ここ1ヵ月の間、ある芸能人のテレビ番組での発言が「炎上」しているようです。こうした中、憲法改正議論のさらに向こうで、「日米同盟を破棄すべきだ」といった議論を見ることもあるのですが、こうした議論は大きな間違いです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (4コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (13コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (9コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (9コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    国防とは?

    某芸人の「炎上」

    ある芸人が有名なテレビ番組で発言した内容が、インターネットで大騒ぎになっています。

    これは、今年の元旦に放送されたあるテレビ番組(生放送)で、司会者がこの芸人に対し、

    米軍と自衛隊がなかったら、尖閣(諸島)は中国が取りに来る。取られていいわけね?

    と尋ねたところ、

    僕は取られてもいいです。明け渡します。

    などと答えた、とされるもので、この発言を巡っては1ヵ月近く経過した現時点でも、さまざまな方面で波紋を広げているようなのです。

    私自身はテレビを持っていませんし、このテレビ番組の司会者の思想が浅はかすぎる(と私が思っている)ので、よしんばテレビを持っていたとしても、該当する番組を見ることはないでしょう。

    そして、あくまでも一般論ですが、「見てもいないテレビ番組を批評する」資格はありません。このため、私は本件について、当ウェブサイトで言及するのを避けていたのですが、ただ、インターネット上で、そもそも「国防」についてさまざまな議論が発生しているようですので、本日はこれについて少し考えてみたいと思います。

    国防の基本的な考え方

    日本には「日本国憲法」というものがあります。

    そして、憲法第9条は、第1項と第2項から成り立っています。

    日本国憲法第9条

    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    (※わが国の憲法、法律、政令、省令、告示等には、第1項に「1」という数字は入りません。数字が入るのは第2項以降です。)

    数字が入っていない文章が「憲法第9条第1項」です。

    実は、私自身はこの条文については、別に直ちに廃止すべきだとは思っていません。普段の私のウェブサイトをご覧頂いている方からすれば、私がこのような意見を持っていることについて意外と感じる方も多いと思います。

    この条文に含まれる「国際紛争」という単語についても正直、いかようにも解釈できますし、「国権の発動ではない戦争」(たとえば自衛のための、止むにやまれぬ戦争)ならば禁止されない、と読むこともできます。

    つまり、私は憲法第9条第1項を積極的に擁護するわけではありませんが、実害が少ないので、当面放置していても良いと考えているのです。

    それよりも、私たちの国・日本がただちに対処しなければならないのは、「憲法第9条第2項」の問題です。これは、前段で「陸海空その他の戦力の不保持」、後段で「国の交戦権は、これを認めない」としているものです。

    これを私の言葉で言えば、「自衛隊も違憲だし、日本が外国から攻められても、外国に自国民が拉致されても、自国民を決して守ってはならない」と規定しているのと同じであり、私はこれを「殺人憲法」と呼んでいます。

    日本は1945年8月15日以降、3回ほど外国に領土を侵略されていますし、自国民を外国に誘拐されていますが、まったく自国民を守ることもできませんでしたし、いまだに武力を使って自国民を取り返しに行くことすらできていませんが、その原因は、やはりこの「憲法第9条第2項」にあると考えています。

    国民も守れないものが「国」を名乗る資格はない

    「国」とは、領土と国民、統治機構がある組織のことです。

    古今東西、地球上にはさまざまな国が栄え、滅んできましたし、現代の国際社会においては200ヵ国近い「国」が存在しますが(※その中には日本が国家承認していない台湾や北朝鮮なども含まれます)、どんな国であっても、必ず、2つの目的があります。

    1つ目の目的は、国民の衣食住を確保すること――少し難しい言葉で言い換えれば経済的利益の追求です。

    そして、2つ目の目的は、国民の安全を守ること――つまり、安全保障です。

    現在の北朝鮮のように、国民の多くが赤貧洗うがごとき生活を余儀なくされている国は、経済的利益の追求という意味では落第点です。しかし、私たち日本人に、北朝鮮のことを笑う資格はありません。なぜなら、日本は自力で国防をするだけの体制を、きちんと整えていないからです。

    もちろん、私がこのような話をすれば、おもに保守論客の方からは、「日本は日米同盟で守られているから大丈夫だよ」、「憲法第9条があっても国防は自然権だから、自衛隊は違憲じゃないよ」、という反論を受けることがあります。

    では、逆にお伺いします。

    日本は一般国民を北朝鮮に拉致されて、その後、国軍を派遣して国民を取り返しましたか?

    あるいは、アメリカ軍が日本の代わりに北朝鮮に行って、日本国民を取り返してくれましたか?

    答えを述べる必要などありません。現時点で拉致被害者の皆さんの多くは帰国できておらず、それどころか北朝鮮当局は「拉致問題は解決済み」と言い放っている始末です。

    北朝鮮を武力で制裁することができない時点で、日本には国を名乗る資格などない――。

    私は、そのように考えているのです。

    日米同盟は「双務的関係」だ!

    「アメポチ」という単語

    ところで、憲法第9条第2項という縛りもありましたが、私は戦後の日本政府が、この制約下で、実によく頑張って来たと考えています。

    憲法違反の誹りを受けながらも自衛隊を整備し、日米安全保障条約のもとで日米同盟を築き上げ、運用してきたことは、日本が大規模な侵略を受けなかった最大の要因でしょう。

    もちろん、旧ソ連による南樺太と千島列島への侵攻(1945年8月から9月)、韓国による竹島の不法占拠(1952年以降)、中国による度重なる尖閣諸島周辺海域への侵入(2010年以降)と、時期も場所もバラバラですが、日本の領土が侵略を受けたという事実は無視してはなりません。

    しかし、日米安保が存在しなければ、もしかしたら対馬、北海道、石垣島などが、それぞれ周辺国から侵略されていたとしても不思議ではありません。なぜなら、日本は日本国憲法第9条第2項のせいで、法的には丸腰でいることを命じられているからです。

    そのように考えていけば、憲法第9条第2項と自衛隊、日米安保条約は、戦後日本の安全保障を考えるうえでの「3点セット」だと思えば良いでしょう。

    ということは、憲法第9条第2項の議論に手を付けるならば、自衛隊と日米安保の議論にも同時に手を付けなければならない、ということです。

    ここで出てくるのが、「憲法第9条第2項を変えて、そのうえで、自衛隊と日米安保条約を廃止して、日本軍を創設すべきだ」とする議論です。分かりやすく言えば、「現在の日本はアメリカ様に守ってもらっていて、事実上、アメリカ様の属国であり、恥ずべき状況だから、これを変えなければならない」、という議論ですね。

    インターネット上では飼い犬に多い「ポチ」という名前と組み合わせて、日本のことを、「アメリカの飼い犬」という意味で「アメポチ」と呼ぶ人がいます。

    この「アメポチ」という単語の裏には、日米安保が恥だという意識が自然のうちに見え隠れするのです。

    片務的な同盟だからダメなのか?

    では、実際に日米同盟は、日本が米国の「飼い犬」になるような同盟なのでしょうか?

    よく言われているように、日米同盟は、確かに「日本が外国から攻撃されれば米国はその国から守ってくれるが、米国が外国から攻撃されても日本は米国を守ってやるという関係にはない」という性質があることは否定できません。

    これを一般に、「米国だけが義務を負い、日本が義務を負わない関係」という意味で、「片務的(へんむてき)関係」と呼ぶことがあります。

    日米同盟が片務的な関係なのだとすれば、これは確かに私たち日本人の中でも、「プライドをいたく傷つけられる」、と感じる人がいても不思議ではありません。

    さらに、日米同盟が片務的な代物であるならば、日本が米国の機嫌を損ねたら、米国は日本を守ってくれず、見捨てられることだってあり得るのではないか、という懸念が巻き起こることも当然の話です。

    そうなってくれば、当然、「日米同盟をやめて、日本が米軍を追い出し、自力で国軍を編成し、自主防衛を図るべきだ」、といった議論が出てくるのです。

    それだけではありません。

    「日本は核武装し、中国やロシア(や米国)に核の照準を合わせるべきだ」、といった極論まで飛び出すこともあります。

    こうした議論には、たとえば日本が日米同盟を破棄して核武装を宣言したら、その瞬間、国際社会が日本に対する経済制裁に踏み切るであろうことなどを含め、現実的な視点がまったく欠落していることも多々あります。

    日本の米軍基地という効果

    しかし、こうした議論を唱える人たちに、完全に欠落している議論があります。

    それは、日本が米軍から国土を守ってもらっているという側面だけでなく、日本が米軍のために多大な貢献をしている側面がある、という事実です。

    たとえば、在日米軍では日本人職員の規律が高く、諸外国(韓国やイタリアなど)の米軍基地とは比べ物にならないほど高いレベルでサービスが提供されています。「日本の基地で整備された飛行機は墜落しない」というたとえ話もありますが(※実際には日本の基地で整備されたヘリや飛行機が墜落している事実もありますが)、客観的に見て、米軍にとって日本は、なくてはならない拠点なのです。

    つまり、「軍事的にまったく同じサービスを提供しなければならない」という観点からすれば、日米同盟は確かに片務的な側面もあります。しかし、貿易と同じで、「相手国ができないサービスをお互いに提供し合っている」という観点から見れば、日米同盟は決して「片務的」なものではありません。

    立派に双務的な関係にあるのです。

    日本の価値を高く売るのも日本政府の仕事!

    そのように考えていくならば、日本という国の米軍にとっての価値を高く売り込むのも、日本政府の立派な仕事なのです。

    私は、日本が憲法第9条第2項をどうにかして、日本が自力で国を守れるようにすることが必要だと考えていますが、だからといって、改憲が成功した際に、ただちに自衛隊を国軍に再編し、米軍を追い出すべきだとする考え方には与しません。

    むしろ話は逆で、憲法第9条第2項を無効化したうえで、日米同盟をより強固なものにする努力が必要だと思います。

    当たり前の話ですが、アメリカ合衆国は世界一の軍事大国であり、この国を敵に回して勝てる国など、現在のところ、地球上には1ヵ国たりとも存在しません。その国と軍事同盟を結んでいるということは、日本が絶対にアメリカ合衆国から侵略されないということでもあります。

    それだけではありません。

    日本が米国に対して提供している軍事的サービスの質を、さらに向上させることも必要でしょう。あるいは、「米国から見た日本の戦略的重要性をより高めること」と言い換えても良いかもしれません。

    では、現在の安倍晋三政権は、いったい何をやっているのでしょうか?

    安倍総理は2015年に米国の上下両院で合同議会演説を行い(いわゆる「希望の同盟」演説)、米国の議会人らを感動させ、万雷の拍手を受けました。

    そして、政権交代後は英国のテリーザ・メイ首相に続き、トランプ氏に2番目に会いに行き、ゴルフを共にするなどの濃密な時間を過ごしました。

    つまり、安倍総理のやっていることは、明らかに「日本の価値を米国に対して高く売り込むこと」に他ならず、その意味で、私としては安倍総理を支持せざるを得ないのです。

    日米同盟が重要なわけ

    日米同盟軸に重層同盟構築を!

    何が言いたいのかといえば、憲法第9条第2項を無力化したところで、日本の自立が自動的に達成できるわけではない、という点です。

    私は「改憲派」ですが、「改憲・自主武装派」ではありません。

    改憲しても日米同盟はそのまま維持し、もっといえば、さらに強固にしつつ、重層的な同盟の構築をすべきだと考えているのです。

    考えてみれば、米国と欧州諸国は北太平洋条約機構(NATO)の防衛の枠組みを構築していますが、東アジアにはこれに類する枠組みは存在しません。そうであるならば、日米同盟を軸にして、欧州連合(EU)からの脱退が決まっている英国や、英連邦に所属するオーストラリア・ニュージーランドの両国、さらには日本と同じアジアの民主主義大国であるインドなど、自由と民主主義を愛する諸国民との「価値同盟」を形成していくべきなのです。

    いわば、日米同盟を軸としつつ、たとえば「日米豪同盟」、「日米印同盟」、「日米英同盟」など、同盟をいくつもいくつも成立させる、という構想です。

    周辺国をどう見るか?

    ただ、一方で問題となるのは、東南アジア諸国連合(ASEAN)と台湾の取扱いです。

    まず、ASEANについては、中国と日本の間で同盟の綱引きが行われていますが、ASEANの多くは華人が社会の指導層を担っている状況でもあります。このため、ASEANが単純に日本に対して胸襟を開くかという問題は残されているのです。

    さらに厄介なのは台湾問題でしょう。台湾は旧日本領であり、ASEANと並んで親日度が高い国ですが、日本は中国との関係から台湾を国として認めておらず、また、肝心の台湾自身も、自らを「中国の一部」として見ているのか、「台湾という独立した存在」として見ているのか、それが一定しないからです。

    しかし、私たち日本としては、ASEAN諸国や台湾の意思を尊重しつつも、自由・民主主義の素晴らしさと中華思想の脅威を説得することで、どうにかしてこれらの諸国を「日米海洋同盟」に引き入れる必要があると思います。

    改憲議論を見守りたい

    いずれにせよ、私は、今国会、もしくは次の国会で、憲法改正が必ず議論になると考えています。

    私が申し上げたいのは、憲法第9条第2項を無力化すればそれで全て問題が解決されるわけではない、という点です。いや、むしろ、日本にとっての本当の山場は、改憲が成立したあとでやってくると思います。

    その意味で、私は今年の改憲議論をしっかりと見守り、独立系ビジネス評論サイトの立場から、ささやかではありますが、しっかりと意見を発信していきたいと考えています。

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、シェアして下さい。

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (4コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (13コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (9コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (9コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 2018/02/03 13:00 【時事
    【夕刊】不完全な「海外安全情報」 (11コメント)
  • 2018/02/03 00:00 【韓国崩壊
    日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ (9コメント)
  • 2018/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ (3コメント)
  • 2018/02/02 00:00 【金融
    暗号通貨と新たな金融の可能性 (4コメント)
  • 2018/02/01 13:10 【過去ブログ
    【過去ネタ再録】悪魔を浄化する君が代 (2コメント)
  • 2018/02/01 00:00 【韓国崩壊
    今月のキーワード:「さよなら韓国」と「前後関係」 (3コメント)
  • 2018/01/31 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国 (7コメント)
  • 2018/01/31 00:00 【雑感オピニオン
    超高給取りのNHK職員は「正当な努力」をしているのか? (3コメント)
  • 2018/01/30 11:00 【時事
    【夕刊】悪意に満ちた中央日報が日本を良くする (3コメント)
  • 2018/01/30 00:00 【国内政治|外交
    改憲後も日米安保を保持すべきだ (8コメント)
  • 2018/01/29 13:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国は名実ともに敵対国になる? (4コメント)
  • 2018/01/29 00:00 【金融
    ソフト・カレンシー建て債券の危険性 (2コメント)
  • 2018/01/28 12:00 【時事|金融
    【夕刊】580億円窃盗事件:暗号通貨を金商法の対象にせよ (2コメント)
  • 2018/01/28 00:00 【政治
    「人間の盾」構想と試される日本人 (3コメント)
  • 2018/01/27 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】しょせんは党名ロンダリング (2コメント)
  • 2018/01/27 00:00 【マスメディア論
    新聞業界が生き残る方法 (8コメント)
  • 2018/01/26 11:00 【時事
    【夕刊】「安倍訪韓」に関する分析の現時点のマトメ (6コメント)
  • 2018/01/26 00:00 【国内政治
    痛感する、安倍総理の説明責任の欠如 (9コメント)
  • 2018/01/25 08:30 【韓国崩壊|過去ブログ
    過去ブログ再録:「韓国と国際社会」 (1コメント)
  • 2018/01/25 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪:安倍総理は政治利用されるのか? (5コメント)
  • 2018/01/24 08:55 【時事
    【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない (16コメント)
  • 2018/01/24 00:00 【政治
    2017年の日韓観光統計を読む(前編) (1コメント)
  • 2018/01/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    【緊急提言】韓国大使の「ペルソナ・ノン・グラータ」を議論する (3コメント)
  • 2018/01/23 00:00 【国内政治|外交
    【速報】施政方針演説から外交を読む (1コメント)
  • 2018/01/22 12:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:韓国は国際社会への加害者だ (3コメント)
  • 2018/01/22 00:00 【金融
    産業構造の変化に対応する業界、しない業界 (2コメント)
  • 2018/01/21 12:00 【時事
    【夕刊】金正恩の刑事告訴を支持する (2コメント)
  • 2018/01/21 00:00 【マスメディア論
    ビジネスマンと政治経済評論 (5コメント)
  • 2018/01/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「主要国が韓国抜きで協議」報道の真偽 (2コメント)
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か? (1コメント)
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (6コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 2018/01/01 00:00 【マスメディア論
    ウェブ言論元年宣言 (5コメント)
  • 2017/12/31 00:00 【雑感オピニオン
    読者の皆様へ、今年1年の御礼 (6コメント)
  • 2017/12/30 00:00 【韓国崩壊
    安倍政権は東アジア秩序の再構築を目論む? (6コメント)
  • 2017/12/29 09:30 【時事
    慰安婦合意TF、韓国メディアの「逆切れ」 (9コメント)
  • 2017/12/29 00:00 【雑感オピニオン
    2017年はフェイク・ニュース元年? (3コメント)
  • 2017/12/28 09:00 【時事|韓国崩壊
    【補足】河野大臣、異例にもTFに強く反応 (6コメント)
  • 2017/12/28 00:00 【韓国崩壊|外交
    慰安婦合意TF:自ら墓穴を掘った韓国政府 (20コメント)
  • 2017/12/27 16:00 【時事
    これって却って韓国政府にとってマズイのでは? (7コメント)
  • 2017/12/27 00:00 【外交
    朝鮮半島は2割の確率で赤化統一される (4コメント)
  • 2017/12/26 16:30 【時事
    「好きにすれば?でも合意は守ってね。」 (5コメント)
  • 2017/12/26 00:00 【外交
    2017年版「外交に関する世論調査」を読む (2コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。