昨日に続き韓国ネタです。朴槿恵(ぼく・きんけい)政権が窮地に立たされていますが、これに関連して、日本が何に気をつけなければならないのかを考えてみたいと思います。戦後の日韓関係において不幸だったことは、日本が韓国に対して「配慮する」という外交カルチャーです。日本がわざわざ、韓国のために「配慮」してあげたことで、日韓関係が良くなったかと言われると、事実はその真逆だったのです。本日は、朴政権が「退陣」を余儀なくされる可能性などをベースに、日本が「対韓配慮外交」から脱却し、「決断」できるかどうかについて、小論を提示したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

独立系ウェブサイトの強みと弱み

最初に、少し本論と関係のない話を述べておきたいと思います。

私がこの「ビジネス評論サイト」を運営しているのは、日本の既存のマス・メディア(新聞やテレビ)が専門知識の裏付けもなしに間違った情報を垂れ流している状況を何とかしたいという思いが強いからです。しかし、私自身は「金融規制の専門家」ではありますが、ジャーナリストではなく、やはり議論の構築は報道発表をベースにせざるを得ません。これが「独立系ウェブサイトの弱み」です。

しかし、インターネットが普及したおかげでしょうか、日本政府や日本銀行などから日々公表される「報道発表」「統計」だけを集めても、割と正確な情報を得ることができるのも事実です。また、少しだけウェブの知識があれば、外国のウェブサイトから統計を取ってくることも可能です。

さらに、報道機関(新聞やテレビ)の報道も、その多くは「一次データ」(記者・レポーターらが現地から報道する内容)ではなく、「記者クラブ」という腐敗した制度を通じて官庁から入手する報道発表であり、いまや、インターネットさえあれば、私たち一般社会人であっても、マス・メディアの記者らとほぼ同等の情報に接することができる時代です。

そうであるならば、「独立系ビジネス評論サイト」である当ウェブサイトでも、「専門知識についてもっと知りたい!」という社会的ニーズにも応えることができる部分があるはずです。そして、その分野の一つが、私自身の専門分野である金融規制の知識を生かした、専門的なニュース解説なのだと信じています。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓関係を巡るキーワードは「配慮」

戦後の日韓関係を一言で表現する単語があるとすれば、それは、「配慮(はいりょ)」です。これは、「韓国の国民感情に配慮する」、「過去の歴史問題に配慮する」、などの使われ方をする単語ですが、実は、この「配慮」こそが、日韓関係を決定的に悪くしている犯人ではないかと、私は考えています。

いくつか例を挙げましょう。代表例としては「日韓スワップ」と「慰安婦問題」ですが、古くは「歴史教科書問題」や「首相の靖国参拝自粛」などの論点があります。

「日韓スワップは日本にもメリット」は大嘘

財務省のウェブサイトによれば、日韓両国財相は今年8月27日に行われた「日韓財相対話」で、韓国の副総理兼企画財政部長官である柳一鎬(りゅう・いっこう)氏が日本の麻生太郎副総理兼財務大臣に対し、

「二国間の経済協力を強化すること、及び、その証として双方同額の新しい通貨スワップ取極を締結すること」

を提案したのだそうです。日韓スワップ自体が事実上の韓国に対する経済支援であるという点については、私自身がこのウェブサイトで過去に何回も繰り返してきた主張ですので、ここでは敢えて繰り返しません。しかし、ここでのポイントは、「日韓通貨スワップの再開を韓国側から提案した」という事実です。

考えてみれば、これは、実はとても大きな変化です。なぜならば、韓国国内では、

「韓日スワップは韓日双方にとってメリットがある」

と信じ込まれているからです(ちなみに「韓日」は「日韓」を韓国側から表現したものです)。平たく言えば、「日本にとってもメリットがある『韓日スワップ』の再開を、韓国政府側から言い出すとは、けしからん!」、というロジックですね。この「韓日スワップは日本にもメリットがある」という主張は、たとえば、次の「朝鮮日報」の記事でも繰り返されています。

韓日 サプライズで通貨スワップ再開へ=韓国側が提案(2016/08/28 07:06付 朝鮮日報日本語版より)

ただし、韓国メディアの主張による「日本へのメリット」の根拠は、いまいちよくわかりません。朝鮮日報の記事では

韓国にとって通貨スワップは、1990年代に見舞われたアジア通貨危機のような事態に備えるという意味で有益だ。日本にとっても円の地位を高めるのに役立つとされる。

と記載されていますが、「日韓通貨スワップは円の地位を高めるのに役立つ」という下りについては、全くもって意味不明です。

また、「日韓スワップの日本へのメリット」を主張しているのは、実は韓国政府・韓国メディアだけではなく、日本の財務省も同様です。たとえば、過去に『専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」』で触れたとおり、財務省の山崎達雄国際局長は

  1. 韓国の金融破綻を未然に防ぐことができるため、韓国と取引している日本企業にもメリットがある
  2. 通貨スワップを締結しておくだけで、日韓の為替相場の安定にも効果がある

といった主張をしています。

いずれも「通貨スワップが日本にもメリットがある」という説明になっていません。特に(1)の主張については、韓国という外貨流出リスクがある国と好き好んで取引している日本企業を、通貨スワップという「日本国民の損失になるかもしれない協定」で支援しているということと、全く同義です。いわば、「民間企業がリスク管理を疎かにする」という意味でのモラル・ハザードを誘発しているわけであり、このようなロジックを財務省の幹部が発言することは大きな問題です。

韓国の国民感情が納得しない?

「韓日スワップは韓国だけでなく日本にもメリットがある」―。

韓国側のメディアなり、韓国政府なりがこのような主張をすることは勝手ですが、なぜ日本の財務省がわざわざ、「日本側にもメリットがある」という論拠をでっち上げるのでしょうか?

その理由は、おそらく、「霞ヶ関」特有の「相手国(この場合は韓国)に対する配慮」にあります。日韓通貨スワップ協定は、明らかに、外貨不足に陥りやすい韓国を一方的に助けるためのものです。しかし、そのように「正直に」言ってしまうと、韓国国内で国民感情が反発し、日韓スワップの締結ができなくなるかもしれません。

私に言わせれば、韓国を助けるための通貨スワップを韓国国民が拒絶するなら勝手にすれば良いと思うのですが、もしかして財務省の人事評価制度上、外国との新たな協定を締結すれば「加点」されるシステムでもあるのでしょうか?仮にそうだとしたら、そんな役所、日本にとって有害でしかありません。

いずれにせよ、「日韓スワップは日本側にもメリットがある」などと「日本の財務省が」言い出すことは大きな問題ですが、こうした主張が出てくる理由の一つは、「日韓スワップは日本側にもメリットがある」ということにしておかないと、韓国の世論が納得しないからである、と考えると、説得力があると思います。

慰安婦合意も同様

日本による「無用な配慮」がなされている例は、他にもあります。それが「慰安婦合意」です。

既に多くの方がご存知の通り、慰安婦問題とは朝日新聞社と植村隆が捏造した完全な虚偽に基づく問題であり、それを韓国が国民、政府を挙げて「日本軍が朝鮮半島で20万人の少女を強制連行した」と大がかりなウソに仕上げて、世界中で日本国民を傷つける目的でバラ撒いている与太話です。

しかし、外務省はこの「朝日新聞社と植村隆が捏造した慰安婦問題」を、叩き潰そうと思えば叩き潰せるチャンスが過去に何度もあったにもかかわらず、そうした努力を怠ってきました。そればかりではありません。心ある日本人が、世界中で「慰安婦問題のウソ」と戦っているにもかかわらず、外務省はそれらの日本人を支援するどころか、昨年12月には「日韓外相会談」で岸田文雄外相が

「慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」

であると失言してしまいました(太字と下線は引用者による加工)。

実際、私自身もFTやWSJの読者投稿欄で、過去に何度も、「慰安婦問題は朝日新聞社の捏造である」という事実を主張したことがあるものの、やはり英米の読者には理解されませんでした。すなわち、欧米社会ではこの「捏造」の方が事実であるかのように流布されてしまっているのです。岸田外相の「軍の関与の下に」という発言も、それに続く「慰安婦基金への10億円の拠出」も、いずれも諸外国から見て、「日本が何かやましいことをやったから韓国に賠償をした」としか見ていません。

「一度だけ謝る」のウソ

日本の首相が「相手国に配慮して」行動したという「悪しき前例」を作った犯人の一人は、中曽根康弘首相(=当時)でしょう。

中曽根首相は昭和57年(1982年)から62年(1987年)までの5年弱、政権を担い、国鉄の分割・民営化や電電公社、各種専売公社の民営化などの事績があります。これに加えて日米同盟は強固になったのも高く評価できます。私は中曽根首相の「不沈空母」発言は、ソ連の崩壊に一定の役割を果たしたと考えています。

ただ、中曽根政権の「負の遺産」もあります。それが、「教科書問題」と「靖国参拝取りやめ」です。中曽根首相は中国共産党指導部の親日派に配慮するため、みずから靖国参拝を中止。また、歴史教科書問題を巡っても、中曽根首相が中韓に配慮して、文部省に修正を要請するなどしたため、その後、「歴史教科書」と「首相の靖国参拝」が政治問題化する火種を自ら作ってしまったのです。

他にも、日本の歴代首相は、韓国側から「一度だけで良いから、過去について謝ってくれ」などと懇願されてきましたが、日本が何も悪いことをしていないのに謝ってしまえば、それは「一度謝れば済む問題」ではなくなります。

宮沢内閣の官房長官だった河野洋平が述べた「従軍慰安婦に関する官房長官談話」も、最初は「韓国に対する配慮」のつもりだったのかもしれませんが、いまやこの「河野談話」自体が、慰安婦問題の強制性の「証拠である」とされてしまっているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



過ちは繰り返さないことが大事

では、そこまでして韓国に配慮したことで、日本はどのような「成果」を得たのでしょうか?そして、現在の日韓関係で何が最大の問題なのでしょうか?

対韓配慮の「成果」とは?

日本は過去に、韓国に対してずいぶんと配慮をしてきました。日韓スワップ協定(※ただし2015年2月に失効)や慰安婦問題に関する「日韓合意」などがその典型ですが、いずれも、日本が「思いやり」で韓国に配慮した結果です。その結果、日韓関係は良好なものとなったでしょうか?

答えは「NO」です。

今日、韓国国民の反日感情は、もはや韓国政府にも抑えられなくなっています。在韓日本大使館前に設置された「慰安婦像」は、在外公館の尊厳と静謐の保持を義務付けた「ウィーン条約」に違反していますが、国民感情の反発を恐れるあまり、韓国政府にはその撤去など、到底できない相談です。

そればかりではありません。

韓国国民は、今や国を挙げて、北朝鮮の核開発をはじめとする様々な目先の課題よりも、「反日」の方を重視してしまっているのです。本末転倒も甚だしいと言わざるを得ませんが、これが「現実」なのです。

朝鮮半島をめぐる2つのリスク

さて、朝鮮半島との関係を議論するうえで、避けられないのが「2つのリスク」です。

一つは無法国家・北朝鮮の対処です。北朝鮮は無辜の日本国民を多数、拉致・殺害しましたし、現在でも拉致された被害者の相当数は北朝鮮に拘束されたままです。通常の国であれば、北朝鮮に軍隊を派遣し、容疑者・金正日(きん・しょうじつ、ただし既に死亡)らを拘束するなどしたうえで北朝鮮国内を強制捜索し、日本人被害者らを救出することができます。しかし、残念ながら日本という国家には「国家間の戦争」を禁じた憲法第9条第2項があるため、日本人の生命と財産が危害に晒されていたとしても、その日本人を保護することができません(余談ですが、私が「日本国憲法」を「殺人憲法」と呼ぶゆえんは、この憲法第9条第2項の欠陥にあります)。

もっとも、「北朝鮮リスク」とは、私たち日本国民の意思で除去することは可能です。実は、「北朝鮮リスク」の最も根本的な解決策とは、「日本国民に対する殺人条項」である憲法第9条第2項を、日本国民の意思として撤廃することから始まります。私たち日本国民は、「殺人憲法」である憲法第9条第2項を自力で排除し、無法国家・北朝鮮に対峙しなければならないということは、言うまでもありません。

そして、もう一つのリスクとは、「韓国政府が不安定過ぎること」です。

韓国政府は、過去に日本政府と交わした合意・条約の多くを反故にしてきた前科があります。その多くは、「国内の反日感情を抑えることができなかった」といったものですが、中には「韓国政府・大統領が人気取りのためにわざと日本国民の神経を逆撫でする」といった狼藉も含まれています。朴槿恵大統領の前任者である李明博(り・めいはく)が2012年8月に、韓国が違法占拠するわが国の島根県竹島に不法上陸したことがその典型例です。

しかも、李明博の竹島不法侵入は、日本では民主党の野田佳彦政権下で、2011年10月に日本が韓国に対して700億ドル(!)という桁外れの通貨スワップを締結してから約8か月後の話です。

朴槿恵政権の迷走は新たなリスク

日本がこれから真っ先に考えなければならないことは、朴槿恵政権自体が「長く持たないかもしれない」、というリスクです。

韓国の場合、大統領は任期5年ですが、調べてみると議会で弾劾されるか、自分から辞職しない限りは大統領職を剥奪されることはないようです。しかし、朴槿恵大統領は、辞任しようがしまいが、大きな混乱を避けることができない、という点は間違いありません。参考までに、韓国が「民選大統領」に移行した1988年以降の大統領は、次の通り、既に6代続いています。

氏名(よみがな)【敬称略】 在任
盧泰愚(ろ・たいぐ) 1988-1993
金泳三(きん・えいさん) 1993-1998
金大中(きん・だいちゅう) 1998-2003
盧武鉉(ろ・ぶげん) 2003-2008
李明博(り・めいはく) 2008-2013
朴槿恵(ぼく・きんけい) 2013-

ここで仮に朴大統領が自主的に辞任すれば、1988年に民選大統領に移行して以来初の「椿事」です。あるいは、議会で弾劾され、可決されたとしても、前代未聞の事態であることに変わりはありません。なお、民選第4代目の大統領である盧武鉉(ろ・ぶげん)は、在任中に一度、弾劾手続により大統領職権を停止されたことがありますが、最終的には弾劾裁判が棄却されています。

一方、朴大統領の任期は2018年2月まで残っていますが、仮にそこまで「居座った」としても、既に政権は完全なレームダック状態です。議会で重要な法案が通せる状況にもありません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



これからの日本に必要なのは「配慮」ではなく「決断」

私は、「日本の対韓外交は韓国に対する過度な『配慮』により失敗してきた」と見ています。ということは、逆に言えば、「対韓配慮」をやめてしまえば、今までと違った展開が期待できる、ということです。というよりもむしろ、現在の韓国政府は既に「当事者能力」を完全に失ってしまっており、このような状態で韓国に「配慮する」のは、むしろ危険です。

日韓通貨スワップ協定の状況については、今年の8月27日の「日韓財相対話」以降、今のところ日本政府側から何も報道発表がなされていません。しかし、韓国政府はチェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定(CMIM)から400億ドル近い資金を引き出すことが可能であり、これに加えて韓国政府の公式発表を信じるならば、韓国の外貨準備は3800億ドルに達しています。韓国があわせて4200億ドルのドル資金を有している状態で、日本がせいぜい500億ドル程度の通貨スワップ協定を提供しなかったとしても、状況は全く変わらないはずです。

したがって、少なくとも通貨スワップについては、朴槿恵政権の迷走の「顛末」が見えるまでは、供与を控えるべきでしょう。

また、通貨スワップに限らず、これからの日本に求められるのは、「配慮」ではなく「決断」だと思います。

韓国が「司令塔」を失い、漂流しているうちに、今度は北朝鮮が今にも核武装しそうな状況になってしまいました。米国が大統領選で動きづらいことは事実ですが、こうなってしまうと、もはや猶予はありません。日本は米国と共同し、あるいは独自に、北朝鮮の核武装を防ぐために何ができるかを考えなければなりませんが、そこに「韓国との協力」というファクターは排除しなければなりません。

当事者能力を失った韓国政府を相手にせず、韓国の頭ごなしに北朝鮮を抑えに行けるかどうかに、「安倍外交の真価」が問われることになりそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか?
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (3コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考
  • 2018/06/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「折込チラシ」という新聞業界の経営基盤が崩壊する! (4コメント)
  • 2018/06/20 00:00 【雑感オピニオン
    記事評:説得力のない「筋論の日本、量の中国」という単純比較 (1コメント)
  • 2018/06/19 17:05 【時事|国内政治
    【夕刊】米朝首脳会談の結果、安倍政権支持率が上昇した理由 (4コメント)
  • 2018/06/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】民間団体調査で日韓好感度逆転の衝撃
  • 2018/06/19 07:00 【マスメディア論|雑感オピニオン
    ビジネスマンが読み解く「リテラシー」の重要性 (8コメント)
  • 2018/06/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の落とし前 (4コメント)
  • 2018/06/18 17:00 【時事|外交
    【夜刊】菅官房長官の発言を曲解する輩 (5コメント)
  • 2018/06/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】米韓同盟の消滅が見えてきた (1コメント)
  • 2018/06/18 11:30 【時事
    【昼刊】叩き続けなければ浮上する政権支持率 (1コメント)
  • 2018/06/18 00:00 【時事
    朝日新聞よ、また偏向報道か
  • 2018/06/17 12:00 【時事|外交
    【夕刊】非核化コストと北朝鮮に対する経済支援を同一視する愚 (4コメント)
  • 2018/06/17 00:00 【政治
    「不誠実」という意味では南北同じ (6コメント)
  • 2018/06/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ライダイハン問題――韓国に突き刺さる、盛大なブーメラン
  • 2018/06/16 00:00 【外交
    大好評・「朝鮮半島の将来シナリオ」2018年6月版

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。