米国で繰り広げられる「反トランプ・デモ」を見ていると、強い違和感を抱きます。「民主主義国」で「民主的な手続」により大統領に選出された候補を「認めない」とするデモは、日本でも国会議事堂前で繰り広げられた「反安保デモ」と似ている気がします。本日は「政治を見る視点」から、最近のニュースを眺めていきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    政治を見る視点

    当ウェブサイトは、もともと、経済・金融分野に関する専門知識をベースにして、様々な話題を議論するという趣旨で設立したものです。しかし、やはり実際にウェブサイトを運営してみると、政治的な視点(とくに外交的な視点)がなければ、世の中の物事を正しく分析することができない、ということがよくわかります。

    なぜこんなことを申し上げるのかといえば、米国でドナルド・トランプ氏が大統領に当選し、フィリピンで「ナショナリスト」であるドゥテルテ氏が大統領に就任し、欧州連合(EU)では「極右政党」なる政党が次々と台頭しているからです。

    世界中で「ナショナリスト」が勢力を台頭させ、政権を握り始めている理由の一つには、やはり「行き過ぎたグローバリズム」に対する反動があるのではないかと思うのです。来年は1月にトランプ氏が米国大統領に就任し、その後はドイツ、フランスなどで選挙が相次ぎます。また、英国のEU離脱手続も進展するはずです。

    世界情勢の分析がますます「面白く」なりそうです。その意味でも、このウェブサイトを「政治経済評論」と名付けておいて良かったと思う今日この頃です。

    相次ぐ反トランプ・デモ

    米国では、ドナルド・トランプ候補が勝利を収めたことに対し、各地でデモ行進が相次いでいると報じられています。

    反トランプデモ収まらず NYでは1万人行進/ポートランドでは発砲も(2016/11/13 6:18付 日本経済新聞電子版より)
    Weekend brings more anti-Trump protests across nation(2016/11/12 23:33付 CNNより)

    CNNによると、数千人規模の抗議集団がニューヨーク、ロサンゼルス(LA)、マイアミなどの街頭を行進。さらに高速道路を群衆が占拠するなどの混乱も生じており、一部で暴徒化したデモ隊を制圧するためにLA市警が発砲し、逮捕者が出たことなどを明らかにしているとのことです。

    また、ドナルド・トランプ氏を模した人形を子供たちが棒で叩き、周囲の大人がそれを囃し立てる、という、先進国にあるまじき、非常に恥ずべき行動も行われているようです。

    韓国では「21世紀最大」の大統領退陣デモ

    韓国では、朴槿恵(ぼく・きんけい)大統領が民間人である崔順実(さい・じゅんじつ)氏に対し、国家機密を含めた国政情報を漏らしていたことが大きな問題となり、連日、韓国が揺れています。先週土曜日の夜には、韓国の首都の都心部で大規模集会が行われ、主催者発表で100万人、警察発表でも25万人以上が参加した模様です。

    ソウル都心で「朴槿恵下野」求め大規模集会…主催者側推定で100万人参加(2016年11月13日09時27分付 中央日報日本語版より)

    「主催者発表」の数値が「警察発表」の数値の4倍にも膨らんでいるのはご愛嬌ですが、韓国では週末ごとに大規模なデモが行われていて、しかも回を追うごとに参加者数が数倍に増えているというのは注目に値します。

    自分で選んだ大統領なのに…

    私がこの二つのデモ行進を見ていて思うのは、「自分たちで選んだ大統領なのに」、という強い違和感です。

    中国のような独裁国家ならいざ知らず、米国も韓国もれっきとした民主主義国家です。そして、それぞれ法律の規定に基づいて民主的に選挙が行われ、正々堂々と大統領に選出されたわけです。

    韓国の場合は、大統領に就任した後で不祥事が判明したということなので、まだ話は分かります。しかし、米国の場合は明らかに、まだ大統領に就任していないトランプ氏に対し、その結果を受け入れないとしてデモが発生しているのです。これは、明らかに民主主義の否定でしょう。

    確かに、米国が「選挙人制度」という前時代的な選挙制度を改めないことにも大きな問題があります。実際、ヒラリー・クリントン候補の得た票数は、ドナルド・トランプ候補が得た票数を少しだけ上回っていました。それなのに、獲得した選挙人はトランプ氏が290人に対し、クリントン氏が228人に留まるという結果でした。

    米国にはメディア不信か?

    さて、事前報道では、大統領選ではクリントン氏がリードしていたはずです。以前、米大統領選の直前の11月8日時点で執筆した『アメリカ大統領選と日本』で、私は、次のように述べました。

    「現時点のWSJオンライン(USエディション)によると、ヒラリー・クリントン候補が獲得する見通しの選挙人は、当選に必要な270人を超える278人に達しており、対するドナルド・トランプ候補が確実にしている選挙人は215人である、とのことです。これで見る限り、大統領選を制する可能性が高いのはヒラリー・クリントン候補であるといえます。」

    しかし、実際にふたを開けてみれば、ヒラリー・クリントン候補が獲得した選挙人の数は278人に遥かに届かない228人で、WSJオンラインの予想は完全に外れました。

    なぜここまで大きく予想が外れたのでしょうか?

    理由は二つ考えられます。一つは、米国で世論調査の「精度」が落ちている可能性です。日本の場合、独占商売にアグラをかいてきたマス・メディアの取材能力の劣化が著しくなっていますが、これと似たような現象が、米国でも生じているのかもしれません。

    特に、米国の有権者が「トランプ支持者」であっても、それを公言せず、マス・メディアの取材に「ウソ」をついている可能性は、以前から指摘されてきました。もしかすると、日本で生じているのと同じような「マス・メディア不信」が発生しているのかもしれません。

    メディアの偏向報道?

    もう一つの可能性は、メディアが「トランプ優位」を掴んでいながら、事前に操作をし、有権者に対し「ヒラリー優位」であるかのような印象付けを行っていた可能性です。私はむしろ、可能性はこちらの方が高いと思います。

    もちろん、世論調査の結果を「操作」していたら、それは「捏造」であり、「論外」でしょう。ただ、マス・メディアが特定の政党・候補を勝たせようとして、大なり小なりの「偏向報道」をするという傾向は否定できません。2009年8月の日本の事例は極端だったにせよ、日本のメディア(特に朝日新聞などの極左メディア)の偏向(あるいは捏造)体質は全く改まっていません。

    こうした「マス・メディアの偏向報道」という傾向が、米国でも出ているのかもしれません。

    弱すぎる政権は問題

    日本は長年、「1年ごとに首相が交代する」という政治的な不安定状態が続いて来ました。しかし、2012年12月に「第二次安倍政権」が成立して以降は、政権基盤が安定し、何かと問題を抱えながらも日本経済が着実に回復基調にあることは間違いないでしょう。

    日本で政権基盤が安定すると、真っ先に影響が出てくるのは外交力です。安倍晋三総理自身が「外交センス」に溢れた政治家であるという事情もあるものの、安倍政権成立以来、日本の外交的立場は間違いなく上昇しています。

    【余談ですが、一番大事な項目は「経済」であり、有効な財政政策を欠いている状態では、日本経済のさらなる浮上は困難です。せっかく日本銀行が旺盛な量的緩和を行っているのですから、財政政策(あるいは減税、特に消費税の廃止)により日本経済の爆発的な浮揚を図るチャンスが生じているのです。】

    対米関係ではTPPと安保

    さて、トランプ大統領が誕生することが確定した現在、ここ数か月の日本外交にとっての最優先課題は、対米関係をどのように構築するかに尽きます。

    環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡って、トランプ氏は就任初日に「破棄する」と明言しています。私自身はTPPについて、日本にとって良い面と悪い面があると思うものの、「外交的な約束を次期政権が覆す」ということは許されません。そして、日本が仮にトランプ政権の「変心」を許したら、日本が他の国と形成した合意も覆されかねません。

    また、日本は少しずつ、軍事的自立に向けて法的整備を続けていますが、それでも今この瞬間、中国が尖閣諸島への侵略を始めた時に、防戦できません。今のところは日米安保条約を維持しなければならないことは間違いないでしょう。

    米国に対する交渉的優位を生かすチャンス

    ただ、トランプ政権の出現は、日本にとって、悪いことではありません。

    例えば、「TPP破棄」を巡って、米国に対し強硬な外交交渉をするチャンスがある、ということです。仮に日本がTPP破棄に応じたら、トランプ氏にとっては政権浮揚につながります。外交も「貸し借り」のようなものですから、安倍政権がトランプ氏に「大きな貸し」を作ることができれば、日本にとっては非常に大きなチャンスが生じます。

    そして、米国に「貸し」を作り、何か「返してもらう」とすれば、自主憲法制定、自主外交の容認、ということでしょう。

    折しもトランプ氏は「在日・在韓・在独米軍の撤収」を主張しています。日本としては、在日米軍の縮小・撤収とあわせて、憲法第9条第2項を破棄し、自主防衛体制を確立するチャンスです。

    当事者能力を失う韓国

    そして、相手国政府が弱すぎるのは大きな問題です。

    トランプ氏自身も民主主義国家・米国で大統領に選出された以上、どんな「すっとんきょうな」選挙公約を掲げたとしても、民心に反する政策を強引に遂行することはできません。

    その意味で、日本の周囲に「弱すぎる政府」、あるいは「既に当事者能力を失っている」国があります。それが韓国です。

    例えば、昨年冬に、日本は韓国と「慰安婦問題の最終的な解決」で「合意」しましたが、韓国の場合は政権が交代すると、前政権が外国と約束した内容を反故にしてしまう傾向があります。そして、朴槿恵政権が任期をあと1年少々残してコントロール不能になってしまうのも困りものです。

    通貨スワップによって韓国を「支配」する?

    誤解を防ぐためにあらかじめ申し上げておきますが、私は現在日韓両国政府が「協議している」とされる日韓通貨スワップ協定の締結については反対です。なぜなら、日韓スワップは外貨ポジションが脆弱な韓国に対する日本からの一方的な支援であり、しかも通貨スワップを提供すれば、韓国の反日がますます激しくなることは間違いありません。

    ただし、敢えて私が安倍政権の「戦略」を忖度(そんたく)するなら、日本が韓国に対してスワップを提供するとすれば、その目的は「日本が韓国を支配下に置くため」です。

    韓国は恒常的に外貨不足に陥りやすい国ですが、通貨スワップがあれば、外貨ポジションの安定に寄与します。逆に、いったん通貨スワップ協定が再開されると、韓国にとってはスワップを停止されることが一種の「牽制」として機能します。一昨日も『老獪な菅官房長官の「日韓スワップ」発言』で触れたとおり、スワップにきちんとした「特約」をつけることができれば、日本が韓国をうまく「支配」することができます。

    もちろん、「うまく使えれば」、という前提ですが…。

    日本が主体的に外交をするために…

    アメリカでトランプ政権が出現することは、確かに米国のメディアから見ても「想定外」であり、彼らにも戸惑いがみられることは間違いありません。ただ、「想定外」だからこそ、我々日本にとっては、これを自主外交のチャンスとして生かすべき局面なのです。

    少なくとも日本は「経済大国」ではありますが、軍事的には憲法第9条第2項という理不尽な条項に縛られています。確かにトランプ政権の出現は日米同盟の在り方にもどのような影響を与えるのかが懸念されますが、逆に憲法第9条第2項の撤廃に向けて議論が進むチャンスでもあります。

    私は今後1年の日米関係に強く関心を持って眺めていきたいと思います。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告