本日は「時事ネタ」から離れて、やや軽い話題を紹介します。私自身、大学を卒業してから既に20年近くの年月が経過しましたが、その間に様々な人との出会いと別れを繰り返してきました。こうした中で、やや「変わった経験」もしてきているのですが、公認会計士試験の受験勉強時代に出会ったFさんという方の経歴が、現在の私自身にとっても「反面教師」として生きているのが実情です。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    「人事抗争で会社を去る」?

    ビジネスマンもある一定の年齢以上になると、中には「人事抗争で会社を去る」という人もいます。しかし、非常に若い人が「人事抗争」に巻き込まれるということは、果たしてあり得るのでしょうか?

    本日紹介する話題は、私が公認会計士試験を受験していた頃のエピソードです。私が公認会計士として開業登録をしたのは2000年代前半で、その前提となる「会計士補」の資格を取得し、開業したのは前世紀末頃です。つまり、試験勉強をしていた時代からは、既に20年近い年月が経過してしまっているのですが、どうしても忘れられない個性的な人々がいます。本日はその中から一人、「Fさん」という人のエピソードを紹介したいと思います。

    前提:昔の公認会計士試験制度

    前提条件として説明しておかなければならない点があります。それは、昔の公認会計士試験制度です。

    昔の公認会計士試験は、「超難関試験」だと言われていました。公認会計士になるためには、まず高卒レベルの学力を確認する「公認会計士第一次試験」を受験し(※ただし大卒者や大学で単位を取得した場合は免除)、そのうえで「公認会計士第二次試験」を受験し、合格すれば「会計士補」の開業登録が可能でした。そして、そこから実務経験と実務補習を積み、順調にいけば3年後に「公認会計士第三次試験」に合格し、晴れて「公認会計士」の開業登録が可能になる、という「遠大な」道のりです(※試験制度等の変更に伴い、現時点で「会計士補」の資格は廃止されています)。

    もっとも、公認会計士試験を「第一次試験」から受験する人はほとんどおらず、多くの人は大学在学中に単位を取得し(または大学を卒業し)てから「第二次試験」を受験します。そして、当時は人材不足だったという事情もあり、「第二次試験」に合格して会計士補の資格を取れば、たいていの人は問題なく大手監査法人に就職可能でした。「第三次試験」を受験するための実務要件についても、普通に監査法人で仕事をしていれば、たいていの場合、問題なくクリアできます。きちんと仕事をすれば、きちんと給料も出るため、生活していくことに問題はありませんし、「第三次試験」も初年度受験者の場合、合格率は実質8割程度でした(もっとも、何度も落ちる人もいましたが…)。

    したがって、やはり「公認会計士第二次試験」が最大のヤマ場だったことは間違いありません。しかし、この「第二次試験」が「とてつもなく難関」とされており、大学を卒業してから何年も受験勉強を続けている人が多かったのが実情です。当時の「三大難関資格試験」といえば、「司法試験」、「公認会計士第二次試験」、「不動産鑑定士第二次試験」だったと思います(※不動産鑑定士第二次試験ではなく国家Ⅰ種を挙げる人もいましたが)。

    ※なお、私はいわゆる「旧試験」の合格者であり、最近の試験制度や出題傾向等については全く詳しくありません。したがって、現在の試験制度や出題傾向などについては疎く、公認会計士を目指す方がいらっしゃるなら、資格試験専門のウェブサイトを見るなり、専門学校に相談するなりしてください。

    長くやれば良いというものではない

    ここからが本論です。

    実際に自分自身が旧公認会計士試験を受験してみて思ったのは、「合格するためには勢いが必要だ」、ということです。公認会計士試験を受験するための市販の独習用教材は整っていないため、圧倒的多数の受験生が「資格受験専門学校」を利用するのですが、受験専門学校に行くと、自習室で「ヌシ」のように座っている人もいました。よくよく話を聞いてみると、「2年本科」(つまり2年で合格する目標のコース)で受験に失敗し、さらに2年、3年と勉強を続けている人も多いようでした。何回も受験しているために、たいていの試験問題にも慣れている、というパターンもある一方で、何年も勉強しているはずなのに全く合格レベルに達しないというケースもあります。ひどい場合には、大学生だった20代のころから受験勉強を始め、数年(場合によっては10年前後)受験勉強を続けているのに、まったく合格できない、という人もいました。

    逆に、受験専門学校に入学し、1~2年という短期間で合格してしまう人もいたので、この手の資格試験は「勢いをつけて勉強し、さっさと合格してしまう」のが成功だと思うようになった次第です。

    超高学歴のFさん

    私が某受験専門学校で勉強をしているときに知り合った「受験生仲間」の中で、特に印象に残っている人がいます。仮にその人を「Fさん」としておきます。

    Fさんは私よりもちょうど10歳年上で、聞くところによると大阪大学(!)を卒業し、近畿圏の某一流家電メーカーに就職されたという経歴をお持ちです。さらにFさんは、20代の頃に社費でアメリカに留学し、MBAの資格まで取って帰ってきたとか。経歴だけを聞くと、非常に優秀な方です。しかし、Fさんは30歳を過ぎたあたりから「会社で浮き始めた」のだそうです。Fさん曰く、

    「僕は在籍していた会社の中で権力闘争に巻き込まれたから会社を去った」

    ということで、当時まだ社会人経験のなかった私としては、「会社に就職すると、権力争いとか、随分と大変なんだな」と漠然と感じたものです。

    ただ、私自身もその後の人生で、それなりに組織での仕事を経験しましたが、一般的な日本の会社では「30代そこそこのビジネスマン」はまだまだ「若手」です。そんな若手が権力闘争に巻き込まれるなど、非常に考え辛いところです。Fさんが所属していたのは典型的な日本企業であり、私の感覚だと、「部長に昇格できるかどうか」「役員に昇格できるかどうか」が見えてくるのは、どんなに早くても30代後半で、標準的には40代半ばごろからではないかと思います。

    私を含め、当時の若い受験生たちはそんな事情を知る由もありませんでしたので、「Fさんは優秀だから権力闘争に巻き込まれた」と素直に信じた人もいたようです。ただ、私自身はFさんの

    「僕は転職業者に公認会計士試験を受験しようと相談したところ、『あなたの転職価値は現在が最大です』と言われて激高し、意地でも公認会計士試験に合格してやろうと思った」

    という発言を聞いたときに、「Fさんの発言は何か怪しいな…」と感じたのも事実です。その後、私は20代半ばで会計士補として開業登録したのですが、どんな会社でも最初に入社すれば「下積み作業」が待っています。若いからこそ耐えられるのですが、仮にFさんがその後、30代後半で公認会計士第二次試験に合格したとしても、そこから会計士補として「下積み作業」には耐えられなかった可能性もあります。

    資格試験に逃げるな!

    Fさんにアドバイスをしたという「転職業者」が言ったという「あなたの転職価値は現在が最大です」という真意を、私なりに汲み取って解釈すると、次の通りです。

    • Fさんは30代半ばと、ビジネスマンとしては働き盛りの年齢に差し掛かっている
    • 「公認会計士第二次試験」を受験していると、順調に行ったとしても、公認会計士になるのは40代前後だ
    • 監査法人でキャリアを積むにしても、いささか年齢が高すぎるし、いくら公認会計士の資格を持っていたとしても、年齢が高すぎると転職は困難だ
    • 幸い、Fさんは大手企業での勤務経験に加え、MBAの資格も所持している
    • それならば、転職先があるうちに、さっさと転職すべきだ

    30代半ばにもなって、その程度の判断もできないFさんにも呆れますが、「意地でも公認会計士試験に合格してやろうと思った」と、その場の感情で重要な人生の意思決定をしてしまったのも大きな失敗でしょう。

    実は、Fさんは専門学校へのコース申し込み後、しばらく真面目に授業にも出ていたのですが、次第に休みがちになり、身だしなみも目に見えて不潔になり、やがて、専門学校の休憩室のベンチで、人目を憚らずに、だらしなく寝転がるようになりました。そんなFさんはある日、ボソッと「女房と離婚が決まった」とつぶやき、その後、次第にFさんの姿を見かけなくなり、やがてフェード・アウトしていったのです。Fさんがどうなったのかについては、私は存じ上げません。

    働く意味、学ぶ意味を考えよ

    非常に当たり前の話ですが、人間は働き、学ぶことで生きています。もちろん、仕事をしなくても生きていけるほどの資産があれば、働かなくても生きていけます。しかし、Fさんの事例のように、どこか「タガが外れてしまった人」は、次第に生きる気力を失っていくように見えるのです。

    いまの私が仮にタイムスリップし、当時のFさんと会えるのならば、アドバイスしたいことが一つあります。それは、

    「人間、本当に権力闘争で会社を去る時には、権力闘争に負けたとは自分からは言い出さないものだ」

    ということです。Fさんの場合、学歴も高く、職歴も一流企業で、しかもMBA資格までお持ちなのですから、おそらく公認会計士試験など受験しなくても、それなりの会社にそれなりの待遇で転職することができたはずです。今になって考えると、Fさんは「権力闘争に敗れた」のではなく、単に「頭でっかち」過ぎて、会社で浮いてしまって、何となく会社に居辛くなって辞めてしまった、というのが実情ではないかと思います。そして、転職斡旋業者から紹介された会社は、Fさんが勤めていた会社とくらべて、「世間的なグレード」が遥かに下だったのかもしれません。もしそうだとしたら、プライドの高いFさんにとってはそれが耐えられなかっただけではないかと思います。

    何の資格を取るのか、どこの会社で働くのかは、世間体だとか見栄えだとかを考えるのも仕方がないことです。しかし、人間は結局、その人のことを「必要としてくれる」仕事をするのが一番幸せです。Fさんは30代半ばにもなって、勤めていた会社を辞め、奥様とも離婚し、身だしなみも日に日に不潔になり、最後は予備校にも居辛くなってドロップアウトしたのかもしれません。Fさんがどこかで幸せに人生を再構築されていると非常に嬉しいのですが、こればかりは私には調べようもありません。

    いずれにせよ、Fさんと会ったことで、皮肉なことにFさんを反面教師として、私自身「自分が本当にやりたいことは何なのか」「自分の本当の強みは何なのか」を常に考えるという癖がつきました。このこと自体はFさんに感謝したいところです。「自分はなぜこの仕事をやっているのか」、「自分はなぜこの資格を取ろうとしているのか」については、是非一度、じっくりと考える機会を持つとともに、定期的に自分のスキルを棚卸すると、よりよい人生を送ることができるのではないかと思うのです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告