ちょうど先週、私自身の個人的な体験に根差した随筆を掲載しました。しかし、当ウェブサイトでは、できるだけ「客観的な事実関係」をベースに議論することを心がけています。そこで、本日は最新のニュース記事2本を題材に、私がいつも主張している「客観的事実と主観的意見を分けることの重要さ」という観点から、滅亡に向かいつつある韓国について議論します。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「主観的事実」と韓国

歴史歪曲と捏造が罷り通る韓国社会

当ウェブサイトをご訪問下さるような方であれば、すでに次の記事を読んだという方もいらっしゃるかもしれません。

日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(1)(2017年07月31日13時13分付 中央日報日本語版より)

記事の内容を要約すれば、ソウル大の李泰鎮(り・たいちん)名誉教授(74)が「(1910年の)日韓併合条約は無効だ」とする自説(というよりも彼自身の思い込み)をベースに、「日本が全面的に悪だ」とする近現代史を議論する、荒唐無稽な代物です。

初めてこのような記事を読んだ日本人であれば、そのあまりにも偏った内容に驚くかもしれません。しかし、中央日報(あるいは韓国メディア)がこの手の歴史捏造記事を掲載するのは、決して今に始まったことではなく、私のような「長年のサウス・コリア・ウォッチャー」からすれば、「あぁ、またいつのも記事か」という感想しか抱きません。

もちろん、まじめに反論を加えるのも良いのですが、ここは視点を少し切り替え、「なぜ韓国でこのように客観的事実に基づかない議論が罷り通っているのか?」「事実を無視した議論の末に待っているのは何か?」という、社会科学的な視点を持つのも興味深いです。じつは、私自身が「マス・メディア論」を議論する際に、常に指摘しているのと全く同じことが、韓国社会にも成り立つからです。

「主観的な事実」という奇妙な概念

世の中の情報は、常に2つの種類に分けることができます。

  • 客観的な事実
  • 主観的な意見

というよりも、全ての情報はこの2つの性質を持つといっても過言ではありません。たとえば、

1910年から1945年まで、日本は朝鮮半島を支配した。

という文章は客観的な事実であり、誰も否定できません。しかし、

1910年から1945年までの日本による朝鮮半島支配は苛烈を極めた。

という文章は、客観的な事実ではありません。主観的な意見です。

そして、多くの場合、韓国の学者やマス・メディアの議論には、「客観的な事実」と「主観的な意見」の区別がついていません。というよりも、彼らには「客観的な事実」をありのままに見るということができておらず、「自分たちがこうだと思いたい内容」を「事実」だと思い込み、その「事実」に合致する証拠をいっしょうけんめいに集めようとする(あるいは捏造する)のです。

これが韓国の学者、マス・メディア、政府関係者、社会の指導者層全体に共通する特徴なのです。

そして、私はこの「自分たちがこうだと思いたい内容」のことを、「主観的な事実」と呼びたいと思います。

因果関係が逆転している

もちろん、先ほど紹介した中央日報の記事に掲載されているような、ソウル大学の名誉教授が主張する「主観的な事実」は、国際的な学会では認められないものばかりです。たとえば、この名誉教授は、

日本は1948年の韓国政府樹立とともにそれまでの条約は無効になったとずっと主張しているが、その言葉の真意は植民支配は合法だったというものです。その前提の下で、植民支配時代のことは日本に過ちはないということなんです。」(※原文ママ)

と述べています。

この短い文章の中に、「植民(地)支配」、「1948年の韓国政府樹立とともに国際条約が無効になった」、「植民(地)支配時代のことは日本に過ちはない」など、正直、意味がよくわからない表現も多々出てきますが、このあたりは敢えて無視して、このように問いかけてみましょう。

それでは1910年の日韓併合が無効だと考える合理的根拠は何ですか?

と。

記事を読んでいけばわかりますが、この人物は、過去の公文書の中に、(韓国の)皇帝の署名を偽造して処理した60点余りの文書を発見したと主張。そのことにより強制併合派無効だと主張しています。しかし、この主張には相当の無理があります。

仮に当時の朝鮮半島の国家「大韓帝国」において、一部の文書の偽造が行われていたとして、その偽造を行ったのが当時の韓国統監部の職員だったとして、日韓併合条約そのものが無効になると考えるのには、相当の無理があります。

むしろ、私が見たところ、「日韓併合条約は無効だった」という「主観的な事実」が結論としてあり、その「主観的な事実」を補強するために証拠を集めている(もっといえば証拠を捏造している)というのが、この人物の行っていることの正体ではないでしょうか?

「主観的な事実」以外を認めない社会の不幸

通常の歴史学の世界では、「客観的な事実関係」を積み上げて、そこから「歴史的事実」が認定されます。というか、歴史学だけではありません。法学でも経済学でも理工学でも、およそ科学と呼ばれるものの多くは、「理論」と、それを補強する「事実」が一体となって学問として成立しているのです。

韓国の学者が行っていることは、「自分たちがこうだと思いたい内容」を決め、それに合致する証拠を集め、妄想を膨らませていく、という作業に過ぎないのです。正直、この韓国人名誉教授に対しては、「学問を愚弄するな」と申し上げたいところです。

ただ、こうした非科学的な態度は、韓国社会のあちらこちらに見受けられます。社会全体で結論を決めてしまい、その結論に合致しない仮説や客観的な事実を「無かったこと」にしてしまうのです。韓国はすでに、社会全体が「主観的な事実」を崇拝する社会になってしまっているのではないでしょうか?

そして、日本もそうした韓国社会のことを笑っていられません。マス・メディア(特に朝日新聞)が、「自分たちがこうだと思いたい内容」を決め、それに合致する証拠を捏造してまで、その内容を事実だと主張しているではないですか。

安倍晋三(総理大臣)は内閣総理大臣の地位を利用して、お友達を優遇するという汚職を行ったに違いない!

という思い込みなどは、まさに私が批判する「主観的な事実」そのものです。

そして、その思い込みに合致しない客観的事実(「加計学園疑惑」については、たとえば加戸守行・元愛媛県知事の国会発言)のすべてを「無かったこと」にしてしまう姿勢などは、まさに韓国社会で行われている事実の捏造と全く同じことです。

朝日新聞社の内部が韓国人によって乗っ取られているのか、それとも朝日新聞の事実の捏造手法を韓国社会が真似しているだけなのかはわかりません。いずれにせよ、「事実ではないこと」を「主観的な事実」だと主張する手法を好むという意味では、韓国社会も日本のマス・メディアも、やっていることは全く同じでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



慰安婦合意破棄をチャンスに生かせ!

それを今やるか!?

こうした中、私が注目した報道は、もう1つあります。

北核危機で韓日連携が緊急だが…慰安婦TFを強行した政府(2017年08月01日07時50分付 中央日報日本語版より)

この記事を読んだ方もいらっしゃると思いますが、この記事の内容を補足して要約すれば、次の通りです。

  • 文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領は、2015年12月28日に成立した「日韓慰安婦合意」の再交渉(あるいは破棄)を大統領選の政権公約に掲げていた
  • 文在寅政権下で外交部長(外相に相当)に就任した康京和(こう・きょうわ)氏はその経過と内容を検討するためのタスクフォース(TF)を設置した
  • こうしたTFの設置は、北朝鮮のミサイル発射が相次ぐ中で、日米韓の連携にマイナスの影響を与えるとの懸念が出ている

「慰安婦合意の再交渉(ないし破棄)」を繰り返し社説で求めてきた中央日報が、「TF設置は日米韓の連携にマイナスの影響を与える」と主張するのは卑劣です。新聞社として、「TF設置を歓迎する」と述べるべきでしょう。

それはさておき、ハンギョレ新聞の元論説委員室長でもある呉泰奎(ご・たいけい)TF委員長は31日、記者懇談会で、TFの目的と作業の段取りを次のように説明しました。

合意にいたることになった今までの経過と歴史、合意の内容について何が問題だったかを点検しようということ

  • 何らかの結論を想定して検討するのではない
  • TFが事実関係を確認し、激しい議論を通じてこれを評価した後、長官に報告書で提出する
  • 報告を受けた外交部長官がどのような手続きや結論を出すかによって、慰安婦合意に対する韓国政府の態度が決定するとみられる

しかし、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領に批判的だったハンギョレ新聞の関係者を委員長に据えている時点で、「何らかの結論を想定して検討するのではない」という表現を、いったい誰が信じるのでしょうか?

中央日報によると、TFは年末までに検討を終え、また、最終結果についても公表するそうです。

慰安婦合意に関する「主観的な意見」

ここで、2015年12月28日の日韓慰安婦合意に関する、私自身の「主観的な意見」を申し上げておきます。

私は、慰安婦問題自体を次のように定義すべきだと考えています。

いわゆる『従軍慰安婦問題』とは、文筆家の吉田清治の虚偽証言などに基づき、植村隆が朝日新聞に執筆した捏造記事をきっかけに、韓国政府が1990年代に『朝鮮半島で1941年12月8日から1945年8月15日の間に、日本軍が組織的に少女20万人を強制的に拉致し、戦場に連行して性的奴隷にした』とされる虚偽の事実をでっちあげ、韓国政府及び韓国国民が今日に至るまで日本人の名誉を世界中で傷つけている問題である。

この立場からすれば、日韓慰安婦合意など、とんでもないものです。日本政府が自称元慰安婦らを支援する財団に対し、政府予算から10億円を支弁したことについても、強い怒りを抱いています。そのようなお金は、朝日新聞社が出すべきだとすら思っています。

ただ、こうした私自身の個人的感情はさておき、この慰安婦合意には、「朴槿恵政権の反日外交を封じ込める」という狙いがあり、それは短期的には成功していることも認めなければなりません。

あくまでも私自身の理解ですが、安倍晋三政権は2012年12月に発足して以来、外交面では中国の軍事的暴発リスクの封じ込めを最優先課題にしてきました。また、戦後の日本は、日本国憲法下で、国防意識もなく、国際貢献をするための法制や、国内のテロ組織を取り締まるための法制が不十分でした。

安倍総理自身の積極的な首脳外交は、日本の安全保障に高い貢献をしていますし、また、2013年の特定秘密保護法、2014年の安全保障関連法制、2017年の組織犯罪処罰法などは、いずれもこれまでの法の欠陥を埋める効果が期待できます(といっても、いずれも万全のものではありませんが…)。

そして、「日韓慰安婦合意」も、日本の安全保障とうい観点から見直すと、一定の効果があったことは間違いありません。日韓合意成立以来、韓国が表立って日本を批判することはなくなりましたし、また、翌2016年7月には米韓間で高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配備が同意され、同11月には日韓間で包括軍事情報保護協定(GSOMIA)も署名されたからです。

その意味で、まさに慰安婦合意とは、韓国を最低限、日本の言うことを聞く国にするという効果を有していたのです。

長期的には売国の合意

ただし、それでも私は、この日韓慰安婦合意自体には大きな問題があると考えています。

岸田文雄外相は日韓慰安婦合意におけいて、次のように発言しました。

慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。」(太字下線は引用者による加工)

この発言は、「日本軍による慰安婦の強制連行が存在した」という事実に反した内容を、日本政府として認めてしまったからです。

客観的事実として、日本軍が関与した慰安婦の強制連行は行われていません。客観的事実に反する、韓国が主張する「主観的な事実」とは、ヒトコトでいえば嘘であり、日本に対する誣告(ぶこく)です。そして、「日本国外相」の立場でそれを認めてしまったことが、岸田氏の犯した重大なミスであり、もっと酷い言い方をすれば、「売国行為」そのものです。

つまり、日韓慰安婦合意には、「韓国の朴槿恵政権をコントロールするという短期的な外交目標のために、長期的には日本人全ての名誉を売り渡した合意である」と評価することができると思います。その意味で、私は慰安婦合意が長期的には売国の合意だと考えているのです。

「災い転じて福となす」べき

日本政府・外務省は、これまで不作為に次ぐ不作為を重ねてきました。「韓国が国を挙げたウソツキ国家であり、韓国国民はウソツキ民族である」という認識を持たずに、韓国が日本と同じような「信義と公正」を重んじる国だと勘違いして来たことは、厳しく咎められてしかるべきです。

(余談ですが、私は、外務省も文科省と同様に、極めて問題の多い組織だと考えています。さっさと解体し、外務省職員全員をいったん解雇するくらいの改革が必要だとすら感じています)。

しかし、それと同時に、慰安婦合意を反故にしようとする韓国側の動きは、日本の名誉を挽回する「またとないチャンス」です。日本語の諺で「災い転じて福となす」というものがありますが、慰安婦合意破棄問題については、これを韓国との距離を置く契機にすべきでしょう。

具体的には、韓国側で慰安婦合意を再交渉しようとする動きが出た場合、米国とともに韓国を牽制する必要があります。しかし、それでも韓国は慰安婦合意を遵守しないでしょう。

ただ、文在寅大統領自身は、自他ともに認める反米・反日・親北政治家でもあります。もともと、「北朝鮮問題を巡る日米韓連携」など無理があります。日米が揃って韓国に引導を渡し、「日米」対「中朝韓」という対立構造にすれば、もはや韓国は「日本の友好国」ではなくなります。

韓国が日本の友好国でなくなった瞬間、日本は全力で慰安婦問題の無実を主張すべきでしょう。そして、安倍総理には、ご自身が退任する前に、岸田文雄外相の失態について、きっちりと落とし前をつけてもらいたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



文在寅が韓国を滅亡へと誘う

韓国という国を客観的に眺めるならば、この国が自由・民主主義を謳歌し、未来に向けて発展していくためには、まず、あの狂った反日教育をただちに止めなければなりません。当然、慰安婦問題についても、せっかく2015年12月の「慰安婦合意」により、日本側から真相の究明をされない状態を作ったのですから、この合意を遵守することを最優先にすべきでしょう。

しかし、予想通りというか、韓国は慰安婦合意を破棄しにかかっています。その意味で、安倍総理は最初から韓国が政権交代後に慰安婦合意を破棄するであろうと見越して、この合意を仕組んだのかもしれません。これを日本語では「毒まんじゅう」とでも言うのでしょうか?

いずれにせよ、文在寅政権下で韓国は順調に破滅に向かって歩み始めました。そして、韓国が滅亡しようが、赤化統一されようが、中華属国となろうが、日本には全く関係ありません。日本としては、韓国がどのような状態になったとしても、自力で国を守り、経済発展し、繁栄していくことが重要です。

その意味で、文在寅政権が韓国を破滅に導こうが、どうなろうが、日本の対応こそが、何よりも重要なのだと申し上げたいと思うのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (4コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (5コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。