本日は、これまでも当ウェブサイトで触れてきた「外国為替平衡基金債券」という債券に焦点を当てて議論をしてみたいと思います。というのも、この「外国為替平衡基金債券」を巡って、「外貨建てで発行された」、という報道を見かけたからです。この「外貨建ての外国為替平衡基金債券」なる存在は、韓国銀行が公表する統計を見ても、よく分かりません。しかし、仮に韓国が発行した「外貨建ての外国為替平衡基金債券」がデフォルトしたら、韓国はアルゼンチンやロシアと並び、「外貨建てのソブリン債のデフォルトを発生させた国」の仲間入りすることになります。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    「外貨建て」の外国為替平衡基金債券という「闇」

    本日も、相当にマニアックな話題をお送りします。

    疑問のきっかけは、先週金曜日の中央日報日本語版に掲載された、この「怪しげな話題」について、です。

    韓国、成功的な外国為替平衡基金債券発行…経済の堅調ぶりを証明(2017年01月13日14時09分付 中央日報日本語版より)

    あまり注目されていませんが、私はこの債券が「韓国に特有の債券」であり、かつ、韓国経済の「闇」を象徴するものではないかと睨んでおり、非常に特徴的なニュースですので、本日はこの「外国為替平衡基金債券」について「深掘り」してみたいと思います。

    中央日報はどう報じているのか?

    では、まず事実関係を確認しておきましょう。

    先ほど紹介した中央日報日本語版の記事を要約すると、事実関係は次の通りです。

    • 韓国政府が米国NY時間1月12日(木)午前11時、「外国為替平衡基金債券(外平債)」を発行した
    • 発行条件は額面10億ドル、満期10年、発行利回りは2.871%
    • 外平債は為替安定を目的に運用している外国為替平衡基金の財源を確保するために政府が発行している債券である

    つまり、韓国政府がニューヨーク市場でドル建ての債券を発行した、ということです。債券の世界では、韓国は「新興市場諸国(Emerging Markets, EM)」の一つに位置付けられており、EM市場の中では、たとえ一国の政府が発行した債券であっても、「社債」などと同列(つまり、「債務不履行(デフォルト)」が発生する可能性がある、という前提)で発行されます。当然、「リスク・フリー金利」(例えば米国債と同じ金利)で発行することはできません。

    中央日報の記事には

    「発行金利は米国国債(10年物)金利比55bp(1bp=0.01%p)増の2.871%と策定された。」(※ただし、引用に当たって数値の全角・半角については修正していません)

    とありますが、これを債券の世界の専門用語で「ローンチ・スプレッドは同年限の米国債+55bps」と表現します。この水準は、一概に「高い」とか「低い」とかはいえません。ただ、一般に社債やEM国債は、発行する通貨の債券市場の営業時間中に発行され、多くの場合はベンチマーク金利(米国債の流通利回りやスワップ金利など)に対して「スプレッド」(上乗せ利回り)を加える形で利回りが決定されます。

    韓国の格付は日本より上

    ここで、「債務不履行」の可能性が高ければ高いほど、スプレッドは高くなりますが、この「スプレッド」自体もクレジット市場において変動します。ただ、債券市場では、一般的には、格付会社が付与する格付が高ければ高いほど、スプレッドも小さくなります。

    グローバルな債券市場において、いちおう「スタンダード」とされている格付業者は、ムーディーズ、S&P、フィッチの3社です(もっとも、私に言わせればいずれの業者の格付も怪しいものですが…)。そして、政府に対して付与された格付(ソブリン格付)は、いずれの業者についても、韓国が日本を上回っています(図表1)。

    図表1 主要格付業者による日韓両国政府のソブリン格付
    格付業者 韓国 日本
    ムーディーズ Aa2 A1
    S&P AA A+
    フィッチ AA- A

    つまり、今やグローバルな債券市場においては、日本よりも韓国の方が、「信用力が高い」とみられているのです。韓国が困ったとしても、別に「格下」の日本が助ける必要などない、という意味でしょうか?

    ただ、日本政府に対するソブリン格付が韓国政府に対するソブリン格付よりも低かったとしても、日本政府としては、全く問題ありません。なぜなら、

    「日本政府は外貨建債券を発行していない」

    からです。

    日本政府の資金調達は、全額が円建て(つまり自国通貨建て)で行われています。そして、自国通貨建てで発行された国債は、基本的にデフォルトすることはありません。なぜなら、基本的に「日本円」という通貨も、「日本国債」という債券も、いずれも「日本国」という共通の主権下で発行されているからです。

    しかし、逆に言えば、外貨建て(あるいはユーロ圏のように共通通貨建て)で発行された債券は、たとえソブリン債であったとしてもデフォルトする可能性は、ゼロではありません。そして、中央日報が報じたこの「外国為替平衡基金債券」は、まさに「外貨建てで発行されたソブリン債」の典型的な事例なのです。

    謎だらけの韓国の債券市場

    数値が猛烈に合わない!

    では、この「外貨建ての外国為替平衡基金債券」の発行残高は、いったいいくらなのでしょうか?

    結論から言えば、残高はよくわかりません。というのも、韓国国内の経済統計が矛盾だらけだからです。

    私は今回の中央日報の報道をきっかけに、韓国の債券市場について、韓国の中央銀行である「韓国銀行」が公表するデータベースから債券市場のデータと資金循環統計のデータを入手して、改めて分析をしてみたのですが、数値が「猛烈に」合いません。債券市場のデータから判明する、韓国の債券発行残高は図表2、資金循環統計から判明する、韓国の債券発行残高は図表3の通りです。

    図表2 債券市場データ・2016年9月末債券発行残高
    原文 仮訳 残高(十億ウォン)
    Treasury Bonds 政府債券 517,267
    National Housing Bonds 住宅公社債券 64,117
    Industrial Finance Debentures 産業金融証券 90,247
    Corporate Bonds 社債 183,780
    Monetary Stabilization Bonds 通貨安定債券 179,680
    Seoul Metropolitan Subway Bonds ソウル地下鉄債 4,453
    合計 1,039,543

    図表3 資金循環統計・2016年9月末債券発行残高

    発行体 種別 金額(十億ウォン)
    中央銀行 債券 183,760
    預金取扱機関 債券 319,865
    外債 65,675
    その他金融機関 債券 150,681
    ABS 168,632
    仕組債 98,832
    一般政府 国債 724,290
    地方債 20,483
    外債 6,076
    非金融法人企業 社債・CP 491,441
    外債 43,319
    その他 138,248
    合計 2,411,302

    この両方の統計から判明する、韓国国内の経済主体が発行している債券の金額は、

    • 図表2…103兆9,543億ウォン…①
    • 図表3…241兆1,302億ウォン…②

    であり、差額(②-①)は、実に137兆1,759億ウォンにも達します。

    「資金循環統計」は全ての経済主体の金銭債権債務を網羅的に捉えた統計ですが、「債券市場データ」は、もしかすると「公募債券」についてのみ、統計に上がっているからなのかもしれません。

    私が最初にこの「債券市場データ」を引用した理由は、ここに「通貨安定債券(Monetary Stabilization Bonds)」なる項目が挙がっていたからです。しかし、そもそもこの統計自体が資金循環統計と整合していませんし、おそらく外貨建の債券も含まれていません。

    「債券市場データ」上の「外国為替平衡基金債券」の残高は17兆9,680億ウォン(1円=10ウォンと仮定して、約1.8兆円)ですが、おそらくこの金額には「韓国通貨建ての外国為替平衡基金債券」しか含まれておらず、中央日報が報じた「外貨建の外国為替平衡基金債券」は含まれていないと考えるべきでしょう。

    したがって、結局のところ「外貨建の外国為替平衡基金債券の金額」については、残念ながらよくわからないのです。

    大きすぎる「その他の外国債権債務」

    ただ、韓国が「国全体として」、外貨で調達している金額については、間接的な方法で知ることができます。それが上記でも引用した「資金循環統計」です。

    ところで、その前提として、韓国の債券市場統計について触れるときに、無視できない論点がもう一つあります。それが、資金循環統計上の「その他の外国債権債務(Other Foreign Claims and Debts)」です。

    この「その他の外国債権債務」という項目は、韓国の資金循環統計上、資産側(図表4)にも負債側(図表5)にも出てきます。

    図表4 その他の外国債権債務(2016年9月末基準、資産側)
    主体 金額(十億ウォン)
    中央銀行 374,232
    預金取扱機関 142,184
    その他金融機関 18,074
    その他 69,302
    合計 603,793
    図表5 その他の外国債権債務(2016年9月末基準、負債側)
    主体 金額(十億ウォン)
    預金取扱機関 112,305
    非金融法人企業 42,019
    その他 11,549
    合計 165,873

    この「その他の外国債権債務」、項目が不透明なことはもちろん、金額も大きすぎます。このため、以前から私は、この「その他の外国債権債務」という項目に、韓国経済の問題点が隠されていると睨んでいます。

    例えば、資産側の「その他の外国債権債務」のうち、中央銀行が保有する金額(約374兆ウォン)という金額は、韓国が「外貨準備だ」と主張している金額(2016年9月末時点で3729億ドル)と似ています。また、次の記事でも触れている通り、米国政府が公表する「韓国が保有する米国債の金額」と、この外貨準備の金額があまりにも大きく異なっており、私は韓国の外貨準備の大部分は流動性のない不良資産である可能性が高いと見ているのです(詳しくは次の過去記事もご参照ください)。

    一方、私は負債側の「その他の外国債権債務」にも、その金額の大きさや調達している主体などから考えて、165兆8,730億ウォン(1円=10ウォンと仮定すれば、日本円に換算して約17兆円弱)という金額の、かなりの部分が外債や外貨建借入金などで構成されていると推測しています。韓国銀行が正確な統計を公表していない以上、上記「外貨準備のウソ」と同様、あくまでも私の推測にすぎませんが、それでも、あながち「的外れ」とはいえないでしょう。

    韓国の資金循環統計上、確認できる「外貨建債券(External Securities)」と「その他の外国債権債務」の合計は、288兆ウォン(1円=10ウォンと仮定すれば約28.8兆円)にも達します(図表6)。

    図表6 韓国の外貨建の借入金試算値(2016年9月末時点)
    項目 金額
    外貨建債券 130兆8,850億ウォン(13兆0,885億円)
    その他の外国債権債務 156兆7,610億ウォン(15兆6,761億円)
    合計 287兆6,460億ウォン(28兆7,646億円)

    おそらく、「ドル建ての外国為替平衡基金債券」の残高も、この288兆ウォンの中に紛れているのではないでしょうか?

    なぜ「外貨建ての債券」が必要なのか?

    さて、中央日報の記事を読んでいて、もう一つ疑問に感じるのは、

    外平債は為替安定を目的に運用している外国為替平衡基金の財源を確保するために政府が発行している債券だ

    という下りです。なぜ、外貨建ての債券をわざわざ発行しなければならないのでしょうか?

    為替介入の2類型

    まず、前提条件を踏まえておきましょう。教科書的には、為替介入には2通りのパターンがあります(図表7)。

    図表7 為替介入の2つのパターン
    種類 目的 備考
    自国通貨買い 自国通貨が下落し過ぎることを防ぐ介入 外貨準備が尽きるとそれ以上介入することはできない
    自国通貨売り 自国通貨が上昇し過ぎることを防ぐ介入 通貨を「刷る」ことで、理論上は無制限に介入ができる

    これまでの韓国メディアらの説明によれば、韓国が発行する「外国為替平衡基金債券」とは、「自国通貨売りの結果発行される債券」だったはずです。そのロジックは、次の通りです。

    まず、何らかの事情で自国通貨(韓国の場合は「韓国ウォン(KRW)」)の価値が上昇したとします。すると、韓国企業にとっての輸出競争力が低下します。これは当然ですね。韓国国内で1ドル=1000ウォンだった時に、1000万ウォンの自動車は外国に1万ドルで販売できます。しかし、1ドル=500ウォンになったとき(紛らわしいですが、「ウォン高・ドル安」になったとき、という意味です)、同じ1000万ウォンの自動車を外国に販売する時には2万ドルに上昇してしまいます。

    そこで、中央銀行が韓国ウォンの価値を下げるべく、「ウォン売り/外貨買い」介入を行うのです。この介入は、韓国の中央銀行(韓国銀行)にとっては、自国の通貨を「刷る」ことで可能ですので、事実上、無制限に実施可能です。

    ただし、金融市場に自国通貨・ウォンが溢れてしまい、このまま放置しておくと猛烈なインフレが発生します。これも当然の話です。特に、韓国の通貨・ウォンは韓国国内でしか通用しない「ローカル・カレンシー(あるいはソフト・カレンシー)」ですから、為替介入の結果生じた大量の自国通貨は、ダイレクトに韓国国内の株式市場や不動産市場に向かいます。

    そこで、この通貨・ウォンを「回収」するために、韓国の中央銀行である韓国銀行が発行した債券が、「外国為替平衡基金債券」なのです。少なくとも、これまでの韓国メディアの説明はそういうことでしたし、私もそう理解していました。この理解に基づくなら、当然、「外国為替平衡基金債券」は、全額がウォン建てで発行されているはずです。

    ところが、中央日報の記事には、「外平債は為替安定を目的に運用している外国為替平衡基金の財源を確保するために政府が発行している債券だ」とあります。つまり、この「伝統的な説明」と全く矛盾しているのです。

    もう一つの「為替介入」

    そこで問題になるのが、「もう一つの為替介入」、つまり「自国通貨が下落したときに買い支える行為」です。

    先ほど紹介した、「自国通貨高に対する為替介入」については、実は、これを行わなくても「国家が破綻する」ほどのことはありません。しかし、自国通貨が「フリーフォール状態」に下落した時には、為替当局が「介入」することがあります。

    では、自国通貨が「暴落」するような事態とは、どのようなケースでしょうか?

    ずばり、これは「国家破綻の前兆」と見られるような場合です。投機筋が、ある国の通貨(この場合は韓国ウォン)を「売り浴びせ」ることで、韓国の通貨の価値が暴落します。この時、韓国の企業や政府から見ると、同じ1万ドルの借金をしていたとしても、たとえば1ドル=1000ウォンの時には1000万ウォンですが、1ドル=2000ウォンに下落すれば、1万ドルの借金の負担は2000万ウォンに倍増します。

    そして、通貨が暴落したら、外国の銀行や投資家が、お金を貸してくれなくなるかもしれません(実はこちらの影響の方が深刻です)。韓国の企業や政府が借りた借金は多額であり、貿易などで稼いだお金だけで返せるものではありません。したがって、借金を返すためには「借り換え」(リファイナンス)が必要です。

    ところが、リファイナンスのタイミングで韓国の通貨・ウォンが暴落していたら、外国人投資家は韓国に強い不安に感じ、韓国にお金を貸すときに、高い金利を取るか、最悪の場合にはリファイナンスができなくなってしまうなどの状況が生じます。

    こうした事態を防ぐために、外貨準備があります。しかし、以前から指摘している通り、韓国の外貨準備の内容は極めて怪しく、私は韓国が発表している約3700億ドルの外貨準備のうち、70~80%は「ウソ」ではないかと疑っています。

    つまり、私の仮説では、韓国が発行している「外貨建の外国為替平衡基金債券」とは、「自国通貨買いのための資金調達」であり、極めて危なっかしい債券ですし、これを「米国10年債プラス55ベーシス」程度で引き受けてしまう米国の投資家の能天気さにも驚きます。

    基本的統計すら信頼できない国だが…

    以上の議論は、いくつもの仮定を置いているため、どこかの仮定が間違っていれば、議論が間違っている可能性もあります。ただ、自然に考えて、韓国が本当に3700億ドルを超える外貨準備を保有しているのであれば、「外貨建ての外国為替平衡基金債券」という、こんな怪しげな債券を発行する必要などないはずです。

    本日の議論をまとめておきます。

    • 資金循環統計から判明する韓国国内の債券発行高と、韓国銀行が発表する韓国国内の債券統計は一致しない(おそらくこれは公募と私募の違いなどによるもの)
    • 外貨建債券や外貨建借入金の額は「その他の外国債権債務」などの項目に紛れるなど、資金循環統計は「粉飾」されている可能性がある
    • 韓国の外貨準備の70~80%は内訳が不明である
    • 「外貨建の外国為替平衡基金債券」の発行残高は韓国国内の統計から試算することが不可能である

    いずれにせよ、韓国は基本的統計すら信頼できない国ですが、この「外貨建ての外国為替平衡基金債券」がデフォルトすれば、韓国はアルゼンチンやロシアと並んで「外貨建てソブリン債のデフォルト」を発生させた国になります。

    その意味で、韓国が発行する外貨建て債券に注目する価値はありそうです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)
  • 2017/02/08 17:30 : 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/08 00:00 : 崩壊する韓国社会と日本の対韓外交 (韓国崩壊)
  • 2017/02/07 00:00 : 鳴物入りのAIIB、どうなった? (RMB|金融)
  • 2017/02/06 17:15 : ニュース女子巡る長谷川氏見解 (時事)
  • 2017/02/06 13:45 : 日本政府による対抗措置から1か月が経過 (時事)
  • 2017/02/06 00:00 : 韓国崩壊の「3つのシナリオ」 (韓国崩壊)
  • 2017/02/05 20:30 : ブロガーのシンシアリーさん、来日へ (時事)
  • 2017/02/05 17:45 : 日韓往来逆転の衝撃 (経済全般)
  • 2017/02/05 00:00 : マティス国防相訪日と日本の「対韓外交」の問題点 (外交)
  • 2017/02/04 17:00 : 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相 (RMB|金融)
  • 2017/02/04 00:00 : 路上喫煙の害を考える (雑感オピニオン)
  • 2017/02/03 17:45 : AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない! (RMB|金融)
  • 2017/02/03 00:00 : 人民元やAIIB巡るダイヤモンド記事への反論 (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告