日本では連日の選挙戦報道が続いていますが、こうしたニュースに隠れて、いまや日本国内でもすっかり扱いが減ってしまった国があります。本日は、「通貨スワップ協定」に狂喜乱舞する韓国の情勢を、やや冷やかに眺めておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

サウス・コリア情勢

衆院選の投票日まで、1週間を切りました。こうしたタイミングもあり、どうしても当ウェブサイトでは、選挙、憲法、安保などに関する話題を紹介する機会が増えています。

ただ、それと同時に、人々の関心が薄れている、「崩壊しつつあるあの国」についても、話題を拾っておきたいと思います。来月、トランプ大統領が日中韓を歴訪する際にも、おそらくほとんど無視されるであろう、「サウス・コリア」、つまり韓国のことです。

少し目を離していると、すぐに情勢が動くから困りものです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中韓スワップ延長に『狂喜乱舞』

続報のない中韓スワップ「再延長」報道

そういうわけで、本日も話題は、中韓スワップに関するものです。

先週金曜日に韓国の財相と韓国銀行総裁は、10月10日付で失効した、中韓間のスワップ協定について、「3年延長された」と述べました。これを受けて私も、『【速報】聯合ニュース・中韓スワップ延長報道の真偽』とする記事を執筆し、公表しましたが、その中で私は次のように述べました。

実は、この報道を巡っては、現在のところ報じているのは韓国メディアのみであり、肝心の中国側の中国人民銀行からは発表されていません。

このため、韓国のいつもの「ウソ・捏造」という可能性は現時点で排除しきれない点については、注意が必要でしょう。

ところが、この記事から丸3日経過しましたが、中国人民銀行からは、中韓スワップに関する報道発表がいまだに一切行われていませんし、詳しい契約条件等についても、何ひとつとして公表されていないのです。

これは非常に困惑する状況です。というのも、二ヵ国間通貨スワップ協定(BSA)を延長したり、新たに契約を締結したりすれば、中央銀行や中央政府などが、きちんとその事実を公表すべき筋合いのものだからです。

BSAが失効したときに、その事実を公表しないというのは、よくあることです。実際、日本でもインドとの通貨スワップ協定(500億ドル)が2015年12月3日付で失効していたようなのですが、これについても日本の財務省がその事実を公表していないという事例があります。

ただ、報道によれば、今回の中韓スワップについては、どうやら韓国側の当局も公式発表したものですらなく、G20財相・中央銀行総裁会合に出席する副首相と韓国銀行総裁が記者団に対して語っただけなようなのです。

自然に考えられる仮説は3つ

ここで、自然に考えられる仮説は3つあります。

1つ目は、「中韓スワップ延長」という、韓国政府の発表自体がウソだという可能性です。通常の国であれば、閣僚や中央銀行総裁が平気でウソをつくとは考えられませんが、あの国の場合、上から下まで、すべての人がウソをついていたとしても不思議ではないと思わせるような「前科」はたくさんあります。

それに、中国人民銀行側が韓国側の報道発表を追認していないという状況証拠を見ると、自然に考えたらこの発表自体、真実だと考えるのがむしろ難しいようにも思えるからです。

ただ、中国も正確な発表をしないことで有名な国です。そこで成り立つ2つ目の仮説があります。それは、中韓スワップ協定の延長は事実だとしても、スワップの発動に何らかの条件が付けられている可能性がある、という点です。

たとえば、中韓スワップを「形の上では」延長したことになっているものの、実際に韓国が通貨危機に陥り、中国人民銀行から人民元を引き出そうとしたときに、中国側が「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を今すぐ撤去しろ」と要求を突きつける、というパターンが考えられます。

そして、3つ目の可能性は、中国側がこうした付帯条件を付けていないものの、合意を文書化せず、口約束に留めているというものです。この仮説も、中国が朝鮮半島の旧宗主国であるという事実を考えるならば、十分にあり得るシナリオでしょう。つまり、韓国がスワップを発動しようとしても、中国がその時の気分次第で、「そんな約束など存在しない」と突き放す、ということです。

やはり外貨準備の大部分はウソなのか?

ただ、いずれの仮説が正しかったとしても、韓国の大騒ぎぶりは醜悪ですらあります。

先週1週間の韓国の政府、メディアの混乱を見ていると、中国からスワップを打ち切られれば、すぐにでも通貨危機が訪れるかのような書き方でした。

しかし、韓国は公称によれば、4000億ドル近い外貨準備を保持しているはずです。これに対し、中韓スワップで得られる外貨の最大額(3600億人民元)をドル換算しても550億ドル弱に過ぎません。ということは、韓国は公称の外貨準備の15%にも満たないスワップを巡って、ここまで大騒ぎしたということです。

この事実を見るだけで、実は韓国当局が主張する「4000億ドル弱の外貨準備」という公式発表が、ウソではないかとの疑いを抱くに十分です。

国際通貨基金(IMF)が公表する「公式外貨準備構成(Composition of Foreign Exchange Reserves,COFER)」を見ると、世界各国の外貨準備高のうち、6割以上が米ドルです(図表1、ただし内訳判明分に限る)。

図表1 COFERの内訳

(【出所】IMFのCOFER・2017年第2四半期より著者作成)

ということは、韓国が「外貨準備だ」と主張する4000億ドルのうち、約6~7割、2500億ドル程度は、米ドル建てでなければなりません。

ところが、米国財務省が公表する「TICレポート」を見ても、韓国名義で保有されている米国債の金額は、多い時でも1000億ドル弱、少ない時には500億ドル少々しかありません。

さらに、韓国が公表する「資金循環統計」を見ても、外貨準備として計上されているべき「外貨預金」「外債」「金」「IMFのSDR」などの項目は僅少で、韓国銀行の勘定の大部分が「その他の外国債権債務」という、なにやらよくわからない項目で構成されています(図表2)。

図表2 韓国銀行のバランスシート

(【出所】韓国銀行・2017年3月末の資金循環統計のデータより著者作成)

正直、韓国が主張する外貨準備統計については、韓国が正確な情報を公表していないため、詳細についてはよくわかりません。ただ、これらの状況証拠から判断する限りは、韓国が保有する外貨準備は、多くてもせいぜい1000億ドル程度に過ぎず、のこり3000億ドル弱は「ウソ」ではないかとの仮説が、説得力を帯びてくるのです。

もう1度言う、中韓スワップは「使い物にならない」!

それに、私が「韓国の外貨準備の大部分はウソではないか」と考える理由は、ほかにもあります。それは、韓国のメディアが、「通貨スワップ協定」について、必死に報じているからです。

ここで、韓国が外国と締結するBSAとCMIM(チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定)の金額を振り返っておきましょう(図表3)。

図表3 韓国にとっての外貨ポジション
相手国 金額 ドル換算額
オーストラリア 100億豪ドル/9兆ウォン 約79億ドル
マレーシア 150億リンギット/5兆ウォン 約36億ドル
インドネシア 115兆ルピア/11兆ウォン 約85億ドル
中国 3600億元/64兆ウォン 約546億ドル
(BSA小計) 約746億ドル
CMIM 384億米ドル 384億ドル
合計 約1130億ドル

(【出所】各国中央銀行ウェブサイトより著者作成。ただし中韓スワップについては報道が正しいとする前提に基づく。なお、為替換算はWSJの日本時間10月16日22時時点のものを使用し、億ドル未満を四捨五入している)

韓国が「イザ」というときに、外国から引っ張ってくることができる外貨は、米ドルに「換算」すれば、1130億ドルです。しかし、これはあくまでも米ドルに「換算」した場合の金額であって、「米ドルで」1130億ドル調達することができる、という意味ではありません。

そして、これら5本のスワップ協定のうち、使い物になるのはオーストラリアとのスワップのみであり、しかも金額は100億「豪ドル」であって、100億「米ドル」ではありません。昨日のレートで換算すれば、約78.7億ドル程度です。韓国はオーストラリアから調達した「豪ドル」を、為替市場で「米ドル」に両替しなければならないのです。

オーストラリア以外の相手国とのBSAについては、さらに悲惨です。というのも、インドネシア・ルピア、マレーシア・リンギットは、いずれも市場が薄く、一気にドルに両替すれば、両通貨ともに暴落してしまいます。つまり、韓国が通貨危機に巻き込まれ、BSAを発動すれば、インドネシア、マレーシアの通貨が韓国ウォンに道連れにされる形で暴落するという、韓国発の「新・アジア通貨危機」が発生してしまいかねないのです。

そして、問題の中国とのスワップについては、①中国当局がスワップに応じるかどうかという問題、②得られた人民元を国際的な為替市場でドルに交換することができるかという問題、③中国当局が人民元を度流転することを認めるかという問題、が、同時に降ってきます。

そもそも①の部分自体が怪しいのですが、仮に最大3600億人民元を入手したとしても、その金額だと、②香港などの人民元オフショア市場で売却することは困難でしょう。また、③中国本土で米ドルに両替するには、中国人民銀行の許可が必要です。韓国と同様に「ハリボテの外貨準備」に悩む中国が、まさか、人民元のドル転を認めるとは思えないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



迷走する韓国メディア

韓国メディアの「自己矛盾」

こうした中、想像通り、昨日、韓国メディアから「中韓スワップは中国にもメリットがある」と主張する、かなり意味不明な社説が公表されています。

韓経:【社説】「与えるから得られる」確認させてくれた韓中通貨スワップ延長(2017年10月16日10時47分付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信記事】)

内容を引用しながら、ツッコミを入れてみましょう(ただし引用に当たっては、全角数字を半角数次に置換するなど、技術的修正を施しています)。

韓国と中国が3ヵ月を超える交渉の末に通貨スワップを延長した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備以降の中国の過度な経済報復が1年以上続いてきたところでありさらに意味がある。

そもそも「スワップを延長した」という事実自体、本当なのでしょうか?また、THAAD報復は依然として終わっていないようですが、その点についての言及はないのでしょうか?

外貨準備高が不足した時に相手国の資金を事前に約定した為替相場で交換して使う通貨スワップは経済危機に備えた「国家間マイナス通帳」のようなものだ。韓中両国が延長に合意した規模は従来通り560億ドル(約62兆ウォン、3600億元)で、韓国が締結した全通貨スワップ規模の46%を占める。米国と日本とは未締結状態のためどうにか残った安全ラインを守った格好だ。

この「国家間マイナス通帳」という表現は、韓国メディアには頻繁に出てきますが、そんな表現、韓国以外には存在しません。BSAはBSAであり、「マイナス通帳」ではありません。また、「延長に合意した規模」は「560億ドル(約62兆ウォン、3600億元)」とありますが、これも間違いです。金額はあくまでも「3600億元」であり、その換算額が約546億ドル、約62兆ウォンになるというだけの話です。さらに、「日米両国とは未締結状態」とありますが、「いつか締結する」ということは、おそらくないでしょう。

韓国の外貨準備高は9月末現在3847億ドルに達し、すぐに外貨不足を心配する状況ではない。だが国際経済の変動性が大きくなり、韓国経済の弱点も少なくなく、あらゆることで最悪のケースに備えていくのが正しい。

この下りについても、おそらくは詭弁です。私の試算だと、どう考えても韓国に4000億ドル弱の外貨準備が存在するようには思えないからです。本当に使える外貨準備とは、せいぜい1000億ドル、下手すると500億ドルに過ぎないのではないでしょうか?

「騙るに落ちる」とは、まさにこのことでしょう。

出た!「中韓スワップは中国にも必要」論

そして、さらに意味不明なのは、次の記述でしょう。

もうひとつ注目すべきことは韓中通貨スワップが中国にも必要な協定という点だ。人民元の国際化という中長期戦略に韓国の助けは切実だろう。アジアインフラ投資銀行(AIIB)創設議長国で低開発国開発を先導する国際リーダーに成長するためにも同様だ。多様な外為安全策もまた中国に緊要になるほかない。大きな経済規模同様に中国は外貨準備高も多く9月末現在3兆1090億ドルに達するが、昨年初めにジョージ・ソロスなどヘッジファンドの「為替攻撃」を受けた時は人民元相場が揺らぎ、外貨準備高が急減したりもした。

この、「中韓スワップは中国にも必要だ」とするロジック、韓国メディアが「日韓スワップは日本にとっても必要だ」と述べた時と全く同じ屁理屈です。

BSAが外貨を調達する契約であるという点は、どの国にとっても全く同じ話です。

実際、日本の場合も、米FRB、カナダ中央銀行(BOC)、スイス国民銀行(SNB)、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行(BOE)との間で、無制限の為替スワップ協定を締結しており、日銀は「ドル資金供給オペ」を実施しています。

また、中国にとっても、日本との間で通貨スワップ協定を締結することができれば、イザという時に日本円や米ドルという国際的なハード・カレンシーを調達することができるため、心強いことは間違いないでしょう。

しかし、韓国との間でのBSA、発動したとしても得られるのは韓国ウォンという「ゴミ通貨」であり、中国にとっては何も役に立ちません。

韓国経済新聞は、何をもって「中韓スワップは中国にとっても必要だ」と主張するのでしょうか?まったくもって謎であり、まったくもって意味不明です。

再び日韓スワップ待望論も

ただ、韓国メディアがどれだけ強がり、どれだけ虚勢を張ったところで、中韓スワップが「張子の虎」に過ぎないという事実を覆すことはできません。

こうした中、少しだけ気になる情報もあります。それは、韓国内のメディアが、再び日韓スワップに言及したことです。

中韓通貨スワップ延長で日韓スワップ再開に注目集まる、韓国政府内では「積極的に動くべき」の声も=韓国ネットは否定的「後悔するのは日本」(2017年10月16日(月) 16時40分付 Record chinaより)

『レコード・チャイナ』からの孫引きで恐縮ですが、韓国メディア『京郷新聞』は13日、韓国内で「今年初めに中断した日韓スワップ交渉再開の可能性に関心が集まっている」としています。

『レコード・チャイナ』に紹介された『京郷新聞』の主張の要点は、次の通りです。

  • これまでの歴史を見ると、日韓通貨スワップは締結時から日本側が信頼性に欠ける行動をしてきた
  • 2008年のグローバル金融危機の際、韓国は日本に通貨スワップの拡大を求めたが日本の反応は冷たかった
  • 当時、日韓スワップは20億ドル(約2230億円)の規模だったが、日本は30億ドル(約3350億円)水準を提案してきた
  • そこで韓国は中国との交渉に乗り出し、300億ドル(約3兆3570億円)規模の通貨スワップを締結した
  • これに焦った日本もその後、数百億ドル規模を提示し、11年には一時700億ドル(約7兆8330億円)にまで拡大した
  • その後、12年8月に当時の李明博(り・めいはく)大統領が竹島を訪問したことを受け、日本は満期を迎えた570億ドルの通貨スワップを終了させ、15年1月に日韓通貨スワップは完全に終了となった

いろいろと事実誤認、歪曲などが混じっている文章であり、客観的事実と異なっている下りもあります。まず、「20億ドルのスワップ」とは、2001年7月4日に締結した、チェンマイ・イニシアティブ(CMI)に基づく米ドル建てのBSAのことでしょう。2006年2月24日には、これが100億ドルに増額されています。

また、これとは別に、2005年5月27日には、円建てのBSA(30億ドル相当)が締結されており、リーマン・ショックの直後の2008年12月12日には、200億ドル相当額にまで増額されています。

『京郷新聞』には、ウソをつくのもたいがいにしなさい、と言いたい気持ちでいっぱいです(なお、日韓スワップの細かい経緯については『野田スワップは中韓スワップへの対抗?』にまとめていますので繰り返しません)。

それに、どう贔屓目に見ても、日韓スワップが終了した原因を作った「信頼性に欠ける行動」とは、韓国の行動です。李明博(り・めいはく)が島根県・竹島に不法上陸したり、天皇陛下を侮辱したりしたこともさることながら、李明博の後任の朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領(今年3月に罷免)が米中二股外交を繰り広げ、日本を侮辱しまくったことが、「信頼を裏切る行動」ではないと言い張るつもりでしょうか?

さらには2015年12月の日韓慰安婦合意にかかわらず、ソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、2016年12月には釜山の日本総領事館前に、同様の銅像を違法設置したことは、おそらく多くの日本国民を激怒させ、落胆させ、失望させました。

いまや、日本国内で「親韓派」を名乗っているのは、韓流スターの追っかけをやっている、ごく一部の情報弱者層と、確信犯的な反日テロリストくらいなものでしょう。韓国政府の行動は、日本国民に対して、「誠実に日韓友好を推進すべきだ」とする考えを消し去るのに十分なのです。

まともな神経ではない!

レコード・チャイナの記事には続きがあります。

それは、「中韓スワップを締結したことで、日韓スワップの交渉再開の可能性はさらに低下した」としつつも、

しかし、通貨スワップは多ければ多いほど韓国の心強い外貨安全弁になるため、非常時の円の威力を無視することはできないという点で「韓国政府が立場を変えるべきだ」と指摘する声も出ている

というものです。

さらに、韓国のネットユーザーからは

  • 「後悔するのは日本の方。放っておけばいいよ」
  • 「必要な時に助けてくれないのに、なぜ日本と締結を?」
  • 「日本と通貨スワップを締結するには慰安婦問題で低姿勢を取る必要がある。それを望む国民はいない」

といった声が出ているとしており、中には

「通貨スワップは両国にとって良いことでしょう?韓国が下手に出るのはおかしい」

など、思わず神経を疑ってしまうような発言もあるようです。

もう1度申し上げておきますが、日韓スワップは一方的に韓国を救済するものです。日本としては、そのようなスワップなどなくても全く困りませんが、韓国にとっては「喉から手が出るほど欲しいスワップ」でもあります。

韓国は実力もないくせに、プライドだけはエベレストよりも高いという不思議な国ですが、今までの日本だと、韓国の通貨危機を防いであげるために、「日韓スワップは日韓双方にメリットがある」という、事実に反するウソをついてまで、スワップ協定を締結してやっていました。

しかし、そうやって過去に何度も何度も何度も何度も韓国を助けて来た結果が、今日の「反日モンスター国家」という韓国の姿なのです。

もういい加減、韓国に配慮することはやめましょう。

おそらく、ドナルド・トランプ米大統領が来月訪日する際、朝鮮半島の命運も決定されるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



本日のオマケ:自意識過剰過ぎる国

なお、これを巡って昨日、あまりにも頭が悪すぎる記事を発見しました。

【社説】トランプの初訪韓、短すぎる1泊2日は理解しがたい(2017年10月16日08時56分付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事の書き出しは、次の通りです。

来月、初めてのアジア歴訪を行うドナルド・トランプ米国大統領が、韓国ではたった1泊2日しか滞在しないかもしれないという。これに比べ、日本は3泊4日の可能性が高い。オバマ-ブッシュ-クリントンら元米大統領のアジア歴訪の際は、韓日での訪問日数が全く同じかほぼ同じだった点と比べると、ただ事ではない。

この期に及んで、米国が韓国を日本と「対等」に扱ってもらえるとでも思っているのでしょうか、この新聞は?

私はトランプ氏の訪韓について、1泊2日どころか、下手したらゼロ泊という可能性だってあると思っています。

ただし、トランプ氏の訪日、訪中については、非常に重要なことが議論されると考えられます。このため、この話題については、日を改めて、ごく近いうちに触れたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。