先日、「年間の訪日旅客数が2000万人を超えた」という報道が出ていました。確かに、大勢の外国人観光客が日本を訪問してくれると、観光需要を喚起するなど、日本経済にとってはプラスの効果も大きいです。なにより、日本の「ファン」を世界中に増やすという効果もあります。ただ、内訳を分析してみると、ヨーロッパや北米などの「先進国」からの訪問客数も確かに増えているものの、入国者の「伸び」を牽引しているのは主に韓国と中国です。「訪日観光客4000万人構想」に、「落とし穴」はないのでしょうか?

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    訪日観光客2000万人時代

    JNTO統計

    日本政府観光局(JNTO)は昨日、「訪日外国人・出国日本人」に関する統計を作成し、公表しています。特に、2003年以降の日本を訪れた外国人に関する国別月次データはエクセルで提供されており、これを加工すれば、訪日観光客数の動向を見ることができます。

    ただし、JNTOの統計はエクセルでシートごとに分かれていて、非常に統計処理し辛い代物ですので、私はこれを、一枚のシートに転記し、「エクセル2003」形式にして保存しております。もしよろしければ是非、ご活用ください。(ただし、このエクセルシートにより損害を被ったとしても、責任を負うことはできません。自己責任にてご活用ください。)

    グラフ化してみた

    現時点で公表されているJNTO統計は、9月分と10月分については速報値であり、また、全ての国について出そろっている訳ではありません。というわけで、確定値ベースでは8月分までしか利用できませんが、1月から8月までの累計値、および前年9月から当年8月までの累計値それぞれについてグラフ化すると、興味深いことがわかります(図表1~4)。

    図表1 当年8月までの8か月間累計値の推移(単位:万人)
    総数 韓国 中国 台湾 香港 アジアその他 その他
    2003 336 100 27 48 18 34 110
    2004 418 110 42 76 21 40 128
    2005 455 119 43 89 20 43 141
    2006 488 141 55 91 24 41 137
    2007 551 175 64 94 29 47 143
    2008 590 181 69 100 39 53 148
    2009 441 104 66 68 29 44 130
    2010 588 165 104 89 37 55 138
    2011 394 113 65 64 22 39 92
    2012 566 135 113 98 33 60 127
    2013 686 178 84 146 49 82 147
    2014 864 178 154 190 59 115 168
    2015 1,288 255 335 247 99 150 201
    2016 1,606 329 448 289 121 169 250
    図表2 当年8月までの8か月間累計値のグラフ(単位:万人)

    20161117-jp-visit-8m

    図表3 当年8月までの12か月間累計値の推移(単位:万人)
    総数 韓国 中国 台湾 香港 アジアその他 その他
    2003 336 100 27 48 18 34 110
    2004 602 156 59 107 29 62 189
    2005 651 167 63 120 29 65 206
    2006 706 197 77 129 34 63 205
    2007 796 246 90 134 40 72 215
    2008 874 266 100 145 53 84 227
    2009 685 162 96 108 46 73 201
    2010 827 220 139 123 53 86 206
    2011 667 192 103 102 36 74 162
    2012 793 188 152 134 47 88 185
    2013 957 248 113 195 64 119 217
    2014 1,214 245 202 265 84 172 246
    2015 1,765 353 421 340 133 225 292
    2016 2,292 474 613 409 174 263 358
    図表4 当年8月までの12か月間累計値のグラフ(単位:万人)

    20161117-jp-visit-12m

    いかがでしょうか?

    確かに訪日観光客は「激増」しています。あくまでも7月までのデータですが、2014年に1000万人を突破し、今年7月までの1年間で見ると、史上初めて2000万人の大台を難なくクリアしました。政府は訪日観光客目標をさらに上方修正し、東京五輪のある2020年には4000万人(!)もの観光客の招致を目指すそうです。

    中韓両国で半数近く!

    しかし、ここで問題が一つあります。それは、訪日観光客の出身地が、「特定の国」(特に中国と韓国)に偏り過ぎている、という点です。

    同じデータを使って、各年の前年9月から当年8月までにおける「訪日観光客の出身国別割合」を、表とグラフにしてみましょう(図表5~6)。

    図表5 訪日観光客の出身国割合
    総数 韓国 中国 台湾 香港 アジアその他 その他
    2003 100% 29.8% 8.2% 14.1% 5.3% 10.0% 32.6%
    2004 100% 25.9% 9.8% 17.8% 4.8% 10.4% 31.3%
    2005 100% 25.7% 9.6% 18.5% 4.5% 10.0% 31.6%
    2006 100% 27.9% 10.9% 18.3% 4.8% 8.9% 29.1%
    2007 100% 30.8% 11.3% 16.8% 5.0% 9.0% 27.0%
    2008 100% 30.4% 11.4% 16.6% 6.1% 9.6% 25.9%
    2009 100% 23.6% 14.0% 15.7% 6.7% 10.7% 29.3%
    2010 100% 26.6% 16.8% 14.9% 6.4% 10.4% 24.9%
    2011 100% 28.7% 15.4% 15.2% 5.4% 11.0% 24.3%
    2012 100% 23.6% 19.2% 16.8% 6.0% 11.1% 23.3%
    2013 100% 25.9% 11.9% 20.4% 6.7% 12.4% 22.7%
    2014 100% 20.2% 16.6% 21.8% 6.9% 14.2% 20.2%
    2015 100% 20.0% 23.9% 19.3% 7.5% 12.8% 16.6%
    2016 100% 20.7% 26.8% 17.9% 7.6% 11.5% 15.6%
    図表6 訪日観光客の比率推移

    20161117-jp-visit-share

    訪日観光客数に占める韓国出身者の割合は、データが存在する2003年以降、一貫して30%前後に達していましたが、近年ではむしろ、韓国人の比率は20%台に低下。それでも、人数で見ると、日本に入国する韓国人数は年間500万人の大台に乗せようとしています。そして、その韓国人を追い抜いて日本に入国する外国人でトップに立っているのは中国であり、直近数値で見ると、比率でも全体の25%を超えています。私のような「ひねくれ者」からすれば、「反日国」である中韓から、これほど大勢が日本に「押し寄せている」ことが理解し辛いような気もします。

    もちろん、台湾や香港、あるいはそれ以外のアジア諸国など、「親日国」出身者の入国も増えていますし、欧米など「アジア以外」からの入国者数も300万人を超えるなど、「観光地」としての日本の魅力が高まっていることは素直に歓迎したいところではあります。しかし、「その他のアジア」、「アジア以外」が全体に占める比率で見ると、むしろ下がってしまっています。

    日本の観光政策は一長一短

    という訳で、訪日観光客数が激増したこと自体は素直に歓迎すべきことですが、その一方で、訪日観光客の出身国に偏りが生じていることは、日本の大きな課題でもあります。

    ビザやホテルの問題は?

    特に、中国人観光客が日本に「押し寄せている」ことは事実ですが、ここに多くの問題が含まれています。

    観光ビザで満足できるのか?

    まず、中国人の入国ビザの問題です。

    基本的に中国人が日本に入国する場合には、「入国ビザ」が必要です。しかし、ビジネスマンでも知識人でも文化人でもない個人観光客が、いちいち日本国内の知り合いなどから「招聘」を受けるというのも、なかなか厄介です。そこで、中国国籍者が「観光目的で」日本に入国するための特例として、「中国団体観光・個人観光ビザ」という制度が設けられていま

    外務省の「中国団体観光・個人観光ビザ」によると、現在、中国人に対して交付される「観光ビザ」は、次の4種類です(図表7)。

    図表7 中国人に対する観光ビザ
    区分 概要 備考
    団体観光ビザ 中国の関連法令に基づく「団体観光」の形式をとり、滞在期間は15日以内 「団体観光ビザ」の場合、添乗員なしの自由行動は認められない
    個人観光一次ビザ 団体観光の形式をとらない「一次ビザ」(ビザ一枚につき1回しか入国できないビザ)。滞在期間は15日または30日以内 事前に旅行日程を作成して中国の旅行会社を通じてビザを申請する
    沖縄県数次ビザ/東北三県数次ビザ 1回目に沖縄県や東北三県で1泊以上するなどの要件を満たした場合に発給される、何度でも日本に入国できるビザ。有効期間3年、1回の滞在期間は30日以内 1回目の訪問のみ旅行会社を通じてビザを申請すれば2回目以降は旅行会社に旅行手配を依頼する必要はない。発給対象者は十分な経済力を有する者とその家族などに限られる
    相当な高所得者用数次ビザ 有効期間5年、1回の滞在期間90日以内の数次ビザ 1回目だけ旅行会社を通じてビザを申請すれば2回目以降は旅行会社に旅行手配を依頼する必要はない

    (【出所】外務省ウェブサイト

    今年7月までの1年間で日本に入国した605万人もの中国人は、多くの場合、「団体観光ビザ」で日本に入国しているものと考えられます。しかし、その「団体旅行」を主宰するのはあくまでも中国国内の旅行会社です。

    いわば、中国の旅行会社を「身元保証人」にすることで、中国人観光客が日本国内で「失踪」することを防ぐ仕組みですが、その反面、中国の旅行会社と「つるんだ」悪質なツアー・ガイドが、日本国内で中国人を相手に「ぼったくり」行為を行っているというニュースもあります(たとえば次の記事)。

    日本旅行でぼったくられる中国人観光客 日本よ、もっとしっかり取り締まれ! =中国メディア(2016-05-04 10:37付 サーチナより)

    いくつかの報道によると、悪質な場合は、たとえば

    • 日本旅行で「免税店」に連れていかれた中国人観光客がガイドなどの強引な「おすすめ」によって市価の数倍の値段で健康食品などを買わされる
    • 冷め切った料理を提供される

    など、「おもてなし」と縁遠い行為がなされているようなのです。

    もちろん、こうしたニュースが本当かどうか、現在のところ私自身に確かめる術はありません。しかし、仮に「中国本土の悪質な業者」と「日本の悪質な店舗」がタッグを組んでいたとすれば、このような行為が蔓延しても不思議ではありません。

    民泊の取締りとホテルの整備は?

    実は、私自身が新宿で暮らし、働いているという事情もあるのですが、私自身が居住するマンションに、どうやら外国人らからお金を取って宿泊させるという「民泊物件」があるようなのです。

    民泊とは、旅館業法上の旅館・ホテルなどの営業許可を取らないで、違法に外国人らを宿泊させる行為であり、立派な法令違反です。もちろん、規制緩和に伴い、すでに一部の「特区」では限定的に民泊が解禁されていて、来年度からは法令改正により本格的に民泊が解禁されるようです。しかし、現時点で一般の人々が居住するマンションの一室に、不特定多数の外国人を宿泊させる行為は、明らかな違法行為でしょう。

    また、私自身が東京以外の地域にお客様との契約を持っているため、時々、地方に出張に出かけるのですが、その際もここ数年、ビジネスホテルも満室になっていることが多く、確かにホテルを取り辛い状況が生じています。

    万全ではない「訪日4000万人計画」

    最近のJNTO統計からは、訪日観光客が増えていることは確実に言えるのですが、その一方で、観光客が特定国出身者に偏るとか、ホテルの整備が間に合わず、民泊で居住環境にトラブルが発生するとか、そいうったことが発生すると、明らかに本末転倒です。

    特に、年間600万人という中国人観光客が、日本に来て「ぼったくりツアー」で嫌な思いをして帰っていく、といったことがあると、非常に困りものです。国交省などの当局は、旅行代理店のサービスが適正かどうかについて、きちんと監視すべきでしょう。

    また、日本を訪問する観光客の多くが、「反日国」である中国と韓国の出身者で占められているというのも大きな問題でしょう。特に、博多港から出港する韓国行きの高速船では手荷物検査等がなされていないらしく、時々、日本国内からの盗品が朝鮮半島にわたっているという話も聞きます。

    少なくとも観光行政とは、「観光客がたくさん日本にやって来て嬉しいな」、などという単純なものではないことは間違いありません。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告