最近、当ウェブサイトでは「日本の選択」に関する話題が続いてきたのですが、ここらで久しぶりに、重要な国際情勢の話題を紹介したいと思います。本日はズバリ、「北朝鮮とロシアの関係」です。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮はロシアに取り込まれる?

朝鮮半島「6つのシナリオ」を修正します

以前から私は、当ウェブサイトを通じて、朝鮮半島には次の6つのシナリオが考えられると申し上げて来ました(図表)。

図表 朝鮮半島の6つのシナリオ
区分 パターン シナリオ詳細
(1)南北朝鮮統一シナリオ ①北朝鮮主導で北朝鮮に吸収される(赤化統一) 北朝鮮がミサイル開発機器を生き延び、韓国で親北派大統領が誕生し、朝鮮半島は北朝鮮主導で赤化統一される
②米国主導で北朝鮮を吸収する 米国が北朝鮮を軍事攻撃し、これにより北朝鮮が崩壊し、韓国が米国の命令により北朝鮮を吸収する
③中国主導で北朝鮮を吸収する 米中密約により中国が北朝鮮の体制を崩壊させ、韓国から米軍が撤退し、韓国が中国の後ろ盾を得て北朝鮮を吸収する
(2)南北分断継続シナリオ ④南北朝鮮の同時での中華属国化 南北朝鮮が現体制を維持したまま、韓国が限りなく中華属国化するシナリオ
⑤南北朝鮮の「クロス承認」 韓国は中国の属国となり、日米両国と断交する一方、北朝鮮は日本と米国が国家承認し、中国と断交する
⑥韓国で軍事クーデター 韓国で軍事独裁政権が成立し、民政を停止し、韓国の赤化統一や中華属国化を防ぐ

この図表は、まず、朝鮮半島の南北分断が継続するのか、それとも南北統一が実現するのかというシナリオを軸にしつつ、韓国・北朝鮮自身が周辺の大国(とくに中国と米国)とどう関わるかに応じて、6つに整理したものです。

ただ、私自身、意識しつつも敢えてこの6つのシナリオに織り込んでこなかった要素が、1つあります。

それは、「ロシアとの関係性」です。

そして、北朝鮮とロシアの関係を議論して来なかったことは、「朝鮮半島を巡る将来予測」のシミュレーションにおいて、必ずしもシナリオとしては十分とはいえないものです。

たとえば、どこかのゴシップ誌によれば、ロシアは北朝鮮との間で、秘密の地下通路を完成させたという話が出ています。具体的には、「第二次朝鮮戦争」開戦の暁には、独裁者・金正恩(きん・しょうおん)がそのトンネルを通ってロシアに逃げる、というものです。

もちろん、この「トンネル云々」は単なるフェイク・ニュースかもしれません。しかし、ロシアと北朝鮮が無視できないほど密接な関係にあることも無視してはならないでしょう。

そこで、本日は以前から私が提示して来た「6つのシナリオ」に、「もう1つのシナリオ」を加えて、改めて朝鮮半島の未来を議論しておきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



北朝鮮とロシアの関係

ロシアは北朝鮮を守っている!

私が「ロシアと北朝鮮は仲が良い」と申し上げたところで、「証拠はないじゃないか!」とおっしゃる方も多いでしょう。

しかし、その証拠はたくさんあります。まず、その典型的な事例が、北朝鮮情勢を巡る「日露のすれ違い」です。その具体例として、日経と産経の報道を紹介しておきましょう。

日ロ首脳、対北朝鮮「緊密に連携」 圧力強化では溝(2017/9/7 23:57付 日本経済新聞電子版より)
日露首脳会談 舞台裏は? 北朝鮮めぐる説得は奏効 プーチン氏から「妖刀」の真意は…(2017.9.17 22:43付 産経ニュースより)

先月7日、ロシア・ウラジオストクで日露首脳会談が行われましたが、両メディアによれば、安倍晋三総理大臣はロシアのプーチン大統領に対し、北朝鮮制裁を巡り圧力を強めるように説得したとしています。

ただ、プーチン氏のウラジオストクでの発言は、

北朝鮮の問題は政治的な手段でのみ解決が可能だ。関係者全てが対話に参加することが必要だ」(日経)

北朝鮮を追い詰めてはならない」(産経、ただし文在寅=ぶん・ざいいん=韓国大統領への発言)

というもので、いわば、圧力により北朝鮮に核放棄を迫る安倍総理の姿勢の違いが浮き彫りになっている格好です。

客観的事実として、先月は国連安保理決議の中で、北朝鮮に対する石油・石油関連製品などの輸出制限などが全会一致で盛り込まれていることは確かです。しかし、複数のメディアの報道(米WSJ等を含む)によれば、とくにロシアが、北朝鮮を追い詰めすぎるような制裁決議案に反発し、米国がロシア(と中国)に対し、相当に譲歩したともされています。

それだけではありません。

ロシアのウラジオストクと北朝鮮の羅津(らじん)港を結ぶ定期便が、今年5月に開設され、かつては新潟港にも頻繁に出入りしていた北朝鮮の貨物船・万景峰(まんけいほう)号が、ウラジオストク港に姿を現しています。

万景峰号がウラジオ入港 ロシア-北朝鮮間に航路新設(2017/5/18 11:21付 日本経済新聞電子版より)

「真綿で首を絞められるような経済制裁」に苦しむ北朝鮮にとって、ロシアとの定期航路開設は、干天の慈雨のようなものでしょうか?

日本や米国が国際社会に働きかけ、北朝鮮の外交官の追放や北朝鮮出身の労働者の締め出しなどに努力しているにも関わらず、また、せっかく中国が北朝鮮の制裁に(限定的ながら)協力的であるのに、ロシアがこうした努力を無に帰している格好です。

なぜロシアは北朝鮮を守るのか?

私にいわせれば、ロシアが北朝鮮を守ることは、一種の「諸刃の剣」(もろはのつるぎ)です。

北朝鮮が核兵器の開発に成功し、核保有を周辺国に認めさせれば、米国が北朝鮮攻撃に踏み切るリスクが極めて低くなることは間違いありません。

しかし、それと同時に、北朝鮮製の核・大量破壊兵器がイスラム系のテロリストの手に渡れば、その兵器が欧州や米国だけでなく、ロシアでも炸裂する可能性があります。チェチェンを初め、ロシアは国内に独立運動を多く抱えており、将来的に自爆テロリストがモスクワで北朝鮮製の小型核を炸裂させるような事態すら発生しかねません。

さらに、北朝鮮が核武装に踏み切れば、NPT体制は完全に崩壊し、日本が米国の同意を得て核武装に踏み切る可能性もあります。あるいは、ロシアが一番嫌がる「全面的なミサイル防衛(MD)システム」を構築され、MDで核兵器を封じ込められてしまう事態も考えられるでしょう。

では、なぜロシアはそこまでのリスクを冒してまで北朝鮮を守ろうとするのでしょうか?

1つ目の仮説は、米軍(あるいはNATOや日米同盟など)と陸上で向かい合うことを嫌がっている、というものです。

現在、ウクライナがNATO入りを目指していますが、仮にウクライナがNATOに入ってしまえば、首都・モスクワから500km圏内にNATO加盟国が出現してしまいます(もっとも、すでにロシア西部にあるバルト3国がNATO加盟国であるという事情はありますが…)。

こうした中、北朝鮮の領域が韓国に飲み込まれ、米軍のテリトリーに入ってしまえば、ロシア極東部で「米軍の支配地」と国境を接することになりかねません。

ただ、北朝鮮とロシアの国境は20km程度に過ぎないため、ロシアがそこまで「北朝鮮の米国化」を警戒すると考えるのは不自然です。

そして、私が考える2つ目の仮説は、単にロシアが国家戦略を立てるのに失敗している、というものです。

どうも私の目から見て、ロシアの大戦略には不可思議なものが多々あります。せっかくの資源国であり、また軍事大国であるにも関わらず、金融面では米英日欧が牛耳る市場にまったくアクセスできていませんし、せっかくの軍事技術も家電などの民生品に転用することに失敗しています。

つまり、ロシアはもともと、戦略を立てるのがあまりうまくない国だ、というものです。

もちろん、こうした仮説は非常に一面的なものに過ぎませんし、いずれの仮説も「ロシアが北朝鮮を全力で擁護する理由」の説明としては弱いことも事実です。

ただ、だからといって、現実にロシアが全力で北朝鮮を擁護しているという点は否定できません。

ということは、私たち日本としても、ロシアが北朝鮮を守るという前提で、戦略を組み立てる必要があるのです。

「もう遠慮なくロシアを経済制裁したら?」

こうした議論をしていくと、論者の中には、「じゃあ、いっそのことロシアを経済制裁したらどうだ?」という発想を持つ人も出てきます。

部分的には、ロシアへの経済制裁は有効です。

しかし、もともとロシアは、西側諸国(とくに日本)とは、それほど密接な経済的関係を持っていません。

資本不足に悩むロシアが日本の資本を必要としていることは事実ですが、ただ、もともと日露間の経済関係は希薄であるため、日本がロシアへの投資を禁止する措置を打ち出したからといって、ロシア経済が打撃を受ける、というものでもないのです。

もちろん、欧州とロシアはそれなりに深い関係を持っています。そして、ウクライナ領だったクリミア半島とセヴァストポリ市を「併合」した2014年以降、欧州がロシアに対して経済制裁を加えていることも事実です。

しかし、日本が外交力を使って、欧州連合(EU)に対し、「北朝鮮を支援するロシアを、日本に代わってEUが経済制裁してくれ」とお願いすることは、非現実的です。確かに日本とEUは事実上の同盟関係にありますが、EUとしては遠く離れた北朝鮮の事情で、日本の代わりにロシアを制裁してやるという義理もありません。

このように考えていくと、ロシアというファクターは、北朝鮮問題において、非常に厄介であることがわかります。

日本と経済関係が密接な中国や韓国と異なり、ロシアに対しては日本が経済制裁を加えるということが非現実的であるからです。

また、現在の日本にとっては、中国への牽制が重要であるため、外交上、ロシアとの関係を決定的に損ねる訳にはいかないという事情もあります。これが、北朝鮮情勢を巡る大きな問題点なのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「7つ目」のシナリオとは?

北朝鮮のニーズは「緩衝地帯」

さて、冒頭に示した「6つのシナリオ」を、簡単に振り返っておきましょう。

シナリオは大きく、(1)朝鮮半島が統一される場合、(2)朝鮮半島の分断が続く場合、に分けられます。

(1)のシナリオについては、朝鮮半島の統一を「誰が」主導するかによって、①北朝鮮が主導するパターン、②米国が主導するパターン、③中国が主導するパターン、の3つがあります。

一方、(2)のシナリオについては、④南北朝鮮が分断したまま、同時に「中華属国化」するというパターン、⑤米韓同盟が破棄され、北朝鮮が中国と「断交」し、南北の同盟関係が逆転するという「クロス承認」パターン、そして⑥は、韓国の軍部が立ち上がり、現在の極左政権をクーデターにより追放するというシナリオです。

従来の私の見解では、最も可能性が高いのは②のシナリオ、つまり米国が北朝鮮攻撃に踏み切り、北朝鮮という国家が崩壊し、韓国が「なし崩し的」に北朝鮮の面倒を見させられる、というシナリオです。

また、その次に可能性が高いと考えていたのは、④のシナリオ、つまり南北朝鮮が現体制を維持しつつ、少しずつ「中華属国」として中国に取り込まれていく、というシナリオです。

そして、3番目に可能性が高いのは、①のシナリオ(赤化統一)です。北朝鮮が現体制のままで存続するという前提条件が必要ですが、それと同時に現在の韓国社会が、精神的にも軟弱な構造をしており、米韓関係の崩壊に加えて「北の核」という一押しで、北朝鮮に飲み込まれてしまうというものです。

ほかにも、⑤北朝鮮の現体制が米国(や日本)との交渉を通じて生存し、米国(や日本)は北朝鮮の体制存続を認めたままで、むしろ中国やロシアに対する牽制として利用するという「逆転シナリオ」についても、可能性はそれなりにあると考えていました。

これに対し、今年3月10日に、当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領が憲法裁判所から罷免判決を受けたことで、可能性が限りなくゼロになったのが⑥のシナリオ(軍事クーデター)です。また、最近の中朝関係を見ていると、中国と北朝鮮が、あたかも「戦争前夜」であるかのように仲違いしているため、③のシナリオ(中国が北朝鮮の体制変更に積極的に関わるというシナリオ)は考え辛いのが実情です。

ロシア・ファクターが加わると…?

本日提示するシナリオは、「⑦南北現状維持・膠着シナリオ」です。

私が以前から提示していたシナリオだと、⑥を除き、南北朝鮮の体制か、それとも南北朝鮮と周辺国の同盟関係に、それぞれ何らかの変化が生じることを前提としていました。とくに、米韓同盟が崩壊すれば、赤化統一は免れないと考えていますが、何らかの事情で辛うじて米韓同盟が維持された場合には、北朝鮮の現体制の崩壊は不可避だと考えていたのです。

ただ、私は本日、この考えを撤回したいと思います。

具体的には、ロシアが北朝鮮を支え、南北の現状が維持、膠着するというシナリオです。

ただし、このシナリオの場合、「ロシアが主導して南北統一する」ということはあり得ません。現状、ロシアは韓国に対し、影響力を行使することはできないからです。

もちろん、「ロシアの支援により北朝鮮の現政権が命脈を長らえ、その結果、北朝鮮が主導して韓国を赤化統一する」という可能性はあります(この場合はシナリオ①に収斂します)。しかし、このシナリオのポイントは、ロシアの支援により北朝鮮の体制崩壊が限りなく遠のき、米国は韓国から撤収せず、南北がにらみ合う状況が膠着化するという、非常に困った状態のことです。

この場合、韓国の「戦略的価値」は維持されるため、韓国は日米陣営に所属していながら、いままでどおり日本に対してさまざまな嫌がらせを仕掛けて来るでしょう。もしかすると、日韓通貨スワップの再開なども米国の「要請(あるいは命令?)」により実現するかもしれません。

正直、日本にとってはあまり考えたくないシナリオです。

ただ、それと同時に、このシナリオは日本にとって、必ずしも悪い結果をもたらすものではありません。その1つが、「核武装議論」です。

現在のNPT体制下では、日本の核武装は認められません。しかし、北朝鮮が核武装に踏み切った以上、対抗上、日本も(限定的ながら)核武装を行うことを、少なくとも米国、英国、フランスの3ヵ国からは認められるかもしれません。

当然、うまくやれば、国連常任理事国への道も開かれます(※もちろん、「うまくやれれば」、ですが…)。

中国はそれを許さない?

ただし、ロシアが実質的に庇護する「核武装国・北朝鮮」の出現は、「ある国」を強く刺激します。

それは、中国です。

経済評論家の上念司さんによれば、北朝鮮という体制自体、中国の「瀋陽軍区」と密接な関係にあるとしていますが(※真偽不詳)、中国が北朝鮮に大きな利害を有していることは間違いありません。

その1つは、何といっても「緩衝地帯」という側面です。

北朝鮮自体は小さな国ですが、実は、中朝国境の長さは1000km近くに及びます。中国にとって、満州(中国政府が「東北地方」と呼ぶ地区)の南辺を米軍の勢力下にある韓国と接することになるのは、絶対に看過できません。

ただ、それだけではありません。

満州には朝鮮族も多数、暮らしており、北朝鮮と満州は経済的な結びつきも強く、それだけに、北朝鮮がロシアと「近付き過ぎる」のも、中国にとっては面白くない話なのです。

金正恩体制下で中朝関係は過去最悪にあるとも言われますが、ここで「瀋陽軍区」が北朝鮮との関係を強化することができれば、朝鮮半島にはまた違った未来が訪れるのかもしれません。

(ただし、7つのシナリオのいずれであっても、南朝鮮=韓国が主体的に朝鮮半島の未来を決めることはできないという点に変わりありませんが…。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



小池新党どころじゃない!

こうした中、日本では安倍総理が解散総選挙に踏み切りました。

私なりに解釈するならば、北朝鮮情勢を巡り、これまで以上の地殻変動が予想される中で、このタイミングで国民の信を問うというものです。

ところで、この解散に「大義」はあるのでしょうか?

この疑問に対しては、最大野党・民進党が空中分解したという事実が答えになっていると思います。つまり、今までの「政府の足を引っ張る」というだけの政治姿勢では、国民の理解が得られないということを、当の本人たちが一番よく理解していたのです。

ただし、私の中で「恐れていたこと」が発生したのも事実です。民進党の瓦解が急激すぎ、「ゴキブリの巣からまだ元気なゴキブリが逃げ出す」かのごとく、政界を挙げての「政党ロンダリング」が行われようとしています。

その「逃亡先」は、他でもない、小池百合子東京都知事が発足させた、通称「希望の党」です(私に言わせれば「小池ファーストの会」であり、「自分ファーストの会」であり、「欲望の党」、あるいは「絶望の党」でもあります)。

(なお、昨日夕方、枝野氏が民進党を離党して、新党を立ち上げると報道されたようですが、おそらくは泡沫政党ですので、当ウェブサイトでは話題として取り上げません。)

日本国民が2009年8月時点のような酷い選択を取るとは考えたくありませんが、現在の情勢で見る限り、自民党・公明党の連立与党は確実に議席を減らすでしょうし、「雰囲気に流される人たち」が「欲望の党」に投票することも避けられそうにありません。

こうした中、私にできることと言えば、「現在の日本は小池百合子氏の政治ごっこに付き合っている局面ではない」と、声を大にして主張し続けることしかありません。

当ウェブサイトをご覧になられた読者の皆様も、どうか周囲に対し、「テレビの報道に惑わされるな」、「現在の日本は岐路に立たされている」、ということを、強く強く訴えかけて頂きたいのです。

これが、私の心からのお願いなのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか?
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)
  • 2018/06/18 11:30 【時事
    【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1コメント)
  • 2018/06/18 00:00 【時事
    朝日新聞よ、また偏向報道か
  • 2018/06/17 12:00 【時事|外交
    【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。