私は先日、せっかく『崩壊する韓国社会に日本はどう対処するか?』という記事を上梓したのですが、日経ビジネスオンラインに、相当にシャープな「朝鮮半島分割論」が掲載されてしまいました。やはり、本当のプロフェッショナルのジャーナリストには、私はまだしばらく勝てそうにありません。そこで本日は、最近のいくつかの重要な動きを、報道から拾っておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

してやられた!「北朝鮮処分」論

日経ビジネスが北朝鮮処分を論じるとこうなる

してやられた…。そう感じました。

せっかく私自身が「満を持して」、自分の中では力作だと思った『崩壊する韓国社会に日本はどう対処するか?』という記事を上梓したにも関わらず、それとまったく同じ日付で、日経ビジネスオンライン(NBO)に大人気シリーズ『早読み深読み朝鮮半島』の最新記事が掲載されてしまいました。また、その「続編」についても、昨日、掲載されています。

米中ロがうごめく「金正恩後の北朝鮮」分割案/真田幸光教授と「金融」を通してアジアの火薬庫を読む(1)(2017/10/30付 日経ビジネスオンラインより)
米国はいつ「韓国放棄カード」を切るのか/真田幸光教授と「金融」を通してアジアの火薬庫を読む(2)(2017/11/01付 日経ビジネスオンラインより)

リンク先の記事は、今回も力作です。

タイトルでわかる通り、2本の記事のうち前半のテーマは「金正恩(きん・しょうおん)を排除したあとの北朝鮮の分割統治」、後半のテーマは「裏切り者の韓国をどのタイミングで切るか」という論点です。

ひと昔前だと、「朝鮮半島が再分割される」「米韓同盟が破棄される」などと議論しようものなら、変人扱いされたものです。「日経」の名を冠したメディアであるNBOに「朝鮮半島処分」が堂々と掲載する日が来たとは、感無量です。

これらの記事は、日本経済新聞社の鈴置高史編集員が愛知淑徳大学ビジネス学部・研究科長でもある真田幸光(さなだ・ゆきみつ)教授を迎えて、朝鮮半島の将来を議論するものです。とくに(1)の方の記事では、米国のランド研究所が2013年に公表した「北朝鮮の南北分割案」と、韓国・毎日経済新聞社系の放送局である「MBN」が2015年に公表した「北朝鮮の4分割案」という、2つの「北朝鮮分割案」が紹介されています。

このうち、韓国メディアが報じたという、北朝鮮を米中露プラス韓国の4ヵ国で分割するというネタは、おそらく韓国にはありがちな、単なるガセネタでしょう。

しかし、ランド研究所が発表したとされる、「北朝鮮を中国と米国で南北から2分割する」という案については、朝鮮半島問題に詳しい人々の間では、可能性のひとつとして、昔から議論されてきたものであり、それなりに信憑性はあります。

なお、当ウェブサイトでは鈴置編集委員の論考を逐一、紹介するようなことはしません。しかし、リンク先の記事は非常にシャープな議論でもありますので、当ウェブサイトに興味を持つ方であれば、是非、直接お読みください。

朝鮮半島の将来に関する「共通点」

かくいう私自身も、当ウェブサイトを通じて、朝鮮半島の将来には7つのシナリオがあり得ると申し上げて来ました(シナリオ自体については、詳しくは『崩壊する韓国社会に日本はどう対処するか?』などでお読みいただくことができます)。その中で、朝鮮半島の将来を議論する際には、ある共通点があると考えて来ました。

その共通点とは、韓国は、朝鮮半島の将来設計に関与することはできない、とするものです。

私が先ほど、鈴置編集委員の議論にあった「MBNの北朝鮮4分割案が信頼できない」と申し上げた理由とは、韓国が米国、中国などと同じ立場で朝鮮半島の未来を決める「ヤルタ会談」に参加できるはずがないからです。

その理由は簡単です。韓国は周辺の大国(とくに日本、中国、米国)悪から一切信頼されていないからです。それだけではありません。韓国の日米中各国との関係は、史上最悪の状態にあると言っても過言ではないでしょう。

対米関係の悪化はいまだ収束せず

まず、現在の米韓関係に関していえば、1948年に韓国という国が成立して以来、最悪の状況にあります。

現在の韓国の大統領・文在寅(ぶん・ざいいん)氏は、「筋金入りの反米・親北派」として知られていますが、文氏が米韓関係を破壊したわけではありません。米韓関係はすでに前任の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権のころから決定的に悪化していました。そのキーワードは、「米中二股外交」です。

この「米中二股外交」とは、韓国が米国との軍事同盟を維持したままで、中国との関係を深めようとしていることをさします。その典型的な事件とは、いずれも2015年に発生した、「AIIB参加事件」と、「天安門軍事パレード事件」です。

このうち「AIIB参加事件」とは、韓国が米国を「裏切る」形で、中国が2015年に設立した国際開発銀行である「アジアインフラ開発銀行」(AIIB)に参加した事件のことです。これは、アジア開発銀行(ADB)という組織が存在していながら、中国が自身の主導する国際開発銀行を立ち上げたという意味では、米国の「金融覇権」に深刻な脅威を与えかねない「一大事件」でした。米国が韓国のAIIB参加を「自国への裏切り」だと見たのも当然のことでしょう。

また、同年9月には、朴槿恵大統領自身が、中国政府が天安門で主催した「抗日戦争勝利70周年記念軍事パレード」に参加。ロシアのプーチン大統領に加え、国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状も出ているスーダンのバシール大統領、独裁者の悪名高いカザフスタンのナザルバエフ大統領、ウズベキスタンのカリモフ大統領(※2016年9月没)らと同席したのです。

この2つの事件は、バラク・オバマ米大統領(当時)を激怒させました。朴槿恵氏が2015年10月に訪米した際、オバマ氏は朴氏との会談をわずか1時間弱で終わらせ、その後の昼食会も、オバマ氏本人ではなく、バイデン副大統領が対応するという形で、韓国に対する米国の怒りが伝えられたのです。

朴槿恵氏は結局、韓国国会による弾劾決議(2016年12月9日)により職務停止となり、韓国憲法裁判所の罷免判決(2017年3月10日)により大統領職を追われてしまいます。

(※余談ですが、現在、朴氏は身柄を拘束され、刑事訴追を受けていますが、彼女の在任中の日本に対する悪質な振る舞いを見る限り、私個人的な感情としては、どうも彼女に同情する気にはなれません。)

その朴槿恵氏の後任として韓国大統領に就任したのは、「親北派」と目される文在寅(ぶん・ざいいん)氏ですが、文在寅政権は今年5月に発足し、今月で6ヵ月目に入りました。文在寅政権はこの短い期間で、よりにもよって北朝鮮に対して単独で会談の開催を提案し(『予想通り本性を現した韓国』参照)、人道支援と称して北朝鮮に巨額の支援を提供しようとしました(『最悪のタイミングで最悪の選択をする民族』参照)。

朴槿恵政権の「後遺症」も収まっていないというのに、こうした姿勢を続けることで韓国が米国から信頼される要素が、ひとつでもあるとは思えないのです。

米大統領が1泊するだけでも有難いと思え

ドナルド・トランプ米大統領の11月5日からのアジア歴訪では、韓国だけ、訪問日程が1泊2日と、日中両国(それぞれ2泊3日)と比べて短く設定されています。

これについて、韓国メディアは「訪問日程が日本より短い」などと大騒ぎしていましたが、私に言わせれば1泊するだけでも有難いと思うべきでしょう。

ただ、困ったことに、韓国メディアには自分たちが米国との関係を破壊したという認識がないらしく、米国による「サウス・コリア・パッシング」に対する戸惑いが見られます。

こうした「戸惑い」の証拠が、この2本の記事です。

米国、日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず(2017年10月30日08時16分付 中央日報日本語版より)
<トランプ訪韓D-8>「北核共助で韓国ほどのパートナーはいない点を刻印させるべき」(2017年10月30日09時05分付 中央日報日本語版より)

1本目の記事は、アリス・ウェルズ米国務次官補代行が、民主主義などの価値を共有する米日豪印4ヵ国の連携の必要性について強調したとするものです。中央日報は

ウェルズ代行は価値を共有するアジア・太平洋の国に韓国を挙げなかった。

と述べていて、韓国が明らかに「価値同盟」から除外されているという事実に対する戸惑いが見受けられます。

また、2本目の記事は、北朝鮮の核開発問題を巡り、

文大統領は安倍首相以上に緊密に共助できるパートナーであるという点を今回の(トランプ大統領の韓国訪問という)機会に刻印させなければならない

とする韓国の「有識者」の発言を紹介したものです。

(※どうでも良いですが、中央日報の記事は、そもそも文章としてきちんと整理されておらず、読みにくいことこの上ありません。)

韓国のメディアが「日本以上に米国から信頼される国であるべきだ」という「思い込み」をそのまま記事にしてしまうというのも困った話ですが、これは言い換えれば、韓国メディアは、自国が米国から信頼されていないという事実を認識しているという証拠だといえるかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中華属国化が逃れられないわけ

中韓関係の急激な冷え込み

崩壊する韓国社会に日本はどう対処するか?』の中でも議論したとおり、韓国という国は、米国、日本、中国、そして北朝鮮という、4つの国に引きずられる形で漂流しています。

こうした中、朴槿恵政権時代には、韓国は、それこそ全力で中国に擦り寄ったのですが、その結果、韓国は何を得たのでしょうか?

先ほど指摘したとおり、米国の不興を買ってまでAIIBに出資し、大統領自身が天安門に登った結果、朴槿恵氏は米国から激怒され、2015年10月の訪米時には、米国からは徹底的に冷遇されてしまいました。

そこで、朴槿恵政権は2015年12月末から、職務を停止させられる2016年12月に掛けて、今度は日米陣営に擦り寄ります(図表1)。

図表1 韓国の日米への擦り寄り
日付 出来事 概要
2015年12月28日 日韓慰安婦合意 慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で日韓両国が合意した
2016年7月8日 在韓米軍へのTHAAD配備合意 在韓米軍基地に高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を配備することで米韓両国が合意した
2016年11月23日 日韓GSOMIAへの署名 2012年以来、たなざらしになっていた日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)に署名した

この慰安婦、THAAD、GSOMIAは、「3点セット」と覚えておきましょう。

いずれも、日韓関係、米韓関係を著しく改善するための合意であり、これらの目的は、「日米韓3ヵ国軍事連携」をやりやすくするという点にありました。

しかし、今度は、これらのうちの「THAAD配備」に対し、中国が強く反発。1992年の中韓国交正常化以来、最も緊密だった中韓関係が急速に冷え込み、ついに今年に入り、中国が自国民の韓国旅行を規制し始めるまでになりました。

いわば、一種の「経済制裁」のようなものです。

属国の扱いを心得ている中国①通貨スワップ

そして、中国による対韓経済制裁のピークは、2017年10月10日に失効した「中韓通貨スワップ協定」の延長拒絶です。

韓国が外国との間で締結している「二国間通貨スワップ協定(BSA)」は、米ドルに換算すれば、約750億ドル弱であり、これに「多国間通貨スワップ協定」である「チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)」の384億ドルが加わります(図表2)。

図表2 韓国が外国と締結するスワップ協定
相手国 最大金額 米ドル換算額
オーストラリア 100億豪ドルと9兆ウォン 約79億ドル
マレーシア 150億リンギットと5兆ウォン 約36億ドル
インドネシア 115兆ルピアと11兆ウォン 約85億ドル
中国 3600億元と64兆ウォン 約546億ドル
BSA小計 約746億ドル
CMIM 384億ドル 384億ドル
合計 約1130億ドル

(【出所】各国中央銀行ウェブサイトより著者作成。なお、為替換算はWSJの日本時間10月16日22時時点のものを使用し、億ドル未満を四捨五入している)

つまり、韓国が保有している通貨スワップ協定を米ドルに換算すれば、実に1130億ドルで、韓国が「保有している」ことになっている外貨準備(約4000億ドル)の4分の1を優に超える金額です。

ただ、注意しなければならない点は、これらの5本のスワップ協定は、豪ドルとのスワップを除き、緊急時に使い物にならない、ということです。

マレーシア、インドネシア、中国とのスワップは、米ドルで引き出すスワップではなく、相手国通貨で引き出すスワップです。また、CMIMは日本、中国、ASEAN諸国などが参加する多国間の枠組みであり、プライドだけはエベレストよりも高い韓国が、ASEAN諸国などに頭を下げなければ引き出せません。

ただ、そんな中国とのスワップについても、金額だけでみれば米ドルに換算して550億ドル弱に達するため、中国との通貨スワップが失効してしまえば、韓国にとっての「スワップ・ポジション」は急激にしぼんでしまいます。

このスワップは今年10月10日に失効してしまいましたが、韓国の副首相らは、3日も経過した10月13日(※韓国時間)になってから、記者団に対して「中韓スワップの延長で合意した」と述べました。

実は、「中韓スワップが延長された」とする情報は、中国側からはいまだに確認できていません。それどころか、韓国政府、韓国銀行も、公式な声明文を発表したものではありません。副首相の記者発表がすべてです。

私はこの「通貨スワップ協定延長騒動」については、次の3つの可能性があると考えています。

  • 中韓スワップ延長自体が、韓国政府によるウソである可能性
  • 中韓スワップ延長に中国政府が無条件で合意した可能性
  • 中韓スワップ延長に中国政府が水面下で合意しているが、何らかの密約を伴っている可能性

この3つの中で、最も可能性が高いものは、3番目の「密約説」でしょう。というのも、最近、韓国政府の幹部らによる、明らかに中国に対する配慮が見えるからです。

つまり、中国政府は韓国との通貨スワップ協定の延長に合意しているものの、実際にそれを発動するためには、「THAADを撤回しなければならない」、「北朝鮮危機に際して米軍に協力してはならない」などの「密約」を伴っている、とする仮説です。

何より、中国当局が公式な報道発表を行っていないこと自体、中国が韓国に対し、通貨スワップを武器に何らかの重圧を掛けているという証拠ではないでしょうか?

属国の扱いを心得ている中国②関係改善説

韓国が「観光立国」を標榜していることは、「韓国マニア」の間では有名な話です。ところが、中国はここにも強烈な圧力を掛けて来ています。

韓国観光公社の観光統計に季節調整を加え、「12ヵ月累計値ベース」の月次推移を取ってみると、韓国に入国した外国人全体に占める中国人の割合は急落していることが、はっきりと示されています(図表3)。

図表3 韓国入国外国人統計(12ヵ月累計値ベース)

(【出所】韓国観光公社統計より著者作成)

これに加えて、2017年9月に韓国を訪問した中国人は318,682人で、前年同月の726,266人に対し、ほぼ半減となっています(※余談ですが、2017年9月に韓国を訪問した日本人219,968人で、前年同月の208,759人と比べて微増となっていますが、これは誤差の範囲と言えるかもしれません)(図表4図表5)。

図表4 韓国に入国した中国人の人数(単月ベース)

(【出所】韓国観光公社統計より著者作成)

図表5 韓国に入国した日本人の人数(単月ベース)

(【出所】韓国観光公社統計より著者作成)

つまり、2016年末時点では、韓国に入国した外国人の約半数が中国人であるという状況を作り出しておき、その後、国内の旅行代理店に圧力を掛け、韓国旅行ツアーの販売を禁止するなどの措置を講じたのです。

さすが中国は韓国の「元宗主国」だけあって、「属国」である韓国の扱い方をよく心得ていると見受けられます。

韓国が「中国面」に戻ってきた!

こうした中、韓国が「中国面」に戻ってきたと痛感せざるを得ない、由々しき記事を発見しました。

韓国外交長官「韓日米軍事同盟はない…来月の韓中首脳会談を推進」(2017年10月31日08時02分付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事は中央日報日本語版に掲載されたもので、これによれば、韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官(外相に相当)は10月30日に韓国国会で、韓国の外交姿勢として、次の3つの立場を明らかにしました。

  • 米国のミサイル防衛(MD)システムに参加しない
  • 高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の追加配備を検討しない
  • 日米韓安保協力は軍事同盟に発展しない

韓国が日本を嫌っているという事実は、いまさら指摘するまでもありませんが、だからといって、このタイミングでこうした発言を行うことは許されません。なぜなら、韓国は現在、北朝鮮という共通の危機に面していて、日本や米国と協調しなければならない立場にあるからです。それを、みずからわざわざ、日米韓軍事協力を阻害する発言を行うとは、この人物に外交官としてのセンスはかけらもないということでしょう。

なにより、トランプ大統領が訪韓する直前にこのような発言を行うということ自体が、「間の悪さ」を示しています。米国からすれば、「軍事協力を進める気がないなら訪問を取りやめるぞ!」と言われても文句は言えません。

そして、この発言をした直後に、中国外務省の華春瑩(か・しゅんほう)報道官は

  • 「我々は韓国側のこうした3つの立場を重視する」
  • 「韓国側がこれを実際に行動に移すことを願う」

と述べたとか。

韓国の中華属国化は、もはや止められないのかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本は韓国を助けるだろうか?

さて、日韓関係については、つい最近も『崩壊する韓国社会に日本はどう対処するか?』などのなかで詳しく触れたので、本日は繰り返しません。

私は韓国が日本に対し、一貫して加害者の立場にあったと考えていますが、日本はすでに韓国に対し、国民レベルでも政府レベルでも、信頼を置いていないと見るべきでしょう。

もちろん、日本が在韓邦人の保護を名目に、韓国に自衛隊を派遣する可能性はないとはいえません。ただ、それはあくまでも日本が自国の利害を目的に行うのであって、これまでの日韓関係とは根本的にあり方が異なります。日韓両国は、「日本が韓国に配慮してあげる」という形の関係からすでに脱却したと見るべきでしょう。

なにより安倍政権が国民からの圧倒的な支持を得たという事実が、その裏付けです。

いずれにせよ、今月のトランプ大統領訪日以降の動きについては、しっかりと見ておく必要がありそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (3コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。