中国が主導する国際開発銀行である「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)は一昨日、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)から「ゼロ%リスク・ウェイト」の承認を得ました。これには一体どういう意味があるのでしょうか?

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

バーゼル規制とは?

BCBSと各国規制当局の関係

世界各国の共通の銀行規制を決めている協議体があります。スイス連邦・バーゼル市に本部を置く「国際決済銀行」(Bank for International Settlements, BIS)に事務局を置いていることから、この協議体のことを「バーゼル銀行監督委員会」(Basel Committee on Banking Supervision, BCBS)と呼びます。

もともとBIS自体は第一次世界大戦後に敗戦国・ドイツに対して戦時賠償金を支払わせるための機関として設立されたものですが、この組織は現在も生き延びており、いわば、「中央銀行の中央銀行」と呼ばれています。そして、バーゼルには定期的に各国の中央銀行の総裁などが集まっていて、国際的な金融規制を日夜議論しています。

2008年9月に発生した、米大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営破綻による金融危機(英語でthe financial crisis、日本語で「リーマン・ショック」)の直後に、BCBSは金融規制の在り方を抜本的に見直し、「バーゼルⅡ」と呼ばれていた規制を「バーゼルⅢ」にアップデートする作業を開始。予定では2016年12月末までに「バーゼルⅢ」を最終化するはずでしたが、なぜか、現時点でも「バーゼルⅢ」の最終化は終了していません。

日本の規制

それはともかく、世界中の銀行は「自己資本比率規制」の適用を受けており、日本国内でも銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などの「預金取扱機関」(あるいは大手証券会社など、それに準じる会社)に対しては、金融庁が国際ルールを参考にしながら、自己資本比率規制を策定しています。

自己資本比率は次の計算式で定義されます。

自己資本比率=自己資本÷リスク・アセット…①

この①式で定義される自己資本比率、分子項目の「自己資本」は、企業会計上の「純資産」とは全く異なる概念です。また、分母項目の「リスク・アセット」についても、計算方法は複雑です。

日本の場合、海外に支店を持っている金融機関に対しては「国際的な統一基準」が適用され、それ以外の金融機関に対しては「国内基準」が適用されています。そして、両者については自己資本の概念がやや異なっており、最低自己資本比率は国際行が8%以上、国内行が4%以上とされています。

国際統一基準行の最低自己資本比率≧8%…②

国内基準行の最低自己資本比率≧4%…③

この「国際統一基準行」は、日本の場合だと、2017年3月末時点で19社存在します。

日本の国際統一基準行一覧
  • メガバンク3社(三菱UFJ、みずほ、SMFG)
  • 大手信託1社(三井住友TH)
  • 地方銀行10行(群馬、千葉、横浜、静岡、北國、八十二、滋賀、中国、山口、伊予の各銀行)
  • 第二地銀1行(名古屋銀行)
  • その他金融機関2社(農林中央金庫、商工組合中央金庫)
  • 大手証券2社(野村ホールディングス、大和証券グループ本社)

上記以外の全ての金融機関(都銀、地銀、第二地銀、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合等)は、基本的に国内基準行だと考えて差し支えありません。

自己資本比率規制の欠陥

預金取扱機関は、自己資本比率の影響を受けながら投融資活動に関する意思決定を行っています。ここで重要な考え方は、「リスク・ウェイト」です。

リスク・ウェイトとは、自己資本比率の分母を計算する時の比重の事です。

たとえば、日本の場合、日本国債(JGB)のリスク・ウェイトはゼロ%であるとされているため(※標準的手法の場合)、たとえ何億円、何兆円の日本国債を所有していたとしても、これらの日本国債は銀行等にとっての「リスク・アセット」にカウントされないのです。

これに対して貸出金の場合、リスク・ウェイトは住宅ローンが35%、中小企業向けが75%、標準が100%などと決められています(※標準的手法の場合)。

これを、具体的な数値例で確認してみましょう。

たとえば、A銀行の自己資本が1億円で、リスク・ウェイトが100%の資産を10億円持っていた場合、A銀行の自己資本比率は次のように計算されます。

A銀行の自己資本比率=1億円÷(10億円×100%)=10%…④

これに対し、B銀行の自己資本が1億円で、リスク・ウェイトが100%の資産を5億円、リスク・ウェイトがゼロ%の日本国債を5億円持っていた場合、B銀行の自己資本比率は次のように計算されます。

B銀行の自己資本比率=1億円÷(5億円×100%+5億円×0%)=20%…⑤

自己資本比率だけで比べると、A銀行よりもB銀行の方が健全に見えますが(20%>10%)、これは、B銀行の資産の半分が国債であり、国債のリスク・ウェイトはゼロ%であるためです。

つまり、自己資本比率規制には、リスクを取らずに国債ばかり買っている銀行の自己資本が高く計算されてしまうという欠陥があるのです。

日本の金融セクターの特徴は「カネ余り」

ところで、日本の金融機関の預金量は巨額です。

少し古いデータで恐縮ですが、2017年3月末時点において、預金取扱機関の預金量は1423兆1791億円にも達しています。ただし、系統金融機関の系統上部預金(たとえば信用金庫から信金中央金庫、農協から信農連、農林中央金庫など)が160兆円程度、ダブル・カウントになっていますが、これらを控除したとしても、1250兆円程度の預金量が存在しているのです(図表1)。

図表1 日本の預金取扱機関のバランスシート(2017年3月末時点)

(【出所】日銀・資金循環統計より著者作成)

負債側の預金が1423兆円もありながら、資産側で貸出金が760兆円弱しかないというのは、どう考えても異常です。それだけ日本国内に貸出先がないという証拠なのでしょうか、それとも銀行等金融機関が、リスク・ウェイトを恐れてリスクを取らないからなのでしょうか?

さらに、日本の金融機関の場合、大きな問題を抱えています。それは、「莫大な預金の運用先に困っている」、という点です。

エセ経済学者らがいう、

日本の人口は2005年を境に減少に転じていて、貯蓄率が下がり、預金量も減っている

という俗説は、資金循環統計を見る限り、100%間違っています。実際には、日本の金融機関には預金が集まり続けているからです(余談ですが、こういう、基礎的な統計すら確かめずに思い込みで断定するインチキ・エコノミストには、さっさと退場して頂きたいものです)。

そして、日銀が2013年4月に開始した「量的質的緩和」(QQE)の影響により、市場から国債が吸い上げられ、金融機関としては、貴重な運用商品である債券の保有残高が減り続けています。その分、急増しているのは「現金預け金」であり、うち日銀当座預金は324兆円にも達しています。

この324兆円の全額に対してマイナス金利が適用されている訳ではありませんが、日銀のマイナス金利政策は、金融機関の経営体力をじわじわと奪い続けていることも事実です。

金融機関は運用先に困り、現在、

  • 外債(米ドル建て、豪ドル建ての債券など)
  • ファンド(投資信託、金銭の信託、外国籍投資信託など)
  • 超長期国債、J-REIT、ETFなどの有価証券

などに手を出しています。こうした環境下で、円建てで利回りが高い外債が発行されたら、金融機関は競ってそれらの債券を購入するのです。

現在の日本では、資金調達・運用構造になっているという事実を、まずはしっかりと認識しておく必要があります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



AIIBのゼロ%リスク・ウェイト

主要MDBはゼロ%リスク・ウェイト

ところで、世界には国際開発銀行と呼ばれる組織があります。英語ではMultilateral Development Banksの頭文字を取って「MDB」と呼ばれます。

このMDB、バーゼル規制上は、外部格付に従ってリスク・ウェイトが決定されています。つまり、得ている格付がトリプルAからAA-の組織であれば20%、A+からA-であれば50%、といった具合です(図表2)。

図表2 MDBのリスク・ウェイト
外部格付 リスク・ウェイト
AAA~AA- 20%
A+~A- 50%
BBB+~B- 100%
B-以下 150%
無格付 100%

(【出所】バーゼルⅡテキスト第63項)

ただし、通常、MDBには複数国からの出資が行われることが一般的です。そして、出資国(たとえばADBの場合は日本やアメリカ、EBRDの場合は欧州各国)がメンツにかけてこれらのMDBを支援することが期待されます。

そこで、バーゼル規制のルール上、「長期外部格付がAAAであること」、「主要出資国の信用格付がAA-以上であること」、「出資国からの強力な支援や出資の裏付けがあること」などの条件を満たしていれば、ゼロ%のリスク・ウェイトを適用することが認められています。

現在の日本の「銀行告示」上も、アジア開発銀行(ADB)や世銀などが発行した債券に対しては「ゼロ%のリスク・ウェイト」が定められており、いわば、日本の金融機関がこれらのMDBが発行する債券を購入する場合は、リスク・ウェイト上は国債と同じ取り扱いを受けるのです(※ただし標準的手法の場合)。

AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを適用して良いのか?

前置きが長くなりましたが、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は10月10日付で、AIIBに対してゼロ%リスク・ウェイトの適用を認めるとする、衝撃的な合意文書を公表しています。

Risk weight for Asian Infrastructure Investment Bank(2017/10/10付 BISウェブサイトより)

BCBSの声明は次の通りです。

The Basel Committee on Banking Supervision has agreed that supervisors may allow banks to apply a 0% risk weight to claims on the Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB) in accordance with paragraph 59 of the document International Convergence of Capital Measurement and Capital Standards: A revised Framework – Comprehensive Version, June 2006. AIIB will be included in the list of multilateral development banks as set out in footnote 24 of the document.(仮訳)BCBSは本日、各国規制当局が各国の銀行に対し、AIIBにゼロ%のリスク・ウェイトを適用することを容認することで合意した。これに伴い、バーゼルⅡテキスト(2006年7月付BCBS最終規則)の第59項は書き換えられる。AIIBは同項注記24に列挙されるゼロ%リスク・ウェイトの適用されるMDBに書き加えられる。

正直、BCBSは正気なのかと疑います。

実は、既にAIIBに対しては、インチキ格付業者の代表格であるムーディーズ社が「トリプルA」相当の格付を付与しています。日本国政府に対する格付がトリプルA相当でない時点で、同社の付与する格付がインチキであることは明白ですが、それはさておき、ここで困ったことが発生します。

それは、カネ余りに悩む日本の銀行から、AIIBに対して巨額の資金が流れる可能性です。

金融庁と外務省は連携せよ!

もういちど、図表1を見てみましょう。

図表1(再掲)

日本の預金取扱機関は、預金量1423兆円に対し、貸出金が760兆円弱に過ぎません。系統間預金を考慮しても、純預金の額は1250兆円程度に達しますから、約500兆円、何か「貸出金以外」に投資しなければならない状況が続いているのです。

こうした状況に付け込み、仮にAIIBが円建てで巨額の債券を起債したら、一体何が生じるでしょうか?

資金運用難に陥る日本の金融機関から、巨額の資金がAIIBに流れ込む、ということです。

日本はAIIBに参加していないため、日本がAIIBのガバナンスに対して何か意見を述べることは困難です。そんな危ない組織に対し、日本の金融機関から巨額の資金が流れ込むリスクが高まっているということを、今一度、認識する必要があります。

すでにムーディーズがAIIBに対し、トリプルA相当の格付を付与したことで、AIIBが将来発行するであろう債券のリスク・ウェイト(※標準的手法の場合)は、無格付の100%ではなく、「トリプルA」の20%に低下しています。

それが、今回のBCBSの決定により、さらにゼロ%のリスク・ウェイトが適用されるとなれば、AIIBが発行する債券が日本国債と同じリスクと評価される、ということになりかねないのです。

私は、AIIBに日本の金融機関から巨額の資金が流入する危険性が高まっている点を強く憂慮します。

金融庁と外務省は、連携しなければなりません。

AIIBにカネが流れると何が困るのか?

AIIBとは、いうまでもなく、中国政府が主導するMDBです。

アジアにはすでに、日本と米国が主導するアジア開発銀行(ADB)が存在します。そして、ADBは豊富な融資実績、確固とした与信管理ノウハウなどにより、世界から高く評価されている組織でもあります。

これに対し、AIIBは2015年に設立されたばかりで、現在のところは融資実績は少なく、また、債券も発行されていません。しかし、AIIBには7月13日にフィッチから、7月18日にはS&Pからも、それぞれ「トリプルA」の格付を付与されています。ごく近い将来、AIIBが、まずはドル建て、将来的には円建てなどの債券を発行することは、ほぼ間違いないと見てよいでしょう。

こうした中、AIIBの融資基準はあいまいです。中国はこれまで、発展途上国に対して過大な貸し込みを行い、たとえばインドの南部にある島国・スリランカの港を99年間にわたって中国が租借することになるという事件も発生しています。

スリランカ、ハンバントタ港の運営権を中国企業に譲渡 インドなどが懸念(2017年7月30日 16:03付 AFPBBニュースより)

この事件は、スリランカが中国から借金をして開発した港湾の累積債務がかさみ、その返済のために、中国に対して債務減免を求め、その結果、中国がこの港湾を支配してしまうことで合意した、とするものです。

こうした強引な貸し込みが、今後は豊富な日本の資金を使って行われる危険性がある、ということです。

AIIBがADB並みの透明で厳格な融資基準を持たない限り、日本の金融機関からは、AIIBにはビタ一文たりとも出してはなりません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「金融機関の自由」?それは屁理屈だ!

さて、金融機関は民間企業であり、本来であれば、自由に経済活動を行うことができる存在です。

しかし、それと同時に忘れてはならないことがあります。それは、金融機関はすべて「許認可業」である、という点です。すなわち、金融機関は日本円という「世界最強の通貨」を使った金融システムの一翼を担う存在であり、民間企業でありながらも公共インフラです。いざとなれば、金融機関は日本国民の税金負担により救済される可能性があるのです。

たとえば、韓国の銀行などにお金を貸し込んでいる某金融機関の行動も、日本国民の潜在的な税金負担で、日本の金融システムを危機に晒していると言えます。

その意味で、金融庁には金融規制を通じ、日本の国益を最大化する義務があるのです。

外務省と金融庁は、いまこそ連携しなければなりません。日本国民の「虎の子」の預金を、中国の邪悪な野望に使われることを防がねばならないのです。

もちろん、BCBSが「ゼロ%リスク・ウェイト」の適用を決めたからといって、この条項はあくまでも「各国の規制当局に委ねられる部分」であるため、日本の金融庁がこれに唯々諾々と従う必要はありません。少なくとも20%リスク・ウェイトの維持は必要でしょう。

金融庁のご英断を期待したいと思います。

 

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。