『ニュース女子』騒動を巡り、出演者が東京で記者会見…。イケメン議員との呼び声も高い丸山穂高議員のタブーに踏み込んだ国会質問…。本日取り上げるのは、一見するとこの無関係な二つの出来事を題材に、日本のマス・メディアが深刻な岐路に立たされているという事実です。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    マス「ゴミ」とは?

    私たちの大事な国・日本国は、自由・民主主義社会です。しかし、自由・民主主義社会というものは、国民の一人ひとりが賢くなければ機能しません。その意味で、公正で客観的な事実を知ることは、私たちの社会を機能させる、最低限必要な条件なのです。

    ただ、日本のマス・メディア(とくに新聞やテレビ)は、特に政治的な報道については、必ずしも公正で客観的であるとは言えません。私自身がこの「独立系ビジネス評論サイト」を立ち上げたのも、まさに、マス・メディアが正当な報道をしてくれないことに強い疑問と不満を抱いたことがきっかけです。

    こうした中、つい先日、マス・メディア(とりわけ朝日新聞社などの大手メディア)が全く公正ではないと痛感せざるを得ない事件が、相次いで発生しました。本日は「『ニュース女子』問題」と「丸山穂高議員の質疑」という二つのテーマを題材に、マス・メディアの報道姿勢を糺したいと思います。

    ちなみにマス「ゴミ」とは、マス・コミュニケーションの略語「マスコミ」を揶揄した、一種のネット・スラングですが、最近ではインターネットの普及とともに、「ゴミのような情報ばかり流す新聞社やテレビ局」のことを総称する用語として、一般に広まっているのが実情ではないかと思います。

    『ニュース女子』騒動・その後

    『ニュース女子』騒動とは?

    地上波テレビ放送局である東京MXテレビが今年1月2日に放送した『ニュース女子』を巡り、沖縄タイムス、琉球新報、朝日新聞などの極左メディアや「パヨク」と揶揄される活動家らからの強い反発が生じています。

    東京MXテレビは「ウソつき」なのか?』、『デタラメは必ず暴露される』の続編として、この問題の最新状況をアップデートしておきましょう。

    『ニュース女子』問題とは?

    さて、議論の前提となるのは、次の『ニュース女子』という番組です。

    『ニュース女子』#91

    この番組は、もともとは株式会社DHCシアターが制作し、1月2日に東京の地上波テレビ局「東京MXテレビ」で放送されたものであり、動画サイトには1月16日に公開されています。本来の配信期間は公開から1か月に限定されていたはずですが、おそらく株式会社DHCシアターの好意により、現時点でも視聴可能です。

    この番組に対し、沖縄タイムスや朝日新聞、暴力的・反社会的な組織を含めた極左市民団体などから、猛烈な反発が生じていることは事実です。そして、批判を浴びたら、「都合の悪い動画は削除して逃亡する」というのは、「パヨク」と呼ばれる勢力の共通点なのですが、株式会社DHCシアターはこれと真逆に、「批判を浴びている動画を、むしろ逆に、いつまでも削除しないで万民が視聴可能な状態に置く」というものです。私はこうした同社の姿勢に敬意を払いたいと思います。

    おそらく、番組内でも取り上げられた極左市民団体らは、「株式会社DHCシアターも大騒ぎして批判すれば、リンク先の動画を削除して逃げるに違いない」と思い込んでいたのではないでしょうか?

    株式会社DHCシアターは、リンク先動画を削除していないばかりか、1月20日には、次のような「見解」を公表しています。

    ニュース女子番組見解について(2017/01.20付 株式会社DHCシアターウェブサイトより)

    まさに、株式会社DHCシアターの姿勢は、「批判されたらそれに対し正面からきちんと反論する」というものであり、日本の極左市民団体や大手三流メディアによく見られる、「批判されたらその動画を削除して逃げる」という姿勢とは真逆の、非常に正々堂々としたものです。私は株式会社DHCシアターのこの編集方針には深い敬意を払いたいと思いますし、また、こうした姿勢に対しては全面的に支持したいと考えています。

    『ニュース女子』出演者による記者会見

    私が改めてこの話題を取り上げた理由は、『ニュース女子』第92回に出演した在沖の3人などが、先日、東京・内幸町にある「日本記者クラブプレスセンター」で、記者会見を行ったからです。その様子については、下記のリンクで確認することができます。

    【沖縄の真実】のりこえねっと辛淑玉氏等による東京MXテレビ『ニュース女子』報道弾圧に抗議する沖縄県民東京記者会見[桜H29/2/25]

    この記者会見は、評論家の篠原章氏が司会者となり、日本記者クラブで行われたものです。また、記者会見に登場したのは次の5名です(左からの着席順、敬称略)。

    • ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士)
    • 杉田水脈(すぎた・みお)(元衆議院議員)
    • 依田啓示(よだ・けいじ)(カナンファーム代表)
    • 我那覇真子(がなは・まさこ)(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 代表運営委員)
    • 手登根安則(てどこん・やすのり)(沖縄教育オンブズマン協会会長)

    ちなみに私は、記者会見の主催者・司会者や、ここに登場した5名の方々とは、全く面識はありませんし、本日のこの記事も、私自身が勝手に執筆しているものです。つまり、私は本稿の執筆に当たり、彼らに依頼されていないどころか、彼らの許可すら得ていない(つまり完全に独立の立場から執筆している)という点については、はじめにきちんと強調しておきたいと思います。

    我那覇氏らへの苦言について

    本論に入る前に、我那覇氏の組織について、情報開示にいくつかの技術的な問題点がある点を指摘しておきます。具体的には、辛淑玉氏に対して送付したとされる「公開質問状」については、そのリンクの所在がホームページから簡単にたどり着ける場所になく、また、テキストファイルではなくPDFファイルで公表されている点には問題があると思います。

    公表するのであれば、せめてテキスト化し、私のような「独立系評論サイト」の運営者でも簡単にコピーして貼り付けられるようにすべきです。

    ただ、この「苦言」とは、あくまでも私個人が技術的な問題点として感じたものに過ぎず、私は我那覇氏らの活動が「会としておかしい」などと申し上げるつもりはなく、むしろ思想的には「支持できる」という部分が多い、というほうが実情に近いでしょう。

    また、本日紹介するリンク先動画についても、一部をトリミング(切り張り)しているようです。どうせ動画サイトにアップするなら、トリミングなしで掲載すれば良いのに、と思います。ただでさえ「敵」が多い組織ですから、こうした細かい点で至らない部分は多々あるのが残念な点でもあります。

    リンク先動画の流れ

    以上の点はあるものの、私は、リンク先の動画については、非常に理路整然としていて説得力があると感じました。記者会見では、我那覇氏、依田氏、手登根氏、杉田氏、ギルバート氏の順に、それぞれ次のような説明を行いました(動画の33:50まで)。

    • 我那覇氏が「のりこえネット」の共同代表である辛淑玉氏に送付した公開質問状の内容を読み上げる
    • 沖縄県国頭郡東村で農園・宿泊施設「カナンファーム」を経営する依田氏が、高江付近で反基地派らとの間でトラブルになったエピソードを説明
    • 手登根氏が反基地運動派らによる過激な行動の動画を紹介(ただし、著作権の関係から、リンク先動画ではカットされている)
    • 杉田氏が「沖縄の反基地運動家らが関西弁を喋っている」という重要な事実を紹介したうえで、公安調査庁が出版している『内外情勢の回顧と展望』という報告書を紹介。「日本の反基地運動の裏には中国が存在している」などの記述があるという事実を列挙
    • ギルバート氏が、沖縄県における反基地運動が「犯罪を含むもの」であるという事実を指摘したうえで、「なぜ本土のマスコミがこれらをきちんと報じないのか不思議でならない」と、居合わせた記者団らに疑念を突きつける

    というものであり、いちいちごもっともな主張ばかりです。

    もっとも、私が「我那覇氏らの主張が正しい」と主張したところで、説得力はないかもしれません。しかし、そう思うのであれば、なおさらリンク先の動画の視聴を強くお勧めします。インターネットにつながる環境であれば、誰でも視聴可能な動画です。

    朝日記者のトンチンカンぶり

    ところで、この会見では、朝日新聞のキタノと名乗る記者からの質疑が興味深いです(動画の39:15~。敬称略。なお、記載内容は引用者の文責にて適宜要約している点をご了解ください)。

    朝日新聞キタノ「(記者会見の場で)再生したビデオはいつどこで誰が撮ったもので、手登根さんはどのように入手したのか、という事実関係が細かくわからないと、報道する以上は事実関係が必要、その辺を詳細に説明願いたい。依田さんは暴行を振るったということで告訴され、その結果、警察から起訴・不起訴、どのような扱いになったのか?公開質問全体について、いつどこで誰がそういうことをしてどのような損害があったかという事実が一つ一つ具体的に書かれていないと、反論できないではないか?

    キタノと名乗る記者は、このように、彼らの主張内容に対して「具体的な事実がない」などとやたらと言い放ちましたが、これに対し、杉田氏の反論が凄すぎます。

    杉田「朝日新聞さんも取材に行ったことがあるんですか、この現場?」

    キタノ「私は取材していません。私は記者会見で…

    杉田「だからわからないんですね。現場を見たらわかると思うんですが…

    (中略)

    杉田「あなた記者さんですよね、ちょっと調べただけですぐこういったものも入手できますし…

    キタノ(同社の他の記者が取材したなどと説明)

    杉田「その方にお聞きになったらいかがですか?

    我那覇「情報源が何なのか怪しいと(いう)記事がおそらく書きたいんだと思いますが、ちょっと調べればわかることです」「是非、現地に取材に行ってください

    プロフェッショナルのジャーナリストではない私ですら、少し調べれば簡単にわかるような内容の質問を投げつけてくる…。このやりとりだけで、「従軍慰安婦問題」を捏造した朝日新聞社に所属する、年収一千万を超えているともいわれる記者の低レベルさが、大変よくわかると思います。

    議論から逃げているのはマス「ゴミ」の方では?

    報道しないメディア

    では、肝心のこの会見、報道したメディアはあったのでしょうか?

    会見から丸2日が経過しているにも関わらず、私が見た限りにおいては、主要メディアの中では、産経ニュースが、ほんの少しだけ次のような記事を配信しているだけです。

    「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場(2017.2.24 17:35付 産経ニュースより)

    これ以外については、個人ブログなどが触れているくらいです。日本のメディアは大部分がこれをスルーしているのは、残念で仕方がありません。ただ、既存のマス・メディアが報道していないという事実自体が、実は、私のような「独立系評論サイト」を運営している人間にとっては、格好の「ネタ」となるのです。

    衆議院予算委員会が面白い!

    そして、マス・メディアについて触れたついでに、衆議院予算委員会の質疑についても紹介しておきましょう。「イケメン議員」としても呼び声が高い、丸山穂高(まるやま・ほだか)衆議院議員(「日本維新の会」所属)の質疑が、非常に興味深いからです。

    2017年2月24日 衆議院財政金融委員会(衆議院インターネット審議中継より)

    丸山議員は1984年生まれで、まだ33歳に過ぎませんが、私自身が直接、同議員の質疑を視聴している限りでは、非常に聡明で優秀な議員であるように見えます(なお、私が丸山氏の質疑を取り上げているからといって、私自身、「日本維新の会」を支持している訳ではありませんので、念のため申し添えます)。

    丸山議員は、質疑の初めで「森友学園」への国有地の払い下げ問題を取り上げていますが、この追及で安倍晋三総理大臣の歯切れは随分と悪いようにも聞こえます。ただ、丸山議員は、国有地への払い下げ問題そのものを取り上げたうえで、『新聞は死んだ―驕り、偽善、エゴを衝く (1979年)』という書籍を引用。朝日新聞社、読売新聞社、朝鮮学校という三者に対し、社長、会長、あるいは校長らを参考人として呼ぶことを提案しています。

    タブーを一切報じないマス「ゴミ」

    ちなみに、丸山議員が引用した『新聞は死んだ』とする書籍、アマゾンで調べてみると、初版の刊行が1970年代と、ずいぶん古い書籍であるようです。丸山議員が列挙した朝日新聞社と読売新聞社については、おそらく朝日新聞社は築地、読売新聞社は大手町のことを指しているのでしょう。ここで、丸山議員が主張した内容を、関連する情報とともに、私の文責でまとめると、次の通りです(図表2、ただし人名と正式な肩書きは著者による補足)。

    図表2 不透明な国有地払い下げ問題
    新聞社 場所 払い下げ単価 丸山氏が言及した人名(敬称略)
    朝日新聞社 築地の本社 1坪200万円を下らないとされる土地を56万円で払い下げ 代表取締役社長・渡辺雅隆
    読売新聞社 大手町の本社 1坪600万円の土地を83万円で払い下げ 代表取締役会長・白石興二郎、代表取締役社長・山口寿一

    また、朝鮮学校やNHKなどへの国有地・公有地の貸し付けや払い下げなどにも不透明な点が多々あるようですが、何と丸山氏は、朝日新聞社の渡辺社長らを参考人招致すべきだと述べたのです。

    ただ、マス・メディアにとってよっぽど都合が悪いからなのでしょうか、今のところ、朝日新聞、読売新聞ともに、これらについて触れている記事は見つかりません。

    マス「ゴミ」の時代の終焉

    私の普段の持論ですが、やはり、いまやマス・メディアは、私たち日本国民が知りたいと思う内容を取材して報じるという、本来期待されている役割を、明らかに果たしていません。

    『ニュース女子』問題を巡っては、沖縄タイムスが「事実ではない内容を報じた」などと断言していますが、私に言わせれば、「事実ではない内容を報じている」のは、むしろマス・メディアのほうではないかと思います。

    ただ、現代はインターネットが普及し、動画サイトやブログサイト、SNSなどを通じて、情報が拡散していく時代です。論点対立が生じた時には、個々人が新聞・テレビではなく、インターネットで直接、その団体のページなどにアクセスし、情報を比較することができるようになりました。

    例えば、私自身はどちらかというと「保守系」の論調でウェブサイトを運営していますが、極力、私の議論を構築する根拠となったリンクを示すようにしていますので、私と政治的スタンスが異なる方であっても、もとの資料を見てご判断いただくことができると思います(ちなみに、当ウェブサイトでは、原則としてコメントは自由とさせていただいています。記事の内容に異論があるようなら、記事の内容に沿ったものであれば、どんどんと書き込んで下さって結構です)。

    そのように考えるならば、私のような活動を行う者が増えれば増えるほど、マス・メディアは、マス「ゴミ」と揶揄されるような情報ばかり流しているようならば、読者や視聴者からの支持を失うことは間違いありません。その意味で、私もマス「ゴミ」を終わらせる社会的役割の一端を担いたいと考えている人間の一人なのです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告