先日、「国の借金が1062兆円で過去最大に」、「国民1人あたり837万円だ」、などのショッキングなニュースが流れました。「国の借金が増えすぎれば絶対に財政破綻するに違いない」、といったロジックです。ただ、こうしたロジックには基本的な誤りがあります。本日は、「資金循環統計」という「きちんとした根拠」をベースに、「財政破綻論」の大誤りを指摘しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 最近の記事の振り返りと暴走するパヨク
    ―――2017/05/27 00:00 (マスメディア論) 3コメント
  • 安倍政権、歴代5位に!
    ―――2017/05/26 17:00 (時事|国内政治) 5コメント
  • 新聞配達の思い出
    ―――2017/05/26 00:00 (雑感オピニオン) 10コメント
  • 有権者よ、反省せよ!
    ―――2017/05/25 00:00 (マスメディア論) 13コメント
  • ドイツと中国の意外な類似性
    ―――2017/05/24 00:00 (RMB|金融) 6コメント
  • 韓国も北朝鮮と同時に経済制裁?
    ―――2017/05/23 20:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 4コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    近況報告

    我ながら凄いと思うのは、最近、新著(金融商品会計に関する専門書)、新聞のコラム、経理雑誌の原稿などに加え、研修会資料を常時2~3本抱えていて、このウェブサイトまで更新している、ということです。そして、多忙ゆえに、こちらのウェブサイトに投稿した記事を後から読み返すと、書式設定ができていなかったり、段落の位置がおかしかったりすることがあります。

    ただ、それでも嬉しいことは、当ウェブサイトが開設4か月目を迎え、もう少しで1か月のアクセス件数が1万件の大台に乗せるところまで来た、ということです。こんなマニアックなウェブサイトですが、アクセスしてくださる皆様には、改めて深く御礼申し上げたいと思います。

    「国の借金」という報道

    先日、「国の借金が1062兆円で過去最大に」、「国民1人当たり837万円だ」、というショッキングなニュースが流れました。また、「国の借金を返すために預金封鎖が行われる」、といった衝撃的な報道も流れています。

    預金が下ろせなくなる? 国の借金1000兆円を国民に負担させた「預金封鎖」とは(2016/10/31 07:00付 週刊朝日より)

    事実だとしたら大変なことです(もっとも、賢明な方であれば、報じているのが慰安婦問題を捏造したことで知られる朝日新聞の系列組織であることを考えると、「リンク先の記事は怪しい」と気付かれるかもしれませんが…)。

    ただ、こうした「ショッキングな報道」は、誤りであるばかりでなく、時として「有害」ですらあります。

    そこで、本日はこの「国の借金」と「財政破綻」という二つの用語に焦点を絞り、「何がおかしいのか」について説明を試みたいと思います。

    「国の借金」とは何か?

    「国の借金」という言葉遣いは間違い

    さて、最初の間違いは「国の借金」という用語です。マクロ経済学上、こんな奇怪なで不正確な用語は存在しません。「国全体」には、家計部門、企業(非金融法人企業)部門、政府部門などの主体や、これらの主体相互間で資金融通を担う金融仲介機能が存在します。「国の借金」と表現すると、あたかも「国全体が借金を負っている」かのように聞こえてしまい、極めて不適切です。

    マクロ経済的に正しい用語は、「政府部門の金融負債」です。

    日本銀行が公表する「資金循環統計」によると、2016年6月末時点で、一般政府部門(中央政府+地方政府)の「金融資産・負債バランス」は、次のような状況となっています(図表1)。

    図表1 2016年6月末の一般政府部門の金融資産・負債バランス
    金融資産 金融負債
    株式等 110兆円 借入金 160兆円
    対外証券投資 161兆円 国庫短期証券 118兆円
    その他の金融資産 261兆円 国債 880兆円
    その他の金融負債 119兆円
    金融資産 合計 532兆円 金融負債 合計 1277兆円

    この「一般政府部門」のバランスを眺めてみると、負っている金融負債の額は1277兆円です(なお、「その他の金融負債」の中には地方債74兆円が含まれています)。ちなみに、この金額、先ほどの報道にあった「国の借金」の金額(1062兆円)とは全く一致していません。その理由はとても簡単です。「国の借金という定義が間違っているから」です。

    日本の政府部門は財政危機ではない!

    少し時点は違いますが、2016年6月末の「国債発行残高」を確認しておきましょう(図表2)。

    図表2 2016年6月末の国債発行残高
    発行体 国債の区分 金額
    中央政府 国庫短期証券 118兆円
    中央政府 国債 880兆円
    財政投融資資金 財融債 108兆円
    合計 1075兆円

    つまり、先ほどの報道にあった、「国の借金は2016年9月末時点で1062兆円である」という情報は、おそらく、「国庫短期証券・国債・財融債の発行残高」のことを意味しているのでしょう。仮にそうだとすると、用語として極めて不正確です。

    正しい用語を使うなら、

    • 中央政府と地方政府の金融負債の合計額は1277兆円(うち中央政府の金融負債の合計額は1058兆円)
    • 中央政府の国債発行残高は998兆円、財政投融資資金の財融債発行残高は108兆円、両者を合算して国債の発行残高は1075兆円

    です。

    しかも、一般政府部門には、確かに1277兆円という「莫大な借金」(?)があるようにも見えますが、同時に532兆円という莫大な金融資産も保有しているのです。しかも、これに、中央官庁が保有している土地・建物、公共施設などの有形固定資産などの価値は含まれていません。

    というわけで、政府部門の純粋な債務(金融資産・負債差額)の金額は745兆円(!)に過ぎません。

    なお、「国債」とは「財務省が発行する債券」であり、「財政法」、「東日本大震災復興財源法」、「特別会計に関する法律」など、いくつかの法律に基づいて発行されるものです(図表3)。

    図表3 国債の発行根拠法
    国債の種別 使徒 発行根拠法
    建設国債 公共事業、出資金、貸付金の財源確保 財政法第4条第1項但書
    特例国債(赤字国債) 公共事業等以外の歳出に充当 毎年の特別の法律
    年金特例国債 基礎年金の国庫負担の追加に税収確保までのつなぎ資金 財政運営特例法
    復興債 東日本大震災の復興 東日本大震災復興財源法
    借換債 普通国債の償還額の一部借換に充当 特別会計に関する法律

    ただし、「国債」が「一般政府部門の負債」の全てではありません。

    一般政府部門は民間金融機関などからお金を借りていますが(いわゆる証書貸付金)、この「借入金」部分については国債と異なり、流通市場で活発に取引されているという訳ではありません。

    いずれにせよ、朝日新聞を含めたマス・メディアは、どうやら「国債の発行残高」のことを「国の借金」と呼んでいるようです。しかし、正確な議論をするうえでは、たとえば日本銀行の資金循環統計などの統計の知識は必須です(ちなみに資金循環統計自体は日本銀行ウェブサイト「時系列統計データ検索サイト」に行けば誰でも手に入れることができます)。マス・メディアが頑なに誤った用語を使い続ける理由は、単に朝日新聞をはじめとするマス・メディアが不勉強なだけなのだと思います。

    「財政破綻」とは何か?

    次に、「財政破綻」という用語についても調べてみましょう。

    「財政破綻」という悪質な用語

    こちらの「財政破綻」については、かなり悪質です。使用法としては、

    • 「日本は国の借金がGDPの200%を超えているから、必ず財政破綻する」
    • 「借金がたくさんあるから、日本は必ず借金が返せなくなって財政破綻する」

    といったものがあります(ちなみに「国債発行残高がGDP比200%を超えると借金を返すことができない」という議論は、経済学的には大間違いです)。

    ただ、この「財政破綻」という用語、恐ろしい印象の割に、何を言っているのかさっぱり理解できません(図表4)。

    図表4 「財政破綻」のイメージ
    項目 概要 備考
    国債の債務不履行 発行した国債が返せなくなってしまうこと 自国通貨建てでの国債の債務不履行は発生しない
    貨幣の価値の暴落 日本円という通貨の信認が損なわれ、通貨の価値が暴落すること 日本の場合、円安になるとなぜか株高となるが、その矛盾は説明できない
    キャピタル・フライト 日本から外資が一斉に資金を引き揚げてしまうこと 日本は世界最大の純債権国であるという事実を無視している

    強力過ぎる家計資産残高

    じつは、ここに挙げた3つは、いずれも「現在のデフレ下の日本」では、絶対に発生しない現象ばかりです。

    なぜそれが発生しないかといえば、資金循環統計を見ればすぐにわかることです。日本は家計部門が強力な資金ポジションを持っています(図表5)。

    図表5 2016年6月末の家計部門の金融資産・負債バランス
    金融資産 金融負債
    現金・預金 920兆円 借入金 317兆円
    株式等 231兆円 その他の金融負債 65兆円
    保険・年金 520兆円 ?―
    その他の金融資産 76兆円 ?―
    金融資産 合計 1746兆円 金融負債 合計 383兆円

    日本の家計が保有している金融資産の総額は、実に1746兆円(!)と、マスゴミさんのいう「国の借金」の約1.7倍に達しています。また、日本は家計部門の債務が少ないという特徴もあり、金融負債の総額は383兆円に過ぎず、金融資産から金融負債を差し引いた差額(金融資産・負債差額)は実に1363兆円(!)と、これも「国の借金」とやらの金額の約1.4倍に達しています。

    ちなみに、ここに挙げたのは「金融資産」だけの話であり、家計部門が保有している不動産などの資産は計上されていません。つまり、日本の家計は、いわば「世界最強」クラスの金融資産を持っているのです。

    これでどうやって「財政破綻」が発生するというのでしょうか?

    国内で使いきれないお金が海外に出ていく!

    単純に考えて、「金融商品」には、「誰かから見た資産は他の誰かから見ると負債である」、という性質があります。先ほど、「一般政府部門」の純債務が745兆円、「家計部門」の純資産が1363兆円という話を紹介しました。単純に考えて、「618兆円(=1363兆円-745兆円)」を誰かが借りている、という計算になるはずですが、この金額はいったいどこに行ったのでしょうか?

    一つは、資金需要主体である「非金融法人企業」に流れて行っています(詳細は省略しますが、非金融法人企業の金融資産・負債差額は476兆円です)。

    そして、もう一つこそが、「国内で使いきれずに海外に行っている」、という現象です。ここで、「海外部門」の金融資産・負債バランスを確認してみましょう(図表6)。

    図表6 2016年6月末の海外部門の金融資産・負債バランス
    金融資産 金融負債
    貸出金 157兆円 借入金 130兆円
    債券 137兆円 対外直接投資 129兆円
    株式等 166兆円 対外証券投資 519兆円
    その他の金融資産 117兆円 その他の金融負債 126兆円
    金融資産 合計 577兆円 金融負債 合計 904兆円

    いかがでしょうか?

    「海外部門」は「日本全体」から見た「日本国外」という部門を意味しているので、「海外部門から見た金融資産」は「日本全体から見た金融負債」、「海外部門から見た金融負債」は「日本全体から見た金融資産」のことです。

    これを見ると、「海外部門が日本に保有している金融資産」は577兆円であるのに対し、「海外部門が日本から借りている資金」は実に904兆円(!)で、日本全体で実に328兆円もの対外純債権を保有している計算です。

    対外純債権328兆円と国債発行残高は表裏一体の関係

    ここまで説明すればわかりますね。

    日本全体でお金が有り余っているからこそ、海外にお金が出て行っているのです。「対外証券投資」(主に米国債などの外国債券)の残高だけで、すでに519兆円です。日本銀行が巨額の金融緩和を行っているという影響もあり、金融機関による外債保有残高は積み上がるばかりです。

    こうなってしまった理由の一つは、国債の発行残高にあります。それは、

    国債の発行残高が少なすぎること

    です。そして、資金循環バランス的に言えば、日本国政府はさらに300~500兆円程度、国債を増発する余力があるのです。日本の最大の問題は、「国の借金」ではなく、家計がお金を貯め込み、使わなさ過ぎることです。

    財政破綻について論理的な説明を見たことがない

    「国の借金」が多すぎるから「財政破綻」するに違いない、といったいい加減な言説は、もともとは増税原理主義者の財務省が唱えている「トンデモ理論」です。ただ、不勉強なマス・メディアの記者らは、こうした財務省の唱えるロジックにコロッと騙され、冒頭に紹介した「週刊朝日」のように、有害な間違い記事を堂々と垂れ流している状況にあります。

    ところで、「ギリシャはGDPの債務比率が200%に達していなかったのに『財政破綻』したじゃないか」、という反論があることは、私も十分承知しています。しかし、これについて議論するためには、「自国通貨と外国・共通通貨の違い」について知っておくことが必要であり、本日はこの議論には入りません。

    いずれにせよ、「資金循環統計」という「誰でも手に入れられる統計」すら読まずに「財政破綻」を議論する日本のマス・メディアの低レベルさには呆れますが、我々日本国民が正しい知識を持てば、消費増税が全く必要ないばかりか、むしろ消費税法自体を廃止するくらいの政策が望ましいとさえいえる、とわかるのではないかと思います。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 最近の記事の振り返りと暴走するパヨク
    ―――2017/05/27 00:00 (マスメディア論) 3コメント
  • 安倍政権、歴代5位に!
    ―――2017/05/26 17:00 (時事|国内政治) 5コメント
  • 新聞配達の思い出
    ―――2017/05/26 00:00 (雑感オピニオン) 10コメント
  • 有権者よ、反省せよ!
    ―――2017/05/25 00:00 (マスメディア論) 13コメント
  • ドイツと中国の意外な類似性
    ―――2017/05/24 00:00 (RMB|金融) 6コメント
  • 韓国も北朝鮮と同時に経済制裁?
    ―――2017/05/23 20:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人に意識改革を迫るメディアの虚報
    ―――2017/05/23 00:00 (マスメディア論) 4コメント
  • 「マネージ」と「決断」
    ―――2017/05/22 00:00 (韓国崩壊|外交) 3コメント
  • ネタの棚卸:国際的金融支援、国債論など
    ―――2017/05/21 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 今週の振り返り:朝日捏造、慰安婦、AIIB
    ―――2017/05/20 00:00 (RMB|韓国崩壊|金融) 4コメント
  • 韓国特使は何をしに来た?
    ―――2017/05/19 00:00 (韓国崩壊) 25コメント
  • ビジネスマンの手法で朝日捏造を検証する
    ―――2017/05/18 00:00 (マスメディア論) 12コメント
  • 【速報】予告:朝日の捏造仮説
    ―――2017/05/17 21:00 (時事) 4コメント
  • 成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」
    ―――2017/05/17 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIB巡る時事通信の「虚報」?
    ―――2017/05/16 06:00 (RMB|時事) 7コメント
  • 北朝鮮ミサイル危機と「自分の足で立つこと」
    ―――2017/05/16 00:00 (外交) 3コメント
  • 「国連人権委が日韓合意見直しを勧告」報道のウソ・ほか
    ―――2017/05/15 17:30 (時事) 3コメント
  • 当ウェブサイトへのコメントと週末の韓国NEWS
    ―――2017/05/15 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • AIIB「参加意思表明国」増加の真相
    ―――2017/05/14 13:30 (RMB|時事|金融) 2コメント
  • フェイク・ニュース撲滅のためには?
    ―――2017/05/14 00:00 (マスメディア論) 8コメント
  • 【速報】AIIB加盟論「再浮上」報道を検証する
    ―――2017/05/13 07:15 (RMB|時事|金融) 3コメント
  • 国同士の友好関係
    ―――2017/05/13 00:00 (韓国崩壊|外交) 10コメント
  • 「架空社説」と本日の韓国NEWSダイジェスト
    ―――2017/05/12 10:45 (時事|韓国崩壊) 9コメント
  • 専門家が見る、中国金融覇権の「無謀」
    ―――2017/05/12 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • パヨクと怪しい「報道の自由度ランキング」
    ―――2017/05/11 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 文在寅政権が破壊する日韓関係と韓国社会
    ―――2017/05/10 16:00 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 「文在寅政権」に対する官邸の反応
    ―――2017/05/10 10:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 日本人よ、「日韓新時代」を覚悟せよ!
    ―――2017/05/10 00:00 (韓国崩壊) 6コメント
  • 文在寅氏、当確か?
    ―――2017/05/09 21:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 保守論壇に対する「苦言」など
    ―――2017/05/09 14:40 (時事) 2コメント
  • 「文在寅大統領」は三拝九叩頭の礼をするのか?
    ―――2017/05/09 09:30 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 赤化統一まっしぐら?「嫁姑問題」と韓国
    ―――2017/05/09 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 金融リーダーシップを狙う日本
    ―――2017/05/08 00:00 (日韓スワップ|金融) 1コメント
  • ニコニコ顔の麻生副総理と仏頂面の中国財相
    ―――2017/05/07 20:00 (時事) 1コメント
  • ADBとAIIBの「役割分担」の時代
    ―――2017/05/07 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • AIIBと通貨スワップ・最新版
    ―――2017/05/06 17:30 (RMB|日韓スワップ|金融) 3コメント
  • 人民元のお寒い現状
    ―――2017/05/06 00:00 (RMB|金融) 1コメント
  • 中国さん、米国さん、韓国は簡単に屈しますよ!
    ―――2017/05/05 21:30 (時事) 1コメント
  • 倒産という社会的鉄槌が必要な新聞とは?
    ―――2017/05/05 00:00 (マスメディア論) 5コメント
  • 「毒まんじゅう」仮説と日韓・米韓関係の終焉
    ―――2017/05/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】犯罪をなくす画期的な憲法私案・ほか
    ―――2017/05/03 16:45 (過去ブログ) 2コメント
  • 70年間放置されてきた欠陥憲法
    ―――2017/05/03 00:00 (国内政治) 12コメント
  • 内部から腐る自民党への危機感
    ―――2017/05/02 00:00 (国内政治)
  • 読者の皆様へ―お詫びとお知らせ
    ―――2017/05/01 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 反社会的組織の行く末
    ―――2017/04/30 00:00 (政治) 4コメント
  • 私の教育の「4つの方針」
    ―――2017/04/29 00:00 (雑感オピニオン) 4コメント
  • 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか
    ―――2017/04/28 00:00 (政治その他) 4コメント
  • 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる!
    ―――2017/04/27 00:00 (マスメディア論) 2コメント
  • 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言
    ―――2017/04/26 14:30 (時事|国内政治) 6コメント
  • 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機
    ―――2017/04/26 00:00 (韓国崩壊) 5コメント
  • 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国
    ―――2017/04/25 12:00 (時事|外交) 3コメント
  • 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ
    ―――2017/04/25 00:00 (外交) 2コメント
  • 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力
    ―――2017/04/24 20:30 (時事|外交) 4コメント
  • 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む
    ―――2017/04/24 00:00 (韓国崩壊) 2コメント
  • 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」
    ―――2017/04/23 00:00 (韓国崩壊) 7コメント
  • 保守について考える
    ―――2017/04/22 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」?
    ―――2017/04/21 06:00 (時事|韓国崩壊) 2コメント
  • 金融から見た中国の「3つの夢」
    ―――2017/04/21 00:00 (RMB|金融) 3コメント
  • 緊張感を欠いた韓国メディア報道
    ―――2017/04/20 07:00 (時事) 4コメント
  • 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか
    ―――2017/04/20 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚
    ―――2017/04/19 15:00 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民
    ―――2017/04/19 00:00 (政治その他) 3コメント
  • 【訃報】渡部昇一先生を悼む
    ―――2017/04/18 09:45 (時事)
  • 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞
    ―――2017/04/18 00:00 (外交) 6コメント
  • トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か?
    ―――2017/04/17 00:00 (金融) 1コメント
  • またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
    ―――2017/04/16 00:00 (日韓スワップ|金融) 6コメント
  • 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて
    ―――2017/04/15 17:00 (時事|金融)
  • 民進党の危機はメディアの危機
    ―――2017/04/15 00:00 (マスメディア論) 4コメント
  • 日韓スワップ再開論
    ―――2017/04/14 16:00 (日韓スワップ|時事) 2コメント
  • 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来
    ―――2017/04/14 00:00 (韓国崩壊) 4コメント
  • 日本人の危機意識も捨てたものではない
    ―――2017/04/13 16:45 (時事) 3コメント
  • 韓国は友好国ではない
    ―――2017/04/13 08:00 (時事|韓国崩壊) 1コメント
  • 通名問題と金融規制
    ―――2017/04/13 00:00 (金融) 2コメント
  • 「民進党ラーメン」、食べたいですか?
    ―――2017/04/12 00:00 (国内政治) 4コメント
  • シリア攻撃の振り返りとメディア雑感
    ―――2017/04/11 00:00 (外交) 3コメント
  • 外務省の不作為はもはや犯罪級
    ―――2017/04/10 16:15 (時事) 2コメント
  • フェイク・ニュース雑感
    ―――2017/04/10 00:00 (マスメディア論) 1コメント
  • 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる
    ―――2017/04/09 00:00 (外交) 1コメント
  • 歴史を見る目
    ―――2017/04/08 00:00 (雑感オピニオン) 3コメント
  • 唐突なシリア攻撃の意味
    ―――2017/04/07 13:15 (時事|外交) 4コメント
  • 資金循環統計を「きちんと」読む
    ―――2017/04/07 00:00 (金融) 1コメント
  • この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは…
    ―――2017/04/06 10:45 (時事|韓国崩壊) 5コメント
  • 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ!
    ―――2017/04/06 00:00 (経済全般) 5コメント
  • 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を!
    ―――2017/04/05 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか
    ―――2017/04/04 15:00 (過去ブログ) 2コメント
  • 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
    ―――2017/04/04 08:45 (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 長嶺大使帰任と米中首脳会談
    ―――2017/04/04 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え?
    ―――2017/04/03 16:45 (時事|韓国崩壊) 3コメント
  • 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス
    ―――2017/04/03 00:00 (外交) 3コメント
  • 慰安婦合意破棄後の日韓関係
    ―――2017/04/02 00:00 (韓国崩壊|外交) 5コメント
  • 室谷克実さんの韓国論が面白い!
    ―――2017/04/01 00:00 (韓国崩壊) 1コメント
  • 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕
    ―――2017/03/31 08:13 (政治) 2コメント
  • AIIBとISDAマスター・アグリーメント
    ―――2017/03/31 00:00 (RMB|金融)
  • 森友問題はマスゴミと野党の問題だ
    ―――2017/03/30 09:45 (時事|国内政治) 4コメント
  • 犯罪国家韓国と日本人への苦言
    ―――2017/03/30 00:00 (国内政治) 1コメント
  • 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か?
    ―――2017/03/29 21:34 (時事)
  • 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」
    ―――2017/03/29 18:30 (時事)
  • 歴史に沈む韓国
    ―――2017/03/29 00:00 (韓国崩壊) 3コメント
  • グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練
    ―――2017/03/28 18:00 (時事|外交) 1コメント
  • 粉飾も国家がやれば無問題?
    ―――2017/03/28 00:00 (金融) 4コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告