日韓関係はもう無理だ―。私には、最近の情勢を眺めていると、そのように考えざるを得ないのです。朝鮮半島危機は日本人が「日韓関係の清算」を議論する、ちょうどよい機会なのかもしれません。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?
    ―――2017/05/09 09:30 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国
    ―――2017/05/09 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 金融リーダーシップを狙う日本
    ―――2017/05/08 00:00 (日韓スワップ|金融) 1コメント
  • ニコニコ顔の麻生副総理と仏頂面の中国財相
    ―――2017/05/07 20:00 (時事) 1コメント
  • ADBとAIIBの「役割分担」の時代
    ―――2017/05/07 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIBと通貨スワップ・最新版
    ―――2017/05/06 17:30 (RMB|日韓スワップ|金融) 3コメント
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    日韓関係はもう持たない!

    約束を守らない国は信頼されない

    私はここ数日、朝鮮半島情勢が緊迫化する中で、いくつかの資料を読み返していて、改めて「日韓友好はもう無理だ」との思いを強くしています。

    韓国が官民を挙げて「約束を守らない国である」という事例は、いくつもあります。この事例の最たるものは、「慰安婦問題」でしょう。

    慰安婦問題とは、「朝鮮半島で1941年12月8日から1945年8月15日の間に、日本軍が組織的に少女ばかり20万人を強制的に拉致し、戦場に連行して性的奴隷として使役した」とされる問題で、もともとは文筆家の吉田清治の虚偽証言などに基づき、植村隆らが朝日新聞に執筆した一連の捏造記事が火をつけた問題です。

    (※余談ですが、朝日新聞社や既存のマス・メディアがこの問題から逃げ続ける限り、国民のマス・メディア不信は、拡がることはあっても収束することはないでしょう。なお、朝日新聞と植村隆の「罪」そのものについては、今後とも別稿にて深く議論して参りたいと思います。)

    この「慰安婦問題」を巡っては、第一義的には、捏造記事を執筆し、拡散してきた植村隆や朝日新聞社の罪が一番重いですが、この問題に加担し、世界中で積極的に拡散している人物がいます。

    そう、それは「韓国政府」と「韓国国民」です。

    そもそも慰安婦問題とは、「朝日新聞社と植村隆による捏造」であるにも関わらず、その「捏造」をさも「事実である」かのように、次から次へと自称「元慰安婦」らを登場させ、ろくに辻褄も合わない証言だけを証拠に、世界中に慰安婦像を建立し、日本を侮辱しまくっているのです。

    このように、「無実の罪を着せて相手を侮辱すること」を「誣告(ぶこく)」と呼びますが、韓国国民が行っていることは、まさに「誣告」そのものです。

    ただ、韓国国民にも反日親北系団体など、様々な者が存在することは仕方がないにしても、そうした反日団体らの暴走を止めるどころか、むしろ韓国国民と一緒になって暴走しているのが、韓国政府です。

    そして、日本政府との間で2015年12月28日に「慰安婦合意」が成立したものの、韓国政府はこの合意内容をいまだに履行していないばかりか、履行するそぶりさえ見せていません。

    国際条約を無視する

    それだけではありません。韓国にはどうやら「国際条約」が理解できないようなのです。

    例えば、韓国の首都・ソウルにある日本大使館前には、日本人を侮辱する目的で「慰安婦像」が設置されています。しかし、「外交に関するウィーン条約」(正式名称は「1961年外交関係ウィーン条約及び紛争の義務的解決選択議定書」)第22条には、次のような規定が設けられています。

    Article22 of Vienna Convention on Diplomatic Relations, 1961
    1. The premises of the mission shall be inviolable. The agents of the receiving State may not enter them, except with the consent of the head of the mission.
    2. The receiving State is under a special duty to take all appropriate steps to protect the premises of the mission against any intrusion or damage and to prevent any disturbance of the peace of the mission or impairment of its dignity.
    3. The premises of the mission, their furnishings and other property thereon and the means of transport of the mission shall be immune from search, requisition, attachment or execution.
    外交関係ウィーン条約及び紛争の義務的解決選択議定書 第二十二条
    1. 使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない。
    2. 接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。
    3. 使節団の公館、公館内にある用具類その他の財産及び使節団の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。

    つまり、第22条第2項に従い、韓国政府には「公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務(a special duty to prevent any disturbance of the peace of the mission or impairment of its dignity)」が課されているのです。

    そして、外国公館である日本大使館の尊厳を侮辱する構築物を放置しているという意味で、「韓国政府が」、ウィーン条約第22条第2項に違反していることは事実です。「日韓慰安婦合意」があろうがなかろうが、このことは変わりません。

    「日本海呼称問題」めぐり優先順位を間違える国

    韓国は現在、国の存亡自体が危うい状況となっていますが、そんな中でもしっかりと、こういう活動に力を注いでいます。

    東海表記問題で韓日が綱引き IHO総会始まる(2017/04/25 09:32付 聯合ニュース日本語版より)

    リンク先記事は現地時間24日にモナコで始まった「国際水路機関(IHO)」総会で、

    世界の海域の境界や名称を記載するIHOの刊行物「大洋と海の境界」の改訂をめぐり、韓国政府は「東海」の表記へ総力を挙げている

    とするものです。

    心の底から呆れ返るとはこのことでしょう。仮に、「日本海」を「東海」に書き換えることができたとして、一体それが韓国の国益に対し、どのように寄与するというのでしょうか?

    こうした細かい「日本に対する侮辱」の積み重ねは、少なくとも「韓国が危機に陥った際に、韓国を何としてでも助けたいと思う日本人」を激減させ、「韓国を日本の敵だと思う日本人」を激増させることくらいには寄与します。しかし、それ以外に、何か韓国の国益を増進させる良い効果があるというのであれば、逆にその具体例を教えてほしいくらいです。

    崩壊に向けて歩みを進める韓国

    文在寅候補が再びリード

    5月9日(火)に投開票が予定されている韓国大統領選では、再び文在寅(ぶん・ざいいん)候補が第2位の安哲秀(あん・てつしゅう)候補を引き離しているようです。

    <韓国大統領選>世論調査、文在寅候補39.8%、安哲秀候補29.4%(2017年04月25日09時13分付 中央日報日本語版より)

    この「極端な親北・反日」である文在寅氏と「それなりの反日」である安哲秀氏を比べたところで、「どのみち反日」です。両者には「どちらがより反日度合いが少ないか」という違いしかなくて、日韓関係が崩壊するのも、早いか遅いかの違いに過ぎません。

    ただ、文在寅氏が韓国大統領に就任すれば、かなり早い段階で日韓慰安婦合意を破棄しにかかるでしょう。もちろん、「国際法を守らないのはけしからん!」「韓国が日韓合意を破棄することなどできない!」というご意見があることは承知しています。しかし、慰安婦問題自体がそもそもの「無理くりの捏造問題」であり、その「捏造」を韓国がゴリ押しした結果、日本が韓国に譲歩した結果が「日韓慰安婦合意」であったことを忘れてはなりません。

    韓国政府・韓国国民には、「ウソであってもゴリ押しすれば日本は絶対に韓国に譲歩してくれるはず」という妙な成功体験が刷り込まれています。「日韓合意を反故にする」ということくらい、韓国人にとっては「どうってことない」議論でしょう。

    米国から「軽視」される韓国

    一方、韓国の将来を示唆する状況は、すでにいくつか発生していますが、その最たるものは米国と中国の姿勢です。

    このうち、米国・トランプ政権は、韓国を軽視し始めています。その一例は、トランプ大統領自身が北朝鮮問題を協議する時に、韓国を飛ばしたことです(詳しくは『北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力』、『北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国』をご参照ください)。

    私は米国が韓国を「無視」した理由が2つあると考えています。

    1つ目は、韓国の了解がなくても、米国は「第二次朝鮮戦争」を始めることができる、という点です。国際法上、朝鮮戦争の休戦協定の当事国は韓国ではありません。また、米国は戦時統制権を保持しており、米軍の主力部隊は韓国ではなく日本に所在しています。よって、米国は韓国の了解も支援も必要ないのです。

    2つ目は、韓国が「足手まとい」になることです。現代の戦争は、1950年代のような「長期・総力戦」にはなりません。米国が開戦を決断するならば、おそらくそれは、「数時間で北朝鮮全土を一気に叩き潰す」という目途が付いている場合でしょう(北朝鮮が暴発する場合はこの限りではありませんが…)。軍事境界線上の砲門を壊滅させ、金正恩(きん・しょうおん)の身柄を確保し、ミサイル基地を破壊する作戦は、米軍単独(あるいは日本の自衛隊の支援つき)で行うことができます。決して韓国軍の支援は必要ありません。

    むしろ、問題は「米国が北朝鮮戦に勝利するかどうか」ではなく、「米国が北朝鮮を壊滅させた場合、この地域をどう統治するか」という方が重要です。そして、朝鮮半島の将来を決めるのは、米国を中心に、日本、ロシア、中国であり、なおさら韓国の意向をくみ取ることはないでしょう。

    交渉材料にされる韓国

    一方、米韓関係がうまく行っていないことは間違いありませんが、韓国は「頼みの綱」である中国との関係も損ねています。その最大の要因は、米国が朝鮮半島に配備する高高度ミサイル防衛システム(THAAD)です。

    ここで、最近の象徴的な事件を2つ紹介しておきましょう。

    3月の訪韓観光客、日本人22%増える一方で中国は40%減少(2017年04月25日06時12分付 中央日報日本語版より)
    中国、サイバー攻撃でTHAAD配備に報復か(2017 年 4 月 24 日 10:05 JST付 WSJ日本版より)

    1つ目は、2017年3月に韓国を訪問した中国人観光客が前年同月比▲40%と激減したとするものです。中国人が韓国の入国者に占める割合は最盛期で50%にも達していましたので、中国が韓国観光を少し規制するだけで、韓国への入国者全体も激減するという格好です。

    2つ目は、「韓国が米国の最新鋭ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」を配備すると発表して以降、中国のハッカーによる韓国への攻撃が激しくなり、回数も増えた」とされる記事です。

    つまり、中国はTHAAD配備を巡って韓国を徹底的に「いじめる」一方、米国に対しては「北朝鮮説得工作とTHAAD配備中止のバーター取引」を持ちかけています。いわば、韓国は米中間の「単なる交渉材料」にされてしまっている格好です。

    どのみち南北統一と中華属国化へ

    以上で見たとおり、現在の韓国を巡っては、日韓関係、米韓関係、中韓関係という、韓国にとって重要な対外関係のすべてが行き詰っている格好です。こうした状況は、米軍が北朝鮮を攻撃すれば変わるのでしょうか?それとも、中国が北朝鮮工作に成功すれば好転するのでしょうか?

    私は、いずれの場合であっても結局はうまく行かないと見ています。

    以前、『北朝鮮リスクと韓国の6つの未来』でも示したのが、次の「韓国の6つの未来予想図」です(図表1)。

    図表1 韓国を待ち受ける6つの未来
    区分 パターン シナリオ詳細
    北朝鮮との統一シナリオ ①北朝鮮主導で赤化統一する 北朝鮮が今回の危機を生き延び、韓国で親北派大統領が誕生し、朝鮮半島は北主導で赤化統一される
    ②米国主導で焦土と化した北朝鮮を吸収する 米軍の攻撃により北朝鮮が崩壊し、米国の命令により、韓国がなし崩し的に北朝鮮の面倒を見る
    ③中国主導で平和裏に政権交代した北朝鮮と統一する 米中密約により北朝鮮で平和裏に政権交代が発生し、中国の後ろ盾を得て南北統一国家が樹立される
    南北分断継続シナリオ ④北朝鮮の現状の体制を残したままで、韓国が中華属国化する 北朝鮮という体制が残ったままで、韓国が米韓同盟を破棄し、中韓同盟を成立させ、中国の事実上の属国となってしまう
    ⑤韓国で軍事クーデターが発生する 韓国で軍事独裁政権が成立し、民政を停止し、韓国の赤化統一や中華属国化を防ぐ
    ⑥南北朝鮮を「クロス承認」する 韓国は中国の属国となる一方、北朝鮮については日本と米国が国家承認する

    この①~⑥の「未来予想図」は、私の従来からの持論である「韓国の赤化統一論」「韓国の中華属国化」「軍事クーデター」という「3つのシナリオ」に、「北朝鮮ファクター」を加えたものです。

    そして、現段階では「南北朝鮮統一シナリオ」の実現性が上昇しているようにも思えます。もっとも、米国が北朝鮮を焦土化し、韓国が米国の命令で北朝鮮を統一する(②)のか、それとも中国が北朝鮮の説得に成功し、金正恩がどこかに亡命し、中国の後ろ盾を得て北朝鮮を吸収する(③)のか、はたまた今回の危機を生き延びた北朝鮮が自ら主体的に韓国を統一する(①)のかはわかりませんが…。

    日韓関係の「清算」は近い?

    慰安婦日韓合意破棄に備えよ

    朝鮮半島有事が発生せず、かつ、5月9日(火)の韓国大統領選の結果、極端な反日・親北を掲げる文在寅氏が韓国大統領に就任した場合、かなり早い段階で予想されることは、慰安婦に関する日韓合意の破棄です。この可能性は極めて高く、問題は「韓国側からこの合意の破棄を言い出すかどうか」ではなく、「いつの段階でどのように破棄されるか」にあります。

    安倍総理のことですから、2015年12月の時点で、「どうせ政権が交代すれば慰安婦合意は破棄される」という想定をきちんと置いていたと信じたいところですが、韓国側から日韓合意を破棄されたときに、日本はどうするつもりなのでしょうか?国際法違反・信義則違反を頻発させる韓国に対し、相変わらず「配慮」とやらを続けるつもりでしょうか?それとも「その次のステップ」に進むのでしょうか?

    現在、安倍政権は朝鮮半島有事に備えるのに忙しく、日韓関係の未来について明確な方針を出すことができていない点は、やむを得ない側面があると思います。ただ、私はもう日韓関係は「持たない」と考えています。

    日韓関係6類型ではどう見る?

    私がいつも引用する「日韓関係の6類型」をもう一度確認しておきましょう(図表2)。

    図表2 日韓関係の6類型
    カテゴリ 類型 概要
    (1)日韓友好論 ①対等な関係を目指す 日韓は価値を共有する対等な主権国家同士として友誼を深め、ともに手を取り合って未来に向けて発展していくことを目指す考え方
    ②対韓配慮型の外交 日本は過去の歴史問題などに多少は配慮し、謝るべきところは謝り、賠償すべきところは賠償するなどしつつ、韓国との対等な関係構築を目指す
    ③対韓追従の外交 韓国が求める「正しい歴史認識」を全面的に受け入れ、韓国が「もう良い」というまで全面的に謝り続ける
    (2)日韓非友好論 ④韓国を放置する 韓国が日本に対して突きつけてくる不当な要求を無視し、敢えて日韓関係の改善を先送りする
    ⑤日韓断交 韓国との関係を断ち切る
    ⑥誅韓論 韓国という国を、むしろ積極的に滅亡させる

    この期に及んで日韓友好を続けようとする議論(①~③)が成立する余地がないことは、もう議論しなくても良いと思います。ただ、問題は、「日韓友好ができなくなる」のは仕方がないとして、日本は今後、韓国と「どうおつきあいするか」について、具体的なスタンスを決める必要がある、という点です。

    今のところ安倍政権は上記④(韓国放置論)に傾いているようですが、韓国は日本が無視したところで、日本に対して不当な要求を止めないでしょうし、慰安婦像を世界中に設置して日本人の侮辱を続けるでしょう。

    そうであるならば、やはり⑤(日韓断交)か⑥(誅韓論)の議論を、国民レベルで盛り上げる必要があります。

    まずはビザ免除の中止から

    こうした概念的な点に加え、私が最も危惧しているのは、韓国人に対する観光ビザが免除されてしまっていることです。こうした私の懸念を象徴する記事がありました。

    韓国人、訪日経験は最も多いが「日本に対する信頼」は14%だけ(2017年04月24日11時24分付 中央日報日本語版より)

    記事によると、日本を訪問した経験がある韓国人は50%であるにも関わらず、日本を「信頼できる国だ」と考える韓国人は13.8%に過ぎない、というものです。調査を実施した主体が日本の「公益財団法人新聞通信調査会」ということであり、この団体自体が怪しいという点は置いておくとしても、少なくとも「日韓双方の往来を増やせば、韓国人に親日感情が芽生える」という俗説が誤っている可能性が高いことには留意する必要があるでしょう。

    そろそろ「関係清算」を議論せよ

    私は、2015年12月の「日韓慰安婦合意」については、「慰安婦強制連行」という、日本人がやってもいない罪をなすりつけられたことに、日本国民の1人として深く傷つきました。ただ、発想を変えて、慰安婦合意で韓国にくれてやった10億円は、いわば、「日韓関係を清算するための手切れ金」だったと思うようにして、心を落ち着けたのです。

    いずれにせよ、平気でウソをつくし、国際的な約束も守れないし、危機の時には平気で逃亡するような民族を、これ以上信頼しろと言われても無理があります。

    今回の朝鮮半島危機は、「日韓関係の清算」を議論するにはちょうどよい機会なのかもしれません。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?
    ―――2017/05/09 09:30 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国
    ―――2017/05/09 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 金融リーダーシップを狙う日本
    ―――2017/05/08 00:00 (日韓スワップ|金融) 1コメント
  • ニコニコ顔の麻生副総理と仏頂面の中国財相
    ―――2017/05/07 20:00 (時事) 1コメント
  • ADBとAIIBの「役割分担」の時代
    ―――2017/05/07 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIBと通貨スワップ・最新版
    ―――2017/05/06 17:30 (RMB|日韓スワップ|金融) 3コメント
  • 人民元のお寒い現状
    ―――2017/05/06 00:00 (RMB|金融) 1コメント
  • 中国さん、米国さん、韓国は簡単に屈しますよ!
    ―――2017/05/05 21:30 (時事) 1コメント
  • 倒産という社会的鉄槌が必要な新聞とは?
    ―――2017/05/05 00:00 (マスメディア論) 5コメント
  • 「毒まんじゅう」仮説と日韓・米韓関係の終焉
    ―――2017/05/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】犯罪をなくす画期的な憲法私案・ほか
    ―――2017/05/03 16:45 (過去ブログ) 2コメント
  • 70年間放置されてきた欠陥憲法
    ―――2017/05/03 00:00 (国内政治) 12コメント
  • 内部から腐る自民党への危機感
    ―――2017/05/02 00:00 (国内政治)
  • 読者の皆様へ―お詫びとお知らせ
    ―――2017/05/01 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 反社会的組織の行く末
    ―――2017/04/30 00:00 (政治) 4コメント
  • 私の教育の「4つの方針」
    ―――2017/04/29 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか
    ―――2017/04/28 00:00 (政治その他) 4コメント
  • 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる!
    ―――2017/04/27 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言
    ―――2017/04/26 14:30 (時事|国内政治) 6コメント
  • 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機
    ―――2017/04/26 00:00 (韓国崩壊) 5コメント
  • 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国
    ―――2017/04/25 12:00 (時事|外交) 3コメント
  • 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ
    ―――2017/04/25 00:00 (外交) 2コメント
  • 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力
    ―――2017/04/24 20:30 (時事|外交) 4コメント
  • 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む
    ―――2017/04/24 00:00 (韓国崩壊) 2コメント
  • 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」
    ―――2017/04/23 00:00 (韓国崩壊) 7コメント
  • 保守について考える
    ―――2017/04/22 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」?
    ―――2017/04/21 06:00 (時事|韓国崩壊) 2コメント
  • 金融から見た中国の「3つの夢」
    ―――2017/04/21 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • 緊張感を欠いた韓国メディア報道
    ―――2017/04/20 07:00 (時事) 4コメント
  • 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか
    ―――2017/04/20 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚
    ―――2017/04/19 15:00 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民
    ―――2017/04/19 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 【訃報】渡部昇一先生を悼む
    ―――2017/04/18 09:45 (時事)
  • 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞
    ―――2017/04/18 00:00 (外交) 6コメント
  • トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か?
    ―――2017/04/17 00:00 (金融) 1コメント
  • またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
    ―――2017/04/16 00:00 (日韓スワップ|金融) 6コメント
  • 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて
    ―――2017/04/15 17:00 (時事|金融)
  • 民進党の危機はメディアの危機
    ―――2017/04/15 00:00 (マスメディア論) 4コメント
  • 日韓スワップ再開論
    ―――2017/04/14 16:00 (日韓スワップ|時事) 2コメント
  • 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来
    ―――2017/04/14 00:00 (韓国崩壊) 4コメント
  • 日本人の危機意識も捨てたものではない
    ―――2017/04/13 16:45 (時事) 3コメント
  • 韓国は友好国ではない
    ―――2017/04/13 08:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 通名問題と金融規制
    ―――2017/04/13 00:00 (金融) 2コメント
  • 「民進党ラーメン」、食べたいですか?
    ―――2017/04/12 00:00 (国内政治) 4コメント
  • シリア攻撃の振り返りとメディア雑感
    ―――2017/04/11 00:00 (外交) 3コメント
  • 外務省の不作為はもはや犯罪級
    ―――2017/04/10 16:15 (時事) 2コメント
  • フェイク・ニュース雑感
    ―――2017/04/10 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる
    ―――2017/04/09 00:00 (外交) 1コメント
  • 歴史を見る目
    ―――2017/04/08 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 唐突なシリア攻撃の意味
    ―――2017/04/07 13:15 (時事|外交) 4コメント
  • 資金循環統計を「きちんと」読む
    ―――2017/04/07 00:00 (金融) 1コメント
  • この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは…
    ―――2017/04/06 10:45 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ!
    ―――2017/04/06 00:00 (経済全般) 5コメント
  • 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を!
    ―――2017/04/05 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか
    ―――2017/04/04 15:00 (過去ブログ) 2コメント
  • 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
    ―――2017/04/04 08:45 (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 長嶺大使帰任と米中首脳会談
    ―――2017/04/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え?
    ―――2017/04/03 16:45 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス
    ―――2017/04/03 00:00 (外交) 3コメント
  • 慰安婦合意破棄後の日韓関係
    ―――2017/04/02 00:00 (韓国崩壊|外交) 5コメント
  • 室谷克実さんの韓国論が面白い!
    ―――2017/04/01 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕
    ―――2017/03/31 08:13 (政治) 2コメント
  • AIIBとISDAマスター・アグリーメント
    ―――2017/03/31 00:00 (RMB|金融)
  • 森友問題はマスゴミと野党の問題だ
    ―――2017/03/30 09:45 (時事|国内政治) 4コメント
  • 犯罪国家韓国と日本人への苦言
    ―――2017/03/30 00:00 (国内政治) 1コメント
  • 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か?
    ―――2017/03/29 21:34 (時事)
  • 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」
    ―――2017/03/29 18:30 (時事)
  • 歴史に沈む韓国
    ―――2017/03/29 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練
    ―――2017/03/28 18:00 (時事|外交) 1コメント
  • 粉飾も国家がやれば無問題?
    ―――2017/03/28 00:00 (金融) 4コメント
  • 森友問題は辻元問題?
    ―――2017/03/27 18:36 (時事|国内政治) 6コメント
  • 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火?
    ―――2017/03/27 08:30 (時事|国内政治) 2コメント
  • 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交
    ―――2017/03/27 00:00 (金融) 4コメント
  • 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)
    ―――2017/03/26 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識
    ―――2017/03/25 00:00 (経済全般) 4コメント
  • 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ
    ―――2017/03/24 16:00 (政治) 6コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告