いよいよトランプ氏が中国に入ります。ただ、世界情勢は、少し大きな流れとして眺めておくことも必要でしょう。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ訪韓で見える韓国外交の浅ましさ

調整不足、番狂わせ…。どこまでも他国をコケにする韓国外交

本論に入る前に、少しだけ、昨日の『「新宿会計士の通貨スワップ論」が韓国人に人気?』の補足をしておきたいと思います。

米国のドナルド・トランプ大統領は7日(火)、アジア歴訪の2番目の訪問国となる韓国を訪れました。トランプ大統領を載せた大統領専用機は正午過ぎに韓国の首都・ソウル南方にある烏山(うざん)空軍基地に到着。ここでトランプ氏は韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官(=外相に相当)の出迎えを受けたのち、専用ヘリに乗り、ソウルのさらに南方にある平沢(へいたく)の米軍基地「キャンプ・ハンフリーズ」に向かいました。

ところが、予定ではこのキャンプ・ハンフリーズで在韓米軍関係者と昼食会を行うはずだったのに、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が「サプライズ」と称してこの場に出現しました。

文大統領が平沢基地「サプライズ」訪問…トランプ大統領を出迎え(2017年11月07日14時03分付 中央日報日本語版より)

文大統領の出現は米国側にとっても予想外だったらしく、その米国側の当惑は、中央日報に掲載された写真からもうかがえます。これによると、米軍関係者との昼食会の場で、トランプ大統領と文大統領は、軍人を1人挟んで着座していることが確認できます(いちおう、著作権があるので、写真そのものの転載は控えます)。

さらに、この文大統領の「サプライズ」のせいで、キャンプ・ハンフリーズを出発するのが1時間遅れてしまったそうです。

果たしてこの国の辞書には、「段取り」「調整」という単語はないのでしょうか?

「10分」と「50分」で打ち切り

このような「番狂わせ」のためにスケジュールがずれる中、トランプ氏は韓国大統領府に移動し、文大統領との間で、米韓首脳会談に臨みました。ところが、肝心のこの首脳会談、わずか10分で打ち切りとなってしまったようです。

韓米首脳会談始まる 対北朝鮮など議論(2017/11/07 16:03付 聯合ニュース日本語版より)

聯合ニュースによれば、通訳だけを同席させた会談の時間はわずか10分で、また、その後の共同記者会見では、文大統領が握手を求めて手を差し出したものの、トランプ大統領が無視するシーンなどが放映されました。

さらに呆れるのは、その後の晩餐会です。昨日も触れましたが、自称元慰安婦を晩餐会に招き、さらに「独島エビ」なる食材を提供したというのです。

【トランプ氏訪韓】/晩餐会に元慰安婦、韓国が露骨アピール(2017.11.7 21:05付 産経ニュースより)

晩餐会とは、外国の首脳を「国賓」としてもてなすための行事であり、本来であれば、政治的対立を煽る場ではありません。近年では、2015年10月に英国を訪問した習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席に対し、エリザベス女王が見せつけた。それなのに、日本と対立している問題を、韓国はわざわざ、米国大統領との晩餐会の場に持ち込んだのです。

いちおう、トランプ大統領はこの自称元慰安婦を「抱擁」したものの、映像で見る限りは、彼女がトランプ氏に握手を求めたのち、みずからトランプ氏に抱きつこうと近付いている様子が確認できます。おそらく、トランプ氏としても、しぶしぶ抱擁に応じたというのが実情に近いようです。

米国側の「困惑」を象徴するかのように、結局、この晩餐会は50分少々で終了。さらに、日本政府は「慰安婦招待」と「独島エビ」を巡り、韓国政府に対して抗議するというオチがつきました。

日本政府が韓国に抗議 米韓首脳晩餐会に元慰安婦招待と「独島エビ」 菅義偉官房長官「どうかと思う」と不快感(2017.11.7 22:08付 産経ニュースより)

日本政府が韓国政府に対し、不快感を示すのも当然のことです。

もはや米韓の意思疎通すらできていない

今回のトランプ氏の訪韓、「1泊2日」といいながら、事実上は1日少々の短い滞在に終わりました。

政治的スタンスが、比較的、文在寅政権に近いと見られる「ハンギョレ新聞」の日本語版は、トランプ氏の訪韓の「成果」として、「強硬発言がなかったこと」や「北朝鮮向けの発言を抑制したこと」などを、あたかも「成果」であるかの如く報じています。

トランプ大統領、お土産に満足したか…北朝鮮の核・FTA関連「言葉の爆弾」なかった(2017.11.08 06:30付 ハンギョレ新聞日本語版より)

ハンギョレ新聞の記事冒頭に記載されているサマリーを、私が修正したうえで箇条書きにすると次の通りです。

  • 米韓首脳会談でトランプ氏は強硬発言を抑えた
  • 北朝鮮・北朝鮮の核問題は「軍事措置以外のすべての道具を使用」としつつ、過去とは異なり対北朝鮮発言を調節
  • 対中3NO・日米韓3ヵ国協力めぐり「韓中関係の改善、北朝鮮核問題の解決に役立つ」と発言するも、THAAD・MD関連し意見表明せず
  • 米韓FTA「廃棄」に言及せず、韓国大統領府「今のところは順調」と満足感示す

もともと私は、韓国のマス・メディアの「お花畑」ぶりについては酷いと思っていましたが、ここまで来ると衝撃的です。トランプ氏の発言の表面だけを追いかけて、米韓両国の関係が深刻に悪化している事実に盲目的過ぎます。

ただ、次のCNNの記事によれば、トランプ氏は、昨日の韓国国会の演説で、「ロケットマン」などの「過激な」(※)表現を控えつつも、北朝鮮に対して「我々を試すな」と強く警告しました。

トランプ氏、北朝鮮に「我々を試すな」 韓国国会で演説(2017.11.08 15:14 JST付 CNN日本語版より)

(※私は「ロケットマン」という表現が過激だとは思いませんが、いちおう、ここではCNNに倣って「過激な」と表記しています。)

CNNによると、トランプ氏は韓国国会での演説の中で、

朝鮮半島の「完全かつ検証可能な非核化」を求め、北朝鮮に対する「いかなる形の支援、供給、承認」も認めず孤立させるよう、全関係国が力を合わせる必要があると主張した」(下線部は引用者による加工)

としていますが、これは明らかに、北朝鮮に対してのみ向けられている発言ではありません。ほかでもない、韓国に対しても、強力な牽制として向けられている発言だと考えるべきでしょう。

「トランプよ、我慢しろ」と安倍総理が「入れ知恵」?

いずれにせよトランプ大統領は慌ただしく韓国滞在を終え、昨日の段階で、すでに次の訪問地である中国に到着しています。

私自身、トランプ氏が韓国に滞在している間、さまざまな非礼を受けるに違いないと予想していましたが、まさかここまで酷いとは、想像すらしていませんでした。

ただ、「短気」だとして知られるトランプ氏にしては珍しく(?)、韓国の非礼の数々に対し、よく忍耐したと思います。考えてみれば、この点については、やや不自然です。

もしかすると、安倍晋三総理大臣の「入れ知恵」も、相当にあったのではないでしょうか?あくまでも私の想像ですが、

安倍「ドナルド、君は韓国に行くとさまざまな非礼を受けると思うよ。」

トランプ「シンゾー、俺はどうすればいい?」

安倍「今回の君の訪問は北朝鮮情勢を巡って韓国にくぎを刺すことが目的だ。それに滞在時間は実質24時間だから、韓国の非礼に対しても我慢すべきだ。」

トランプ「わかった。」

といった会話が、霞ヶ関ゴルフクラブあたりで交わされていたのかもしれません。

いずれにせよ、トランプ氏は韓国の「ナナメウエ」過ぎる非礼に対し、よく辛抱したと思います。

そして、米国としては「韓国に対し、言うべきことを言う」という目的は達成しました。今後、韓国が米国を裏切るならば、米国の怒りは北朝鮮に対してだけでなく、韓国に対しても向けられると見るべきでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



いよいよ「本丸」に迫る

NBOに福島氏が寄稿

予定では本日から2泊3日で中国に滞在しますが、習近平国家主席との最大の懸案は、北朝鮮問題となりそうです。

もちろん、米中間では、北朝鮮問題以外にも、それこそ外交問題は山積しています。すぐに思いつくものだけを列挙しても、貿易不均衡問題(とくに中国を「為替操作国」として認定するかどうかとする問題)や、中国による南シナ海での海洋進出の問題、さらには中長期的に見て、米国が中国を大国として認めるかどうかという議論など、いずれも一朝一夕には解決を図ることが難しいものばかりです。

一方、今回の訪問は、米国からみれば「トランプ氏にとって大統領として初の訪中」ではありますが、中国からみれば、共産党大会を乗り切った習近平政権にとっての初の外交上の「晴れ舞台」でもあります。

こうした中で昨日、日経ビジネスオンライン(NBO)に、ジャーナリストの福島香織氏の手による大人気連載シリーズ『中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス』の最新記事が掲載されています。

習近平「特別接待」で狙うトランプとの“蜜月”/政権二期目、「特色ある大国外交」喧伝に注力(2017/11/8付 日経ビジネスオンラインより)

福島氏の論考はいつも優れていますが、今回の記事は、普段にも増してシャープです。というのも、福島氏によれば、中国に先立ち訪日したトランプ氏をめぐって、「日本の歓待ぶりを中国メディアが詳報」したという点に注目しているからです。

詳しい内容については、ぜひ、リンク先の記事を直接読んでいただきたいと思いますが、ここでは私が気になった点を、ほんの一部分だけ抜粋して紹介してみましょう。

中国メディアは意外に、トランプ訪日を細かなところまで報道している。2020年東京五輪のゴルフ競技会場となる霞が関CCで(中略)松山英樹が(中略)トランプにレッスンをつけたこと(中略)、天皇陛下・皇后陛下との会見、トランプに先立って訪日したイヴァンカへの接待ぶり、どこでどのようなメニューの宴席が設けられたか、なども含めて、日本の徹底した“おもてなし”ぶりを報じていた。

では、中国のメディアが日本におけるトランプ氏の歓待ぶりを詳報した目的とは、何なのでしょうか?これについて福島氏は、次のように述べます。

こうした報道の目的のひとつは、おそらくは習近平のトランプ接待と比較するつもりであろうと思われる。つまり習近平も安倍に負けないトランプ接待が重要だと考えている。これが習近平政権二期目の外交デビューであり、政治活動報告で語った“世界の舞台の中央に近づく中国”の姿を見せつけ、中国の特色ある大国外交というものを、喧伝する場だからだ。

「中国の特色ある大国外交」!

この言葉は、今後の中国の動向を見る上で、極めて重要です。

日本が「はしごを外される」リスク

福島氏が指摘している通り、中国は現在、習近平体制が第二期に入り、これから威信をかけて大国外交を進めようとするものと考えられます。

現在のところ、日本は米国と史上で最も強固な関係を築き上げていますが、この強固な日米同盟の存在は、中国にとっては不快なことこのうえありません。必然的に、中国にとっての「隠れた最大の外交目的」は、日米同盟の解体に置かれるでしょう。

これについて福島氏の記事の末尾にある、次の下りについては、私たち日本人にとっても深く考えさせられるものです。

もっとも、両者が我こそは最強最大の国家という自意識を持ち続けていれば、一時的に米中融和が演出されても、最終的には米中対立の新冷戦構造に向かうだろう。日本は、だからこそ“反中の先鋒”としての立場で米国との同盟強化にいそしむわけである。中国としても、米中冷戦時代というのは形をかえたG2時代という意味で、むしろ望んでいるフシがある。双方が牽制しあって長期安定時代を迎えられるという意味で。

日本が突然、米国からはしごを外される、という可能性は常識的にいって小さいが、ただ、外交に友情など通用しないというのは常識で、おもてなし外交の笑顔の下で、日本が米国の影響力に頼らない国際的地位の確立を模索していくことの重要さはいわずもがなだろう。

私は、この福島氏の主張には全面的に同意したいと思います。

日本にとって最も重要な同盟国は米国です。このことは間違いありません。しかし、それと同時に、万が一、中国の「日米同盟解体工作」が成功しようものなら、中国、ソ連、米国の3者を敵に回して惨敗した第二次世界大戦の悪夢が脳裏をよぎります。

安倍政権におかれては、引き続き気を引き締めて、外交を進めてほしいと思います。

米中外交のさやあてはアジアに舞台を移す

ただ、いきなり日米同盟の解体を目指そうとしても、それを今すぐ実現することはできません。そこで、中国はまず、「足元を固める」ことに注力するはずです。具体的には、日本を除く東アジア諸国を中国側に「抱き込む」戦略が、これから加速するとみられます。

習近平国家主席自身、11月10日から14日にかけて、ベトナムとラオスを訪問します。

外交部、習近平国家主席のAPEC首脳会議出席、ベトナム・ラオス訪問について(2017年11月06日11:13付 人民網日本語版より)
習近平国家主席がAPEC首脳会議出席、ベトナム・ラオス公式訪問(2017年11月03日10:24付 人民網日本語版より)

『人民網』日本語版によると、10日と11日の両日はベトナムに滞在し、同国ダナンで開かれるアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議に出席。その後、12日から14日にかけて、ベトナムとラオスの両国と首脳会談を行うとしています。

ところが、このうちのベトナム訪問については、トランプ米大統領と、日程が重なっています。

トランプ氏自身も、中国滞在が終わって10日に次の訪問先であるベトナムに移動し、同国で開かれるアジア太平洋経済協力(APEC)のCEOサミットに参加してスピーチを行ったのち、11日にはベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と首脳会談を行うとしています。

ということは、ベトナムには米中両国の首脳が相次いで訪問することになり、ここで米中間の大きな「さやあて」が繰り広げられそうです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



朝鮮半島処分と「陰の主役」

米中密約の可能性

ただし、今回のトランプ氏の訪中では、両国とも、友好ムードの演出に腐心するでしょう。というのも、米国にとっては「世界のならず者」である北朝鮮の処分を巡って、中国の協力を必要としているからであり、中国にとっても「習近平政権第二期」の最初の大型首脳会談だからです。

こうした中、今回の米中首脳会談で話し合われる最大のテーマは、ずばり、「朝鮮半島新秩序」でしょう。

米国(と日本)にとっては、朝鮮半島からICBMを含めた核兵器の脅威が除去されることが必要ですが、逆にいえば、その目的が達成されるのであれば、米国(と日本)にとっては、譲れるところは譲って良いはずです。

一方で中国にとっては、米軍が駐留する韓国(南朝鮮)とは直接国境を接したくないため、「緩衝地帯」が必要ですが、逆にいえば、「緩衝地帯」が確保され続けるならば、中国も米国に対して譲れる部分があります。

そこで、今回の米中首脳会談では、何らかの「密約」が成立するかもしれません。

論点①米国による北朝鮮攻撃を容認または黙認するのか?

では、今回成立するかもしれない「朝鮮半島処分に関する米中密約」について、勝手ながら考えてみましょう。

私が最も強い関心を抱いているのは、米国が北朝鮮の攻撃に踏み切るかどうかですが、そのためには、中国が容認(または黙認)しないという確証が必要でしょう。

攻撃といっても、限定空爆(サージカル・アタック)なのか、「斬首作戦」を伴うものなのかという問題があります。この点、自然に考えて、米国が北朝鮮に侵攻し、北朝鮮の体制を作り替えるような形での軍事介入を、中国が認めるとは思えません。

したがって、中国が容認するとしたら、限定攻撃(ミサイル発射基地などに照準を絞って、ピンポイントで攻撃を加えること)でしょう。

論点②中国は情勢に介入するのか、しないのか?

次の論点は、中国が米国による北朝鮮攻撃を認めるとしても、米国に全面的にそれをやらせるのか、それとも中国自身が情勢に介入するのかどうか、というものです。

中国にとって絶対に避けたい事態とは、「米軍の支配領域と直接、国境を接すること」です。ということは、たとえば米軍が北朝鮮に対するピンポイント攻撃を行い、その後、中国が直接、「斬首作戦」を行う、というパターンもあり得るかもしれません。

それができるかどうかは、まさに習近平政権の指導力次第です。しかし、習近平氏の権力基盤が固まっていて、瀋陽軍区を押さえつけることができるのだとすれば、中国自身が北朝鮮情勢に何らかの軍事介入を行う可能性は十分に考えられます。

論点③ロシアとの関係をどうするのか?

ただし、ここでもう1つ、悩ましい論点があります。それは、仮に米中が「共同斬首作戦」で合意したとしても、北朝鮮には「ロシア」という不確定要素があるからです。

たとえば、北朝鮮を処分するための「米中協調介入」が行われているさなか、ロシアが金正恩(きん・しょうおん)政権を支援するために逆介入を行えば、米中共同作戦が失敗してしまいます。

そのリスクを考えるならば、米中両国の合意だけでは北朝鮮処分が達成できない可能性もあるのです。

したがって、11月10日までのトランプ氏の中国滞在では、いくつかの案で比較検討が行われ、最終的にはベトナムのダナンで、ロシアのウラジミル・プーチン大統領とトランプ氏、習近平氏がそれぞれ合意しなければならないかもしれません。

大胆予測:朝鮮半島処分案

ところで、当ウェブサイトでは以前から、「朝鮮半島情勢を巡る7つのシナリオ」というものを提示して来ました。

図表 朝鮮半島情勢を巡る7つのシナリオ
区分 パターン  具体的な内容
(1)南北統一シナリオ ①北朝鮮主導の赤化統一 北朝鮮がミサイル開発危機を生き延び、韓国で親北派大統領が誕生し、朝鮮半島は北朝鮮主導で赤化統一される
②米国主導の吸収統一 米国が北朝鮮を軍事攻撃し、これにより北朝鮮が崩壊し、韓国が米国の命令により北朝鮮を吸収する
③中国主導の吸収統一 米中密約により中国が北朝鮮の体制を崩壊させ、韓国から米軍が撤退し、韓国が中国の後ろ盾を得て北朝鮮を吸収する
(2)南北分断継続シナリオ ④中華属国化 南北朝鮮が同時に中国の「属国」と化す
⑤南北朝鮮の「クロス承認」 韓国は中国の属国となり、日米両国と断交する一方、北朝鮮は日本と米国が国家承認し、中国と断交する
⑥軍事クーデター 韓国で軍事独裁政権が成立し、民政を停止し、韓国の赤化統一や中華属国化を防ぐ
⑦現状維持・膠着 周辺の大国(とくに米中日露4ヵ国)の都合で、朝鮮半島の現状が維持される

ところが、現実の情勢の方がはるかに先に行ってしまっていて、この「7つのシナリオ」についても改変しなければならなくなりそうです。

まず、シナリオ⑥(韓国で軍事クーデターが発生すること)については、もはや、その可能性は極めて限定的です。文在寅政権に対する支持率は低下しているとはいえ、いまだに60%台を維持しているそうですが、これは、この政権の愚かな反日・親北政策を、国民の多くが支持している証拠でもあります。韓国の軍部が、韓国国民の恨みを買ってまでクーデターを起こすとは考え辛いところです。

次に、私は、米中両国が「密約」により、北朝鮮という国家自体を分割し、消滅させてしまう可能性が出て来たと考えており、北朝鮮という国家が消滅してしまった場合、シナリオ①(韓国が北朝鮮により赤化統一されてしまうこと)の可能性はなくなります。ただ、何らかの理由で北朝鮮が現在の危機を生き延びた場合、韓国は北朝鮮に飲み込まれてしまう可能性は、引き続き強く残ると考えています。

ところで、②のシナリオについては、少し修正が必要となりそうです。というのも、少なくとも米国が単独で北朝鮮攻撃に踏み切る可能性は高くなく、中国・ロシアとの連携に基づく北朝鮮の「米中露3ヵ国共同分割」が実現する可能性が出て来たからです。

さらに、③については、米国を排除して中露だけで北朝鮮処分を行う、という可能性もあります。

このため、これらのシナリオについては、トランプ氏のベトナム訪問とプーチン大統領との首脳会談の結果を踏まえて、アップデートする必要がありそうです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



陰の主役は日本

ところで、トランプ氏は今回のアジア歴訪の締めとして、12日以降にフィリピンに移動し、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領とも首脳会談を行います。

当初、トランプ氏がフィリピンを訪問する予定はありませんでしたが、なぜ、最終的にトランプ氏がフィリピンを訪れることになったのでしょうか?

その「陰の主役」は、おそらく、日本です。

ドゥテルテ大統領自身、先月29日から日本を訪問。安倍総理との首脳会談や晩餐会もこなしつつ、31日には天皇陛下とも会見しましたが、これにより日比関係は盤石なものとなりました。

フィリピンと日本には、実は重要な共通点があります。それは、中国による頻繁な領海侵犯に悩まされている、という点です。

そして、このタイミングでのフィリピン大統領の訪日には、米国とフィリピンの間を日本が取り持つという効果があったことは間違いありません。

さらに、報道されていないベースではありますが、日本がトランプ氏の対アジア外交に相当強い影響を与えているであろうことは、想像に難くありません。

その意味で、「米中さやあて外交」の裏に黒子として存在している「陰の主役」とは、日本に他ならないのです。この時期に、安倍晋三氏が日本の内閣総理大臣であったことは、後世の歴史家からは「奇跡だった」と評価されるではないかと思います。

しかし、本当の勝負はここから先であり、「朝鮮半島処分を巡る米中談合」が終了すれば、いよいよ本格的に、「海洋勢力」対「中華帝国」のにらみ合いが始まります。日本はそれこそ気を引き締めて、これからの国難に取り組まねばならないと言えるでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。