席を拒否する」どころか、「もう韓国の文在寅氏には、何を言っても無駄だ」と悟ったのかもしれません。

性懲りもなく開会式で北朝鮮に接触させようとする

いずれにせよ、あの温厚な性格のペンス氏がレセプションを途中退席したくらいですから、米韓同盟を破棄したくなければ、文在寅氏はただちに非礼を詫びなければなりませんでした。

しかし、文在寅氏がその後、取った行動は、さらに信じられないものでした。

それこそが、冒頭に紹介した、あの「象徴的なショット」なのです。


写真を見て頂ければ分かりますが、安倍総理とペンス副大統領夫妻は文在寅氏らと同じ列に並んでいますが、その真後ろに、金永南(きん・えいなん)最高人民会議常任委員長、金与正(きん・よしょう)朝鮮労働党中央委員会第1副部長(独裁者・金正恩=きん・しょおん=の実妹)が座っています。

こんなことをされてしまえば、合理的に判断するならば、もはやトランプ政権としても、「文在寅を相手にせず」と決断せざるを得なくなったのではないでしょうか?

「鉄の結束の日米」対「北朝鮮に流される韓国」

平昌五輪の意義をヒトコトで表現すれば、「さよなら韓国」、だと思います。

わずか1日の出来事で、日米両国と韓国との間に、誰の目にも明白な亀裂が存在していることが、全世界に明らかになりました。

それだけではありません。

今回の出来事は、日米両国が「鉄の結束」を示した格好だともいえます。なぜなら、昨年11月に訪韓したドナルド・トランプ大統領、今回のペンス副大統領は、いずれも訪韓前に日本に立ち寄っているからです。

今後、韓国がどこに「漂流」していくのかはわかりませんが、そんな韓国など放っておいて、強力に結びついた日米両国がしっかりと危機に対処する覚悟を固めるという意味では、良い機会になったと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米国は韓国の裏切りを許さない

え?文在寅氏が訪朝へ!?

ペンス副大統領は今回、韓国から完全にコケにされた格好となっていますが、その韓国では、金正恩の実妹である金与正が10日に文在寅氏と会談。その席で、文在寅氏に包丁を呼び掛けたそうです。

【平昌五輪】/北「確固たる意志で決断を」と文在寅氏に迫る 9月の建国70年までの韓国取り込み想定か(2018.2.11 21:18付 産経ニュースより)

正直、この短い期間に、ここまで急激な動きがあるとは驚きです。

これについて、今のところ米国政府は平静を装っており、ホワイトハウスは韓国・聯合ニュースに対し、「北朝鮮に対する統一した対応を巡り、韓国側と緊密に連絡を取っている」と述べたそうです。

米ホワイトハウス 正恩氏の文大統領訪朝要請に「韓国と緊密に連絡」(2018/02/11 09:58付 聯合ニュース日本語版より)

ただ、ホワイトハウスの内心は怒り狂っているのではないでしょうか?

文在寅氏がこの招聘に応じて北朝鮮に行けば、「日米韓3ヵ国連携」の枠組みは終了します。平昌五輪の初日だけでも、すでに手遅れではないかという気もしますが、日米両国政府に辛うじて残っている「日米韓3ヵ国連携」というお題目が、木端微塵に破壊されることは間違いありません。

韓国が1948年の建国以来、一貫して米国によって国土を守ってもらいながら、その末裔たる文在寅氏が、いまや自ら独立を放棄し、北朝鮮に国土を差し出そうとしているのです。

米国にとってみれば、これは深刻な裏切りです。

「軍事クーデター?無理でしょ。」

米国はこのまま、韓国・文在寅政権を好きにさせるのでしょうか?

私は、そうは考えません。米国としては、「裏切り者」である韓国に、何らかの制裁を加えることになると思います。

その制裁が何なのか、今はまだわかりません。

もしかすれば、韓国の軍部をけしかけて、文在寅政権を倒すという「軍事クーデター」を起こさせ、韓国で成立する「軍事独裁政権」を全面的にバックアップする、という構想もあるのかもしれません。

しかし、私が現在提唱する「朝鮮半島の6つのシナリオ」からは、この「軍事クーデター」という可能性を排除しています。なぜなら、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が倒れたことに、韓国の民意がある程度反映されていると思われていることを受けて、韓国の軍部は、「韓国の民意」を敵に回すだけのリスクを取れないからです。

そうなれば、米国が韓国に「制裁」を加える手段はただ1つ――「米韓同盟の破棄」、なのです。

日本の憲法改正が正念場

では、米国が仮に米韓同盟を破棄するならば、それはいつのことでしょうか?

少なくとも、米国が朝鮮半島から軍を引き揚げても良くなるタイミングを待つ必要があります。「朝鮮半島が米軍にとっての地政学的な重要性を失うタイミング」、と言い換えても良いでしょう。

そのタイミングとは――日本が自主防衛できる体制を構築したとき、です。

それを見極めるうえでも、早ければ今年にも発議されると見られる憲法改正の動向が大切です。

朝鮮半島問題も中国の海洋進出問題も、あるいはロシアの千島・樺太不法占拠問題にしても、いずれも、日本国憲法という「国を守ることを許さない殺人憲法」の問題に行きつくのです。

朝鮮半島情勢が急激に動き始めたいま、私たち日本人には、こうした内外情勢の危機を憲法と日本の問題について深く考え、正しく行動するきっかけにつなげていくことが求められているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。