慰安婦問題が迷走する中で、日本大使が一時帰国するなど、日韓関係が混乱しています。ただ、現在の日韓関係は、年間700万人にも達する人的往来もあり、また、投資や貿易などで韓国と関わる日本企業も多いでしょう。ただ、こうした中だからこそ、現段階で日韓断交を議論することは有益です。本日は、日韓関係の現状整理と「日韓断交」に向けた課題を考える「たたき台」を提示したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    日韓断交を議論する意味

    「日韓断交」が、現実味を帯びてきた―。

    一昔前にそんな記事を書くと、「何と過激な極論を主張するのか?」、「三流ゴシップ誌でもあるまいし」、「陰謀論か?」などと白眼視されたかもしれません。しかし、年末年初の日韓関係の動きやそれに対する反応などを見ていると、それはあながち「過激な極論」とはいえません。

    もちろん、今日の日韓関係は、簡単には「断交」できない状況にあります。多くの日本企業が韓国と貿易や投資をしており、また、両国であわせて年間700万人を超える人々が往来しているなど、両国関係はすぐには「清算」できない状況にあるからです。

    さらに、「北朝鮮の核」という「共通の脅威」が存在する中で、日米同盟・米韓同盟などの防衛面における協力体制をすぐに転換することは困難です。

    しかし、それでも私は、どこかの段階で―早ければ今年中に―、日本が「日韓断交」に踏み切るかどうかの「決断」を迫られると見ています。

    折しも釜山の日本領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、日本政府は1月6日、対抗措置として、日韓通貨スワップ協定の再開交渉の中断など4項目を発動したばかりです。現段階でこの「措置」がいつまで続くのかはわかりません。ただ、この問題に対し、韓国側がどう出て来るか、あるいは日本政府が追加で何らかの措置を取るのか、もっといえば、日本がこのままずるずると韓国との不健全な外交関係を続けるのか、それともどこかの段階で日韓関係を「損切り」するのか…等、「コリアン・ウォッチャー」の一人として、現段階で論点整理を行うことは有益です。

    そこで、本日は当面の日韓関係を整理するとともに、「日韓断交」を考えるに先立ち、日韓往来の現状を捉えておきたいと思います。

    「慰安婦像後」の日韓関係

    安倍政権の「本気度」は?

    韓国で市民団体が、釜山の日本大使館前に慰安婦像を設置したことを受け、私は『【緊急上梓】釜山の慰安婦像問題の本質』の中で、「到底許せない」と述べました。今になってみると、私が述べたことは、ほぼ正解だったようです。

    改めて振り返っておくと、この事件は明らかに異常です。慰安婦像設置までの経緯は、次の通りです。

    • 日韓両国の「慰安婦合意」から丸1年となる2016年12月28日、韓国・釜山(ふざん)市の日本領事館前の公道上に、地元の市民団体「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」が慰安婦像を設置するも、釜山東区庁は同日、これを強制排除し、撤去・押収した
    • ところが、慰安婦像が撤去された直後から、同庁には「業務がマヒするほどの抗議電話」が殺到。同庁ホームページには苦情の書き込みが相次ぎ、29日夕方4時頃にはホームページがダウンするという騒ぎに発展した。
    • 同庁は結局、押収したこの慰安婦像を市民団体側に返還。さらには慰安婦像の設置そのものを許可する方針に転換した。

    この一連の行為を見ると、韓国政府は「外国公館の尊厳の保持義務」を定めた「外交に関するウィーン条約」に違反していますし、また、一昨年の「慰安婦合意」の精神にも背く行為です。

    私が昨年の時点で申し上げたとおり、慰安婦問題を解決するためには、「韓国国民が納得するまで、日本が韓国に徹底的に謝罪する」か、「韓国が日本にこれ以上、謝罪を求めない状態を無理やり作る」か、究極的には、そのいずれかしか選択肢はありません。

    その意味で、安倍政権が打ち出した1月6日の措置は、「日本が徹底的に謝罪する」という選択肢を排除したという意味であり、安倍政権が従来の日本型の「対症療法的・事なかれ主義的」な対韓外交から抜け出した点に限っては評価できます。ただし、釜山の慰安婦像設置から1週間も経過しているという点や、「日韓スワップの中断」以外の対韓制裁メニューが中途半端なものに留まっている点などを考えるならば、「まだまだ不十分」です(もっとも、年末年始休暇を挟んだため、時間が経過した点には考慮の余地はありますが…)。

    慰安婦「像」問題は絶対に解決しない!

    では、「慰安婦像」問題については、どのような落としどころが考えられるでしょうか?

    ソウルの日本大使館前の慰安婦像すら撤去できていない状態で、釜山の領事館前に新たな慰安婦像が設置されたことで、露呈したのは韓国政府の「当事者能力のなさ」です。

    韓国政府が釜山の慰安婦像を撤去しようとすれば、韓国国民の怒りが朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領、あるいは職務停止中の朴大統領の代行を務めている黄教安(こう・きょうあん)国務総理(=首相)に向かいます。現在の韓国政府には、単なる偶像に過ぎない「慰安婦像」すら、撤去する能力がないのです。

    そして、韓国国内で設置されている慰安婦像は、ソウルの日本大使館前、釜山の日本領事館前だけではありません。次の中央日報(日本語版)の記事によれば、その数は韓国内だけで40体余り、米国・カナダ・豪州などを含めると、実に50体余りが設置されているのだそうです。

    慰安婦少女像、韓国内だけで40体余り…追加設置の動きも(2017年01月05日13時58分付 中央日報日本語版より)

    釜山の慰安婦像設置の経緯などと合わせて判断する限り、慰安婦像は、今後増えることはあっても、減ることはないと考えるのが自然でしょう。そして、日本政府が釜山の日本領事館前に設置された慰安婦像の撤去を求めたところで、どうせ撤去されるわけなどないのです。

    ただ、この「慰安婦像問題」は、日本にとって悪いことばかりではありません。日本と韓国の関係を、確実に悪化させることは間違いありませんが、それと同時に米国に対して「日韓軍事協力ができない」と主張する材料にすることができるからです。

    慰安婦像という名の「邪神像」

    私が日本の首相だったら、このソウル、釜山の慰安婦像を、対米外交で活用するでしょう。私にとっての長年の持論の一つに、「米国を説得して米韓同盟を反故にさせるべきである」というものがあります。そして、慰安婦像という名の「邪神像」を、米韓同盟破棄にまで持ち込ませる材料の一つとして、有効活用できるかもしれません。

    その前に、米韓関係と日韓関係の関係を考えておきましょう。

    韓国は、米国の同盟国です。そして、これこそが、日本が日韓関係を「無碍にする」ことができない最大の理由です。

    一昨年の「日韓慰安婦合意」も、米韓軍事協力を推し進めようとするバイデン副大統領が、日韓両国に対して強力に圧力を掛けた結果、成立したものです。朝鮮半島への高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備や日本との包括軍事情報保護協定(GSOMIA)署名は、いずれも米国の防衛戦略に従ったものです。しかし、韓国・朴槿恵政権は「米中二股外交」を続けるあまり、「反日」を言い訳に、米韓軍事同盟の深化から逃げ回っていたのです。

    そこで、2015年10月に訪米した朴槿恵大統領に対し、バラク・オバマ米大統領(というよりもバイデン副大統領)が強硬に「日本との慰安婦問題をさっさと片付け、米韓軍事協力を進展させよ」と圧力を掛けたのだと考えられます(ちなみにこの時、朴大統領に対してオバマ大統領主催の晩餐会はなく、代わりにバイデン副大統領主催の昼食会が持たれています)。

    いわば、日本は「米韓軍事協力」のダシにされた格好ですが、それで日本人の名誉を傷つけられたのでは、たまったものではありません(余談ですが、私は日本人の一人として、バイデン副大統領のことを、「悪い意味で」決して忘れてはならないと考えています)。

    ただ、ここに来て、「慰安婦像問題」という「決して解決しない問題」が発生したことは、日本にとって一種の「神風」のようなものかもしれません。というのも、米国に対して、韓国がいかに信頼できない国であるか、いかに同盟に値しない国であるかを説得することができるからです。

    日本人の名誉回復をどうするのか?

    つまり、今回の「釜山慰安婦像問題」は、米国に働きかけて米韓同盟破棄にまで持ち込ませる、ちょうど良い機会です。もし安倍政権が米国に働きかけて米韓同盟破棄に持ち込ませることができたならば、私は、一昨年の「慰安婦合意」という「日本の外交史に残る汚点」を、「半分だけ帳消し」にすることができると思います。

    しかし、なぜ「完全な帳消し」にならないのでしょうか?

    その理由は簡単です。「日本軍が朝鮮半島で少女20万人を組織的に戦場へ強制連行し、性的奴隷とした」とされる、植村隆と朝日新聞社と韓国国民と韓国政府が捏造した与太話が、世界であたかも「事実」であるかのように信じ込まれているからであり、それを広める契機を作ってしまったのが安倍総理と岸田文雄外相だからです。

    私のウェブサイトを読んでくださっている方であれば、「慰安婦問題は捏造である」という事実はよくご存じのことでしょう。しかし、次のWSJの記事に投稿された、米国人と思しき読者のコメントを、しっかりと読んでください。

    Japan Pulls Diplomats From South Korea Over Comfort-Women Statue(米国時間2017/01/06(金) 00:08付=日本時間2017/01/06(金) 13:08付 WSJオンラインより)

    英語のタイトルを直訳すれば「日本、慰安婦像問題を巡って南朝鮮から外交官引き上げへ」、です(※韓国のことを英語では南朝鮮South Koreaと称しています)。

    この記事自体はAP通信の配信をそのまま掲載しただけの短いものですが、これに対する米国人と思しき読者のコメントの一つが、これです。

    Bernard Morey

    This just shows how poor the standard of Japanese education is. They refuse to face up to their war crimes. The Japanese view I’ve read is that these women were prostitutes and on to a nice little earner.

    バーナード・モリー

    このことは日本の教育水準がいかに貧弱であるかを示している。彼らは自分たちの戦争犯罪に向き合うことを拒絶しているのだ。私が過去に目にした日本人の考え方とは、これらの女性が売春婦であり、高額の給与を得ていた、というものだ。

    つまり、「慰安婦問題というウソを通じて日本を貶めよう」とする韓国人らの悪しき試みは、部分的にかなりの成功を収めている、ということです。

    そして、困ったことに、「日韓慰安婦合意」の際にも、岸田外相ははっきりと、

    慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」(※太字部分は引用者加工)

    断言してしまいました。岸田外相は、あたかも日本軍が朝鮮人女性を強制連行したかのような表現で、過去・現在・未来に及ぶ全ての日本人の名誉を傷つけたのです。

    このため、国際社会では「日本軍による朝鮮人女性の強制連行は事実だ」と信じ込まれてしまいました。「慰安婦問題は朝日新聞と植村隆と韓国国民と韓国政府が捏造したウソだ」という事実を認識している人は少ないでしょう。安倍総理と岸田外相は、それだけ深く日本人の名誉を傷つけたのです。

    韓国と「断交」できるのか?

    慰安婦問題を巡っては、私は心の底から、本当に情けなく、悲しい思いを拭い去ることができません。ただ、今回の釜山の慰安婦問題を契機に、日本政府の対韓外交が、少しだけ良い方向に変わったことについては、注目して良いと思います。

    ただ、今日の日韓の人的往来を考えると、日韓が「直ちに断交」まで至るかといえば、それは非現実的です。

    日韓の人的往来は700万人!

    日本政府観光局(JNTO)は過去13年分の「訪日外国人」の推移を公表しており、現在入手できる最新値は2016年9月までのデータですが、「速報値」であれば、国によっては11月分までのデータが手に入ります。また、韓国観光公社も同様に、「訪韓外国人」の推移を公表しています。

    これらのデータによると、

    • 日本に入国する韓国人は、近年、「うなぎ上り」に上昇しており、2013年以降はこの傾向が特に顕著である(図表1図表3図表4
    • 韓国に入国する日本人は、2012年をピークに低下が続いていたが、2016年に入り、やや持ち直している(図表2図表3図表4

    という状況がわかります。

    図表1 日本を訪問する韓国人の推移

    図表2 韓国を訪問する日本人の推移

    図表3 訪問者数の日韓比較と倍率

    図表4 日韓の往来
    訪日韓国人 訪韓日本人 日韓合計
    2003 1,459,333 1,802,542 3,263,878
    2004 1,588,472 2,443,070 4,033,546
    2005 1,747,171 2,440,139 4,189,315
    2006 2,117,325 2,338,921 4,458,252
    2007 2,600,694 2,235,963 4,838,664
    2008 2,382,397 2,378,102 4,762,507
    2009 1,586,772 3,053,311 4,642,092
    2010 2,439,816 3,023,009 5,464,835
    2011 1,658,073 3,289,051 4,949,135
    2012 2,042,775 3,518,792 5,563,579
    2013 2,456,165 2,747,750 5,205,928
    2014 2,755,313 2,280,434 5,037,761
    2015 4,002,095 1,837,782 5,841,892
    2016 4,595,953 2,100,684 6,698,653

    (【出所】図表1~4は日本政府観光局(JNTO)、韓国観光公社。暦年データのうち2016年分については11か月間累計値)

    これを見ると、日韓の往来(日本を訪問した韓国人、韓国を訪問した日本人の合計値)については、2013年と2014年に落ち込んでいますが、2015年には584万人、2016年に至っては11月までの累計で670万人です。この調子でいけば、2016年の累計値は700万人の大台に乗ることは、ほぼ間違いないでしょう。

    こうした状況で、日韓断交に踏み切ることには、かなりの無理があります。

    韓国人の入国ビザ免除プログラム

    ところで、2012年8月に李明博(り・めいはく)前韓国大統領が島根県竹島に不法上陸した事件などを契機に、日本人の韓国入国者数が急減。その一方で、韓国人の日本入国者数は、2013年ごろから急増しました。そして、韓国人入国者数は2015年に400万人を突破。2016年は11月までで460万人で、12月までの数値を加えれば、500万人の大台に乗るかもしれません。

    では、なぜそこまで韓国人の入国者数が増えていたのか?その大きな理由は、「ビザ免除プログラム」にあります。

    外国人は基本的に、日本に入国するためには「日本入国ビザ」が必要です。これは、日本に入国する前に取得する、事前の入国許可証のようなものです。ただ、次の67か国・地域については、在留期間が90日までであれば、日本入国に際して入国ビザを取得する必要がありません(図表5)。

    図表5 日本が入国ビザを免除している国・地域(2014年12月時点)
    地域
    アジア(9か国) インドネシア(※1)、シンガポール、タイ(※1)、マレーシア、ブルネイ(※1)、韓国、台湾、香港、マカオ
    北米(2か国) 米国、カナダ
    中南米(12か国) アルゼンチン、ウルグアイ、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、スリナム、チリ、ドミニカ、バハマ、バルバドス、ホンジュラス、メキシコ(※2)
    大洋州(2か国) オーストラリア、ニュージーランド
    中東(2か国) トルコ、イスラエル
    アフリカ(3か国) チュニジア、モーリシャス、レソト
    欧州(37か国) アイスランド、アイルランド(※2)、アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア(※2)、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス(※2)、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ(※2)、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マケドニア(旧ユーゴ)、マルタ、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン(※2)、ルーマニア、ルクセンブルク、英国(※2)

    【出所】外務省ウェブサイト。ただし※1については15日、※2については6か月

    日本政府観光局は現在、「訪日観光客年間4000万人」を目標に掲げており、韓国人の入国ビザ免除プログラムを撤回することは、容易ではありません。

    日韓断交の「覚悟」はあるのか?

    私は、日韓往来の人数の多さだけで考えても、直ちに日韓断交を行うなどとは、非現実的だと考えています。万が一、日韓断交を行うと、それだけ経済的に多くの影響が生じるからです。

    ただ、私は「現在の日韓関係が深い」という理由だけをもって、「日韓断交はできない」、などと申し上げるつもりはありません。いくら経済的な関係が強かったとしても、やはり韓国と関係を続けることで、日本の国益が損なわれるのだとしたら、どこかで日本は韓国との関係を「整理」しなければなりません。

    その意味で私は、日本国民が「日韓断交」の覚悟を持っているのかを問いたいと思います。そして、これからの安倍政権の「本気度」がどのくらいなのかを見極めたいと考えています。

     

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)
  • 2017/02/08 17:30 : 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/08 00:00 : 崩壊する韓国社会と日本の対韓外交 (韓国崩壊)
  • 2017/02/07 00:00 : 鳴物入りのAIIB、どうなった? (RMB|金融)
  • 2017/02/06 17:15 : ニュース女子巡る長谷川氏見解 (時事)
  • 2017/02/06 13:45 : 日本政府による対抗措置から1か月が経過 (時事)
  • 2017/02/06 00:00 : 韓国崩壊の「3つのシナリオ」 (韓国崩壊)
  • 2017/02/05 20:30 : ブロガーのシンシアリーさん、来日へ (時事)
  • 2017/02/05 17:45 : 日韓往来逆転の衝撃 (経済全般)
  • 2017/02/05 00:00 : マティス国防相訪日と日本の「対韓外交」の問題点 (外交)
  • 2017/02/04 17:00 : 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相 (RMB|金融)
  • 2017/02/04 00:00 : 路上喫煙の害を考える (雑感オピニオン)
  • 2017/02/03 17:45 : AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない! (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告