日本時間の明日、大勢が判明するとみられる米国大統領選では、どちらの候補が勝っても、米国の指導力の低下は免れないでしょう。その一方、安倍総理の動静を調べたところ、9月以来、実に34もの国・国際機関の長・要人らと会談しています。そして、フィリピンのドゥテルテ大統領、ミャンマーのスー・チー国家最高顧問らが、相次いで日本を訪問しました。ふと気づくと、日本の立場が戦後、最も強くなっているように思えます。これは、日本が「自由で民主的な社会のリーダー」となるための、絶好の機会ではないかと思えるのです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと気づく、「日本の立場」

近況報告

最近、既に締切が過ぎた専門書籍の原稿とセミナー資料、それから自分の会社の決算作業という「三つの課題」を抱えて、アップアップしている「新宿会計士」です(笑)

ところが、今年7月に開設したこちらの「政治経済評論」については、書きたいネタの方が山のように押し寄せています。つまり、会社の本業でも評論でも、やや多忙すぎる状況です。少しずつ合理化せねば…(笑)

とういわけで、本日の記事は、「ふとした気付き」をベースに組み立ててみたいと思います。

空飛ぶ総理大臣の面目躍如

先ほど、ふと気になって安倍総理の日程を確認してみたのですが、9月から昨日までの2か月少々で、実に34もの国・国際機関の長・要人らと会談しています(図表参照、ただし、フィリピンやブラジル、ミャンマーなど、重複して会談しているケースもありますが…)。

図表 安倍総理と外国要人との面会
面会場所 日付 安倍総理が面会した外国要人
東方経済フォーラム出席等 9月2日 ロシア・プーチン大統領
G20杭州サミット出席等 9月5日 ブラジル・ルリア大統領、中国・習近平国家主席、エジプト・エルシーシ大統領
ASEAN関連首脳会議出席等 9月6日 フィリピン・ドゥテルテ大統領、ラオス・シースリット首相
9月7日 ラオス・ヴォーラチット国家主席、ミャンマー・アウン・サン・スー・チー国家最高顧問、オーストラリア・ターンブル首相、韓国・朴槿恵大統領、インド・モディ首相、ベトナム・フック首相
米国訪問 9月19日 カタール・サーニ首長、国連総会・トムソン議長、コロンビア・カルデロン大統領、米国・クリントン前米国国務長官
9月20日 英国・メイ首相、ウクライナ・ポロシェンコ大統領、パキスタン・シャリフ首相、国連・潘基文事務総長
9月21日 トルコ共和国・エルドアン大統領、米国・バイデン副大統領、イラン・ローハニ大統領
キューバ訪問 9月22日 キューバ・カストロ国家評議会議長/フィデル・ カストロ前キューバ国家評議会議長
迎賓館赤坂離宮 9月28日 シンガポール・リー・シェンロン首相
首相官邸 10月7日 インドネシア・パンジャイタン海洋担当調整大臣、東ティモール・グスマン指導大臣兼計画・戦略投資大臣
迎賓館赤坂離宮 10月12日 ベルギー王国・フィリップ国王
首相官邸 10月14日 モンゴル・エルデネバト首相
首相官邸 10月19日 ブラジル・ルリア大統領
首相官邸 10月26日 フィリピン・ドゥテルテ大統領
迎賓館赤坂離宮 10月27日 ヨルダン・フセイン国王
首相官邸 11月1日 米州開発銀行・モレノ総裁
迎賓館赤坂離宮 11月2日 ミャンマー・アウン・サン・スー・チー国家最高顧問

ここに列挙したのは、わずか2か月少々の人数です。私はこれを見て、シンプルに「すごい人数だ」と思います。歴代の日本の首相がここまで大勢の外国要人と精力的に会うなど、考えられなかったことです。

これだけの国の要人が日本に来るということ

もっとも、日本の場合、国会日程が始まってしまうと、総理大臣は国会に出席する義務から、おいそれと外遊することができなくなります。しかし、首脳会談とは、「日本から安倍総理が外国に出かけること」だけでなく、「外国から要人が日本を訪れること」でも実施できます。

実際、「安倍外交」は国会日程開始後も精力的に続いています。9月28日のシンガポールのリー・シェンロン首相を皮切りに、先週までに実に10人もの要人(うち国家元首級・首脳級が7人)が日本を訪れました(※なお、ここに記載していませんが、9月1日にはG7下院議長団も安倍総理を表敬しています)。

これだけ多くの国から、国家元首・首相級を含めた要人が頻繁に来日するということは、日本の外交的な能力が高まっている証拠だと見て良いでしょう。私は、こうした流れを素直に歓迎したいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



中国と「対等に」渡り合う時代?

青山繁晴さんのコメントに気付く

ところで、インターネット番組「真相深入り虎ノ門ニュース」には、毎週月曜日に、参議院議員で独立総合研究所元社長の青山繁晴さんが出演されています。昨日の放送(※録画)で青山氏は、

日本が米国抜きで中国と対等に渡り合うようになった

という趣旨の発言をされました(※ただし放送で聞いていたため、この通りの発言ではなかったかもしれませんが…)。

これは非常に重要な「気付き」です。

現在のアジアにおける「キーパーソン」は、二人いると思います。

一人は、「強硬な反米主義者」として知られるフィリピンのドゥテルテ大統領であり、もう一人は、長年、軍による独裁が続いていたミャンマーで先日、事実上の国家元首である「国家最高顧問」に就任したアウン・サン・スー・チー氏です。そして、この二人には、次の共通点があります。

  • 9月のASEAN関連首脳会談で一度、安倍総理と会見していること
  • 日本訪問に先立って中国を訪問していること
  • 日本の首相官邸もしくは赤坂迎賓館で安倍総理と首脳会談していること
  • 日本と中国から、何がしかの援助を引き出していること

ドゥテルテ大統領、スー・チー最高顧問という「二人の国家元首」の行動には、「東南アジアの発展途上国の利害を代表している」という、立場的な共通点があります。そして、(米国ではなく)「日本と中国を両てんびんにかける」という、似たような行動を取ったのです。これをどう考えるべきでしょうか?

レームダック状態の米国

従来の「日本外交」は、「対米追随型」と揶揄されてきました。

私は、憲法第9条第2項の制約から、日本の安全保障を米国に依存している現状では、「対米追随型外交」もやむを得ない側面があったと考えています。しかし、「強面」のフィリピン・ドゥテルテ大統領、国内で絶大な指導力を誇るミャンマーのスー・チー最高顧問が相次いで(米国ではなく)「日中両国」を訪れていることは、今や、東南アジア諸国が日本を米国に代替し得る「自由主義陣営」のリーダーだと見ている、という証拠にほかなりません。

言うまでもなく、現在の米国は、大統領選の都合上、オバマ政権が「レームダック状態」に陥っています。これは「2期8年」を最長任期とする米国の大統領制の慣習上、仕方がないことですが、これに加えて現在の特殊事情があります。それが、「史上例を見ない最悪の大統領選」です。

トランプ、ヒラリー、どちらにしても最悪?

おそらく、日本時間で明日未明には、米大統領選の大勢が判明すると思います。WSJなどの報道を見ている限り、おそらくヒラリー・クリントン候補が「逃げ切る」可能性が高いと見られますが、トランプ候補のような「過激な」言動を取る人物が共和党の大統領候補に指名され、「支持率」だけで見たらクリントン候補に肉薄(もしくは僅差で上回る)状態は、どう考えても「異常事態」です。

米国人の良識を信じるなら、あそこまで過激な発言を繰り返すトランプ候補が「泡沫候補」として、大統領選の早い段階で沈むべきでした。実際、トランプ候補の発言を見ていると、どうも彼の経済知識は1980年代の「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の時代で止まってしまっているようにも見受けられるからです。

しかし、実際にはトランプ候補が共和党の指名を受けてしまい、一部の世論調査ではクリントン候補を上回る支持率を獲得している状況です(ただし、米大統領選は州単位で獲得した選挙人の数で決まるため、支持率と当選可能性は必ずしも比例するものではありませんが…)。

そして、政権中枢部の経験が長いはずのヒラリー・クリントン候補が大統領選を制する可能性が高いとはいえ、仮にクリントン氏が大統領に選出されたとしても、「メール爆弾」問題や自身の体調不良疑惑などを抱えています。もってせいぜい1期4年でしょう。

つまり、トランプ/ヒラリーのいずれの候補が大統領選を制したとしても、米国の指導力の急低下は免れません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本はどうすれば良いのか?

日本が自由・民主主義国のリーダーになるために

では、日本はどうすれば良いのでしょうか?

それは、「米国に代わる、アジアにおける自由・民主主義国のリーダーとなること」しかありません。

多くの方が誤解していますが、日本の民主主義は「GHQに押し付けられた日本国憲法」から始まったのではありません。既に「大日本帝国憲法」の時代に、衆議院と貴族院という二つの立法府を含め、三権分立と法治主義の規定が成立していたのです。日本が伝統的な「法治主義国」であり、「資本主義国」であることに、何の疑いもないのです。

ただし、現在の日本には、次の制約があります。

(日本国憲法第9条第2項)

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

つまり、憲法第9条第2項は、「国の交戦権は、これを認めない。」と規定しています。たとえ日本国民が北朝鮮に拉致されても、北朝鮮に対して日本国民を取り返すために日本軍を派遣する、ということができないのです。

もちろん、歴代の日本政府は、憲法第9条第2項があっても、「自衛隊は合憲だ」などと、むりくりに解釈をしてきました。しかし、この文言に照らすなら、どう考えても自衛隊は「憲法第9条第2項違反」状態です。このことは、事実として認める必要があります。

殺人憲法を撤廃せよ!

ただし、私は「自衛隊の存在は憲法第9条第2項に違反しているから違憲だ」、などと言うつもりはありません。私の主張は、むしろ、その逆です。

国が国であるためには、外国の犯罪行為から国民を守らなければなりません。国民を守ることができない憲法第9条第2項は人類普遍の自然法に反しており、これこそまさに、「殺人憲法」の名に値すべきものです。

何より、北朝鮮も中国も韓国もロシア(旧ソ連)も、日本国および日本国民に対する不法行為を働いています。彼らがなぜ、このような不法行為を働くのかといえば、結局、「日本が絶対に反撃して来ない」と知っているからです。

私は、憲法第9条第2項という「殺人条項」を、日本国民が正面から向き合い、議論し、そして撤廃すべきだと思います。そして、米国が世界の指導者としての地位を「弱めている」ことは、日本の安全保障を抜本的に考え直す好機に他ならないのです。

この好機、何とか生かすべき

まとめますと、

  • 日本では過去に例がない「外交上手」である安倍政権が長期政権化しようとしている
  • 衆参両院で「改憲に前向きな勢力」(?)が3分の2を占める状態が出現している
  • 長年、日本を軍事的に「支配」してきた米国が、指導力を極端に弱めつつある
  • アジア諸国は、米国に代わって「自由民主主義国家のリーダー」としての役割を、日本に対して期待している

という状況です。この好機を生かし、日本が世界の平和と安定の仕組みづくりに、「主体的に」関わっていく時代は、もうすぐそこに来ているのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか?
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (3コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)
  • 2018/06/18 11:30 【時事
    【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1コメント)
  • 2018/06/18 00:00 【時事
    朝日新聞よ、また偏向報道か
  • 2018/06/17 12:00 【時事|外交
    【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4コメント)
  • 2018/06/17 00:00 【政治
    「不誠実」という意味では南北同じ (6コメント)
  • 2018/06/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ライダイハン問題――韓国に突き刺さる、盛大なブーメラン
  • 2018/06/16 00:00 【外交
    大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。