当ウェブサイトでも随分と「慰安婦問題」について取り上げてきたのですが、今月の日本政府による「大使らの一時帰国措置」以来、韓国ではむしろ、反日が先鋭化しているような気がします。こうした中、先日、「朝日・グレンデール訴訟を支援する会」が公表する動画を閲覧したのですが、私たちに代わって朝日新聞社を糾弾してくださる同会には心からの尊敬と感謝の念が沸き上がるのを抑えることができません。ただ、それと同時に「慰安婦問題」を巡って、「誰かが解決してくれる」と考えることは適切ではありません。あくまでも、「慰安婦問題」にケリを付けるのは、私たち一人ひとりの日本人だからです。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    朝日・グレンデール訴訟を支援する会

    朝日・グレンデール訴訟を支援する会」という会があります。同会のウェブサイトによると、この会は「朝日・グレンデール訴訟」を支援する目的で設立された団体です。

    この「朝日・グレンデール訴訟」とは、カリフォルニア州のグレンデール市近隣に居住する46人の日本人が、2013年7月に同市に慰安婦像が設置されたことを契機に、韓国系住民との間に溝が生じ、さまざまな領域で生活関係に大きな否定的変化を受けたとして、朝日新聞社に対し

    1. 海外の報道機関に対する謝罪文の掲載
    2. 国内の報道機関に対する謝罪文の掲載
    3. 慰謝料としてそれぞれ100万円及び年5%の遅延損害金

    の支払を求めた訴訟です。

    なぜ私がこの会について取り上げたかといえば、先日、偶然、動画サイトで興味深い動画を発見したからです。

    朝日・グレンデール訴訟報告会 ①徳永信一弁護団長からの裁判報告

    朝日・グレンデール訴訟報告会アメリカ在住原告からの訴え

    朝日・グレンデール訴訟報告会米国人ジャーナリスト マイケル・ヨン氏からの特別提言

    私は彼らと個人的な面識はありませんし、この記事自体も私が彼らの許可を得ずに勝手に書いているものですが、朝日新聞による慰安婦捏造報道事件に対し、勇気を持って立ち向かうという彼らの姿勢に深く共感しました。

    もちろん、同会は朝日新聞社の「慰安婦捏造報道」について、私が普段主張しているほど厳しく朝日新聞社を批判している訳ではありません。私は普段から、朝日新聞社と植村隆と韓国国民と韓国政府の4者を列挙して、いわゆる「従軍慰安婦問題」が、この4者による「捏造」であると糾弾しています。しかし、同会の主張は極めて穏当かつ常識的なものであり、一見するともどかしくも見えますが、それでも「朝日新聞社に正義の鉄槌を下し、日本人の名誉を回復する」という一貫した目的があり、私にとっても尊敬に値する活動をされている組織です。

    ただ、それと同時に私は、従軍慰安婦問題自体が「日本人全てに向けられた韓国国民らによるヘイト犯罪」であると考えており、こうした日本人の名誉回復活動は、同会をはじめとする有志に任せるのではなく、本来ならば私たち日本人が率先して、これを行わなければならないはずです。

    さらに、今月6日に日本政府が、釜山の慰安婦像の設置をきっかけに大使らの一時帰国措置を発動したところ、韓国側からは様々な「侮日行為」が行われていて、情勢は私が考えていたよりも遥かに混迷しています。

    そこで、本日は、「従軍慰安婦問題に関する正確な定義」から導き出される「日本人がなさねばならないこと」について、改めて従前の主張を整理しておきたいと思います。

    慰安婦問題の本質は「ヘイトクライム」

    慰安婦問題の正確な定義

    始めに、私の持論を提示しておきます。「慰安婦問題」は「日本人拉致問題」と並び、朝鮮民族による日本人に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)の1つであり、本当の意味でこれを解決するためには、次の2つのいずれかしかありません。

    1. 全ての韓国人が日本人に対して心から謝罪をすること。
    2. 韓国人が日本人に対してこれ以上、「ヘイトクライム」を行うことができない状態になること(つまり韓国が滅亡すること)。

    なぜ私がこのように考えるのかといえば、慰安婦問題自体を、私は次のように定義すべきだと考えているからです。

    慰安婦問題とは:文筆家の吉田清治の虚偽証言などに基づき、朝日新聞社の記者だった植村隆が朝日新聞に執筆した捏造記事をきっかけに、韓国政府が1990年代に『朝鮮半島で1941年12月8日から1945年8月15日の間に、日本軍が組織的に少女20万人を強制的に拉致し、戦場に連行して性的奴隷にした』とされる虚偽の事実をでっちあげ、韓国政府及び韓国国民が今日に至るまで日本人の名誉を世界中で傷つけている問題である。

    本日の冒頭で提示した、「朝日・グレンデール訴訟を支援する会」の活動も、実はこの私の定義と密接に関わっています。

    仮に、日本軍が本当に、「朝鮮半島で1941年12月8日から1945年8月15日までの期間、組織的に少女20万人を強制的に拉致し、戦場に連行して性的奴隷にした」のであれば、これはれっきとした戦争犯罪です。そうであるならば、私たち日本人は、私たちの父祖が行ったこれらの行為を、それこそ朝鮮人の一人ひとりが「納得した」と感じるまで、謝罪し続けなければなりません。

    それだけではありません。

    私たちは、当時の日本政府・日本軍の関係者から、慰安婦の強制連行に関与した者を探し出し、最終的に処罰を与えなければなりませんし、全ての被害者を特定し、謝罪し、賠償し、慰霊せねばなりません。

    では、なぜこの「朝鮮人慰安婦問題」が、現代まで残っているのでしょうか?

    命令書の1枚も残っていない!

    韓国側が主張する「慰安婦問題」とは、「朝鮮半島で日本軍が組織的に少女20万人を強制徴発し、戦場に連行して性的奴隷にした」とされるものです。

    当時の朝鮮半島の人口は、せいぜい2000万人程度です。人口の半分が女性だったと仮定し、さらに韓国側が主張する「少女」がその20%程度だったと仮定すれば、約200万人です。つまり、同世代の少女の10人に1人が軍隊によって強制連行されたのですから、少女らの強制連行に抵抗した父親や兄、弟はいなかったのでしょうか?

    また、それだけの数の少女を動員するならば、朝鮮半島から戦地に向けて大量の輸送が必要ですが、原油を止められて資源不足に陥っていた当時の大日本帝国に、それらを行うだけの余裕はどこにあったのでしょうか?

    さらに、それだけの動員が行われた(と韓国が主張する)割には、当時の日本軍の命令書が1枚も残っていないのはなぜなのでしょうか?

    何より、米国が3000万ドルもの国費を掛けて、8年間にわたって行った調査を取りまとめた「IWG報告書」では、慰安婦問題で戦争犯罪の裏付けがなかったことが明らかにされています。では、「慰安婦問題があった」と主張する者たちは、少なくともこれに代替する客観性のある証拠を出したのでしょうか?

    混血児の問題

    ついでに、慰安婦問題を巡って、韓国人自身が直面しなければならないことを、2点指摘しておきます。

    1つは、「日本軍により強制連行された」と主張する自称慰安婦が多数存在する割に、「日本兵と慰安婦との混血児」が問題になったという話を、あまり聞いたことがありません。私は日常的に英米メディアや韓国メディアをチェックしているのですが、もし本当に「戦場の性奴隷」という問題があったならば、「混血児」が大量に存在していなければおかしいです。日本の敗戦後から朝鮮戦争時にかけて、朝鮮半島では「米兵と朝鮮人女性との混血児」が多く生まれた、という点と比較しても、非常に不自然です。

    そして、もう1つは、韓国人自身が犯した戦争犯罪である「ベトナム戦争時の暴行」です。韓国は米国のベトナム戦争の遂行に協力するために、韓国軍をベトナムに派遣しましたが、当時の韓国軍が犯した様々な戦争犯罪の結果、「韓国兵とベトナム人女性との混血児」が大量に生まれました。これがベトナム語で「ライダイハン」と呼ばれる問題です。

    韓国は「慰安婦問題」で日本を責めたてる割には、自分たちが犯した戦争犯罪に、あまりにも盲目的であり過ぎるのです。国際社会において、こうしたダブル・スタンダードは許されません。

    終わらない韓国人による日本人への犯罪

    朝日新聞捏造事件は終わっていない!

    実は、この「慰安婦問題の本質」については、日本国内でも周知されているとは言い難いのが実情です。なぜなら、慰安婦捏造事件の主犯である朝日新聞社が、この問題の「すり替え」を行っており、この試みは部分的に成功しているからです。

    朝日新聞社は、2014年8月5日の「慰安婦報道訂正記事」の段階から、一貫してこの問題を

    「吉田清治の虚偽の証言に基づく誤報だ」

    と言い張ってきました。そのうえで、

    「問題の本質は戦場における女性の人権の問題だ」

    と、問題のすり替えを行ってきたのです。残念ながら、朝日新聞社のこのスタンスは全く変わっていません。

    文筆家の吉田清治の証言が虚偽であった点については正しいといえますが、それと同時に朝日の報道は「誤報」ではありません。「捏造」です。「捏造」が全ての出発点にある以上、問題の本質は「戦場における女性の人権の問題」ではあり得ません。

    「朝日新聞の捏造をきっかけに、現代において朝鮮人が日本人に対するヘイトクライムを仕掛けている」

    という問題なのです。

    しかも、冒頭の訴訟事件でも紹介したとおり、驚いたことに、朝日新聞の英語版では、いまだに捏造報道を取り消していないのです。ということは、「日本軍が朝鮮半島で少女20万人を組織的に拉致し、戦場に強制連行して性的奴隷とした」とされる与太話が、世界中で真実だと認識されてしまっているのです。

    上記で引用した「朝日・グレンデール訴訟報告会②」の動画によると、米国で主に駐米日本人を相手に産院を20年間経営している女性が、「米国の高校に通う日本人少年がイジメに遭っている」というエピソードを紹介されています。つまり、「今この瞬間」、日本人が外国で不当な差別に遭っているのです。これを「ヘイトクライム」と言わずして、なんと表現すれば良いのでしょうか?

    その後の韓国側の動き

    私は「慰安婦問題」を巡って、今年に入ってからも『慰安婦問題の「解決」を定義する』『慰安婦問題を巡る本当の闘いは始まったばかりだ!』という2本の記事を上梓しましたが、そのあとも、韓国の政府・団体・国民らによる、「日本を侮辱する動き」は留まるところを知りません。代表的なものだけ列挙しても、

    等々、枚挙に暇がありません。

    韓国は外貨ポジションが脆弱な国ですから、トランプ政権が始動し、資金が新興市場(EM)諸国から猛烈に引き揚げられるリスクがある中で、韓国が「イザというとき」に生き残るためには、日本との関係を強化する以外に方法はありません。しかし、現在の韓国に、それをする意思はないようにも見受けられるのです。

    行き着くところに行きつくべき

    私は、この「慰安婦問題」を根本から解決するためには、やはり「行き着くところに行きつく」しかないと考えています。

    具体的には、私たち日本人が「全世界で名指しされてヘイトクライムの対象とされている」という事実を、もっと認識すべきです。そのうえで、私たちはこの問題を発生させたことを、真摯に反省しなければなりません。

    外務省の「事なかれ主義外交」を許してきたのも、憲法第9条第2項を改正せず、放置してきたのも、究極的には私たち日本国民の責任です。

    ただ、過ちは遅くなってでも必ず正す必要があります。具体的には、もう二度と、日本人が「ヘイトクライム」の対象とされないように、原因を究明し、その原因を除去しなければなりません。

    私は、韓国人一人ひとりが「慰安婦問題というウソ」で日本人の名誉と心を深く傷つけたことを、心から反省し、真摯に謝罪しない限り、今後の「日韓友好」は成立し得ないと考えています。そして、現在の韓国人たちに反省を求めたところで、完全に誤った発想に毒されている彼らに自主的な更生を期待することは不可能です。

    それであれば、「ウソの罪をなすりつけて日本人の名誉を傷つけた韓国人」には、然るべき罰を受けてもらう必要があります。それが「経済破綻」なのか、「北朝鮮との赤化統一」なのか、「中国の属国に戻ること」なのかはわかりません。しかし、今後も韓国が、日本と同じ「自由民主主義陣営」で経済的発展と繁栄を享受していくとは考えるべきではありません。

    もう一つ、韓国と並んで罪深い朝日新聞社には、日本国内における正当な経済競争の結果として、倒産という社会的制裁を受けてもらうべきでしょう。もっとも、朝日新聞社には既に中国共産党あたりから大量の補助金が流れている可能性もあり、その場合には、単なる不買運動で倒産させることは難しいかもしれません。

    ただ、日本国民の一人ひとりが、朝日新聞を「読んではならない新聞」、「カネを払ってはいけない相手」だと認識することが重要です。民間企業も、コンプライアンス上、朝日新聞社に広告を出すのは控えた方が良い、という時代が来るのではないでしょうか?

    その意味で、「従軍慰安婦問題」の本当の解決とは、朝日新聞社の経営破綻と韓国の国家破綻によりもたらされると考えるのが正しいのです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告