本日、私は出張中であるという事情もあり、本日はやや時事ネタから離れ、普段から私が考えている「社会人としての職業倫理」について、考えてみたいと思います。とはいっても、やはり最後にはどうしても「あの話題」に繋がってしまうのですが…。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (3コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • 2018/04/12 21:45 【時事|韓国崩壊
    河野外相訪韓、「成果なし」こそ最大の成果
  • 2018/04/12 09:00 【時事|経済全般
    【夕刊】祝・レアアース発見!自前資源と脱中国を考える (4コメント)
  • 2018/04/12 00:00 【韓国崩壊
    新版「日韓関係のトータル・ソリューション」を考察する (1コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    仕事の経済学

    当ウェブサイトの位置付けについて

    さて、改めて読者の皆様に申し上げたいことがあります。

    それは、このウェブサイトを日々、ご愛読いただいていることについて、心から感謝申し上げたい、ということです。

    このウェブサイトは、私が2010年7月から大手ブログサイトで書き続けて来た「ブログ」を「独立系ビジネス評論サイト」に昇華させようと立ち上げたものです。当ウェブサイトはブログの延長のようなものですが、それでも、政治、外交、経済、金融などについて、私自身が持っている専門知識を味付けするかたちで記述しているスタイルが受けているのか、毎月10万件を超えるページビュー(PV)を頂いています。

    ただ、このウェブサイトは私が関心を持っている内容を、つらつらと書き殴っているだけのものであり、後から読み返してみると、「よくぞここまでまとまりのない記事を書けるものだ」と、自分でも呆れてしまいます。こんなウェブサイトですが、それでも多くの方々から読んでいただいているため、続けていくことができるのだと思います。

    ところで、当ウェブサイトには広告のリンクを張り付けており、その売上高をレンタルサーバ代に充てています。ただ、皆様に心地良く記事を読んでいただきたいと考えているため、広告は最低限にしています。このため、正直、記事執筆にかける時間との対比で考えるなら、売上高など微々たるものであり、完全に赤字です。

    では、なぜ私が赤字を覚悟で、このウェブサイトを継続しているのでしょうか?

    その理由は、簡単です。私自身が「知的好奇心」を磨く場が欲しいからです。

    私は常々、当ウェブサイトをご覧いただいている皆様に、「知的好奇心」を刺激することの楽しさをお伝えしたいと申し上げて来ました。しかし、実際には、私自身が記事を書きながら楽しんでいるのです。

    記事を書くためには、さまざまなデータなり、公表物なりを調べ、考察する必要があります。また、記事を公表する前に、文章を読み返し、構成を考え直したりすることもあります。これは面倒くさい作業です。

    ただ、自分の文章を読んで下さった方にどう伝わるかを想像しながら、記事を執筆する過程そのものが楽しいのも事実です。

    いずれにせよ、私が自分で好き勝手に書き殴っているだけのウェブサイトを、貴重な時間を割いて読んで下さる読者の皆様には、心の底から感謝しなければならないのです。

    「ブレないこと」は全てに重要

    ところで、私は「人生論」や「社会人論」が好きです。

    もちろん、40代半ばに過ぎない私ごときが仕事や人生について語るなど、百年早いというお叱りが来るかもしれません。しかし、私の持論は、重要な点は「何年生き、何年働いて来たか」、ではありません。「自分の仕事をどういう態度でどれだけこなしてきたか」、です。

    ちなみに私自身は世間的には「若造」ですが、それでも数え方によっては、20年以上、あるいは30年近く、仕事をしている計算になります。ただ、「大学を卒業して新卒でどこかに就職した」という普通の社会人とは異なり、私の「職歴」をカウントする方法は、すこし複雑です。

    まず、大学時代には「朝日新聞奨学生」として、新聞配達などをしながら生計を立てていたので、これを「職歴」に加えれば、「職歴」は長くなります。その反対に、私は大学を卒業してから2年弱、学習塾で非常勤講師をしながら公認会計士の資格試験の勉強をしていたため、この期間を「無職」とカウントすれば、「職歴」は短くなります。

    ただ、世の中に「職業に貴賤はない」といいます。私はこの考え方に全面的に賛成したいと思います。なぜなら、私自身、「新聞配達」も「監査法人」も、それぞれの経験が、自分にとっての貴重な経験であり、血肉になっていることは間違いないからです。

    いずれにせよ、カウント方法にもよるものの、いわゆる「社会人」としては、20年少々の経験をしていると申し上げて良いと思います。そして、私がさまざまな仕事をこなす中で、1つだけ留意して来たことがあります。

    それは、「自分なりに付加価値を付けること」、あるいは「もらう給料以上に付加価値を付けること」です。

    私はさまざまな仕事を経験してきたのですが、それでも「まじめに仕事をすること」という点では「ブレない」ことが重要だと考えています。

    残業論と副業論

    「とにかくお金が欲しい」という方へ

    ところで、仕事をしていると、「とにかくお金が欲しい」、「とにかく給料が欲しい」という人に出会うことがあります。

    人間である以上、誰にだって物欲はあります。もちろん、私だってお金はないよりある方が嬉しいです。イエス・キリストかブッダか聖職者でもない限り、「お金があるよりない方が良い」と思う人は、社会の中では少数派だと思います。

    私はこれまで、仕事をするうえで、さまざまな方々と出会ってきました。その中には、「僕はお金が大好き!」と公言する人もいましたし、会社に内緒で副業に勤しんでいる人や、株、競馬、パチンコ、宝くじなどに手を出している人もいました。

    このうち副業については、多くの会社では「副業禁止規定」が置かれていますし、公務員は法律で副業が禁じられています。ところが、私の知り合いに、勤務先の会社が終業後、その会社の近所にあるコンビニエンス・ストアでアルバイトをしているという人もいました。勤務先の会社には副業禁止規定があるにも関わらず、です。

    もちろん、この「副業禁止規定」が労働法に照らして正しいのかどうかは議論があるところです。しかし、少なくとも「勤務先に内緒でアルバイトをする」という人は、それが会社にばれたとき、どうするつもりなのでしょうか?私の知り合いの事例でも、なぜわざわざ会社の近所のコンビニをバイト先に選んだのか、私にはどうにも理解できません。

    また、ギャンブルに手を出すという事例も、あまり感心しません。

    株式はギャンブルではありませんが、競馬、パチンコ、宝くじはいずれもギャンブルです。そして、ギャンブルは確率論で見て、必ず胴元が勝ち、客が負けるという仕組みです。また、株式にしても余資を運用するくらいであれば問題がありませんが、制度信用などを使って売りポジションを作るなどの取引に手を出せば、それはギャンブル(専門用語で投機行為)になり得ます。

    仕事に集中した方が効率的では?

    では、「お金が欲しい」という理由で、副業やギャンブルに手を出すのは、正しいのでしょうか?

    まず、副業については、自分の時間を安い時給で切り売りしている行為と同じです。もちろん、その副業が楽しいと思うのであれば、まだ救いがあります。しかし、会社で働いて疲れている人が、さらに夜になってからコンビニで働けば、消耗してしまうかもしれません。さらに、副業禁止規定が置かれている組織で働いている人が、副業をしていることがばれたら、懲戒処分を喰らう可能性もありますし、少なくとも組織内で昇格していくことも難しいでしょう。

    また、若いビジネスマンにありがちなケースとしては、残業代でお金を稼ぐというパターンです。深夜まで働けば、たしかに残業代は付きますが、その分、疲れてしまって、日々の業務の効率は、間違いなく落ちるはずです。その意味で、「残業で稼ぐ」という発想は、「自分の時間を切り売りしている」という意味では、「副業で稼ぐ」というパターンと、経済的には似たような行為です。

    その時間があるのなら、自分自身への投資をした方が良いでしょう。

    若い独身の方であれば、何か資格試験の勉強をするのも良いかもしれませんし、異業種交流会や合コンに出てみたり、異性を含めた友人と付き合ったりするのも良いかもしれません。とにかく、人間的に深みが出るような時間の使い方をすべきだと思います。

    私は、有意義な時間の使い方をすれば、目先のゼニを得ることはできないにしても、ゆくゆくは自分自身の本業で評価されることになると考えます。もっと言えば、自分にとっての「本業」を決め、その「本業」で「良い仕事」をすることを目指すべきです。

    それは、私自身がそうでした。

    私の事例だと、「金融規制の専門家」という位置付けで、プロフェッショナリティを磨いてきました。私はこの専門知識の土台をもとに、自分自身のビジネスをさらに確固たるものにするのと同時に、その知見を「ビジネスマン評論家」として世の中に還元することを目指していきたいと思っています(残念ながらまだ売上高は少ないですが…笑)。

    そして、「良い仕事」をすれば、お金は勝手について来ます。

    時給1000円のコンビニバイトであれば、1日3時間、週5日続けたとしても、年間80万円弱にしかなりません。しかし、本業に集中し、時給換算で5000円、あるいは1万円の付加価値を生むようになれば、長い目で見れば、若い頃の時間を切り売りしないことを、強くお勧めしたいのです。

    ギャンブルは勝っても負けても損をする!

    さて、もう1つの論点である「ギャンブルの是非」についても見ていきましょう。

    私自身、資産形成をすることは否定はしませんが、宝くじなどのギャンブルに手を出すことには、できるだけ控えた方が良いと思います。

    たとえば、わが国の場合、宝くじの期待リターンは購入額に対して20%程度であることが知られています。逆にいえば、確率論からは、元本の80%を確実に失い続けるのです。

    サマージャンボ宝くじ、年末ジャンボ宝くじなど、「ジャンボ宝くじ」に1回10万円ずつ投資したとすれば、年間30万円、10年間で300万円を宝くじに投資している計算です。そして、元本の80%が失われるため、10年間で240万円を無駄にすることになります(300万円×80%=240万円)。

    このように申し上げていくと、「中には1等・前後賞あわせて10億円に当たっている人もいるじゃないか!」と反論を受けるかもしれません。

    しかし、宝くじで巨額のお金を獲得した場合、それはそれで不幸です。なぜなら、10億円などの巨額のお金を持ったことがない人が、そのお金を持ってしまえば、得てして無駄遣いをしてあっというまに散財してしまうからです。

    それだけではありません。

    派手に散財することを覚えてしまうと、宝くじで当てたお金が無くなってしまっても、散財する癖がついてしまいます。そうなれば、結局は不幸になるのです。お金というのは不思議なもので、その人に不相応なお金が一時的に入って来たとしても、長続きしません。宝くじ、親の遺産など、理由はさまざまですが、自分の努力ではとうてい手に入らないような大金を手に入れた途端、落ちぶれてしまう人を、私は多数見て来ました。

    その意味では、「悪銭身に付かず」とは、よく言ったものだと思うのです。

    非常に身も蓋もない言い方ですが、私は、人生で必要なお金は、正当に努力し、働けば、きちんと手に入ると考えています。

    仕事の時間をシフトしてみませんか?

    「お金を沢山稼ぎたい」と思う人は、「自分の本業で、良い仕事をする」ことを心がけるのが本筋だと思います。「社畜」として残業代を稼ぐ、会社に内緒でアルバイトをする、ギャンブルに手を染める、といった、「本業ではない努力」によってお金を稼ごうとしても、長い目で見れば、結局は儲かりません。

    ただ、若い方には「具体的にどう努力すれば良いのか?」と尋ねられることもあります。そこで、「生産性の高い仕事」のヒントとして、仕事時間をシフトすることを提案してみたいと思います。

    私自身の若い頃の経験も踏まえ、自戒の意味で記しておきますと、「残業代で稼ぐ」という仕事をしていると、体も壊れますし、大した業務経験にもなりません。監査法人で勤務してた頃は、毎日のように残業をしている人もたくさんいました。私が勤務していたのは、監査法人内でも「極端な夜型生活」の部署であり、残業をすれば、結構な額の残業代を稼ぐことができていたのです。

    以下は、私の事例ではありませんが、私の同期の公認会計士であるS君の、典型的な勤務パターンです。

    • 朝9時に起きて、おもむろにシャワーを浴びる。
    • 朝10時に出勤し、ダラダラ仕事を始める。
    • 午前中、ダラダラ仕事をしていたら、すぐに12時になり、ランチを食べる。
    • 午後1時、ランチ直後で眠い目をこすりながら、さらにダラダラ仕事をする。
    • 午後3時頃からエンジンに火が付き始める。
    • 午後5時に「残業食」と称して、コンビニでサンドイッチだの、ジュースだのを買ってくる。
    • 午後6時以降、本格的に仕事を始める。
    • 午後10時を過ぎると「深夜残業手当」が付く。
    • 午後11時過ぎに、監査チーム内で、「そろそろ終電だね」と話し始める。
    • 終電を過ぎるとタクシー代が支給されるので、終電の時間を過ぎた午前0時過ぎに退社する。
    • 午後1時頃、タクシーで帰宅。
    • 午後2時頃まで、深夜放送などを見て過ごし、就寝。

    こんな生活だと食事の回数も内容も偏りますし、生活も乱れます。当時のS君は独身でしたが、こんな仕事ぶり、家庭を持って同じことができるわけがありません。

    これに対し、私が監査法人を辞めて転職した会社(つまり前職、会社名と業種は申し上げられません)では、業種の特性上、朝型の人が多く、次のような仕事パターンが主流でした。

    • 午前5時に起床。
    • 午前7時前後に出社。顧客からの電話も掛かって来ない時間帯に、多くの仕事を済ませてしまう。
    • 午前9時から始業。顧客等からの電話も掛かって来るが、朝の時間帯に効率良く仕事を進める。
    • 正午、ランチ休憩。
    • 午後1時以降は、業務の棚卸や他の部署との調整、ミーティングなどの仕事をして過ごす。
    • 午後5時過ぎ終業、退社。友人と飲みに行くもよし、家族サービスをするもよし。

    監査法人の「夜型部署」の場合は、朝10時から深夜12時まで、拘束時間は14時間です。

    これに対し、私の前職の場合、朝7時から午後5時まで、拘束時間は10時間ですが、業務効率は、私の体感では3倍から5倍でした。

    一般的に、人間の頭脳は朝の方がスッキリと回転するからです。

    また、早朝出勤した場合には「残業代」は出ませんが、その分、深夜残業するよりも生産性は遥かに高いため、結局は「良い仕事」ができるのです。

    長い人生を考えるならば、目先の残業代よりも、良い仕事をすることの方が1万倍重要です。

    子孫のために美田を残すな!

    日本は相続税制が厳しい国ですので、自分が一代で財産を築き上げても、子供、孫に相続させる過程で財産が目減りしてしまいます。どんな資産家であっても、数代経過すれば、相続税という形で国に吸い上げられてしまうのです。

    ただ、仮に日本に相続税制が存在しなかったとしても、私は子孫に巨額の富を残すことは望ましくないと考えています。

    「悪銭身に付かず」と言いますが、自分の努力で稼いだわけでもないお金を沢山持っていても、人間、不幸になります。それよりは、人生の中で普段からきちんと思考し、努力し、肝心な場面では決断できるという、思考力、決断力を身に着ける方が大切ではないでしょうか?

    私も子供に対しては、財産を残すよりも、「ウソをつかない」「努力をする」「ルールを守る」「困っている人を助ける」といった、人間として重要な要素を躾け、勉強することの楽しさ、思考することの喜びを教えていきたいと思います。

    もっとも、私の場合は「子孫の為に美田を残さず」ではなく「残せず」、かもしれませんが…(笑)

    職業と使命感

    勘違い議員が多すぎませんか?

    ところで、私自身は正直、自分と家族が暮らせるだけのお金さえあれば良いと考えているのですが、世の中にはそうではないという人もいらっしゃるようです。

    非常に残念な話ですが、国会議員を初めとする政治家に、そのような考え方の人が多く含まれているのかもしれません。

    私には地方議会の議員をしているという知り合いがいます。昔は「友人」でしたが、この人物は、私に対してうっかり「議員としての歳費を目当てに選挙に出ている」と発言してしまい、それ以来、私はこの人物とは距離を置くようになりました。

    非常に情けない話です。

    また、国会議員や地方議員の中には、民間企業の役員を兼職している事例もあります。もちろん、わが国の公職選挙法や地方自治法では、議員や都道府県知事、市町村長などの地位を利用して、自己や友人に便宜を図るようなことは犯罪とされていますが、民間企業との役員の兼職自体が禁止されている訳ではありません。

    私に言わせれば、本来、議員は有権者の負託を受けて、私たちの生活をより良くするために仕事をすべき人たちです。国会議員であればわが国の代表者として行動しなければなりませんし、地方議員であれば地元のために尽くすべきです。しかし、歳費を貰って安穏と過ごすことだけを目的とした人たちが存在するというのは、非常に残念な話です。

    私が常々、「有権者は絶対に選挙に行くべきだ」と申し上げている理由は、こうした「寄生虫的な議員」を少しずつでも排除していかねばならないという問題意識があるからですが、ただ、それと同時に、自治体によっては、首長も議員も選挙なしに選ばれるという事例もあることは事実です。

    醜い国会議員の集合離散

    私が「職業倫理」の話題で記事を書き始めると、やはり最後はここに辿り着いてしまいます。

    それは、先月の衆院選で「躍進」(?)した、立憲民主党を初めとする野党議員の皆様に関するものです。

    2017年9月28日、衆議院の解散が行われる直前までは、日本の最大野党は「民進党」という組織でしたが、これが選挙の当日、いきなり前原誠司代表が押した「自爆スイッチ」で大きなダメージを受けてしまいます。というのも、衆議院議員選挙で民進党は「独自候補を擁立しない」と宣言したからです。

    その民進党は、「抱き着き先」として、小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」を選びました。前原氏を含めた民進党の候補者らは、当然に衆議院議員候補者の全員が希望の党に移籍するつもりだったようです。

    ところが、前原氏は党員の合流について、希望の党側とは何ら事前調整をしていなかったらしく、小池氏は「排除の理論」を持ち出し、民進党の中でもとくに左派的な候補者らが「排除」されてしまいました。そこで仕方なしに、排除された勢力のうち、枝野幸男氏ら「革マル系グループ」が主体となって立ち上げたのが「立憲民主党」です。

    ところが、衆院選が終了した現在も、民進党は参議院議員主体の政党として存続し続けています。相変わらず、まったく意味が分かりません。

    小池百合子よ、恥を知れ!

    さらに、小池百合子氏に至っては、全く尊敬に値しない政治家です。彼女自身はたしかに2016年7月の東京都知事選で圧勝しましたし、また、自身が主導した「都民ファーストの会」も、2017年7月の都議選で躍進しました。ただ、それらに気を良くしたのか、2017年9月時点で自身が「希望の党」を立ち上げたのは、あきらかにやり過ぎでした。

    おそらく、小池氏としては、「都知事選、都議選」という圧勝の流れが続くのなら、ここらで都知事職を投げ出し、一気に総選挙で最大政党に躍進し、自身が史上初の女性首相になる、という野望を抱いていたのでしょう。

    私は小池氏に、ヒトコト申し上げたいです。

    恥を知れ

    と。

    豊洲市場への移転を独断で延期したことを初め、東京都政をしっちゃかめっちゃかにして、何が国政だと言いたい気分です。

    そして、日本国民も賢明だったらしく、過半数を目指して200人以上の候補者を擁立したにも関わらず、希望の党が獲得した議席数は小選挙区、比例代表あわせて50議席に留まりました。しかも、小池氏から小選挙区の地盤を譲り受けた若狭勝氏は、小選挙区で惨敗し、比例復活もできずに落選してしまいました。

    言葉を選ばずに申し上げれば、「ざまぁ見ろ」と言いたい気分でもあります。

    そして、その希望の党は、事実上、民進党出身者によって占領されてしまいましたし、都議会でも公明党が与党から離脱したため、小池氏の勢力は少数与党に転落し、これから議会運営で苦慮することが想定されます。

    こうなった以上、小池氏がこれからやらねばならないことは、東京都知事としての職分を全うすることしかありません。

    東京五輪まであと3年を切っています。小池百合子氏が都知事に就任して以来、彼女が空費して来た1年という時間は、もはや取り返すことができません。私の希望としては、小池百合子氏は今すぐ東京都知事をお辞めになり、代わりに実務家が都知事職を務めあげて欲しいところです。

    (※余談ですが、東京都という自治体が「大きすぎる」のも問題でしょう。いっそのこと、東京都は解体して山手線沿線を残して小規模な「東京市」として再編し、残りの部分は埼玉県、神奈川県、千葉県に吸収するくらいでちょうど良いのかもしれません。ただ、この論点についてはいろいろと議論したい部分もあるため、別稿に譲りたいと思います。)

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (3コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • 2018/04/12 21:45 【時事|韓国崩壊
    河野外相訪韓、「成果なし」こそ最大の成果
  • 2018/04/12 09:00 【時事|経済全般
    【夕刊】祝・レアアース発見!自前資源と脱中国を考える (4コメント)
  • 2018/04/12 00:00 【韓国崩壊
    新版「日韓関係のトータル・ソリューション」を考察する (1コメント)
  • 2018/04/11 20:30 【時事|国内政治
    【速報】愛媛県知事に「パフォーマンス」と見抜かれる野党6党 (7コメント)
  • 2018/04/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国に必要なのは「遺憾の意」ではなく「経済制裁」 (2コメント)
  • 2018/04/11 00:00 【RMB|金融
    AIIBの現状整理・2018年4月版 (2コメント)
  • 2018/04/10 21:00 【時事|外交
    【夕刊】外交交渉が通じる中国、外交カードを理解しない韓国 (2コメント)
  • 2018/04/10 08:15 【マスメディア論|時事
    【速報】いい加減にしろ!朝日新聞による報道テロ (3コメント)
  • 2018/04/10 00:00 【韓国崩壊
    韓国の外交官は日本に受け入れないという選択 (3コメント)
  • 2018/04/09 17:04 【金融
    【夕刊】「有事の円買い」と理屈に合わない「輸出立国論」 (7コメント)
  • 2018/04/09 00:00 【マスメディア論
    インターネットは情報の切り取りを許さない (1コメント)
  • 2018/04/08 12:00 【時事|経済全般
    【夕刊】韓国のリーガル・リスクは高すぎる (6コメント)
  • 2018/04/08 00:00 【マスメディア論
    田原総一朗氏の「火消し」も手遅れ (3コメント)
  • 2018/04/07 15:15 【時事|国内政治
    【夕刊】山本真千子氏を「容疑者」として逮捕してはどうか? (3コメント)
  • 2018/04/07 00:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む (8コメント)
  • 2018/04/06 15:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】朴槿恵氏に有罪判決 (4コメント)
  • 2018/04/06 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の存在意義はないですね (4コメント)
  • 2018/04/06 00:00 【政治
    外貨準備最新状況アップデート (2コメント)
  • 2018/04/05 15:15 【時事|国内政治
    【速報】江田憲司議員のツイートは議員辞職相当 (3コメント)
  • 2018/04/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく (8コメント)
  • 2018/04/05 00:00 【外交
    危ないのはむしろ韓国外交 (1コメント)
  • 2018/04/04 13:10 【マスメディア論|時事|外交
    【夕刊】森友問題は形を変えた北朝鮮のテロ? (2コメント)
  • 2018/04/04 00:00 【韓国崩壊
    韓国経済新聞が報じた「3つの苦境」とは? (2コメント)
  • 2018/04/03 10:30 【時事|国内政治
    【夕刊】政策のない政党をあなたは支持しますか? (4コメント)
  • 2018/04/03 00:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国で猛威を振るった「KIKOオプション」 (3コメント)
  • 2018/04/02 14:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「もうお終い」なのはむしろマスゴミの方 (6コメント)
  • 2018/04/02 00:00 【韓国崩壊
    ナッツ姫が韓国という国の信頼を破壊する (3コメント)
  • 2018/04/01 10:10 【マスメディア論|時事
    【夕刊】エイプリルフールとメディアのダブル・スタンダード (3コメント)
  • 2018/04/01 00:00 【国内政治
    また始まった、民進党の政党ロンダリング (8コメント)
  • 2018/03/31 09:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】発想の転換:「テレビが映らないテレビ」 (4コメント)
  • 2018/03/31 00:00 【雑感オピニオン
    論点補足:料理でウソをつくのは不誠実 (4コメント)
  • 2018/03/30 12:55 【マスメディア論|時事
    【夕刊】敗北認めぬマスゴミに倒産という鉄槌を! (2コメント)
  • 2018/03/30 00:00 【外交
    中朝首脳会談の思惑と「6つのシナリオ」 (3コメント)
  • 2018/03/29 10:15 【時事|金融
    【夕刊】為替介入について理解しない中央日報の不見識 (7コメント)
  • 2018/03/29 00:00 【外交
    外交とはかくあるべき:「漁夫の利」について考える (2コメント)
  • 2018/03/28 09:00 【時事|外交
    【夕刊】明らかな悪意を伴った誤訳記事 (2コメント)
  • 2018/03/28 00:00 【外交
    動き出した北朝鮮情勢 (2コメント)
  • 2018/03/27 20:30 【時事|外交
    【緊急速報】西側諸国がロシア外交官追放:日本に漁夫の利? (4コメント)
  • 2018/03/27 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「膿を出す」のは財務省だ (6コメント)
  • 2018/03/27 00:00 【経済全般
    敗れつつある韓国の観光戦略と平昌五輪 (1コメント)
  • 2018/03/26 11:00 【時事|国内政治
    【夕刊】安倍政権は今こそしっかり前を向くべき (1コメント)
  • 2018/03/26 00:00 【雑感オピニオン
    日本は別にずる賢くならなくても良い (3コメント)
  • 2018/03/25 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】どうしてゴミ野党議員が横行するのか? (2コメント)
  • 2018/03/25 00:00 【韓国崩壊|外交
    ボルトン氏が「強硬派」でも対北政策は変えられない (10コメント)
  • 2018/03/24 10:20 【時事|経済全般
    【夕刊】トランプ政権の鉄鋼アルミ制裁を数値で検証する (6コメント)
  • 2018/03/24 00:00 【マスメディア論
    通信と放送の融合・補足論点 (3コメント)
  • 2018/03/23 16:25 【マスメディア論|時事|国内政治
    【緊急速報】安倍政権支持率、ニコ動調査でも下落! (3コメント)
  • 2018/03/23 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】元大統領が不幸な末路を辿る国 (1コメント)
  • 2018/03/23 00:00 【金融
    齟齬を来す米国の金融・財政政策 (2コメント)
  • 2018/03/22 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】転覆しつつある韓国の現状を見つめる (5コメント)
  • 2018/03/22 00:00 【金融
    通貨と国債の関係を考える (4コメント)
  • 2018/03/21 12:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮と「善意」について考える (3コメント)
  • 2018/03/21 00:00 【日韓スワップ|金融
    韓国紙「韓国の外貨不足額は1200億ドル」 (7コメント)
  • 2018/03/20 10:15 【時事|国内政治
    【夕刊】国会質疑が面白い! (6コメント)
  • 2018/03/20 00:00 【金融
    「国の借金」解説(2017年12月版) (6コメント)
  • 2018/03/19 11:11 【政治
    【速報】家計資産は1880兆円時代に (8コメント)
  • 2018/03/19 10:00 【時事|国内政治
    【夕刊】危機にこそ本領は発揮される (3コメント)
  • 2018/03/19 00:00 【政治
    「上念貴明」への警告 (2コメント)
  • 2018/03/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】櫻井よしこ氏の議論に「反論」する (4コメント)
  • 2018/03/18 00:00 【外交
    「日本人に対する」民族ヘイトを許すな! (2コメント)
  • 2018/03/17 21:00 【マスメディア論|時事
    【緊急速報】放送法第4条撤廃を支持する (4コメント)
  • 2018/03/17 00:00 【韓国崩壊|外交
    ハリス司令官の発言の裏にある米朝の意図 (6コメント)
  • 2018/03/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】中央日報の「勘違い記事」に見る韓国の危険性 (2コメント)
  • 2018/03/16 00:00 【韓国崩壊
    滅亡に向かう韓国との関係をマネージする (2コメント)
  • 2018/03/15 09:40 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】本職ジャーナリストによる優れた論考 (2コメント)
  • 2018/03/15 00:00 【雑感オピニオン
    日本の左翼の限界と非科学的議論の危険性 (14コメント)
  • 2018/03/14 09:00 【時事|外交
    【速報】ティラーソン国務長官更迭の影響を読む (7コメント)
  • 2018/03/14 00:00 【国内政治
    「議員の生活が一番」を徹底するとどうなるか? (3コメント)
  • 2018/03/13 21:00 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国の徐薫氏来日の意味 (7コメント)
  • 2018/03/13 11:25 【マスメディア論|時事
    【夕刊】野党さん、なぜ支持率が上がると思ったのですか? (2コメント)
  • 2018/03/13 00:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島の将来シナリオ・2018年3月版 (8コメント)
  • 2018/03/12 09:00 【時事・過去記事|国内政治
    【速報】産経がスクープ:「財務省が14文書を書き換え」 (17コメント)
  • 2018/03/12 00:00 【国内政治
    官僚の横暴と「最後の既得権益」 (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。