管理人は本日から再び出張です。こうした中、本日は時事ネタから離れ、出張先から見た朝日新聞の行為を冷ややかに眺めてみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

またしても出張中…

「貧乏ヒマなし」と言いますが、かくいう私も、本日から再び出張に出掛けることになりました。

といっても、当ウェブサイトの更新を続けることができます。というのも、日本国内であれば、たいていのビジネスホテルにはWiFiが飛んでいるからです。

これこそまさにテクノロジーの進歩です。

気になって、「楽天ブログ」時代の自分自身の過去ブログをチェックしてみたのですが、

明日から当面、出張で東京から離れるため、ブログを休載する

と称して、数日間(長いときには1週間前後)、ブログの更新をストップしていました。

ところが、私自身、2013年ごろに、それまで使っていたノートPCを軽くてスペックの高いマシンに切り替えたことをきっかけに、ノートPCを持ち歩く習慣ができました。

最初は仕事用の資料を作ったり、アイデアを書きためたりすることが中心でしたが、ある日の出張先で、「WiFi」が売りのホテルに宿泊し、ブログを更新してみたところ、自宅から更新するのと全く同じスピードで快適にネット接続ができることに気付きました。

このため、いつのころからか、ほぼ毎日のように、ブログを更新することが習慣のようになってきたのです。

その後、私はサラリーマンを辞め、2015年10月に起業したことを契機に、ビジネスマンの立場からのウェブ評論にも力を入れるようになったのですが、この立場になってからインターネットのすごさを実感しています。

というのも、やる気さえあれば、それこそ間断なく、さまざまな情報を仕入れて加工し、発信することができるからです。

そして、私と同じような情報発信をする人が増えてくれば、インターネット言論の世界にも厚みが生まれてくることは間違いありません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



広告詐欺は駆逐される

ホテルの朝日新聞無料配布

ところで、出張に出掛けると、その土地の風景を見たり、気温を感じたり、人柄に触れたり、美味しいものを食べたりするという楽しさがあります。

私は前職時代、多い時には、それこそ1週間に2~3回、どこかの地方にお伺いしていた気がします。

よくそんな生活が維持できたものだと、自分でも呆れますが、それでも当時は忙しいのが当然だったので、そんな生活を気に入っていた気がします。

そんな折、地方のビジネスホテルに宿泊する際の、興味深い共通点に気付きました。それは、新聞の無料配布です。

あくまでも私の記憶ベースですが、2010年前後から、宿泊者向けに、朝、その日の新聞を部屋まで届けてくれるというサービスが広く見られるようになりました。

あるいは、もっと酷いケースだと、ホテルのフロントやロビーに「無料新聞」が山積みで置いてある、ということもあります。

これは不思議な現象です。

最初は「ご当地の新聞」を配るというケースが多かった気がしますが、いつのまにか、朝日新聞がその「無料新聞」の中心を占めるようになったのです。

私が覚えている限り、北海道で2ヵ所、東北で3ヵ所、北陸で2ヵ所、四国で1ヵ所、中国で1ヵ所、九州で2ヵ所、それぞれ朝日新聞の無料配布を見掛けました。

なお、出張先が首都圏や東海、近畿の場合、日帰りできることが多いため、これらの地方でも朝日新聞が広く無料配布されているのかどうかは存じ上げません。

しかし、地方在住の友人が上京した際、その友人が、「東京・秋葉原の某ホテルでも朝日新聞が無料配布されていた」と私に証言してくれたので、「ホテルの朝日新聞の無料配布」は広く行われているのかもしれません。

部数のごまかしは詐欺では?

どうしてこの話を急に思い出したのかといえば、昨日、当ウェブサイトのコンタクト先(info@shinjukuacc.com)に、こんな趣旨のコメントを寄せて下さったかたがいらっしゃいました。

朝日新聞の押し紙ですが、所用で1ヵ月ほど福島のホテルに滞在したおり、フロントの近くに朝日新聞が約30部ほどおいてありました。ほとんど読まれてなかったなぁ~」(※メールでのコメント、大変ありがとうございます。)

このコメントを拝読し、そういえば、私自身も全国各地で朝日新聞の無料紙を見掛けたという話を、唐突に思い出したのです。

ところで、しばしば当ウェブサイトにコメントを下さる「埼玉県民」様も、『余裕がなくなってきた朝日新聞社』に次のようなコメントを寄せて下さいました。

「(朝日新聞は)押し紙で公表数と乖離がありますから、(広告主に対する問い合わせとあわせて)広告費の過払い返還も要求すべきと主張すればさらに効果が高まります。」(※なお、引用に当たり、コメントの大意を変えない範囲で、引用しやすいように改変しています。)

この「朝日新聞は部数を水増ししているのではないか?」とする疑惑は、実は、すでに各所で議論されはじめています。

「埼玉県民」様の言葉を借りるならば、消費者金融などを襲った「過払い金返還訴訟」になぞらえて、「過払い広告返還訴訟」が始まる可能性だってあるでしょう。というのも、部数のごまかしは、広告主に対する詐欺行為でもあるからです。

そもそも論は広告の費用対効果の問題

もっと申し上げれば、新聞やテレビなどの広告には、本当に効果があるのかどうか、疑わしいという側面があります。

どこの新聞社であるとは申し上げませんが、多かれ少なかれ、「押し紙」により実売部数を粉飾している可能性はあるでしょう。たとえば、「全国紙のA新聞」は朝刊の実売部数が公称で600万部だとしていても、その3割(つまり180万部)が「押し紙」だとすれば、実際には全国で420万部しか読まれていないという計算です。

(※ただし、「朝日新聞が実売420万部だ」と申し上げているわけではありません。念のため。)

テレビに至っては、もっと怪しいと思います。というのも、地上波がデジタル放送に切り替わったにも関わらず、いまだにテレビ広告は「視聴率」をベースに広告料が決められるようだからです。

地上波テレビはデジタル放送化したことで、技術的には「視聴率」ではなく、リアルタイムに「視聴者数」自体を把握することができるはずですが、「視聴率ではなくリアルタイムの視聴者数に基づいて広告料を決めるようにした」というニュースを、寡聞にして読んだことがありません。

つまり、新聞にしろ、テレビにしろ、広告主の立場からすれば、せっかく高い広告料を支払っても、本当にそのメッセージが消費者に届いているのか、わかったものではないのです。

新聞・テレビ広告がインターネット広告に駆逐されるのは時間の問題

これに対し、インターネット業界における技術革新は目覚ましく、当ウェブサイトでも利用している「グーグル・アドセンス」を含め、最近のインターネット広告の多くは、次第に「追跡型」となりつつあります。

これは、ブラウザの閲覧履歴をもとに、広告配信会社がその人にとってもっとも興味を持たれそうだと思うような広告を配信するシステムです。

もちろん、こうした「追跡型広告」のうち、あからさまなものについてはプライバシーの問題もありますし、このあたり、社会的にきちんと議論が整理されているとは言い難い側面もあります(ちなみにアドセンスの場合は、ブラウザによってはユーザー側でブロックすることも可能です)。

また、「ウェブサイトを閲覧している人が男性なのか、女性なのか、高齢者なのか、中高年なのか、若者なのか」、といった情報をプロファイルする技術も進歩しているようです。

このように考えていくならば、広告の世界でも、従来型の新聞・テレビがインターネットに駆逐されるのは、時間の問題だと思わざるを得ないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



モジュールの時代

テクノロジーとはパーツに分解すること

さて、せっかくインターネットの議論を始めてしまったので、広告以外にも、私自身が興味深いと思っている内容について触れておきたいと思います。

インターネットの技術(テクノロジー)の進化は日進月歩であり、それこそ近いうちに、YouTubeをはじめとするインターネットの動画サイトのクオリティが、地上波テレビのそれを追い抜く可能性が高いと思います。

ひと昔前の動画サイトは、処理落ちも当たり前で、画質も荒く、「映像の早さと美しさ」では、テレビにはまったく太刀打ちできませんでした。

しかし、最近(とくにここ1~2年)の動画サイトの発展には、目を見張るものがあります。

画質は明らかに、テレビ放送のそれに近づいているのです。

私が存じ上げている限り、いくつかのテレビ制作会社が地上波テレビ局などに対する番組提供をとりやめ、インターネット配信に特化し始めています。その典型例が「DHCテレビ」でしょう。

DHCテレビといえば、大人気報道番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』などのインターネット配信でも有名ですが、特徴はそれだけではありません。

番組が最初からインターネット配信を前提として製作されているため、ブログやニュースサイトなどに「埋め込む」ことができるのです。

こうした特徴は、地上波テレビや新聞では考えられません。

もちろん、テレビ局によっては、限定的ながら映像をYouTubeなどで公表するケースもあるでしょうし、最近だとどんな新聞社でも、ウェブである程度、記事を公表しています。しかし、「あっという間に情報が拡散してしまう」という特徴は、新聞の紙面そのもの、テレビ番組そのものには本質的に存在しないという点については、重要です。

ウェブだと「メディア・ミックス」が当たり前!

新聞だと、自宅に配達された(あるいはどこかで買った)紙面を「読む」ことしかできません。

テレビだと、受像機の前で流れてくる映像を、「眺める」ことしかできません。

しかし、ウェブだと、その情報を受け取って、どう思ったのかについて、ただちに意見表明できるのです。

YouTubeやニコニコ動画だと、コメントを入力する欄があり、映像を見てそれについてどう思ったのかを書き綴ることが可能です(もっとも、動画の設定によってはコメント自体を禁止してしまうこともできますが…)。

さらに、当評論サイトの場合、文字情報だけでなく、YouTubeなどの動画を埋め込むこともできますし、コメント欄を読者の皆様に開放しているため、読者の方があらゆる観点から総合的に「ツッコミ」を入れることもできるのです。

つまり、新聞だと「文字情報と写真を受け取るだけ」、テレビだと「映像と音声を受け取るだけ」ですが、ウェブだと「文字情報と写真と映像と音声を受け取ることができるし、自分から発信することもできる」のです。

こうした「メディア・ミックス」は、今日のウェブではすでに当たり前になってきているのです。

「素人が情報発信するな!」の詭弁

新聞社やテレビ局が、こうした状況に強い危機感を覚えているであろうことは、想像に難くありません。

先日『余裕がなくなってきた朝日新聞社』でも触れましたが、朝日新聞社などは自社を批判する言論に対し、法的措置をチラつかせて弾圧する姿勢を明らかにし始めました。

新聞社を含めたマス・メディアは、おちぶれたとはいえ、いまだに大きな社会的影響力を持っています。その意味で、彼らはまさに「既得権益」を持つ「社会的権力者」なのです。

そして、古今東西、既得権益を持つ人は、どんな屁理屈を持ち出してでもそれを全力で守ろうとしますが、朝日新聞社にはとくにその傾向が強いのです。

こうした中、新聞社やテレビ局の側から、インターネット側に対する批判も起きています。

その典型例が、「素人は情報発信をするな!」という詭弁です。

あくまでも私の理解ですが、テレビ局や新聞社の中には、「情報発信の訓練を受けていない素人がインターネットで気軽に情報発信できる社会は非常に危うい」という認識があるようです。

これについては、一面では正しい側面もないではありません。たしかにジャーナリストではない人間が気軽に情報発信できる環境が整えば、中には一部の「ユーチューバー」のように、目立つために極端なことをする人が出現するのも当然です。

ネットのマスゴミ叩きの「犯人」とは?

では、「しかるべき訓練を受けたプロフェッショナルのジャーナリスト」だけに、日本の言論を任せてよいのでしょうか?

その答えは、実は、すでにネットで出ています。

人気のある匿名掲示板や「まとめサイト」、ブログなどでは最近、「マスゴミ叩き」のサイトが勢力を伸ばしているからです。

ここで「マスゴミ」とは、「既得権益があるのをいいことに、ゴミのように下らない情報を垂れ流す新聞やテレビなど」に対する、人々の怒りを込めた蔑称です。

では、この「マスゴミ叩き」をしている人たちとは、いったい何者なのでしょうか?

これについては自然に考えればわかります。

マス・メディアが人々から信頼され、支持されていれば、そのマス・メディアを「マスゴミ」などと蔑むようなウェブサイトなど、誰からも見てもらえなくて廃れてしまうはずだからです。

しかし、現実には新聞とテレビを中心とするマス・メディアのことを「マスゴミ」と蔑み、あげつらうようなウェブサイトが、それこそ増えることはあっても減ることはないという状況になって来ました。

朝日新聞社が言論弾圧に踏み切った理由も、まさにこうした「ネットのマスゴミ叩き」に根を上げ始めたからにほかなりません。

ここまで申し上げればわかると思います。

新聞とテレビを「マスゴミ」と呼び、朝日新聞を「捏造犯罪組織」と糾弾している人たちとは、結局のところ、「一般国民の声」なのです。

もちろん、「マスゴミ」と最初に叫び始めた人は、世の中のごく一部に過ぎません。しかし、「世の中のごく一部」だったはずの「マスゴミ」という蔑称が、ここまで支持を集めた理由は、マス・メディアが腐敗していて、人々がそれに対して怒りを感じており、それに鉄槌を下すことが必要だという社会的コンセンサスが醸成されつつあるからなのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



公正な自由競争を突き詰めよう

私は「ブログ」時代から、一貫して、朝日新聞社の捏造体質を批判してきたつもりですし、また、同社以外のマス・メディアに対しても、基本的には批判的な目を向けて来ました。

その最大の理由は、まさに、新聞記者やテレビ記者の多くが、既得権益を良いことに、勉強もしない、ろくに取材もしない、人の気持ちもわからないという、とんでもない人たちだからです。

もちろん、中にはしっかりとした取材に裏打ちされた、クオリティの高い情報を発信するジャーナリストが、いないではありません。しかし、少なくとも朝日新聞社を筆頭とするマス・メディア各社を「会社」として見るならば、その多くはすでに腐敗しきっており、健全なジャーナリズムの復活を期待するのは、もはや不可能と見るべきでしょう。

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

結論は決まっています。それは、「根拠に基づいた、公正かつ客観的、冷静な議論をこころがけること」、です。

いくら現在のマス・メディア各社に、「根拠に基づかない、歪曲された偏向報道」に手を染める会社が多いからといって、私たちが暴力的手段によって、マス・メディア各社を倒そうとしてはなりません。

少なくとも私は、ウェブ言論人が「根拠に基づく公正かつ客観的、冷静な議論」を続けていれば、そのうちマス・メディアが人々から支持されなくなり、「岩盤の既得権益」にも思えたマス・メディアにも、いずれ倒産する会社が出現することは間違いないと考えています。

その日を信じて、ウェブ言論を続けていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (5コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。