長年私は、韓国が「外貨準備」や「対外純債権」などの基本的な国家統計でウソをついているのではないか、とする疑問を抱いています。韓国の統計には不自然な個所が多く、たとえば韓国は「日本円換算で40兆円近い外貨準備がある」とする統計を公表していますが、私の予想では、韓国の中央銀行である韓国銀行が約40兆円の不良資産を抱えており、これを「外貨準備だ」と偽っているのが実態だと思います。そこで、本日は『「韓国経済崩壊論」を金融面から検証する』の続編として、韓国の「対外債務構造」の問題点について触れてみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    問題意識

    以前私は『「韓国経済崩壊論」を金融面から検証する』と題した記事を、当ウェブサイトに掲載しました。これは、「金融面から見えてくる韓国経済の基本的な三つの問題点」を「資金循環統計」という客観的証拠から浮き彫りにするという試みで、あまり日本のメディアが取り上げないものです。ところで、この記事を投稿したあとも、私は韓国の資金循環統計をじっくりと読み込んでいるのですが、読めば読むほど韓国が「金融危機」「通貨危機」を発生させやすい構造を取っていることがわかります。本日は、ある報道をきっかけに、『「韓国経済崩壊論」を金融面から検証する』の続編として、「対外債務構造」について考えてみたいと思います。

    韓国報道:韓国から債券投資家が「逃げ出す」

    ずっととり上げたくて、他のニュースに忙殺されていた話題があります。それは、今週の韓国のメディア「中央日報日本語版」に掲載された、このニュースです。

    韓経:韓国債券を売る外国人…保有残高は2013年以来の最低水準(2016年11月08日11時07分付 中央日報日本語版より)

    リンク先の「中央日報日本語版」の記事は、「外国人が韓国の債券を売った」というものです。記事によると、

    「外国人の韓国国内債券保有残高は2013年1月以来の最低水準となる91兆6000億ウォンになった」

    としていますが、実は、この短い記事から、韓国政府の「外貨管理の問題点」が浮かび上がります。

    そこで、本日は、「国際収支」と「外貨準備」の関係について、少し専門的な話も交えながら解説を試みたいと思います。

    国際的な「投資」の種類

    まず、前提条件として、国境をまたいだ「投資」には、いくつかの種類があります。日本の「外為法」等による分類を参考に、主なものを列挙すると、「対外直接投資(FDI)」、「対外証券投資」などがあり、また、「対外証券投資」も投資対象の通貨が自国通貨なのか、外国通貨なのかによって分かれます(図表1)。

    図表1 外国からの「投資」の種類
    区分 定義 具体例
    対外直接投資(Foreign Direct Investment, FDI) 外国で事業活動を行うために子会社・関連会社を設立し、または運転・設備資金等を貸し付けること 外国の会社が自国内に子会社を設立したり、工場を建設したり、設備投資をしたりすること
    対外証券投資 資金運用を目的として外国の政府・企業が発行する有価証券を購入すること 円債(サムライ債、ユーロ円債)、外貨建の外国債券、外国株式 等
    対外証券投資のうち、その国の通貨による投資 投資相手国の通貨で発行された有価証券を購入すること 中国企業の人民元建て債券、韓国企業のウォン建て債券 等
    対外証券投資のうち、その国以外の通貨による投資 投資相手国以外の通貨(米ドル、ユーロ、円など)で発行された有価証券を購入すること 韓国企業が日本国内で発行した円建ての社債(いわゆるサムライ債) 等

    日本だと、日本企業が「外貨建の債券」を発行するケースはそれほど多くありません。日本の債券市場の規模は約1000兆円少々ですが、「居住者発行外債」の金額は2016年6月末時点で、わずか27.5兆円に過ぎません。これに対して、日本が外国に投資している「対外証券投資」の残高は519兆円(!)で、日本が外国から借りている外貨の実に20倍弱もの金額を外国に貸し付けているということです。

    日本の外国との「資金授受の状況」をまとめておきましょう(図表2)。

    図表2 日本と外国との投資
    区分 項目 金額(億円)
    日本から外国への投資等 貸出 1,304,061
    対外直接投資 1,288,760
    対外証券投資 5,189,722
    (上記以外) 1,260,462
    合計(①) 9,043,005
    外国から日本への投資等 貸出 1,566,880
    国内株式 1,661,486
    国内債券 1,365,972
    (上記以外) 1,172,397
    合計(②) 5,766,735
    対外純債権 ①-② 3,276,270

    金額の表示が「億円単位」であるため、多少見辛いのですが、簡単に言うと、日本が外国に対して投資している金額の合計が約904兆円(①)で、外国が日本に対して投資している金額の合計が約577兆円(②)、その差額である約328兆円が「対外純債権」です。

    (余談ですが、「日本は世界最大の金持ち国家だ」、という言い方もできますが、日本国内で使いきれなかった300兆円を超えるお金が外国に流出している、という言い方もできます。確かに外国から受け取る利子や配当が恒常的に日本に入ってくるというのは好ましいものの、日本国内に投資する先がないというのも困りものです。)

    すぐに逃げ出す投資

    ここで重要なことは、「対外直接投資」と「対外投資投資」の違いです。

    「対外直接投資」とは、企業が海外で事業を展開する時に発生する投資であり、たとえば現地に工場や店舗を建てたりするための資金です。このため、何か「困ったこと」が発生しても、すぐに引き上げることができません。最近、中国に進出した日本企業が、中国から撤退しようとしてもなかなか撤退できないというニュースをよく見かけますが、これは「対外直接投資」の性質上、仕方がないことです。

    これに対し、「対外証券投資」とは、主に有価証券に対する投資であり、主に銀行や生保、年金などの大口投資家が「資金運用」の一環として行っているものです。このため、債券や株式など、「売りたいときにいつでも売れる」という金融商品が中心であり、たとえば「カントリー・リスク」が高まると、すぐに逃げてしまう、という性質があります。

    つまり、対外証券投資残高を見ていれば、外国人投資家がその国の市場をどのように評価しているかという指標に使える、ということです。

    危険度が高いのは「外債調達」

    証券投資について、重要な観点がもう一つあります。それは、債券などを発行している通貨が「自国通貨建て」か「外貨建て」か、という違いです。

    まず、「外国人投資家」が保有している「自国の債券」や「自国の株式」がいくら売られても、自国の株価が下がったり金利が上がったりするだけであり、それらの問題を除けば大きな問題はありません。

    しかし、「外国人投資家」から「外債」でお金を借りることができなくなれば、即、「国のデフォルト」が現実味を帯びてきます。たとえば、アルゼンチンやロシア、ギリシャ(※)などのように、外貨で国債を発行していた場合、国であっても「デフォルト」することがあるのです。

    (※)なお、ギリシャの場合は厳密にいえば「外貨」ではなく「共通通貨」ですが、「通貨発行権がない通貨で発行された債券である」という意味では、「外債」と全く同じです。

    つまり、「国全体がどの通貨でお金を借りているか」という観点こそが、通貨危機を議論するうえで、とても重要なのです(図表3)。

    図表3 国全体がどの通貨でお金を借りているか
    区分 概要 備考
    自国通貨での資金調達 自国の主権で発行した通貨(日本ならば円、中国ならば人民元)でお金を借りること お金を貸してくれる人が少なくなれば金利が上がるが、その場合でも金利さえ払えばお金を借りることは可能
    共通通貨・外国通貨での資金調達 自国の主権が及ばない通貨(例えば日本にとっての米ドル、ギリシャにとってのユーロ)でお金を借りること たとえ国家であっても、自国通貨以外のお金を「刷る」ことはできない

    そして、「国全体が外貨でたくさんのお金を借りている」状態で、「国全体(金融機関、民間企業など)が外貨資金繰りに苦労している」という国が、日本の隣にあります。それが韓国です。

    改めて見る、韓国の資金循環統計

    それでは、実際の韓国全体の資金調達構造は、いったいどうなっているのでしょうか?ここでは、韓国銀行のウェブサイトで公表されている「資金循環統計」(Flow of Funds)から、外国と韓国がどうかかわっているのか、実際の数値で確かめてみましょう。

    韓国全体では30兆円程度の「黒字」だが…

    「外国から多額のお金を借りる」という発想がない日本人からすると理解し辛いのですが、実は韓国の場合、外貨建で外国からたくさんのお金を借りています。ただし、韓国の金融機関や企業なども対外直接投資等を行っており、国全体としてみると、30兆円程度の「黒字」です。このことを、上記「図表2」と同じような形式で確認してみましょう(図表4)。

    図表4 韓国と外国との投資
    区分 項目 金額(十億ウォン)
    韓国から外国への投資等 外貨建債券 120,327
    株式等 185,554
    対外直接投資 341,518
    「その他」 603,793
    上記以外 133,695
    合計(①) 1,384,887
    外国から韓国への投資等 対外直接投資 210,085
    国内債券 95,825
    外貨建債券 141,362
    株式等 421,897
    「その他」 165,873
    (上記以外) 82,746
    合計(②) 1,117,788
    対外純債権 ①-② 267,099

    2016年6月末時点で、韓国から外国への投資残高が1385兆ウォン(約154兆円)、外国から韓国への投資残高は1118兆ウォン(約124兆円)、差し引きで対外純債権は267兆ウォン(約30兆円)程度です。

    ただし、この韓国の統計にはいろいろと問題があります。

    多すぎる「その他」資産は不良資産ではないのか?

    まず、資金循環統計上の最大の問題点は、「その他の外国債権債務」(Other Foreign Claims and Debts、以下「その他」)勘定の金額が大きすぎる、という点です。

    韓国から外国に対する投資残高1385兆ウォン(約154兆円)のうち、「その他」勘定は実に604兆ウォン(約67兆円)と実に約半分に達しています(ただし、円換算額は1円=9ウォンと考えた場合)。これはいったい何なのでしょうか?

    この「その他」の金額、604兆ウォンのうち、約半額は中央銀行である「韓国銀行」が保有しているほか、預金取扱金融機関などが保有しています(図表5)。

    図表5 「その他」勘定の保有主体別内訳
    保有主体 金額(十億ウォン) 円換算
    中央銀行 374,232 約42兆円
    民間銀行 104,125 約12兆円
    ノンバンク 38,059 約4兆円
    一般政府 65,574 約7兆円
    上記以外 21,803 約2兆円
    合計 603,793 約67兆円

    (ここでも1円≒9ウォンと仮定して換算)

    「その他」項目を見に行くと、その過半は中央銀行が保有していますが、これは奇しくも、韓国銀行が「外貨準備だ」と主張している金額(3752億ドル、1ドル=100円とすると約38兆円)と似通っています。

    韓国の外貨準備高 4カ月ぶり減少(2016/11/03 08:25付 朝鮮日報日本語版より)

    もしかすると、この「その他」という資産項目は、韓国が海外に投資し、リーマン・ショックなどで回収できなくなった不良資産の残骸ではないでしょうか?あくまでも仮説ですが、少なくとも韓国の外貨準備の大部分は「粉飾決算」である、という可能性が出て来てしまうのです。

    外国からの借金にも「その他」が!

    この「多すぎる『その他』勘定」の問題は、もう一つあります。それは、韓国が外国から借りている方の金額である、166兆ウォン(約18兆円)です。金額的には「韓国から外国への投資」よりもずっと少ないものの、韓国全体の対外負債の金額1118兆ウォン(約124兆円)と比べて「その他」が占める金額は、約15%です。さすがに多すぎます。

    この金額については、先日も『「韓国経済崩壊論」を金融面から検証する』の中で触れたとおり、韓国の企業や銀行が外国の銀行からお金を借りた時に、「その他」勘定で処理しているのではないかとの疑いが濃厚です。

    韓国の実態バランスとは?

    そこで、この「その他」勘定のうち、資産の方は「外国に対する不良資産で回収可能性がゼロ」、負債の方は「外国から外貨で借り入れた借金をごまかしている」と仮定して、図表4を書き換えてみましょう。すると、図表6のとおり、韓国は337兆ウォン(約37兆円)もの対外純債務を負っている、という計算です。

    図表6 書き換えた韓国のバランス
    区分 項目 金額(十億ウォン)
    韓国から外国への投資等 外貨建債券 120,327
    株式等 185,554
    対外直接投資 341,518
    「その他」 603,793⇒ゼロ
    上記以外 133,695
    合計(①) 1,384,887⇒781,094
    外国から韓国への投資等 対外直接投資 210,085
    国内債券 95,825
    外貨建債券 141,362
    株式等 421,897
    「その他」⇒外貨建借入 165,873
    (上記以外) 82,746
    合計(②) 1,117,788
    対外純債権 ①-② 267,099⇒▲336,694

    つまり、韓国は「マイナスの対外純債権」(対外純債務)を負っていて、しかも外貨建債券(141兆ウォン、約16兆円)と「その他」の借入金(166兆ウォン、約18兆円)を足した307兆ウォン(約34兆円)の外貨を借り入れている、という計算です。これが事実なら、韓国の外貨ポジションは相当に危険な状況です。

    外国人投資家が国内債を売るのは問題ないが…

    冒頭に紹介した「中央日報日本語版」の記事は、外国人投資家が「韓国の国内債を売っている」という話でした。実は、外国人が韓国の「国内債」を売る分には、全く問題がありません。というのも、ウォン資金は韓国国内にあるため、外国人がウォンを外貨に両替して外国に資金を引き揚げたとしても、ウォン安になるだけの話であり、ウォンが市場から消滅してしまう訳ではないからです。

    しかし、問題はウォン市場そのものの規模が小さく、ちょっとした金額が動くと、すぐにウォンが「暴落」してしまいます。韓国銀行が頻繁に為替介入を行っているのは、これを防ぐためではないでしょうか?

    (なお、米国財務省が韓国を「為替操作監視対象国」に認定した真相については、『「日本が為替監視対象国」報道の真相』をご参照ください。)

    「外国人投資家が韓国に投資しているウォン資金を引き揚げるために、ウォンを外貨に両替するが、その過程でウォン安が発生するため、韓国銀行が為替介入をし、ドル資金を売却してウォンを買い入れる…。」

    実は、このストーリー自体、『「日本が為替監視対象国」報道の真相』で説明したとおり、米国財務省が公式に認定している話です。

    ちなみに日本などの先進国の場合、外国人投資家が投資資金を引き揚げるとしても、円資金を外貨に両替するのは完全に市場原理に委ねられています。なぜなら、日本などの主要国は、為替水準に対して原則として不介入を貫いているからです。

    問題だらけの韓国

    いずれにせよ、今までの当ウェブサイトでの議論をまとめておくと、韓国には随分と問題が山積しているようです。

    • 頻繁に為替介入を繰り返しては米国に睨まれる。
    • 本当に「約40兆円の外貨準備」があるのかが怪しい。
    • あれだけ国を挙げて日本を侮辱しておきながら、日本とのスワップを欲しがる。

    そして、中国や韓国は、GDP統計などの基本的な統計で「ウソをつく」という可能性に注意が必要でしょう。私の見立てでは、韓国の統計には、特に外貨準備や対外純債権の部分で、かなりのウソが混じっています。

    日本の財務省にも、こんな国と通貨スワップを締結することがどれほどのリスクであるか、今一度、しっかりと認識してもらいたいと思います。

    関連記事

    日韓スワップや人民元、ハード・カレンシーなどの過去の記事や「用語集」などについては、次のリンクもご参照ください。

    日韓スワップ等に関する関連記事

  • 2017/04/16: またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
  • 2017/04/14: 日韓スワップ再開論
  • 2017/04/04: 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
  • 2017/03/07: スワップに苦しむ韓国のメディア報道
  • 2017/03/07: インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国
  • 2017/02/28: 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」
  • 2017/02/27: 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に…
  • 2017/02/20: インドネシアとの通貨スワップはどうなった?
  • 2017/02/09: 豪ドル・スワップは「焼け石に水」
  • 2017/02/08: 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増
  • 2017/01/28: スワップ協定全般アップデート
  • 2017/01/19: 日韓スワップ再開は潰えた
  • 2017/01/18: そろそろ韓国経済破綻への備えが必要だ
  • 2017/01/08: 韓国経済、あと1年が勝負?
  • 2017/01/07: 慰安婦問題を巡る本当の闘いは始まったばかりだ!
  • 2017/01/06: 【速報】中途半端ながらも対韓制裁が実現
  • 2017/01/02: 新春ネタ「三つの経済爆弾抱える韓国」
  • 2016/12/22: あれほど「為替介入と量的緩和は違う」と…
  • 2016/12/13: 「約束を破る国」の通貨は信用されない
  • 2016/12/12: 日韓スワップ再開はペンディング?
  • 2016/12/07: 日韓スワップ巡る「麻生発言」と韓国の反応
  • 2016/12/04: 韓国の外貨準備の75%はウソ?
  • 2016/12/02: 速報【産経報道】日韓スワップ交渉、長期停滞か?・ほか
  • 2016/11/29: 深刻化する韓国経済危機と安易な日韓スワップ再開論
  • 2016/11/16: 片山さつき氏の日韓スワップ論に思う
  • 2016/11/13: 老獪な菅官房長官の「日韓スワップ」発言
  • 2016/11/11: 「韓国経済崩壊論」と韓国の不良資産疑惑
  • 2016/10/27: 専門家が見る、韓国が「日本との」通貨スワップを欲しがるわけ
  • 2016/10/13: 韓国から見た日韓スワップの必要性
  • 2016/10/12: SDRとは?
  • 2016/10/07: 「日韓通貨スワップ協定」深掘り解説
  • 2016/09/30: 日韓スワップ「500億ドル」の怪
  • 2016/09/17: 専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」
  • 2016/09/14: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/08/29: 日韓通貨スワップ協定巡る不信感
  • 2016/08/27: 日韓通貨スワップと安倍政権の説明責任
  • 人民元等に関する関連記事

    経済・金融に関する用語集

    どうか引き続き、当ウェブサイトをご愛読ください。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告