昨日、私は書店で、自分のビジネスに関連する書籍を買い求めた際、『週刊金曜日』を目にしたので、ついでに買ってみました。某チェーン店で買える美味しい唐揚げ弁当と同じ値段ですが、果たしてその価値はあったのでしょうか?

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス評論の方針

早いもので、私がこの「独立系ビジネス評論サイト」を立ち上げてから、1年半が経過します。それ以前は大手の無料ブログサービスでブログを持っていましたので、その期間を含めれば、「ビジネスマン評論家」としてのウェブ評論履歴は7年以上に及びます。

私がウェブ評論活動を開始したきっかけは、2008年のリーマン・ブラザーズの経営破綻(いわゆるリーマン・ショック)にあります。

当時の私は某企業でマーケットの最前線に立っていたのですが、専門家の立場から見ると、日本経済新聞を初めとする各種メディアの報道が、あまりにも間違いだらけであることを実感したのです。

その後、実名で評論活動を行おうと思ったこともあったのですが、当時の立場を勘案し、実名を出すことを断念。代わって「新宿会計士」というペンネームを考案し、2010年以降、本格的なウェブ評論活動を開始したという経緯があります。

考えてみれば、私は現在、すでに起業して自分自身の会社を持っているという立場にあるため、そろそろ実名を出してみようかな、思うこともあります。ただ、実名を出すことで、私の現在の顧客に迷惑が及ばないとも限らないため、その決断ができないでいます。

場合によっては、「新宿会計士」ではなく、もう少し実名に近いペンネームを考案しても良いのかもしれませんね。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ビジネス評論の在り方を考える

情報には2種類ある!

ところで、私が常々申し上げていることがあります。それは、「情報」には常に2つの種類がある、ということです。それは、「客観的事実」と「主観的意見」です。

1つ目は「客観的事実」、つまり、誰がどう報じても、究極的には全く同じ内容になる情報です。たとえば、

2017年11月5日にドナルド・トランプ米大統領は日本を訪れ、安倍晋三総理大臣と会った。

という文章は、報じる者が朝日新聞であろうが、NHKであろうが、私であろうが、全く同じ内容になるはずです。もちろん、それを

トランプ大統領は2017年11月5日正午過ぎに横田基地に降り立った

などと詳細に報じるか、それとも、

トランプ大統領は2017年11月上旬に日本を含めたアジア諸国を訪問した

などと大雑把に報じるか、という違いはあります。

しかし、誰がどう報じても、「2017年にトランプ大統領が日本を訪れた」という要素については、情報の受け手には伝わるはずです。

しかし、2つ目の「主観的意見」については、報じる人、見る人などによって、全く異なります。たとえば、

トランプ大統領の訪日では、むしろ日本が米国をリードするなど、極めて強固な日米関係は新時代に入ったことが全世界に示された

と見る人もいるかもしれませんし、あるいはそれとは真逆に、

トランプ大統領の訪日で日本は完全に主権を失い、米国の言いなりになっていることが明らかになった

などと述べる人もいるかもしれません。

実際、後者の意見は、2017年11月8日付の「現代ビジネス」に掲載された『トランプ来日の足取りから見えた、日本の「完全主権喪失状態」』という記事を要約したものですが、この議論は、私が主張する『トランプ訪日を英メディアが報じたことの意味』などの記事とは真逆のものです。

つまり、主観的意見の部分については、それを主張する人によって、180度、全く異なるものとなる可能性があるのです。

「絶対的に正しい意見」というものはあり得ない!

情報に2つの種類があることはわかりました。

そして、「客観的事実」の部分については、報じる主体により情報が異なったりはしないということも分かりましたが(※)、「主観的意見」の部分については、論者によって真逆の意見が出てくることもあり得る、ということもわかりました。

(※ただし、朝日新聞を初めとする日本のメディアは、はときどき、この「客観的事実」の部分でウソをつきますが、これについては、この直後で議論したいと思います。)

では、仮に重大な問題を巡って、論者の主張が真っ向から対立している時に、私たちはどちらの情報を信じれば良いのでしょうか?

あるいは、平素からさまざまな情報を読むにあたって、どういうことに注意しなければならないのでしょうか?

私は、「絶対的に正しい事実」というものは存在するものの、「絶対的に正しい意見」というものはあり得ない、と考えています。

そして、記事を読み、ものごとを判断する時に一番重要なことは、その記事を読むときに、「客観的事実」の部分と、「主観的意見」の部分をきちんと分けて把握することが必要です。

これが「読解能力」です。

  • 「客観的事実」は誰がどう報じても全く同じ内容になる情報
  • 「主観的意見」は主張する人によって全く異なる内容になるかもしれない情報
  • 情報の受け手はこの両者をきちんと区別する能力(読解能力)を持たなければならない

このことを、しっかりと念頭に置きましょう。

情報の受け取り方とNHKの捏造報道

ただ、困ったことに、日本のメディアは、得てしてこの「客観的事実」の部分でウソをつきます。

私自身、ウェブ評論活動を開始した直接のきっかけは、日本経済新聞が報じた、「時価会計凍結」という誤報(というよりも捏造報道)でした。

これについては、日本経済新聞社の子会社である日経BP社が運営する日経ビジネスオンライン(NBO)のウェブサイトで一部始終が触れられていますが、肝心の日本経済新聞本紙に掲載された「時価会計凍結」という捏造報道については、日経ウェブからは完全に削除されているようです。

また、一昨日『自壊の道を歩み始めたテレビ業界』の中でも指摘しましたが、今月6日に最高裁判決が下された、NHKの受信料を巡る訴訟(いわゆるNHK訴訟)については、NHK側の上告が棄却されているにも関わらず、いくつかのメディアは、あたかもNHKが勝訴したかのような報道をしました。

中でも酷いのは、次のNHK自身による報道でしょう。

NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷(2017年12月6日 18時32分付 NHK NEWS WEBより)

NHKは、リンク先の記事の中で、「上告が棄却された」という、一番重要な事実については、ヒトコトも触れていません。

私はこれを、一昨日、「偏向報道だ」と批判しましたが、これを撤回し、「捏造報道」に修正したいと思います。

データに基づかない分析に意味はない

ただ、慰安婦問題を初め、さまざまな捏造を繰り返している朝日新聞、NHKなどのメディアは論外としても、私はメディアに対する規制が必要だとする主張には同意しません。

というのも、多様な意見こそが、民主主義社会では必要だからです。

また、情報の入手手段が多様化すればするほど、朝日新聞やNHKが捏造報道を行ったとしても、必ずそれらの報道には修正圧力が加わります。

現在はテレビ局が地上波を独占し、少数の全国紙が新聞業界を支配していますが、こうした状況も、ウェブ言論が活発になれば、是正されていくに違いないと考えています。

それはさておき、ここで、私自身の情報収集方法について、紹介しておきましょう。

情報収集に当たって、私が重視するポイントは、大きく2つあります。

まず1つ目は、客観的事実関係とデータ、そして科学的知見です。

事実を誤認したままで何を議論しても意味がありませんし、また、正確な事実をベースにしていたとしても、考察の方法を間違えては意味がないからです。

たとえば、日銀が公表する「資金循環統計」を使えば、現在の日本全体の預金量、株式の発行量や時価、外国との資金のやり取りなどを、かなり詳細に把握することができます。もちろん、これらの統計の中には、推計を用いている場合もあるため、必ずしも「絶対に正しい事実である」とは言い切れない部分もあるかもしれません。

しかし、経済評論を行う場合であれば、データに基づかない議論には意味がありません。

私は常々、「日本国債は絶対にデフォルトしない」、「現在の日本に必要なのは消費増税ではなく消費減税だ」と申し上げていますが、これも客観的なデータ分析から出て来る私なりの意見です(※これについては、近日中に日銀が最新版データを更新後に、どこかの段階で触れたいと思います)。

あるいは、福島第一原発の事故を巡って、いまだに「福島県全体が放射能汚染されている」という珍説を見掛けることもありますし、実際、お隣の韓国では、福島県を含めた8県の海産物の輸入を禁止しているほどですが、こうした珍説も、客観的データと科学的知見に基づく考察がゼロです。

つまり、どんな分析を行うにしても、客観的な事実や正確なデータ、正しい科学的手法のいずれが欠落しても、全く意味がないのです。

主観的意見の部分で何を主張するのも構わない

ただ、客観的事実やデータ、科学的手法に基づいていたとしても、結果的に判断を誤ってしまうこともあります。

なぜなら、データそのものに誤謬が混じっていることはよくあることですし、人間は森羅万象の全てを科学により解明できているわけではないからです。

そこで、私が情報収集に当たり、重視するもう1つのポイントがあります。

それは、「自分と全く違う考え方」です。

たとえば、私は週刊誌『週刊金曜日』を愛読(?)しています。といっても、『週刊金曜日』は定価580円で売られていて、内容に比べると若干お高いと感じてしまうため、毎号購読している訳ではありません。多い時でもせいぜい月1回、といったところでしょうか。

しかし、『週刊金曜日』は自他ともに認めるコテコテの左翼雑誌であり、少なくとも私が通常に思考する時には、絶対に思いつかない発想がてんこ盛りになっているので、時々、読むことにしているのです。

といっても、『週刊金曜日』から得るものはほとんどありません。

単に、『週刊金曜日』に掲載されている記事を読めば、「あぁ、前川喜平さんも『週刊金曜日』で取り上げられるほどに落ちぶれたんだなぁ…」と思うくらいでしょうか?(笑)

ちなみに、私の手元にある『週刊金曜日』の最新刊と、それに対する私なりの心のツッコミをリストにしておきましょう。

前川喜平前文科事務次官が語る(下)加計学園の獣医学部認可は「大きな汚点」(P12)

天下りという犯罪を斡旋し、歌舞伎町の「ラブオンザビーチ」に入り浸っていた前川さんが、文科省の事務次官を務めていたということ自体が、日本にとっての大きな汚点だと思います。

右派はなぜ「家族」にこだわるのか 対談 大橋由香子×早川タダノリ(P16)

右派はなぜ「家族」にこだわるのかって?逆に聞きたい。どうしてあなたたちは家族を破壊しようとするのですか、と。

「イヴァンカ基金」騒動と「女性活躍」のウソ 福島瑞穂(P20)

福島さん。なぜあなたは参議院予算委員会で、青山繁晴議員が拉致問題の質問を始めると逃げ出すのですか?

愚か過ぎる大阪市の米国姉妹都市解消 現地で失敗した右派の妄動 金美穂(P31)

記者のお名前からしてお里が知れるのですが…

投書(P62)

投書している人は55歳女性、72歳男性、80歳女性…。いつも思うのですが、10代や20代などの若い人たちの投書を滅多に見掛けないのは、いったいなぜなのでしょうか?

何事も一方向に偏るのは良くない

ただ、『週刊金曜日』の編集委員の方が当ウェブサイトを読んで下さっているかどうかわからないのですが、それでも敢えて、皆様方に申し上げたいことがあります。

それは、人間、同じメンバーで凝り固まってしまうと、どうしても思考がマンネリ化してくる、ということです。

私が記憶している限り、『週刊金曜日』が初めて刊行されたのは1990年代前半でした。私は大学生時代に、大学生協で初めてこの『週刊金曜日』を手に取り、それ以来、時々この雑誌を読んでいるのですが、執筆陣も論調も、当時と大きく変わっていないように思えます(もっとも、筑紫哲也氏が亡くなったり、宇都宮健児氏や雨宮処凛氏が編集委員に参加したりしているため、変動が皆無というわけではありませんが…)。

ただ、私は『週刊金曜日』について、評価している点が、1つだけあります。

それは、同誌の編集方針、運営方針が一貫している、という点です。

同誌には一般のスポンサーからの広告がほとんど掲載されておらず、また、意外なことに共産党には批判的です。

しかし、それでも私は『週刊金曜日』を読むたびに、「同じ思想で懲り固まってしまうのは危険だなぁ…」と、いつも強く実感してしまうのです。

あとついでに申し上げるなら、580円といえば、某チェーン店で買える、美味しい唐揚げ弁当と全く同じ値段です(笑)。昼ご飯を我慢してまで買う価値がある雑誌ではないことは間違いなさそうです。

世の中には「明らかに誤った言論」というものもあります

私が「愛読」(?)しているのは、この『週刊金曜日』だけではありません。

ときどき当ウェブサイトでも紹介する、NBOの『小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明』という連載記事も、相当に意味不明ですが、それでも我慢して、頑張って読むようにしているのです。

なぜ私がこれらの記事を読むのかといえば、その理由は、非常に簡単です。それは、左翼(あるいは「パヨク」)と呼ばれる皆さんのロジックのおかしさに、定期的に触れるようにしたいからです。

もちろん、これらの情報を読み続けていると、時々、心が折れそうになることも事実です。というのも、時として、あまりにもロジックがワンパターンだからです。

ただ、私の主義・主張は、「民主主義社会には多様な言論が必要だ」、とするものです。仮に政府が言論弾圧し、世の中から『週刊金曜日』がなくなってしまえば、それは逆に危険です。

それよりもむしろ、あまりにもバカらしい議論を巡っては、「世の中にはこんな変な議論もあるよ」とばかりに、笑い飛ばしてしまうのが良いでしょう。

つまり、情報を受け取る側に、十分な読解能力があれば、あとはさまざまな言論機関が乱立し、個々の読者・視聴者がそれらを取捨選択すれば、自然にその中で説得力がある意見が生き残るのです。

国民の選択の結果、たとえば、「憲法第9条第2項は変えないでおこう」となるのであれば、それは私たち日本国民の選択ですから、私も受け入れざるを得ません。

ただし、世の中には明らかに誤った考え方、誤った言論というものもあります。

それは、「結論ありき」で押し付ける、という報道の在り方です。

朝日新聞のように、「南京大屠殺事件」や「従軍慰安婦問題」など、ウソの事実を捏造し、日本人の名誉と尊厳を傷つけているメディアは論外ですが、それ以外にも、「結論ありき」で一般の読者、視聴者を誘導しようとするような報道は、犯罪級の不法行為であり、許されません。

『週刊金曜日』のように、発行部数が少ない(※)メディアであれば、どんなぶっ飛んだ内容を報じても良いと思います。しかし、テレビ局のように、国民の共有財産である電波を独占利用させてもらっている媒体が、『週刊金曜日』と同じような報道をしているのは、やはり大きな問題と言わざるを得ないでしょう。

(※Wikipediaの情報で恐縮ですが、『週刊金曜日』の発行部数は3万部だそうです。ただ、この発行部数は、私が不定期的に寄稿している某経理情報誌よりも多いのが、個人的には悔しい点です…笑)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



今後の当ウェブサイトの方針

ところで、『週刊金曜日』と『新宿会計士の政治経済評論』には、1つ、共通点があります。

それは、特定の企業、政党、政治団体などからは独立の立場から自由に評論をする、という方針です。

私の場合は、ときどき、企業から「広告ウィジェットを置かせてくれ」と依頼を受けることがありますが、仮にそれを置いたとしても、その企業を批判する記事を書くことはあると思います。

(※ただし、某社様の場合は、「広告ウィジェットを置かせてくれ」と言われたものの、肝心の条件面に言及がなかったので、現在に至るまで放置状態にありますが…。)

さらに、私が匿名でウェブサイトを運営している背景には、実名で運営している某中小企業のビジネスに影響を与えたくないという配慮もあります。

このため、当ウェブサイトは今後も、当面は「新宿会計士」という匿名を用いて、独立の立場から政治経済評論を続けて行こうと考えています。

なお、当ウェブサイトのコメント欄は自由に記入して頂けますので、引き続きご忌憚のない意見を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか?
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)
  • 2018/06/18 11:30 【時事
    【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1コメント)
  • 2018/06/18 00:00 【時事
    朝日新聞よ、また偏向報道か
  • 2018/06/17 12:00 【時事|外交
    【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。