今週『転覆する韓国社会と北主導の統一朝鮮に備えよ』で述べたとおり、私は、朝鮮半島の「赤化統一」の可能性が高いと見ています。本日はその続きとして、韓国社会の「転覆」が大統領制と反日教育という二つの要素でもたらされるという仮説を提示します。また、朴槿恵大統領の後任大統領が「親北的政策」を採用するとともに、昨年冬の「日韓慰安婦合意」を覆すなどし、10年以内に「赤化統一」が実現するのではないかとの懸念も示したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

近況報告

近況報告というガラでもないのですが、このところずっと仕掛かっていた「重い仕事」が、ようやく一巡しました。これに加え、単行本としては人生で3冊目となる実務専門書の執筆も何とか進んでおり、来年3月の刊行が決まりました。ただ、ターゲット読者層は非常に限られているため、おそらく初版(1000冊)で絶版になると思います(涙)。

また、某業界新聞のコラムと某専門雑誌の特集記事をこなしつつ、来年初旬の2本のセミナー資料作成に取り掛からなければならないため、年末も「仕事モード」となりそうです(笑)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



10年以内に、朝鮮半島は赤化統一?

さて、前置きはともかくとして、本日は、今週掲載した『転覆する韓国社会と北主導の統一朝鮮に備えよ』で述べた「朝鮮半島の赤化統一」について、もう少し深く考えてみたいと思います。

「真面目な政治経済評論」を標榜する当ウェブサイトで、実に過激な主張だと思われるかもしれませんが、これは別に「極論」ではありません。現在の韓国社会を分析していくと、どうしても「朝鮮半島は赤化統一を余儀なくされる」と考えざるを得ないのです。

そして、これは決して、私が個人的に、「こうなってほしいと思っている」、という意味ではありません。私の願望というよりはむしろ、韓国の現在の行動を見ていると、どうしても「そうなる」としか考えられない、という意味です。折しもちょうど昨日、国の国会が朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領の弾劾を可決した」というニュースも入ってきました。朴大統領は弾劾裁判の間、職務上の権限が停止されます。いったいこの厄介な隣国は、どこに向かおうとしているのでしょうか?

民主主義とは脆弱な仕組みである!

韓国に触れる前に、「民主主義」の仕組みについて、簡単におさらいしておきましょう。

とても当たり前の話ですが、私たち人間には「考える力」があります。そして、私たちは日々、「決断」をして過ごしています。小さなものでいえば、「今日の夕飯は何にしようか?」「明日の休日は何をして過ごそうか?」といったものから、個人レベルでは「そろそろ家を買おうかな?」「転職しようかな?」など、大掛かりなものまで、人生には数多くの「決断」が必要です。

このことは、個人レベルであっても、企業レベルであっても、さらには「国」であっても、全く同じことです。

日本や欧米諸国は民主主義国ですから、国全体としての方向性を決めること(つまり政治決断)をする人(つまり政治家)は、民主的に選ばれます。もちろん、日本のように霞ヶ関の官僚が制度を企画・立案してくれる場合もあれば、米国のように「シンクタンク」が産業として成り立っているようなくにもあります。ただし、重要なことは、「最終的な政治決断」を行う人が、官僚でもシンクタンクの研究員でもなく、「その国の国民から選ばれた政治家である」、という点です。

そして、民主主義とは非常に「脆弱な」仕組みです。なぜなら、一般の人々が「国の方向性」を決めていく政治家を選ぶのですから、大衆迎合的なことを唱える「ポピュリスト」が政治家に当選してしまうという危険性が、常にあるからです。

その点、日本や欧米諸国では、民主主義の仕組みが(現在のところは)うまく機能しています。特に日本の場合は、2012年12月に政権の座に就いた安倍晋三総理大臣が率いる政権与党が、それ以来、大型国政選挙を制してきており、「史上最長の政権」をうかがう勢いを保っています。私は安倍政権のすべてを無条件に肯定するわけではありませんが、安倍政権が「民主的な手続」に従って政権を維持し、運営していることについては、全く疑念はないでしょう。

しかし、地球上には、見た目だけは日本や欧米諸国と同じ「民主主義国家」でありながらも、民主主義がうまく機能していない国はたくさんあります。その典型的な事例が、お隣の国・韓国です。韓国では現在、毎週のように「大統領退任要求デモ」が行われ、それに多数の市民が参加しています。

この「大統領退任要求デモ」を見るにつけ、民主主義が「形だけ」存在していたとしても、実際にそれをうまく動かすのは難しい、ということを痛感せざるを得ないのです。

民主主義を機能させるもの

最近、日本でもインターネットを中心に活躍する、優れた政治評論家・経済評論家などが多数出現しています。一例を挙げれば、「放送法遵守を求める視聴者の会」の「呼びかけ人」の一人でもある上念司さん、2010年の参議院議員選に出馬されたブロガーの三橋貴明さん、評論家の宮崎哲弥さん、ジャーナリストの有本香さん、あるいは「東京新聞・中日新聞」の論説副主幹でありながら、シャープな切り口で知られる長谷川幸洋さん、今年参議院議員選で当選された青山繁晴さんなど、枚挙に暇がありません。最近だと、北海道・帯広市から優れた論説を多数発信している、「KAZUYA」こと京本和也さんも、注目に値する優れた評論家の一人ではないかと思います。

ただ、私は「これらの評論家などの方々が優れている」、と、単純なことが言いたいのではありません。重要なことは、「日本国民がインターネットなどを通じて、これらの優れたジャーナリスト・評論家の議論を支持している」、という事実です。もともと、日本には「天下国家」を議論することが好きな人が多いのかもしれませんし、市井(しせい)でそれらの議論ができるほど、もともと国民一人ひとりの教育水準が高かったのです。

そして、私の仮説の一つは、日本では2009年8月の衆議院議員総選挙で民主党(当時)への政権交代が発生したことで、日本国民は痛烈に反省した、ということです。いわば、日本国民が「草の根レベルで」きちんとした議論をすることの重要性を痛感するとともに、新聞やテレビなどのマス・メディアが報じる内容を「鵜呑み」にしなくなってきた、と言い換えても良いでしょう。その意味で、私は日本が「インターネット時代の民主主義」を先取りしている「モデル国家」だと考えています。

民主主義を機能させるものは、「議論」です。そして、国民が政治家の「議論」を見て、「安倍自民党」が正しいか、「『蓮舫』民進党」が正しいかを判断するのです。そして、一昨年に「SEALDs」を名乗る集団がやったように、議論が気に入らないからといって、国会前で大騒ぎする行為は、民主主義としては正しくありません。正しくは「投票所の投票を通じて、気に入らない国会議員を『ただの人』にしてしまう」ということです。

繰り返しになりますが、私は安倍晋三総理大臣が「万能の政治家だ」などとは思っていませんし、彼の行う政策のすべてに賛同している訳でもありません。ただ、日本国民が少なくとも過去4回の大型国政選挙で、「安倍自民党」に多数を与えてきたということは事実であり、実際に「安倍自民党」には日本人を納得させるだけの「何か」があることは間違いないでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



民主主義の失敗事例としての韓国

そして、こうした「本来あるべき民主主義」からかけ離れた国が一つあります。それが現在の韓国です。

偶然とは思えない、歴代大統領の不祥事の数々

振り返ってみると、韓国は1987年の「民主化」以降、今日に至るまで6人の民選大統領が選出されてきました。ただ、大統領の権限が強すぎるためでしょうか、韓国では汚職・権力との癒着などが酷く、これまでの大統領は退任後に、本人や家族、近親者、あるいは政権元幹部が刑事訴追されたり、不幸な最期を遂げたりしています(図表1)。

図表1 韓国の民選大統領の「その後」
氏名 任期 顛末
盧泰愚(ろ・たいぐ) 1988~1993 大統領退任後に政治資金隠匿やクーデターなどを追及され懲役刑を受ける(のちに特赦)
金泳三(きん・えいさん) 1993~1998 次男が斡旋収賄で拘束される
金大中(きん・だいちゅう) 1998~2003 北朝鮮への不正送金を巡り政権下の幹部らが有罪判決を受ける
盧武鉉(ろ・ぶげん) 2003~2008 側近・親族が相次いで贈賄容疑で逮捕され、本人はその後、投身自殺
李明博(り・めいはく) 2008~2013 退任後に実刑が斡旋収賄容疑で逮捕される

朴槿恵(ぼく・きんけい)現大統領は現在、国民から退任要求を突き付けられているのですが、その理由は「長年の友人である崔実順(さい・じつじゅん)氏に、国家機密を含めた情報を漏洩していたから」だとされています。

ただ、図表で見てもわかる通り、少なくとも彼女に先立つ5人の「民選大統領」は、退任後に、本人・親族・側近のいずれかが政治資金の不正などに関係するスキャンダルが発覚しています。これは単なる偶然と見るべきでしょうか、それともそうではないのでしょうか?

絶対権力の問題点

調べてみると、韓国の憲法上、大統領には諸外国と比べても極めて強い権限が付与されています。もちろん、韓国も民主主義国家ですから、国会の同意なしに勝手に税金を取る、勝手に刑罰を科す、といったことはできません。しかし、ざっと列挙しただけでも、

  • 国軍の統帥権(第74条)
  • 法律の範囲内における大統領令の発布権限(第75条)
  • 緊急事態条項(緊急事態に法律と同等の効力を有する命令を発する権限)(第76条)
  • 戒厳令の発布権限(第77条)
  • 国務総理(首相)の任命権(第86条、ただし国会同意人事)
  • 国務委員(大臣)の任命権(第86条)

と、大統領が法律の許す範囲内で、「絶対王権」のような状況にあります(といっても、別にこれは韓国が「専制国家だ」という意味ではありません)。いわば、非常に「アメリカ型」に近い政体だといえるでしょう。

しかし、大統領にここまで強い権限を与えている国は、OECD加盟国の中でも珍しいのではないでしょうか?たとえば、米国では大統領に強い権限を与えているものの、米国の場合は各州の権限が強く、「国内における大統領への権力集中度合」は、実はそれほど高くありません。また、そのほかの国も首脳(大統領ないしは首相)にそれほど多くの権限はありません(図表2)。

図表2 主要民主主義国の政治体制
タイプ 具体例 特徴
立憲君主型 英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、北欧諸国 議院内閣制を採用
実質議院内閣制 ドイツ、イタリア 形式上、国家元首としての「大統領」は存在するが、実質的には行政権は議会で選ばれた首相に帰属する
大統領型 米国、フランス 大統領が政治的な実権を握るが、米国の場合は連邦制をとっており、フランスの場合は首相と権限を分担している

つまり、少なくともここに列挙した先進国には、次の特徴があります。

  • 民主主義国である
  • 大統領が権限を持つ国の場合は、連邦制をとっていたり、首相と並立していたりするなど、「絶対権力」が集中しないような工夫が行われている
  • 議院内閣制の場合は首相が実権を握るが、首相は「国家元首」ではなく、権威を伴わない

そのように考えていくと、韓国で大統領の汚職・不祥事が「際立って多い」理由の一つが、「その国の中で大統領の権限が強すぎること」にある、と考えるのは、一つの有力な仮説でしょう。

韓国から「考える力」を奪ってきたもの

ただ、それだけが韓国の「民主主義の失敗」の理由のすべてだと考えるべきではありません。

もう一つ、民主主義を「うまく機能させる」ために必要なことがあります。それは、その国を構成する国民一人ひとりが、自分たちの国のことをしっかりと判断することです。あるいは、「教育」と言い換えても良いかもしれません。

そして、韓国の教育には、深刻な問題があります。それは、「過度な反日教育」です。

古今東西、ある国が他の国に対して敵対感情を持つことは、別に異常なことではありません。たとえば、フィンランドはいまでも、かつての宗主国であるロシアのことを警戒していますし、メキシコは過去に領土を奪われたこともあるため、アメリカに対する反発が強いとも聞きます。あるいは、フォークランド紛争で敗北したアルゼンチンがイギリスを嫌っているのも、ある意味では当然のことかもしれません。

つまり、ある国が他の国を「嫌う」ことは、別に異常でもなんでもありません。問題は、その「程度」にあります。

韓国は1948年、米国の軍政から独立しました。初代大統領の李承晩(り・しょうばん)は米国に対して韓国を「対日戦勝国」に加えるように要求したほか、日本の国防力の空白を突く形で竹島を不法占拠。さらには歴代韓国政権が「日本に」敵対する教育を続けてきました。

私も過去に、韓国で実際に使われている「歴史教科書」の日本語訳版を読んだことがあるのですが、ヒトコトでいえば「酷い」代物です。朝日新聞社と植村隆が捏造した「韓国人従軍慰安婦の強制連行事件」についてももちろんですが、幼少期から「日帝の支配の苛烈さ」について刷り込まれれば、韓国人が国民レベルで「反日こそが正義」と考えても当たり前かもしれません。

日本にも反省すべき点が多々ある

ついでに、韓国が強烈な反日国となった理由についても補足しておきましょう。これは日本政府にも非があるからです。

例えば、朝日新聞社と植村隆が捏造した「朝鮮人従軍慰安婦問題」を巡っては、国際社会に問題が広がった時に、これを叩き潰すチャンスが何度も何度もあったにも関わらず、外務省が無作為により、放置して来ました。

また、2015年に明治期の産業革命関連施設の世界遺産登録を韓国が猛烈に妨害して来た時も、外務省の職員で「ユネスコ大使」の地位にあった佐藤地(さとう・くに)は、あたかも韓国政府が主張する「朝鮮人の強制連行」があったかのような発言を行いました。

つまり、韓国からしてみれば、「とりあえず反日ネタを国際社会に喧伝してみよう」と行動してきたところ、日本の外務省が韓国に最大限、譲歩してくれるという「成功体験」を刷り込まれてきたのです。言い換えれば、佐藤地に代表される、外務省の職員の歴代の不作為が、いわば韓国国内の「反日」を却って増長させてきたと言えます。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



異常なデモの行く末は?

韓国の朴槿恵大統領は11月29日、国民に向けて、あくまでも条件付きではありますが、任期前に辞任する意向を示しました。しかし、それにもかかわらず、先週土曜日には再び朴大統領の辞任を求める大規模な集会が発生。警察発表によると42万人、主催者発表によると212万人(!)と、過去最大の人数が参加したそうです(図表3)。

図表3 朴槿恵退陣要求デモ参加者数の推移
日付 主催者発表 警察発表
2016/10/29 3万人 12,000人
2016/11/05 20万人 45,000人
2016/11/12 100万人 26万人
2016/11/19 50万人 18万人
2016/11/26 150万人 27万人
2016/12/03 212万人 42万人

さすがに「主催者発表」の数字は「盛りすぎ」ですが、警察発表でも42万人という人数が参加している訳ですから、これは明らかに異常事態でしょう。そして、本日(12月10日)も土曜日ですから、この手のデモが行われるのでしょうか?

着地点が見えないデモ

このデモ活動、私の目から見ると、どうも「着地点」が見えません。

韓国国民は、朴槿恵大統領に対し、いったい何を求めているのでしょうか?単なる退陣でしょうか?それとも国民に対する謝罪でしょうか?あるいは朴大統領が「刑務所」にでも入れば、それで満足なのでしょうか?

その前に、図表2で見たとおり、朴大統領が前任大統領と比べて、特別に「悪いこと」をしていたのでしょうか?もちろん、私人に対して国政機密情報を漏洩するとは「言語道断」ですが、巨額の汚職・斡旋収賄を行っていたわけではありません(※今のところは、ですが)。私にはこのデモが「異例」に思えてなりません。

世代交代が進めば「反日度」が上昇する不思議

もう一つ、韓国について不思議なことがあります。それは、世代交代が進めば進むほど、「反日度」が上昇する傾向にある、ということです。

たとえば、韓国では1998年以降、金大中・盧武鉉という、極端な「親北派」が2代続きました。その後継者である李明博は「保守」を自称していたはずです。しかし、李明博は政権末期に島根県竹島に不法上陸するなど、「反日」に転向してしまいました。さらに、李明博の後任で、同じく「保守派」であったはずの朴槿恵大統領は、就任の最初から「反日ブースト」を全開にしています。

韓国で世代が進むほどに反日度が上昇する理由の一つは、韓国で行われている異常な反日教育にあることは間違いありませんが、それだけが唯一の原因とも思えません。何か「他の原因」があるのではないかと考えていくと、私は最終的に、一つの「仮説」に辿り着きました。

それは、「韓国で反日が進めば誰が喜ぶか?」という観点から導き出される、当然の結論とは、「北朝鮮」です。

北朝鮮による韓国への「精神的侵略」

北朝鮮では、建国以来、金日成(きん・にっせい)、金正日(きん・しょうじつ)という、絶望的に無能で残虐な独裁者が君臨して来ました。金正日が2011年12月に死去すると、今度は「若き独裁者」である金正恩(きん・しょうおん)が「金王朝」を継承します。

ただ、北朝鮮が「軍事独裁国家」であることは間違いないのですが、それと同時に、北朝鮮の人民は飢えており、北朝鮮の経済力ともに世界の最貧国クラスです。そんな北朝鮮が、「南朝鮮」(=韓国)に対して軍事侵攻できるとも思えません。

しかし、北朝鮮からすれば、別に軍事力をもって南進する必要などありません。核開発・ミサイル開発などで「時間稼ぎ」をしている間に、韓国社会を「精神的に」侵略すれば良いからです。

もともと、韓国はOECD加盟国でありながらも、李承晩が始めた反日教育のおかげで、国民の思想は極端に歪みまくっています。このため、北朝鮮にしてみれば、韓国が「民主主義国であり、大統領の権限が強い」という状況は、非常に御しやすいのです。

既に、李明博、朴槿恵という2名の「保守派大統領」が強烈な反日論者だったという「実績」があります。反日・反米・親中・親北朝鮮を掲げる人間が、韓国の次期大統領に就任でもすれば、韓国社会の転覆と北朝鮮への併合が、ますます現実味を帯びて来ることは間違いありません。

あと2代=10年で韓国は赤化統一?

「自称保守」の朴槿恵政権でさえ、猛烈な反日政策を進めたのです。次世代大統領が、これより「後退」することは許されないでしょう。そして私は、北朝鮮主導での統一国家は、「ポスト朴槿恵」の大統領が構想を推進し、そしてさらにそのあとの大統領までに達成されると見ています。あと2代、つまり、10年以内に、韓国の共産化が完了する、という見立てです。

「ポスト朴槿恵」の最初の仕事は、2015年12月の「慰安婦合意」の撤回ではないでしょうか?そして、さすがにこの「慰安婦合意」が撤回されれば、日本としても韓国と「断交」する大義名分が、一つ、手に入ります。その時点の日米関係/米韓関係次第では、日本が何らかの「韓国処分」に踏み切るかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本に必要なのは「覚悟と決断」

そんな大変なときにも関わらず、実に奇妙な記事を、2つ見つけました。

ソウル市長「このような厳重な時期に市中心部で天皇誕生日パーティー?」 批判2016年12月09日07時39分付 中央日報日本語版より)
慰安婦少女像をワシントンで公開…設置場所は未定(2016年12月08日11時14分付 中央日報日本語版より)

片方は、野党系の次期韓国大統領有力候補の一人である朴元淳(ぼく・げんじゅん)ソウル市長が、日本大使館が開催した天皇陛下の誕生日祝賀行事を批判したとする記事であり、もう片方は、韓国の市民団体が日本を侮辱する目的の慰安婦像をワシントンで公開する、という記事です。国が傾きそうになっているにもかかわらず、一体何をやっているのかと呆れてしまいますが、これが現代の韓国の姿なのです。特に「慰安婦像」については、日本を徹底的に「敵」に回したい、というのが韓国国民の意思なのかと思うと、何ともやるせない思いを抱いてしまいます。

ただ、私は、韓国が国家滅亡の危機に際し、日本に擦り寄ってくるのではないかと心配していましたが、こんな非常事態でも韓国の国民や政治家が、「反日」だけはしっかりと忘れていないと知って、逆に安心したのも事実です。なぜなら、韓国内の反日が強まれば強まるほど、「日韓断交」に近づくからです。

もちろん、韓国社会が「転覆」しかかっていることは、日本にとってもゆゆしき問題です。しかし、私たち日本人にできることは、韓国社会を「親日」にすることでも、韓国を「北の独裁者の脅威」から救うことでもありません。私たち日本人は、第一に、日本の将来に対してしっかりと責任を持たなければなりません。韓国を助けている余裕など、日本にはないのです。そして、韓国が北朝鮮に併合されようが、中国の衛星国に組み入れられようが、彼らの判断の結果ですから、その判断については尊重すべきです。日本は対馬海峡の「目と鼻の先」に軍事的脅威が出現することを、そろそろ「覚悟」すべきであり、また、米軍に日本を守ってもらうのではなく対馬海峡をきちんと防衛する体制を作ることを「決断」すべきです。

このウェブサイトを読んでくださる方の中に、いまさら「それでも日韓友好が大事だ」と思う人がそれほどいらっしゃるとも思えません。そして、社会が転覆しかけているにも関わらず、「慰安婦像」を米国に広めようとするなどの愚行に邁進する韓国国民を見ていると、彼らの望み通り、日本は韓国の「敵対国」となってあげるべきなのではないかと思う今日この頃です。

 

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (1コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)
  • 2018/06/18 11:30 【時事
    【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1コメント)
  • 2018/06/18 00:00 【時事
    朝日新聞よ、また偏向報道か
  • 2018/06/17 12:00 【時事|外交
    【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4コメント)
  • 2018/06/17 00:00 【政治
    「不誠実」という意味では南北同じ (6コメント)
  • 2018/06/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ライダイハン問題――韓国に突き刺さる、盛大なブーメラン
  • 2018/06/16 00:00 【外交
    大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版
  • 2018/06/15 16:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】あえて形容するなら「愚民」 (3コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。