本日は久しぶりに、「何でもない記事」を手掛かりに、「知的格闘」の大切さを訴えてみたいと思います。題材に取り上げるのは、某メディアの某記事です。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の決算期

以前から申し上げている通り、私は新宿を拠点に、吹けば飛ぶような小企業を経営しています。「会社」と名乗っていても、会社とは「名ばかり」に過ぎず、実際には事実上、私1人での「ワンオペ」企業です。

当社は決算期を9月末としているため、11月末に税務申告をしなければならないのですが、昨年に続き、今年もいろいろ苦労しています(笑)

「公認会計士」と名乗っていながら、経理実務を行ったことがなく、また、税理士の先生にお願いするほどの売上も余裕もないため、事実上、私がさまざまなウェブサイトなどを参考にしながら、一生懸命、決算書を作っているのです。

ただ、嬉しいことに、今年の売上高については、目標を少しだけ上回りました。

詳しい計算はこれからですが、おそらく昨年(設立初年度)に発生した繰越損失を一掃し、今年はわずかながらも法人税を支払うことができると思います。

私の持論は、「会社」という形で日本国のインフラを利用している以上、きちんと利益を計上して納税することこそが、わが国に対する最大の貢献だ、というものです。

また、中小企業の場合、交際費などを損金に算入することができるという規定がありますが、私は今回、そのような規定を使うつもりはありません。いわゆる「節税」はしないというのが、ささやかながら私の方針なのです。

もっとも、将来「儲かって儲かって仕方がない」という状況にでもなれば、節税しないといけない可能性もあるかもしれませんが、今のところその心配はないかと思います(苦笑)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



ツートラック外交というふざけた主張

とんでもない言説は「おちょくって楽しむ」のが正解?

さて、当ウェブサイトは、1人のビジネスマンという立場から、いろいろな話題を見つけてきて皆様に提供し、知的好奇心を刺激することの楽しさを分かち合うという位置付けで運営しています。

ということは、たとえばどこかのウェブサイトに掲載されていたニュースをそのまま紹介するのではなく、それについて「ある見方」を添えて、議論の材料を提供するということに、当ウェブサイトの本質があると思います。

こうした観点からは、「下らないなぁ…」と思ってしまうようなニュースも、調理の方法によっては、非常に面白い題材に変化します。

朝日新聞をはじめとしたマス・メディア(あるいは口の悪い人にいわせれば「マスゴミ」)の社説などを見ていると、驚くほど愚劣な記事を発見することもありますが(このあたりはたとえば『最適解はマスゴミ倒産』などもご参照ください)、最近だと、あまりにもレベルが低すぎて、まともに論評するに値しないようなものも量産されつつあるようです。

ツートラック外交の国

前置きが長くなりましたが、今週の金曜日、韓国メディア『中央日報』日本語版に、思わず、「またか」、と思ってしまうようなコラムが掲載されました。

【コラム】強大国の算法は違う…感情でなく冷静な外交を=韓国(1)(2017年11月24日08時08分付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事をヒトコトで要約すれば、「韓国の都合に合わせて日本を利用しよう」、というものです。このように「日本をうまく使って韓国の利益につなげよう」とする考え方を、「用日論」とでも表現しましょう。

しかし、それと同時に韓国は、政府、国民、メディアを挙げて、一生懸命、日本を貶めようとしています。この「あることないことでっちあげて日本を貶めること」を、「ディスカウント・ジャパン」運動と呼ぶこともあれば、日本経済新聞社の鈴置高史編集委員のように「卑日」と呼ぶこともあります。

そして、韓国のメディアがこの手の「用日論」を打ち出すのは、まったく珍しいことではありません。私の感覚だと、酷いときには週に1回以上、この手の記事を見掛けます。

「卑日」(あるいは「ディスカウント・ジャパン」)をベースに置きながら、都合よく日本を利用しようとする(つまり「用日」)という考え方を、韓国では最近、「ツートラック外交」と呼ぶようです。

これで韓国を「好きになれ」という方がおかしい

この「ツートラック外交」は、文在寅(ぶん・ざいいん)政権になって、さらに露骨になってきたかの感があります。つまり、卑日、用日ともに激化する、という格好です。

私のような「ゲテモノ好きなコリア・ウォッチャー」にとっては、文在寅政権以降の韓国が朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代よりもさらに激しく日本をなじるであろうこと、さらに日本に擦り寄ってくるであろうことは、あらかた想像がついていました。

正直、先日の「サンフランシスコ慰安婦像問題」(『中国のプロパガンダにどう立ち向かうか』)のような騒動を見ていて、それとほぼ同じタイミングで、文在寅氏が「日本との協力」を口にする(※次のニュース参照)のを見ていれば、それで「日本の皆さん、韓国のことを好きになって下さい」という方がおかしいと思います。

韓国大統領の訪日招請=北朝鮮対応で結束確認-公明代表が会談(2017/11/23-19:12付 時事通信より)

国家間の関係も、つきつめれば、人間関係と全く同じです。

学生に例えていえば、優等生のA君に対し、同じクラスのB君が、クラス全体、いや学校全体でAさんの悪口を言って回っていて、そのくせに試験前になるとA君に勉強を教えてくれと擦り寄ってくるようなイメージでしょうか。

あなたがA君の立場だったとしたら、B君のことを好きになれるでしょうか?

あるいは職場に例えても同じことがいえます。Cさんと同じ課のDさんが、自分の会社の同僚や取引先、上司や部下に対し、Cさんの悪口を言って回っていて、そのくせ仕事でCさんに助けを依頼していたとしましょう。

あなたがCさんの立場だったら、Dさんのことを好きになれるでしょうか?

まさに、韓国が行っている「ツートラック外交」とは、「世界中で日本の悪口を言い触らしながら、韓国の都合に合わせて日本を利用しよう」という思想にほかならないのです。

国際社会を巻き込んだ解決が必要

では、この韓国の「ツートラック外交」に、日本はどう対応すべきでしょうか?

このうち「卑日」(あるいはディスカウント・ジャパン運動)、つまり韓国が日本の悪口を世界中に言い触らすことは、彼らの宿痾(しゅくあ)のようなものなのかもしれません。

では、これに対して日本はどうすれば良いのでしょうか?

あなたがA君、あるいはCさんの立場だったとすれば、あなたは友人や学校の先生、職場の上司などに相談すると思いますが、日本もこれを参考にすべきでしょう。

具体的には、日韓間のトラブルについては、もうこれ以上、韓国と話し合って解決しようとはしないことです。

もっと踏み込んでいうならば、近年の韓国が行っている行為は、日本人に対するヘイトにほかなりません。「慰安婦問題」などその典型例であり、これは韓国国民と韓国政府が、過去、現在、未来のすべての日本人に対し、その名誉と尊厳を傷つける犯罪行為と位置付けるべきなのです。

国連人権委員会が救済すべきは、まさに韓国という加害者により傷つけられつつある、日本人の名誉と尊厳ではないでしょうか?

そして、日本政府・外務省の動きは緩慢ですが、私たち有権者が声を上げれば、政治家を動かすことができます。

私が一番言いたいことは、「人権救済が必要なのは日本人の方である」、ということなのです。

韓国は日本を必要としている!

一方、「ツートラック外交」のうち、「用日」についてはどう考えるべきでしょうか?

実は、韓国が「自分たちの都合にあわせて日本を利用しようとする」という姿勢は、彼らの国益という観点からは正しいのです。というのも、韓国は自力で経済発展することが難しい国だからです。

たとえば、最新技術についても日本から供与してもらう必要がありますし、常に外貨不足に悩む韓国は日本からお金を借りたり、保証を付けてもらったりすることが必要です。

もっと具体的にいえば、韓国は現在、平昌(へいしょう)冬季五輪の開催を直前に控え、その開催が危ぶまれていますが、国際社会に対してできもしない約束をして、日本に泣きつくのは韓国の常套手段でもあります。

さきほどの中央日報の記事も、末尾は次のように締められています。

文大統領は習近平国家主席とプーチン露大統領を平昌冬季オリンピックに招請した。中国国賓訪問後に日本で首脳会談をし、安倍首相を平昌に招請するのも方法だ。先制的に動けば「慰安婦合意」の創造的解決法も出てくる。外交は51対49程度でも勝つために妥協・調整するものだ。北核問題解決のためにも、韓半島有事への対応のためにも、日本の協力は必須だ。

要するに、北の核問題にしても平昌五輪にしても、日本の協力は必須であり、いかにして日本に協力させるかがポイントになる、という主張です。

日本は韓国を必要としていない!!

では、日本はこれにどう対応すれば良いのでしょうか?

結論は決まっています。

  • 日本にとってメリットがあるならば韓国を助ける。
  • 日本にとってメリットがないならば韓国を助けない。

私たちが考えなければならないのは、たったこれだけです。

韓国が日本の助けを必要としていることは事実ですが、日本は韓国の助けを必要としていません。そして、日本が韓国を助けることにより、なにかメリットがあるならばそうすべきですし、メリットがないなら日本は韓国を助ける必要はありません。

ただ、なぜかしりませんが、日本政府(とくに高学歴の官僚)や日本の財界(とくに高学歴の大企業経営者)には、この「当たり前の判断」ができません。

さらには、「韓国を助ければ卑日をやめてくれるかもしれない」などと考えるのは論外です。

「卑日」は「やめてもらう」のではなく「やめさせる」ものです。

私など意地が悪いので、「韓国が破綻することで卑日が収まるなら、韓国を助けないばかりか、むしろ積極的に破綻においやるべきだ」などと考えてしまうのですが、いかがでしょうか?

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



通貨ポジションの悩み

外貨不足に悩む韓国

ところで、冒頭に紹介した中央日報の記事も、御多分に漏れず、韓国にとって都合が悪い事実については無視し、事実関係を捻じ曲げています。たとえば、記事の冒頭にある

20年前、韓国が国際通貨基金(IMF)に救済金融を申請した日が11月21日だ。通貨危機の話になると出てくるのが当時の金泳三(キム・ヨンサム)大統領の「日本の悪い癖を直す」という発言だ。「韓日合併で日本は良いこともした」という日本閣僚の発言に対する怒りだった。その後、両国関係は悪化の一途。通貨危機が発生すると、日本の資金が一斉に流出した。政府があたふたと日本に支援を要請したが、「民間のことなのでやむを得ない」という言葉だけが返ってきた。感情的な対日外交を警戒しようという事例に挙げられる。

という下りについては、完全な事実誤認です。

1997年7月にタイ・バーツの暴落を契機とする「アジア通貨危機」が発生して、それがインドネシアなどを経て、同年10月には韓国にまで波及したという経緯自体は事実です。ただ、資金を一斉に引き上げたのが「日本」だったと述べるのは、完全な言い掛かりでしょう。

わが国の財務省が公表する外国為替等審議会報告書『アジア通貨危機に学ぶ―短期資金移動のリスクと21世紀型通貨危機―』(1998年5月19日付 外国為替等審議会)の中の『アジア通貨危機の原因と特徴』でも、韓国については

東南アジアで発生していた通貨危機により投資資金の回収可能性に敏感になっていた外国資金は、急速に韓国から流出するという事態に立ち至った。(中略)日米欧の主要民間銀行と韓国当局との間で韓国向け短期債権の長期化に関し検討の方向が合意されたこと等により、落ち着きを取り戻した。

とあります。この財務省の報告書は少し謙虚過ぎる記載ですが、それでも、日米欧(とくに日本)の都銀が、韓国を自主的に支援したことは事実です。よって、「日本が真っ先に逃げた」という表現は、明らかに事実に反する言い掛かりです。

ただ、重要なことは、この期に及んで韓国ではアジア通貨危機が話題になるということであり、それだけ韓国の外貨ポジションのまずさは、韓国国内でも強く意識されているという証拠です。

韓国にとって為替介入は常套手段

ところで、韓国にとって為替介入は常套手段です。

ここで、韓国の金融政策当局者や元政府高官が、この為替介入についてどう考えているかについて、よくわかるインタビュー記事が2つあります。どちらも少し古い記事ですが、最初の記事は、これです。

韓経:韓銀総裁「為替操作国指定・4月危機の可能性低い」(2017年02月24日13時51分付 中央日報日本語版より)

これは、今年2月23日に李柱烈(り・ちゅうれつ)韓国銀行総裁が記者懇談会で発言した内容をまとめたものです。

これに先立って、2月13日付で「韓国は為替操作国だ」と主張する記事を、英フィナンシャル・タイムズ(FT)が東京支局発で掲載しました。李総裁はこのFT記事を念頭に、記者懇談会で次のように発言したそうです。

「(FTの)記事は明確にファクト(事実)とは距離があった/為替市場の変動性が拡大する場合、市場の安定のために微細調整をするだけであり、他の目的で市場に介入するのではない

つまり、李総裁は、「韓国が行っているのは為替市場の変動性(ボラティリティ)を抑えるための(人為的な)調整であり、為替操作ではない」と述べているのです。しかし、この「為替市場の変動性(ボラティリティ)を抑えるための(人為的な)調整」とは、まさに為替介入そのものにほかなりません。

つまり、李総裁の発言は、いわば、万引きをとがめられた犯人が、「安い商品しか盗んでいないから、これは窃盗ではない」と言い張るようなものですが、いかに安い商品であっても、万引きは立派な窃盗であり、犯罪です。

これと同様、「為替市場のボラティリティを抑制するための人為的調整」も、まちがいなく為替介入です。その際、金額の多寡が問題になるのではありません。「人為的に調整すること」自体が、「為替介入をしない」というG20合意に反する行為なのです。

量的緩和と為替介入の違いが理解できない

一方、「韓国公認会計士協会会長」という立場にある人物の発言も、まことに興味深いものがあります。

韓経:「韓国の為替介入を問題視する米国、アベノミクスは容認…韓国の外交失敗が理由」(1)(2016年10月24日13時07分付 中央日報日本語版より)
韓経:「韓国の為替介入を問題視する米国、アベノミクスは容認…韓国の外交失敗が理由」(2)(2016年10月24日13時07分付 中央日報日本語版より)

こちらの記事は今から1年以上前のものですが、「韓国公認会計士協会会長」の崔重卿(さい・じゅうきょう)という人物のインタビュー記事です。しかし、この崔氏自身、「経済官僚(出身者)」だそうです。

崔重卿氏自身が韓国公認会計士の資格でもお持ちなのでしょうか、それとも韓国では公認会計士資格を持っていない人間(例:元官僚)が協会会長に「天下り」する習慣でもあるのでしょうか?このあたりの事情はよくわかりません。

ただ、崔氏が元経済官僚なのか公認会計士(?)なのかはわかりませんが、記事の内容を読んでいくと、同氏は知識面からきわめて怪しい人物であると思えます(※もっとも、日本の場合も山崎彰三・前日本公認会計士協会会長や西川郁生・前企業会計基準委員会委員長のように、公認会計士の中には非常に不見識な人物も多々存在するようですが…笑)

というのも、崔氏はどうやら、量的緩和と為替介入をごっちゃにしているようなのです。

日本銀行が2013年4月以降に行っているのは、為替介入ではなく量的緩和(QQE)です。

これに対し韓国銀行が常に行っているのは、量的緩和ではなく為替介入・為替操作(manipulation)です。

為替介入には2種類ある!

ところで、この為替介入には、2種類の方法があります。

1つ目は、自国通貨が下落し過ぎるのを抑制するための為替介入で、これは「買い介入」と呼ばれます。

2つ目は、自国通貨が上昇し過ぎるのを抑制するための為替介入で、これは「売り介入」と呼ばれます。

この2つの為替介入は、どちらも無制限には実施できません。

1つ目の介入は、自国通貨を市場から買い支えるオペレーションであるため、外貨準備が尽きればそれで終了です。アジア通貨危機の時には、韓国の外貨準備が完全に枯渇して、韓国は国家破綻寸前にまで追いやられました。

そして、韓国は、公式には4000億ドル近い外貨準備を保有していることになっていますが、その実態はお寒い限りです。というのも、本来の「外貨準備」とは、市場ですぐに売れる流動性の高い資産(たとえば米国債)などが含まれるはずですが、韓国の外貨準備には、なにやら怪しい項目がたくさん含まれているようなのです。

私の予想では、韓国の外貨準備のうち、事実上「使い物になる」部分は多くても1000億ドル程度、下手をすれば500億ドルに過ぎないのではないかと見ています(詳しくは『韓国の外貨準備の75%はウソ?』などもご参照ください)。

一方、2つ目の介入も、無制限には実施できません。というのも、これは通貨高を抑制するために、自国通貨を市場で売却し、外貨を買い入れるオペレーションですが、これをやり過ぎると市場に自国通貨が溢れ、インフレになってしまうからです。

韓国銀行は市場で溢れそうになった韓国ウォンを吸収するために、「通貨安定証券」なる債券を発行しているそうですが(ただし発行通貨は不明)、その見返りにあるはずの外貨準備の大部分が怪しい不良資産であるという疑いは払拭できません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



やはり通貨スワップに警戒を!

以上から、現在の韓国では「ツートラック外交」(用日+卑日外交)が論調の主流を占めていること、そして、外貨ポジションが非常に怪しいことから、近々、文在寅氏がわが国の安倍晋三総理に対し、日韓通貨スワップの再開を持ちかける可能性が極めて高いと予想しています。

これについては、くどいようですが、日本にメリットがあれば再開すべきであり、日本にメリットがなければ再開すべきではありません。

もちろん、賢明なる読者の皆様であれば、どちらが正解であるかについては申し上げるまでもないと思います。

ただ、日本国内にも「日韓通貨スワップは日本にもメリットがある」と主張する人たちも存在していることも事実です。

そこで、近日中に、時間を見つけて、「日韓通貨スワップ不要論」について改めて整理して論考したいと思います。どうかご期待ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。