早いもので、今日から2月です。月初めにあたり、私なりの「今月の着眼点」を示しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国がどんどん離れていく!

いま、東アジア外交から目が離せない!

私自身はジャーナリストではありませんが、当ウェブサイトは偉そうに(?)「政治経済評論」と名乗っています。

私が政治経済について議論する理由は『ビジネスマンのセンスで外交青書を読む』や『ビジネスマンと政治経済評論』などで説明したとおりなので、ここでは繰り返しません。要するに、政治も経済も、ビジネスマンのセンスで眺めたら説明が付くことが多い、ということです。

こうした中、最近、非常に興味深いのが外交分野です。

年初来、当ウェブサイトでも外交(とくに朝鮮半島)に関する話題が続いているのは、ごく近いうちに(早ければ今年中にも)、東アジアで歴史に残るような動きが見られるのではないかという、私なりの期待感によるものです。

日本の安全を海から脅かす4ヵ国

外交の中でも、とくに動きが大きい分野といえば、なんといっても朝鮮半島に関する話題です。

地図を広げてみればわかりますが、日本は四方を海に囲まれています。本来はわが国の固有の領土である南樺太にはロシアとの国境がありましたが、現在、南樺太はロシアによって不法占拠されている状況にあり、また、日本政府も南樺太に対する領土的請求をしていないため、結果的にわが国と陸路で国境を接している国はありません。

これは、本来であれば、国防上、非常に有利な立場にあります。なぜなら、大規模な国境警備隊を持つ必要がないからであり、国境警備のすべての資源を海上自衛隊、海上保安庁に費やすことができるからです。

(※余談ですが、日本が現在、海上自衛隊と海上保安庁にカネを掛けているかといわれれば、かならずしもそうとはいえません。言うまでもなく、財務省の財政再建原理主義が、国防の世界にも悪影響を与えているのです。)

ただ、そんな日本が国防上、関心を払わざるを得ない国が、4つあります。

言うまでもなく、ロシア、中国、北朝鮮、――そして韓国です。

これらの国は日本と直接、陸路で国境を接している訳ではありませんが、海上ではそれほど離れておらず、現に我が国の排他的経済水域内における漁民らの不法操業や、公船や戦闘機の領空・領海侵犯などは、きわめて頻繁に行われています。

内閣府が毎年実施している『外交に関する世論調査』をもとに、日本国民が北朝鮮を除く3ヵ国に対して、どのような感情を抱いているかを眺めてみましょう(図表1~3)。

図表1 日本人の中国に対する感情の推移

図表2 日本人のロシアに対する感情の推移

図表3 日本人の韓国に対する感情の推移

(【出所】図表1~3とも、内閣府「外交に関する世論調査」をもとに、著者作成)

これを見れば、日本人の中国、ロシア両国に対する感情は酷く、大多数の人が親しみを感じていないことが明らかです。

韓国への不思議な親近感

中国と北朝鮮は、明確に日本と体制が異なる国であり、「仮想敵国」、あるいは「敵国」として位置付けることができるため、整理しやすいでしょう。

また、ロシアも見た目こそ民主主義国家ですが、実質的にはウラジミル・プーチン大統領による独裁国家に近く、契約や人権、自由主義などの価値が通用しない国として理解されています。それに、日本の領土を不当に占領して返さないふてぶてしい国でもあるとして、日本人の多くがロシアを嫌っているであろうことは容易に想像がつく点です。

ところが、韓国については、日本人の6割が「親しみを感じない」と答えている一方で、4割もの人が、依然として親しみを感じているのです。

私のような「韓国ウォッチャー」の立場からすれば、あの国のどこに「親しみを感じる」要素があるのか、不思議でなりません。それなのに、4割もの人がなぜ、韓国に親しみを感じているのかでしょうか?

あるいは、先月末に実施された日本経済新聞社による世論調査でも、安倍総理の平昌五輪開会式出席を巡っても、55%もの人が「出席すべき」と答えたとされています。

内閣支持上昇55% 本社世論調査、「脱時間給」は拮抗(2018/1/28 22:00付 日本経済新聞電子版より)

もちろん、誤報が多い日経の報道なので、この結果をシンプルに信頼して良いのかどうかは微妙なところです。しかし、過半数の人が安倍総理の訪韓を支持しているというのは、私にとっては意外というほかありません。

しかし、4割の人が韓国に親近感を抱いているという、「外交に関する世論調査」との兼ね合いで考えるならば、日本では少なくない人が韓国に依然として強い親近感を抱いていて、友邦として信頼しているのではないか、とする仮説が成立する余地があるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



法治主義と三権分立を無視する国

前任大統領が訴追される国

あくまでも私見ですが、韓国については、どうもわが国の常識で考えてしまう人が多いのではないでしょうか?

たとえば、大統領は5年に1回の選挙で選ばれますし(※ただし、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領は任期4年目で罷免されましたが)、議会(一院制)も機能していて、職制上も、裁判所と行政は明確に分離しています(いわゆる三権分立)。

このため、制度だけで見れば、韓国は日本と同じく、「契約すれば守ってくれる」「裁判所が公正に機能している」と勘違いしてしまうのです。

しかし、これはまったく間違った考え方です。

確かに韓国では一見すると民主主義制度が機能しているようにも見えます。しかしながら、自分たちで選んだ大統領を「ロウソクデモ」で引きずりおろし、国会も裁判所も、その国民のデモをみて怖気づいたのか、朴槿恵(ぼく・きんけい)氏を弾劾訴追し、罷免判決まで下してしまいました。

また、朴槿恵前大統領はは弾劾・罷免されてしまいましたが、それ以外の元職大統領も、退任後になにかと酷い目に遭っています。

たとえば、朴槿恵氏のさらに前任の李明博(り・めいはく)元大統領を巡っては、現在、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の司直の手により、訴追されようとしています。

「李明博氏、召還調査は3月になって可能」(2018年01月29日08時56分付 中央日報日本語版より)

中央日報(日本語版)の報道によれば、李明博元大統領に対する嫌疑は、

▼大統領府の国家情報院特殊活動費の不法授受疑惑、▼自動車部品社ダースの実際の所有主をめぐる疑惑、▼国家情報院と軍サイバー司令部の不法政治関与疑惑

――なのだそうですが、私は本質的に、「文在寅の李明博に対する復讐」という側面があると見ています。

なぜでしょうか?

それは、李明博政権のさらに前任の故・盧武鉉(ろ・ぶげん)元大統領の不幸な最期にあります。

盧武鉉氏本人に対しては、大統領退任後、不正献金疑惑、不正蓄財疑惑などで追及の手が及び、2009年5月23日、盧武鉉氏は投身自殺を遂げました。これが韓国国内では、

李明博による盧武鉉に対する不当な追及だ

といった批判が生じたのですが、現在の文在寅氏が盧武鉉政権下で高官を務めるほど、盧武鉉氏に近い立場にあったことは忘れてはなりません。

ということは、今回の李明博元大統領に対する追及も、文在寅氏の「私怨」という疑いが払しょくしきれないのです。

裁判所も政治圧力で判決を曲げる

また、韓国では裁判も政治的な圧力を受けて判決が捻じ曲げられたとしか思えないような事例も相次いでいて、その一例が「親日派の子孫から財産を没収する法律」の違憲訴訟に対し、韓国の憲法裁判所が合憲判決を下した事件などがあります。

親日派子孫 64人が提起した‘特別法’違憲訴訟に…憲法裁判所 “親日財産還収は合憲”(2011-04-01 10:14付 ハンギョレ新聞日本語版より)

これは、「親日派」と認定された人の子孫から財産を没収して国有化するという特別立法を巡り、韓国の憲法裁判所が「合憲だ」という判決を下した事件です。

日本のような法治国家だと、「あとからできた法律で罰せられる」ということは絶対にありません。これは「法の不遡及(ほうのふそきゅう)」という、近代国家ではごくあたりまえの鉄則であり、これが守られない国は、法治国家とはいえません。

しかし、「親日派からの財産没収法」は、今から何十年も前に遡って、「親日派」と認定された人の子孫を処罰しているのと同じことであり、これは典型的な遡及立法(そきゅうりっぽう)です。

当然、裁判所が普通に機能していれば、この手のおかしな法律には違憲判決が下されなければなりません。

しかし、実際には憲法裁自体が、この法律を

親日財産還収は民族の正気復元と3.1運動精神を盛り込んだ憲法理念に照らし憲法に符合する

と述べて、合憲と断じたのです。

この法律は韓国人の「正気を復元している」のではなく、韓国人の「正気を失わせている」法律だと、どうして憲法裁の判事が気付かないのでしょうか?

こうしたおかしな判決は枚挙にいとまがありません。昨年8月には、元朝鮮女子勤労挺身隊の女性と遺族が三菱重工を相手取った訴訟で、1200万円の賠償を命じる判決が下されています。

【徴用工訴訟】/三菱重工に1200万円賠償命令 元挺身隊員ら損賠訴訟判決(2017.8.8 10:30付 産経ニュースより)

こうした判決は、明らかに1965年の日韓請求権協定という国際条約に違反するものです。

ところが、産経ニュースによれば、韓国の最高裁が2012年に「植民地支配に絡む被害に対する個人請求権は消滅していない」との判断を示し、こうした判断をベースに、

元徴用工や元挺身隊員が日本企業に損害賠償を求めた訴訟で、各地の地裁や高裁が最高裁判断に基づき、企業側に賠償を命じる判決を相次ぎ出している

という状況にあります。

価値観と戦略を共有しない国

そのように考えていけば、韓国が日本と価値観を共有しているとも思えないのです。

では、安倍政権は果たして、韓国をどのように位置づけているのでしょうか?

これについては『【速報】施政方針演説から外交を読む』でも紹介したとおり、今年の安倍総理の施政方針演説から、「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という表現が欠落している点に注目すべきだと思います(図表4)。

図表4 安倍晋三総理大臣は韓国をどう位置付けて来たか?
発言の場 発言の要約 正確な発言内容の抜粋
2013/02/28付 第183回国会における施政方針演説 自由や民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国 韓国は、自由や民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国です。朴槿惠新大統領の就任を心より歓迎いたします。日韓の間には、困難な問題もありますが、二十一世紀にふさわしい未来志向で重要なパートナーシップの構築を目指して協力していきます。
2014/01/24付 第186回国会における施政方針演説 基本的な価値や利益を共有する、最も重要な隣国 韓国は、基本的な価値や利益を共有する、最も重要な隣国です。日韓の良好な関係は、両国のみならず、東アジアの平和と繁栄にとって不可欠であり、大局的な観点から協力関係の構築に努めてまいります。
2014/09/29付 第187回国会における所信表明演説 基本的な価値や利益を共有し、最も重要な隣国 基本的な価値や利益を共有し、最も重要な隣国である、韓国との関係改善に向け、一歩一歩努力を重ねてまいります。
2015/02/12付 第189回国会における施政方針演説 最も重要な隣国 韓国は、最も重要な隣国です。日韓国交正常化五十周年を迎え、関係改善に向けて話合いを積み重ねてまいります。対話のドアは、常にオープンであります。
2016/01/22付 第190回国会における施政方針演説 戦略的利益を共有する最も重要な隣国 韓国とは、昨年末、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認し、長年の懸案に終止符を打ちました。戦略的利益を共有する最も重要な隣国として、新しい時代の協力関係を築き、東アジアの平和と繁栄を確かなものとしてまいります。
2016/09/26付 第192回国会における所信表明演説 戦略的利益を共有する最も重要な隣国 韓国は、戦略的利益を共有する最も重要な隣国であり、未来志向、相互の信頼の下に、新しい時代の協力関係を深化させてまいります。
2018/01/22付 第196回国会における施政方針演説 (特段の言及なし) 韓国の文在寅大統領とは、これまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新たな時代の協力関係を深化させてまいります。

(【出所】首相官邸ウェブサイトより著者作成)

考えてみれば当然のことですが、日本と「価値を共有する」資格は、韓国にはありません。

日本に敵対することだけを目的に、コンニャクのようにぐにゃぐにゃ動くゴールポストを設定し、世界中でへんてこな銅像と虚偽の碑文を建てまくり、反日のためなら国際法をねじまげることも厭わないような国が、日本と同じ普遍的な「自由・民主主義・法治主義」を共有するとは片腹痛い話です。

余談を申せば、安倍総理が一昨年9月の所信表明演説の時点で、韓国を「価値は共有していない」としつつも「戦略的利益は共有する」と称していたこと自体、私には理解できません。

しかし、今回の施政方針演説から、こうした「戦略的利益の共有」という文言自体が欠落したことは、日韓がある意味で「新時代」に突入した証拠といえるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



今月のキーワードは「前後関係」

米国の視点は「日本」>「韓国」

今月は7日にマイク・ペンス米副大統領が訪日。8日には北朝鮮の建軍記念軍事パレードが行われ、翌日の9日には日韓首脳会談と平昌五輪開会式が行われます。

この前後関係が、とても大事です。

まず、ペンス副大統領が米国から直接、韓国を訪問するのではなく、その前に、いったん日本を訪れるというのが、最初のポイントです。おそらくここで、日米間で意見のすり合わせが行われるのでしょう。

仮に現在の日本政府が鳩山由紀夫政権や菅直人政権などだったとしたら、米国に信頼されていないので、おそらくペンス副大統領も直接、韓国を訪問していたであろうと考えられます。

しかし、前回のトランプ大統領の外遊時もそうでしたが、米国の政権幹部は、必ず「日本」→「韓国」、という順番で訪問しようとしています。例外は昨年2月にジェームズ・マティス国防長官が「韓国」→「日本」の順で訪問した事例ですが、産経ニュースによれば、これはわが国の国会日程の都合であると説明されています。

スポーツの政治利用を許すな!

それから、もう1つの重要な「順序」は、五輪開会式前日に行われる、北朝鮮の建軍記念パレードでしょう。

北朝鮮もこの平昌五輪を最大限、政治利用しているばかりでなく、開会式前日に建軍記念パレードを行うということは、まさに韓国政府が狙う「五輪を契機とした平和」という案には乗らないという意思表示にほかなりません。

さらに、韓国にとっても、米国、中国、ロシアなどの首脳が平昌五輪の開会式出席を見送る中、周辺大国で韓国に首脳を送り込む国は日本のみである、ということにもなります。

そして、韓国は安倍総理の平昌五輪開会式出席を、最大限政治利用することでしょう。

つまり、五輪は「平和の祭典」であり、「政治色を排した大会」であるというのはあくまでも建前であり、現実には、韓国、北朝鮮、そしてIOCが、五輪を政治利用しまくっている、ということです。

こうしたスポーツの政治利用自体、卑劣であり、私としては許せません。

いずれにせよ私は、安倍総理が9日、文在寅氏との会談を終わらせて、平昌五輪の開会式に出席せず、さっさと日本に帰ってくることを強く期待しているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。