本日は通貨スワップ協定全般に関する「資料集」です。おもに前半で「日本のスワップ」、後半で「韓国のスワップ」について、それぞれ解説します。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

通貨スワップ協定の状況アップデート

私がこの「独立系ビジネス評論サイト」を立ち上げてから、約半年が経過しました。その間、通貨スワップ協定や人民元の国際化などを巡り、ずいぶんとマニアックな議論を上梓して来ましたが、そのおかげで、他ウェブサイトと比べても極めて「個性的な」議論をするサイトだとして、ご評価をいただいております。

昨年12月末に釜山にある日本総領事館前に「慰安婦像」が設置されたことを受けて、日本政府は「日韓スワップ再開交渉の中断」を含む対抗措置を打ち出しました。この措置を巡っては、「通貨スワップ」という専門的な用語が出てくるためでしょうか、私が「新宿会計士」のペンネームを用いて匿名で運用しているこのウェブサイトと、私が実名入りで運営している本業の会社ウェブサイトの双方に、アクセスが急増しました。

そこで、今月に入り、私は急遽、会社側ウェブサイトはそのままにして、こちらのウェブサイトだけXサーバに移管させました。このため、「サーバが落ちる」という事態は何とか避けられたのですが、多くの方からコメントをいただいておりますが、1月中旬以降、それらのコメントに全く返信ができなくなり、心よりお詫び申し上げます。

ただ、少し落ち着いてきたので、ここらで「通貨スワップ」全般に関する記述の全体的なアップデートを行っておきたいと思います。そして、本日の記事で焦点を当てるのは、「事実関係」が中心です。なぜ韓国が「日本との」スワップを欲しがっているのか、あるいは韓国の外貨準備の8割近くが「ウソ」ではないか、といった周辺論点については、当記事末尾にある「関連リンク」に示している過去記事などもご参照ください。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



通貨を融通する仕組みの3類型

さて、ここから本論に入ります。

金融規制にいう「通貨スワップ協定」(あるいは「通貨スワップ取極」)とは、中央銀行同士で通貨を相互に貸し付けあう協定のことです。「相互に貸し付けあう」といっても、現実には「先進国同士が通貨を融通し合う仕組み」というものと、「通貨ポジションが強い国から通貨ポジションが弱い国への一方的な支援」というものがあります。

一方的な金融支援(BSA)

パターンを分けてみましょう。まずは、「一方的支援」の事例です。財務省ウェブサイトによると、(多分ですが)次の3カ国と「二国間通貨スワップ取極」を締結しています(図表1。なお、これを英語で “Bilateral Swap Agreement”と呼ぶため、BSAと略すことがあります)。

図表1 先進国から発展途上国への支援:日本とアジアのBSA
当事国 協定の内容 金額 期間
日本・インドネシア 日本からインドネシアに米ドルを貸し付け、インドネシアから日本にインドネシア・ルピアを貸し付ける 227.6億米ドル 不明
日本・フィリピン 日本からフィリピンに米ドルを貸し付け、フィリピンから日本にフィリピン・ペソを貸し付ける 120億米ドル 不明
フィリピンから日本に米ドルを貸し付け、日本からフィリピンに日本円を貸し付ける 5億米ドル 不明
日本・シンガポール 日本からシンガポールに米ドルを貸し付け、シンガポールから日本にシンガポール・ドルを貸し付ける 30億米ドル 不明
シンガポールから日本に米ドルを貸し付け、日本からシンガポールに日本円を貸し付ける 10億米ドル 不明

(【情報源】財務省ウェブサイト『アジア諸国との2国間通貨スワップ取極(2015年12月4日現在)』)

「多分」と申し上げた理由は、財務省のウェブサイトの情報開示が不十分であり、これ以上の内容を調査することが難しいからです。ついでに申し上げますと、『日韓スワップ特集記事』で私は「日本とインドの間で500億ドルのスワップがある」と記載しましたが、後日調査したところ、このスワップは2015年12月3日で失効していたようです(ただし、このような過誤情報が含まれている理由は財務省のウェブサイトの情報開示が不十分・不適切であることに由来するため、今回は、敢えて過去記事の訂正はしません)。

なお、シンガポールが「発展途上国」かといわれれば、それも違うと思いますが、説明の都合上、シンガポールとのスワップはここに含めています。

先進国同士の「流動性供給目的の為替スワップ」

次に、日本の場合は「為替スワップ」という協定もあります。どうやら日本銀行は「通貨スワップ」という用語を「自国通貨と米ドルの交換」、「為替スワップ」という用語を「自国通貨同士の交換」という意味合いで用いているらしく、現在、日本が諸外国の中央銀行と締結している為替スワップは次の通りです(図表2)。

図表2 日本銀行(BOJ)が外国中央銀行と締結する為替スワップ一覧
中央銀行 通貨 金額 期間
米連邦準備理事会(FRB) 米ドル 無制限 無期限
欧州中央銀行(ECB) ユーロ 無制限 無制限
イングランド銀行(BOE) 英ポンド 無制限 無制限
カナダ銀行(BOC) カナダドル 無制限 無制限
スイス国立銀行(SNB) スイス・フラン 無制限 無制限
豪州中央銀行(RBA) 豪ドル 200億豪ドル
1.6兆円
2019年3月17日
シンガポール通貨庁(MAS) シンガポール・ドル 150億Sドル
1.1兆円
2019年11月29日

この日本銀行が「為替スワップ」と呼んでいる協定のうち、FRB、ECB、BOE、BOC、SNBの5中銀との協定の源流は、もともとは2008年の金融危機直後に全世界で流動性が逼迫した際に、6中銀(FRB、ECB、BOE、BOJ、SNB、BOC)が相互に締結した「6中銀間資金流動性供給」にあります。

最近だと、特に、ユーロ圏で米ドルの資金が逼迫することが多く、米FRB(代理人はFRBニューヨーク連銀)からECBに対してドル資金が提供されることが多いのですが、それ以外の中央銀行(BOE、BOJ、SNB、BOC)も相互に資金融通を行うことができます。

シンガポールについては、図表1でも引用したとおり、通貨スワップの締結相手国でもありますが、それと同時に図表2でも確認できる通り、為替スワップの締結国でもあります。

一般に為替スワップの締結相手は、金融市場が成熟している「先進国通貨」に限られると考えて良いでしょう(著者私見)。

CMIM

通貨を支援するもう一つの仕組みは、多国間通貨協定と呼ばれるもので、日本の場合は「チェンマイ・イニシアティブ(CMI)のマルチ化協定」、つまり「CMIM」に参加しています。

この「チェンマイ・イニシアティブ」とは、もともとは1997~98年に発生した「アジア通貨危機」を受け、アジア地域の通貨の安定を図る仕組みが必要だとして、日本が主導する形で成立した地域間で通貨を融通する仕組みのことです。

タイのチェンマイで開催された2000年5月の「第2回ASEAN+3財相会議」で合意されたため、これを「チェンマイ・イニシアティブ(CMI)」と呼ぶようになりました。

ただ、この「CMI」の実態は、地域内でたくさんの「二国間通貨スワップ取極(BSA)」が網のように締結されるというものであり、契約がたくさん出て来てしまい、複雑でわかり辛いということもあり、2010年3月以降はこれが「マルチ化」しました。これが「CMIM」です。これは、各国が応分の金額を拠出する代わりに、危機時にCMIM参加国から米ドルを引き出す権利を得る、という仕組みです。

CMIMには次のような特徴があります。

  • 一本の契約の下で、通貨スワップ発動のための当局間の意思決定の手続きが共通化されている
  • CMIM発効を機に、全てのASEAN加盟国が参加するようになった
  • 締結されたスワップ総額の30%(※)までは国際通貨基金(IMF)プログラムとのリンクなしに発動可能(いわゆるIMFデリンク条項)

※なお、主に韓国メディアの報道によれば、この「IMFデリンク条項」については今年、30%から40%に緩和される見通しだそうです。

そして、このCMIMの現時点の参加国、拠出額、引出可能額は、図表3の通りです。

図表3 CMIM
参加国 拠出額 引出可能額
日本 768億ドル 384億ドル
中国(※香港含む) 768億ドル 405億ドル
韓国 384億ドル 384億ドル
インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン 各91.04億ドル 各227.6億ドル
ベトナム 20億ドル 100億ドル
カンボジア 2.4億ドル 12億ドル
ミャンマー 1.2億ドル 6億ドル
ブルネイ、ラオス 各0.6億ドル 各3億ドル

(【出所】財務省・2014年7月17日付「別添2

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国が保持する対外スワップ協定

ここまでの議論では、「通貨スワップ」(あるいは「為替スワップ」)の仕組みを確認するとともに、日本銀行が諸外国の中央銀行と締結しているスワップ取極の一覧を紹介しました。

ここからは、改めて「日韓通貨スワップ取極」(以下「日韓スワップ」)について考察してみましょう。

「日韓スワップ」には、もともと無理がある

いうまでもなく、「日韓スワップ」とは、日韓相互間で通貨を融通する仕組みであり、おもに「韓国が危機に陥った際に日本が韓国を助ける目的で発動される」ことが多いと考えて間違いではありません。なぜなら、『日本の通貨ポジションは世界最強』の中で触れたとおり、日本の通貨が売り浴びせられたり、日本が外貨不足に陥ったりする可能性は、極めて低いからです。それよりはむしろ、「外貨ポジションが脆弱な韓国が、国際的な投機筋から攻撃を受けて通貨危機に陥る」、あるいは「韓国が外貨で借りているお金を再調達することができなくなる」、などのシナリオの方が、遥かに現実的です。

それに、現時点で日本が外国に対して提供している「スワップライン」は、主に

  • 先進国の中央銀行同士の為替スワップ
  • インドネシア、フィリピン、シンガポールに限定した米ドル提供のスワップ
  • CMIMを通じた多国間の資金援助の仕組み

の3種類です。かつては発展途上国を相手に、日本が巨額の「スワップライン」の提供を行っていましたが、現在では、少なくとも「米ドルを提供する」というBSAは、アジアの中ではインドネシア、フィリピン、シンガポールの3カ国に限られているのです。

しかも、少し古いニュースですが、韓国側は日本から、なんと「最低でも500億ドル」(!)という、とてつもない金額のスワップを欲しがっていたようです(詳しくは昨年9月時点で上梓した『日韓スワップ「500億ドル」の怪』あたりをご参照ください)。

BSAとして最高額のフィリピンでさえ120億ドルですから、その4倍という金額を「最低水準」として求めるとは、実に厚かましいとしか言い様がありません。

過去に存在した日韓スワップ協定

ここで、過去に存在した通貨スワップ協定は、図表4図表5の通りです。

図表4 過去に存在した日韓スワップ協定のうち、日本円と韓国ウォンのスワップ
時点 概要 上限額
2005年5月27日 中央銀行同士のスワップが発効 30億ドル相当(JPYとKRW)
2008年12月12日 中央銀行スワップを200億ドルに増額 200億ドル相当(JPYとKRW)
2010年4月30日 増額措置が終了し30億ドルに戻る 30億ドル相当(JPYとKRW)
2011年10月19日 10倍増にする、いわゆる「野田スワップ」 300億ドル相当(JPYとKRW)
2012年10月31日 「野田スワップ」が失効し30億ドルに戻る 30億ドル相当(JPYとKRW)
2013年7月3日 中央銀行同士のスワップ自体が失効

図表5 過去に存在した日韓スワップ協定のうち、米ドルとのスワップ
時点 概要 上限額
2001年7月4日 CMIに基づく韓国への一方的スワップ開始 日⇒韓:20億ドル(USDとKRW)
2006年2月24日 CMIスワップを増額・双方向化 日⇒韓:100億ドル(USDとKRW)
韓⇒日:50億ドル(USDとJPY)
2011年10月19日 いわゆる「野田スワップ」 日⇒韓:400億ドル(USDとKRW)
韓⇒日:50億ドル?(USDとJPY)
2012年10月19日 「野田スワップ」部分が失効 日⇒韓:100億ドル(USDとKRW)
韓⇒日:50億ドル(USDとJPY)
2015年2月16日 CMIスワップが失効

ただし、これも繰り返しになりますが、財務省が日韓スワップに関連する過去の資料の大部分をウェブサイトから削除してしまっているため、図表4、図表5に誤りが含まれている可能性には注意が必要です。また、特に図表5にある「2011年の野田スワップ」に関しては、「韓国から日本へのスワップライン」に一切の言及がないため、記載が誤っている可能性には十分に注意してください。

さて、それはともかく、かつて存在した日韓スワップ協定の金額が最大となったのは、2011年10月19日に、野田佳彦(のだ・よしひこ)首相(=当時)が李明博(り・めいはく)韓国大統領(=当時)との間で、スワップラインを700億ドルにまで増額した時です。このとき、自国通貨(日本円と韓国ウォン)の交換上限については300億ドル相当額、米ドル(日本が保有する米ドルと韓国ウォン)の交換上限については400億ドルと、破格の条件でした。

先ほど引用した、昨年9月の「日韓スワップの新たな規模は500億ドル」とする報道は、おそらく韓国政府の「希望的観測」に基づくものだと考えて間違いないでしょう。

現時点で韓国が保持しているスワップ協定

次に、現時点で韓国が外国と締結する、主な「二カ国間スワップ協定(BSA)」についても確認しておきましょう(図表6、ただし失効したと思われるものも含む)。

図表6 韓国と外国との間のBSA
締結日 失効日 相手国 韓国ウォン 相手国通貨
2014/2/23 2017/2/22 オーストラリア 5兆ウォン 50億豪ドル
2013/10/13 2016/10/12 UAE 5.8兆ウォン 200億ディルハム
2017/1/25 2020/1/24 マレーシア 5兆ウォン 150億リンギット
2014/3/6 2017/3/5 インドネシア 10.7兆ウォン 115兆ルピア
2011/10/10 2017/10/10 中国 64兆ウォン 3600億元
(合計) 90.5兆ウォン 約735億米ドル

(【出所】韓国銀行ウェブサイト、各国中央銀行ウェブサイト等より著者作成。ただし、「失効日」について明文記載がないものについては応当日の前日を「失効日」とみなしている。また、「相手国通貨」の米ドル換算額については、各通貨を2017年1月26日時点でダウジョーンズから入手した為替相場終値で試算している)

これらのうち、UAEについては「更新(extendedあるいはrenewal)」という用語での検索に引っかからないことから、おそらくは昨年10月時点で失効しているものと考えられます。また、インドネシアについては、契約締結日自体はUAEと同じく2013年10月13日だそうですが、図表6では「スワップ契約のスタート日」を記載しているため、韓国銀行やインドネシア銀行のプレス・リリースと異なっている点には注意が必要です。

使い物にならないスワップ

では、図表6に示した、「現在の韓国が外国と保持している(あるいは保持していた)通貨スワップ協定」については、「イザというとき」に使えるものなのでしょうか?

これについては、オーストラリアとの50億ドルを除けば、明らかに「否」です。

まず、通貨スワップの目的とは何でしょうか?

それは、「国際的な市場ですぐに交換できる通貨」を入手することにあります。仮に投機筋が韓国ウォンを「売り浴びせてくる」ようなときに、韓国が外貨準備を使い切ってしまったら、ただちに韓国が自国の通貨を担保に、外国から外貨(特に米ドル、できればそれ以外のハード・カレンシー)を調達しなければなりません。もしそれができなければ、通貨が暴落するのを「指をくわえて」見ているしかないのです。

国際決済銀行(BIS)の統計によれば、2016年4月時点において、国際的な市場で圧倒的な流通高を保持している通貨といえば、米ドル、ユーロ、日本円であり、それにポンドや豪ドルなどが続きます(図表7)。

図表7 外為市場の取引高(OTCデリバティブ等を含む)
通貨 2010 2013 2016
米ドル 84.9% 87.0% 87.6%
ユーロ 39.1% 33.4% 31.3%
日本円 19.0% 23.0% 21.6%
英ポンド 12.9% 11.8% 12.8%
豪ドル 7.6% 8.6% 6.9%
スイス・フラン 6.3% 5.2% 5.1%
加ドル 5.3% 4.6% 4.8%
人民元 4.0%
その他 24.9% 26.4% 25.9%
合計 200.0% 200.0% 200.0%

(【出所】国際決済銀行(BIS)が公表する“Triennial Central Bank Survey”のP7(印刷面のP5)等より、2016年4月時点の数値(ただし通貨ペアを統計としているため、合計すると200%になる))

国際的な投機筋の売り浴びせに対抗するという観点からは、このBIS統計の通貨ペア統計の上位を占める通貨を入手することがどうしても必要です。ただ、韓国が保持している通貨スワップのうち、「使い物になる」通貨といえば、それこそ豪ドルくらいしかありません。

なお、BIS統計上は確かに「人民元」のシェアが4%とカウントされていますが、人民元市場は香港などの「オフショア人民元」(いわゆるCNH)と、「中国本土の人民元」(いわゆるCNY)に分断されています。

仮に韓国銀行が3,600億元(約523億ドル相当)を受け取ったとしても、人民元は「そのまま」では使えないため、これを香港やロンドンなどのオフショア市場で米ドルなどに両替する必要があります。しかし、オフショア人民元市場はマーケットの規模が小さすぎるため、韓国政府が本気で人民元を500億ドル分の米ドルに両替しようとすれば、人民元を売り浴びせているのと同じ効果が発生してしまい、中国とも「共倒れ」になりかねません。

したがって、中国政府・中国人民銀行としては、韓国からの要請があったとしても、おいそれと通貨スワップの発動を許すとは限らないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



まとめ:正確な情報を得ることの大切さ

本日の議論のまとめです。

釜山の慰安婦像問題を受け、「日韓通貨スワップ取極の協議の中断」という措置については、非常に大きな国民的関心が寄せられています。ただ、それと同時に、「慰安婦問題を捏造した朝日新聞」を含めた日本のメディアの報道を眺めていると、生半可な知識に基づき、実に中途半端な解説に終始しているケースも散見されます。

特に酷いものになると、「韓国は合計して90兆ウォン(約7,000億ドル以上)の通貨スワップ協定を保持しているから、日本とのスワップなどなくても全く問題にならない」、「日韓スワップは日韓双方にメリットがあるものであり、日本としては韓国とのスワップ交渉を中断することで交渉カードを失った」など、金融・為替市場などの初歩的な知識すら持たない「金融のど素人」と思しき人たちのコメントも見られます(しかも某金融専門紙で、です)。

なお、こうした状況を受けて、私は現在、某専門紙で、人民元や通貨スワップをテーマにした評論記事を実名で執筆する可能性があります。どこかの金融紙などでこのウェブサイトに掲載した内容と似たようなことが書かれていたとしたら、それは私が実名で書いている記事かもしれません。その際は、どうかスルーしてください(笑)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



関連記事

日韓スワップや人民元、ハード・カレンシーなどの過去の記事や「用語集」などについては、次のリンクもご参照ください。

日韓スワップ等に関する関連記事

  • 2018/07/17: 韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も
  • 2018/07/07: 【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK
  • 2018/07/03: 韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ
  • 2018/06/29: 「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄
  • 2018/06/12: 「利上げしても地獄、利下げしても地獄」の韓国
  • 2018/06/07: 日韓スワップ論に関する呆れたフェイク・ブログ
  • 2018/06/05: 【夕刊】韓国の外貨準備のウソと韓国の逆恨み
  • 2018/06/03: 【夕刊】アフリカ諸国「人民元が基軸通貨」?どうぞご勝手に。
  • 2018/05/31: 【準保存版】韓国の外貨準備統計のウソと通貨スワップ
  • 2018/05/22: 日本のスワップ問題を振り返る
  • 2018/05/18: 【昼刊】それって「通貨スワップ」じゃなくて「コミットメントライン」では?
  • 2018/05/10: 往生際の悪い韓国メディア、この期に及んで「通貨スワップ待望論」
  • 2018/05/10: 【昼刊】日中スワップとQFIIと利権の匂い
  • 2018/05/10: まったく予想通りの日中韓会談と「最善のお付き合い」(追記あり)
  • 2018/05/09: 【昼刊】中央日報で辿る、韓国「韓日スワップ」哀願史
  • 2018/05/08: (追記あり)【夕刊】呆れた韓国メディア「日韓通貨スワップの追憶」論
  • 2018/05/07: 【昼刊】「外貨準備高最高」なのに「日韓スワップ懇願」の謎
  • 2018/05/06: 通貨スワップ(BSA)こそ日本外交の有力な手段
  • 2018/04/03: 韓国で猛威を振るった「KIKOオプション」
  • 2018/03/21: 韓国紙「韓国の外貨不足額は1200億ドル」
  • 2018/02/26: 日韓スワップ:スイスで韓銀総裁が日本に秋波
  • 2018/02/11: スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか?
  • 2017/12/22: 「外交カード」で見る日韓関係
  • 2017/12/15: 中国の対韓サラミスライス
  • 2017/11/17: もう日本とのスワップは必要ないね
  • 2017/11/16: 【速報】カナダ・韓国間の為替スワップは通貨スワップではない!
  • 2017/10/17: 人民元 狂喜乱舞も落ち着いて 日本に擦り寄る韓国哀し
  • 2017/10/14: 毒まんじゅうを食らい、破綻に向け突っ走る韓国
  • 2017/10/13: 【速報】聯合ニュース・中韓スワップ延長報道の真偽
  • 2017/10/11: また一歩、自滅に近付いた韓国
  • 2017/10/10: まぁ多分ウソでしょうね…
  • 2017/10/10: 中韓スワップ延長報道の真偽と本当の狙い
  • 2017/10/08: 中韓スワップ失効前夜、日本に助けを求める韓国
  • 2017/09/15: そんなスワップ延長してどうすんの?
  • 2017/08/29: 財務省の日韓スワップロジックの詭弁
  • 2017/08/28: 業務資料集:日韓スワップの経緯まとめ
  • 2017/08/26: 中韓スワップの本当のところ
  • 2017/08/14: ウォンの急落は、突然に!~不自然に低いウォンのボラティリティ~
  • 2017/08/06: 為替介入についての基礎知識
  • 2017/08/05: 久しぶりに読む韓国統計のインチキ
  • 2017/06/26: 韓国経済は外貨不足で自滅する?
  • 2017/05/08: 金融リーダーシップを狙う日本
  • 2017/05/06: AIIBと通貨スワップ・最新版
  • 2017/04/16: またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
  • 2017/04/14: 日韓スワップ再開論
  • 2017/04/04: 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
  • 2017/03/07: スワップに苦しむ韓国のメディア報道
  • 2017/03/07: インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国
  • 2017/02/28: 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」
  • 2017/02/27: 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に…
  • 2017/02/20: インドネシアとの通貨スワップはどうなった?
  • 2017/02/09: 豪ドル・スワップは「焼け石に水」
  • 2017/02/08: 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増
  • 2017/01/28: スワップ協定全般アップデート
  • 2017/01/19: 日韓スワップ再開は潰えた
  • 2017/01/18: そろそろ韓国経済破綻への備えが必要だ
  • 2017/01/08: 韓国経済、あと1年が勝負?
  • 2017/01/07: 慰安婦問題を巡る本当の闘いは始まったばかりだ!
  • 2017/01/06: 【速報】中途半端ながらも対韓制裁が実現
  • 2017/01/02: 新春ネタ「三つの経済爆弾抱える韓国」
  • 2016/12/22: あれほど「為替介入と量的緩和は違う」と…
  • 2016/12/13: 「約束を破る国」の通貨は信用されない
  • 2016/12/12: 日韓スワップ再開はペンディング?
  • 2016/12/07: 日韓スワップ巡る「麻生発言」と韓国の反応
  • 2016/12/04: 韓国の外貨準備の75%はウソ?
  • 2016/12/02: 速報【産経報道】日韓スワップ交渉、長期停滞か?・ほか
  • 2016/11/29: 深刻化する韓国経済危機と安易な日韓スワップ再開論
  • 2016/11/16: 片山さつき氏の日韓スワップ論に思う
  • 2016/11/13: 老獪な菅官房長官の「日韓スワップ」発言
  • 2016/11/11: 「韓国経済崩壊論」と韓国の不良資産疑惑
  • 2016/10/27: 専門家が見る、韓国が「日本との」通貨スワップを欲しがるわけ
  • 2016/10/13: 韓国から見た日韓スワップの必要性
  • 2016/10/12: SDRとは?
  • 2016/10/07: 「日韓通貨スワップ協定」深掘り解説
  • 2016/09/30: 日韓スワップ「500億ドル」の怪
  • 2016/09/17: 専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」
  • 2016/09/14: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/08/29: 日韓通貨スワップ協定巡る不信感
  • 2016/08/27: 日韓通貨スワップと安倍政権の説明責任
  • 人民元等に関する関連記事

  • 2018/07/11: 【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌
  • 2018/06/28: 【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか?
  • 2018/06/03: 【夕刊】アフリカ諸国「人民元が基軸通貨」?どうぞご勝手に。
  • 2018/05/10: 【昼刊】日中スワップとQFIIと利権の匂い
  • 2018/05/10: まったく予想通りの日中韓会談と「最善のお付き合い」(追記あり)
  • 2018/05/07: 危険なパンダ債と「日中為替スワップ構想」
  • 2018/04/18: 成果に乏しい日中金融対話
  • 2018/04/11: AIIBの現状整理・2018年4月版
  • 2017/10/12: 金融庁よ、AIIBにゼロ%リスク・ウェイトを適用するな!
  • 2017/08/06: 為替介入についての基礎知識
  • 2017/07/01: AIIB格付問題と銀行規制を考える
  • 2017/06/19: 華々しいAIIB、実態は「鳴かず飛ばず」
  • 2017/06/04: 日本は通貨スワップでAIIBに対抗せよ!
  • 2017/05/29: 【逆説】日本がAIIBに入る「目的」とは?
  • 2017/05/24: ドイツと中国の意外な類似性
  • 2017/05/20: 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
  • 2017/05/17: 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
  • 2017/05/16: AIIB巡る時事通信の「虚報」?
  • 2017/05/14: AIIB「参加意思表明国」増加の真相
  • 2017/05/13: 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
  • 2017/05/12: 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
  • 2017/05/07: ADBとAIIBの「役割分担」の時代
  • 2017/05/06: AIIBと通貨スワップ・最新版
  • 2017/05/06: 人民元のお寒い現状
  • 2017/04/21: 金融から見た中国の「3つの夢」
  • 2017/03/31: AIIBとISDAマスター・アグリーメント
  • 2017/03/26: 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり)
  • 2017/03/04: AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略
  • 2017/02/10: 中国の外貨準備統計は信頼に値するか
  • 2017/02/07: 鳴物入りのAIIB、どうなった?
  • 2017/02/04: 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相
  • 2017/02/03: AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない!
  • 2017/02/03: 人民元やAIIB巡るダイヤモンド記事への反論
  • 2017/02/01: オフショア人民元市場でいま何が起きているのか?
  • 2017/01/26: インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状
  • 2016/12/26: 中国人民網から見える「ホンネ」
  • 2016/11/25: 日本はAIIBに参加すべきか?
  • 2016/11/21: AIIBの現状整理
  • 2016/10/24: 銀行経理的に見た中国の外貨準備の問題点
  • 2016/10/12: SDRとは?
  • 2016/10/09: SDRと人民元と「国際通貨」
  • 2016/10/02: 人民元「主要通貨」報道のウソ
  • 2016/09/14: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/09/07: 人民元のハード・カレンシー化という誤解
  • 経済・金融に関する用語集

    どうか引き続き、当ウェブサイトをご愛読ください。

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、
    ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (3コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。