本日は私の「持論」のアップデートです。最新のニュースを追いかけることも確かに重要ですが、ここで立ち止まり、じっくりと「日韓関係」について考えてみませんか?

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪なタイミングで最悪な選択をする国

滅びたければ、勝手に滅びれば良い――。

私がそう思う国が、日本の隣に存在します。今年5月に始動した韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)政権が、さっそく、どうしようもない迷走を開始しました。

【社説】南北軍事会談が不発、一歩目からつまずいた「ベルリン構想」(2017年07月22日10時38分付 中央日報日本語版より)

私は、韓国の自称「保守系」メディアである中央日報を定期的に閲覧しているのですが、本日見つけたこの記事は、韓国という国が、もはやにっちもさっちもいかない状況にあることを示しています。というのも、文在寅政権の外交の稚拙さもさることながら、マス・メディアの扇動報道も酷く、また、あらゆる意味で日本の反面教師として参考になるからです。

1週間ほど前に『予想通り本性を現した韓国』でも触れたとおり、文在寅政権は今月17日、北朝鮮に対して「南北軍事当局会談」と「南北赤十字会談」の開催を提案しました。しかし、こうした唐突な単独行動は、韓国の「守護者」である米国や、米国のアジア最大の同盟国である日本の意向には全く沿っていません。

案の定、米国と日本は韓国に対し、「露骨な不快感」、「冷たい反応」を示しています。

【社説】南北対話の提案が韓日米の対立につながるのか(2017年07月19日10時18分付 中央日報日本語版より)

そして、韓国は日米両国の強い反発という犠牲を払ってまで北朝鮮に対話を呼びかけたにも関わらず、北朝鮮はこうした韓国の「ラブコール」を無視。さらに米国は、北朝鮮と取引を行った中国企業に対する制裁措置(いわゆる「セカンダリー・サンクション」)を打ち出すなど、明らかに韓国は孤立している状況にあります。

正直、韓国がここまで「最悪な状況で最悪な選択をする」愚かな国だとは、私も思っていませんでした。ただ、それと同時に、これが「国際政治の現実」です。私たち日本は、隣国がどうなろうが、自分の国の安全は自分で守るという鉄則を強く意識する必要があるのです。

そこで、本日は私の持論である、「韓国がこれからどうなるのか」、「日本がこの厄介な隣国とどう付き合っていくべきなのか」という2つの論点のうち、韓国の将来について、最新の情報をベースにアップデートを行っておきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「6つのシナリオ」再確認

「6つのシナリオ」とは?

さて、私は以前から、当ウェブサイト上で、次の「6つのシナリオ」を提示しています。

図表1 韓国と朝鮮半島を巡る6つのシナリオ
区分 パターン シナリオ詳細
(1)南北朝鮮統一シナリオ ①北朝鮮主導で北朝鮮に吸収される(赤化統一) 北朝鮮がミサイル開発機器を生き延び、韓国で親北派大統領が誕生し、朝鮮半島は北朝鮮主導で赤化統一される
②米国主導で北朝鮮を吸収する 米国が北朝鮮を軍事攻撃し、これにより北朝鮮が崩壊し、韓国が米国の命令により北朝鮮を吸収する
③中国主導で北朝鮮を吸収する 米中密約により中国が北朝鮮の体制を崩壊させ、韓国から米軍が撤退し、韓国が中国の後ろ盾を得て北朝鮮を吸収する
(2)南北分断継続シナリオ ④南北朝鮮の同時での中華属国化 南北朝鮮が現体制を維持したまま、韓国が限りなく中華属国化するシナリオ
⑤南北朝鮮の「クロス承認」 韓国は中国の属国となり、日米両国と断交する一方、北朝鮮は日本と米国が国家承認し、中国と断交する
⑥韓国で軍事クーデター 韓国で軍事独裁政権が成立し、民政を停止し、韓国の赤化統一や中華属国化を防ぐ

図表1を大きく分けると、①~③が「(1)朝鮮半島の統一」、④~⑥が「(2)朝鮮半島の分断継続」のシナリオです。そして、さらに詳細に分けると、(1)については誰が朝鮮半島の統一を主導するかによって3パターンに分かれており、(2)については韓国が「中華属国化」するのか、それとも日米陣営に踏み止まるのか、あるいは「ウルトラC」として北朝鮮が日米陣営に帰属替えをする、というシナリオです。

これを順番に見ていきましょう。

南北統一シナリオの違いとは?

さて、南北朝鮮が統一されるというシナリオについては、考えられるパターンとして、3つあります。

  • ①北朝鮮が主導する。
  • ②米国が主導する。
  • ③中国が主導する。

私は、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領が弾劾される前の時点では、この3つのシナリオであれば、一番考えられるのは③だと考えていました。というのも、朴前大統領は就任以来、猛スピードで中国に接近していたからです。2015年9月には天安門に上り、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席やロシアのプーチン大統領、さらに世界中の「独裁者」らとともに、「抗日戦勝利70周年記念軍事パレード」を閲覧したほどです。

私は朴前政権時代の中韓蜜月関係を見るにつけ、中国が韓国を完全な属国とした暁には、北朝鮮の体制を始末し、南北朝鮮を統一させる可能性が高いと考えていました。

ただ、朴槿恵氏は2015年10月の訪米で、バラク・オバマ米大統領からこっ酷く叱られたのでしょう、その後は行き過ぎた親中路線を修正。2015年12月末には日本と「慰安婦合意」を成立させ、2016年7月には米国との間で高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配備で合意しました。

これにより、中国が主導する南北朝鮮統一シナリオは、現在のところ、極めて低くなったと考えて良いでしょう。というのも、中国にとって北朝鮮は、韓国という「米国の同盟国」との間の緩衝地帯であり、その韓国が中国の属国となるのが遠のいた以上、中国にとって、「緩衝地帯」としての北朝鮮の相対的価値は、むしろ高まったからです。

もちろん、北朝鮮が大量破壊兵器を開発している中で、今年1月に発足した米国のドナルド・トランプ政権による北朝鮮攻撃リスクが急速に高まっています。仮に現在の米国が北朝鮮攻撃に踏み切れば、おそらく米軍の攻撃が開始されてから数時間で、北朝鮮の体制は完全に崩壊するでしょう。

ところが、このシナリオを考案してから、事情は大きく変化し、韓国では朴槿恵政権が崩壊。後任に極端な親北派である文在寅氏が就任してしまいました。韓国の政権が米国に非協力的な状態で、米軍による北朝鮮基地の攻撃が行われる可能性はそこまで高くありません。

そこで、現時点で仮に「南北統一が行われるシナリオ」が実現するとしたら、可能性が高いのは②③ではなく、①のシナリオ、つまり「北朝鮮主導での赤化統一シナリオ」でしょう。

赤化統一は日本にとっても悪夢

なぜ私が「北朝鮮主導で赤化統一される可能性が高い」と考えているのかについては、いくつかの理由がありますが、その最たるものは、北朝鮮による対南工作が、いまやかなりの程度、成功していると考えられることにあります。

韓国社会は、すでに「挺隊協」をはじめとする親北派の市民団体に乗っ取られていると思います。もともと、韓国はありもしない「日帝強占期の蛮行」というウソを国民に刷り込み、国を挙げて、日本に対する敵愾心を養ってきました。北朝鮮の思想工作部隊にとってみれば、それこそ戦わずに韓国社会を支配下に納めることなどたやすいことでしょう。

実際、北朝鮮による対南工作は、それこそ数十年越しで行われています。韓国で軍事独裁政権が終了した1988年以降、7人の民選大統領が選出されていますが、このうち少なくとも3人は北朝鮮に融和的な政策を実施しました(図表2)。

図表2 韓国の1988年以降の「民選大統領」と政治スタンス
氏名(敬称略) 任期 政治スタンス
盧泰愚(ろ・たいぐ) 1988~1993 1991年に北朝鮮との国連南北同時加盟を実現。同年、南北基本合意書を締結
金泳三(きん・えいさん) 1993~1998 1994年の金日成の死亡時に弔意を示さず、南北関係が悪化
金大中(きん・だいちゅう) 1998~2003 悪名高い「太陽政策」を開始し、北朝鮮を経済的に支援
盧武鉉(ろ・ぶげん) 2003~2008 金大中が開始した「太陽政策」を継続
李明博(り・めいはく) 2008~2013 親米反北政策に転じる
朴槿恵(ぼく・きんけい) 2013~2017 米中二股外交の一方、北朝鮮に対しては厳しい姿勢を取る
文在寅(ぶん・ざいいん) 2018~ 盧武鉉の盟友でもあり、就任当初から親北姿勢を明確にする

やはり、金大中、盧武鉉の2代にわたる「親北政権」が韓国に残した禍根は大きかったのでしょうか、その後、李明博、朴槿恵と保守政権が2代続いたものの、韓国社会はもはやガタガタです。おそらく韓国最後の「保守派」大統領となるであろう朴槿恵氏がやった最大の「成果」といえば、米中両国での二股外交を繰り広げることで、米国の韓国に対する信頼を地に失墜させたことです。

私は、図表1に示した6つのシナリオのうち、仮に米軍による北朝鮮攻撃がない場合、いまや一番実現する可能性が高いのが、①に示した赤化統一シナリオだと考えています。そして、北朝鮮が主導する統一朝鮮が、中国とロシアの後ろ盾を得て、核・大量破壊兵器の照準を日本と米国に合わせるという、恐ろしい状況が目に浮かぶのです。

赤化統一はどう実現するのか?

では、①のシナリオは、具体的にはどう実現するのでしょうか?

参考になるのは、北朝鮮の金日成が提唱した「高麗連邦構想」です。これは、南北朝鮮がそれぞれ自国の体制を残したままで、まずは南北朝鮮が加盟する連邦共和国を創設するという構想です。いわば、「一国家二制度」であり、中国が香港を特別自治区として編入したようなイメージでしょう。

しかし、「連邦」といいながらも、その実態は、北朝鮮が主導する国家です。もちろん、国連安保理の制裁下にあるような国と統一国家を形成すれば、国際社会の経済制裁は韓国に対しても同様に適用されることになります。そこで、北朝鮮は中国とロシアを巻き込んで、国際社会の制裁を解かる作業を並行しつつ、南北統一を図るという戦略を取るのではないでしょうか。

いずれにせよ、出来上がった高麗連邦は日本を敵視する国となることは間違いありません。そして、現在の北朝鮮の大量破壊兵器に、韓国の技術と資本が加わることで、日本の隣にどうしようもない反日国家が出来上がってしまうのです。

赤化統一を防ぐには?

一方、韓国が赤化統一の憂き目に遭わないシナリオとしては、あと3つ考えられます。

このうち④が、韓国の「中華属国化」です。

これまでの言動などから判断する限り、文在寅氏の政治的スタンスは「親北・反日・反米」ですが、中国に対する姿勢は今一つ明確ではありません。しかし、朴槿恵氏が極端に中国との関係を強めたことの反動として、現在の文在寅政権は、朴槿恵政権時代と比べて中国への傾斜を弱めるのではないかと考えています。

ただ、長い目で見て、韓国は歴史上、中国の「属国」でした。そして、現在の朝鮮民族にも、中国に対する「畏敬の念」が潜在意識に刷り込まれています。逆に、北朝鮮が中国から距離を置いていること自体、「中国からの独立意識」という点だけに限っていえば、北朝鮮の方が韓国よりも上でしょう。

それはさておき、韓国が「完全な中華属国」になってしまえば、中国にとっては北朝鮮という緩衝地帯は不要になります。ただ、何らかの事情で韓国が「不完全な中華属国」という状況になってしまえば、中国にとっての北朝鮮の存在意義は消えません。具体的には、中韓両国間の経済的結合関係が極めて強化されているにも関わらず、米韓軍事同盟が消えずに残るような事例です。

つまり、「米軍が朝鮮半島に駐留し続けていながら、韓国が限りなく中華属国化する状態」こそが、実は韓国の赤化統一(と日本にとっての最悪の事態)を防ぐことができるのです。

ただし、米韓軍事同盟が破棄されてしまえば、南北朝鮮がそろって中華属国化する状態に陥ります。そうなれば、結局は③のシナリオと同じく、中国の後ろ盾を得て南北統一国家が樹立される、という可能性も

南北クロス承認という極端なシナリオ

その状態をさらに極端にしたものが、図表1に示した⑤のシナリオです。これは「南北朝鮮分断固定化シナリオ」と言い換えても良いでしょう。

具体的には、韓国で極端に親北派の文在寅政権が倒れ、反北・親中派の政権が誕生し、韓国が中国と軍事同盟を締結する一方、北朝鮮が日米と「和解」して、結果的に日米が北朝鮮を、中国が韓国を、それぞれ「クロス承認」する、という考え方です。韓国は中国にとっての日米からの防波堤である一方、北朝鮮は日米にとっての中国からの防波堤です。

もちろん、こういう状況になってしまえば、朝鮮半島情勢はさらにややこしくなります。しかし、国際政治の力学上、「そうせざるを得ない状況」が生じれば、日米としても、中国への牽制上、北朝鮮を国家承認せざるを得ません。

韓国で軍事クーデターは起こるのか?

やはり、朝鮮半島でここまで状況が混乱している最大の責任者は、韓国です。韓国が「自由民主主義陣営の朝鮮半島における代理人」として、自由、民主主義、法治主義などの基本的価値を確固として持っていれば、こんな混乱など生じているはずがないのです。

ただ、一縷の望みを掛けるならば、韓国で軍事クーデターが発生し、文在寅氏を解任・拘束し、議会を解散し、憲政を停止すれば、韓国が赤化統一や中華属国化の危機を免れることはできるでしょう。

軍事クーデターが発生した場合、その政権が最初にやらねばならないことは、親北派勢力の粛清と日米との和解です。とくに、韓国が自由民主主義陣営に留まって繁栄し続けたいのであれば、日本との関係は死活的に重要であり、過去の反日教育を反省し、正しい歴史認識をもち、日本大使館前の慰安婦像を撤去・破壊し、日本を侮辱するあらゆる行動を即座に停止しなければなりません。

ただ、韓国で軍事クーデターが発生する確率は、1%よりも低いでしょう。なぜなら、既に韓国の経済は、中国への輸出比率が高すぎ、中国に命運を握られてしまっているからです。そして、軍事クーデターで「反中・反北政権」が誕生すれば、速攻で中国から経済制裁を食らうことになります。

第一、軍事クーデターで国の歪みを糺そうとするだけの「骨のある韓国人」が、韓国に存在するとは私には思えません。やはり、軍事クーデターの可能性は極めて低いと見るべきでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本に「現状維持」は許されない!

韓国は「日本の友好国」の資格を持たない

以上、マス・メディアの報道に慣れた方から見れば、以上の「6つのシナリオ」は、いずれも極論に見えてしまうかもしれません。しかし、自分自身が日韓ハーフで、長年の韓国ウォッチャーでもある私からすれば、韓国が自ら自由民主主義陣営の下での繁栄という選択肢を放棄していることは明白です。また、それが彼らの選択なのであれば、それを尊重するのが私たち日本人としての役割ではないかと思うのです。

日本の「保守派」を自称される方々の中には、「韓国は歴史認識などで日本を挑発して来る不快な国だが、それでも我慢して付き合わねばならない」と主張される方もいらっしゃいます。

いわく、「韓国は一衣帯水の隣国であり、歴史的にも日本とつながりが深い国だ」。

いわく、「韓国は日本に巨額の貿易黒字をもたらす相手国だ」。

いわく、「対馬海峡が『最前線』になることは日本の国防上好ましくない」。

しかし、私はこうした考え方こそ、無責任だと思います。なぜなら、これは、「日本が変わらない」ことを前提とした主張だからです。

日本国内における、「韓国とどう付き合うべきか」という考え方を、私なりに整理すると、図表3のとおりです。

図表3 韓国とどう付き合うべきかの6類型
カテゴリ 類型 概要
(1)日韓友好論 ①対等な関係を目指す 日韓は価値を共有する対等な主権国家同士として友誼を深め、ともに手を取り合って未来に向けて発展していくことを目指す考え方
②対韓配慮型の外交 日本は過去の歴史問題などに多少は配慮し、謝るべきところは謝り、賠償すべきところは賠償するなどしつつ、韓国との対等な関係構築を目指す
③対韓追従の外交 韓国が求める「正しい歴史認識」を全面的に受け入れ、韓国が「もう良い」というまで全面的に謝り続ける
(2)日韓非友好論 ④韓国を放置する 韓国が日本に対して突きつけてくる不当な要求を無視し、敢えて日韓関係の改善を先送りする
⑤日韓断交 韓国との関係を断ち切る
⑥誅韓論 韓国に制裁を加える

このうち、論者の左右を問わず、①の関係構築が不可能であることについては、異論はないでしょう。また、慰安婦捏造新聞社こと朝日新聞社あたりが唱える③の関係についても、議論の価値すらないので、ここでは取り上げません。しかし、問題は②の考え方です。

②の考え方の根拠となっているのは、まさにこの

韓国は確かに日本にとって不快な国かもしれない。しかし、韓国は日本にとって巨額の貿易黒字をもたらす国でもあるし、韓国の釜山は日本列島の『目と鼻の先』にあり、韓国が中国の属国にでもなろうものなら、日本の安全保障にとっては深刻な脅威となるからだ。したがって、日本は嫌いな韓国とも何とかうまく付き合っていくしかない。

とする考え方ではないでしょうか?

日本が「変わること」が唯一・最良の解決策

しかし、それと同時にこの考え方は、「日本国憲法の制約のもとで、日本は外国に攻め込まれても戦争できない国だ」とする暗黙の前提の上に立っています。そして、極めて無責任な主張です。

その結果が、現在の体たらくです。韓国は「慰安婦問題」「徴用工問題」「旭日旗問題」など、ありもしない問題を捏造し、次から次へと世界中で日本人の名誉と尊厳を傷つけて回っています。いわば、武器を使わない戦争を、日本は既に仕掛けられているのです。

戦争を仕掛けられているにもかかわらず、日本国憲法というふざけた殺人憲法の制約により、日本には反撃すら許されないというのでしょうか?そんな理不尽な話はありません。結局、日本人が勇気を持ち、日本人を殺す憲法を改正しなければならないのです。

韓国だけではありません。日本人を拉致した北朝鮮、千島・樺太を不法占拠して返さないロシア、世界中で無法を繰り返す中国――。日本の周囲は、まさに無法国家だらけです。

日本が行うべきは、戦争を仕掛けてくる国に反撃することであり、そのためには、まずは憲法を変えに行くことこそが、最大の障壁にして最大の課題です。

ちなみに、私の現状認識が正しければ、図表3でいう「最善の選択肢」とは、⑥の考え方にほかなりません。たとえば、慰安婦問題を初めとする歴史捏造問題では、まさに韓国国民全員と韓国政府が土下座して日本に謝罪するか、国として滅亡するかのどちらかを選ばせるくらいのことは必要でしょう。

果たして日本は変われるのか――?その答えは、意外と近いうちに見えてくると思います。

 

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。