東京の街中でも外国人旅行客の姿を見かけることが増えてきました。多くの外国人が観光客として日本を訪れ、日本を好きになってくれるのであれば、これ以上、日本にとっても良いことはないでしょう。しかし、統計を冷静に分析してみると、日本を訪問している旅客のうち、実に7割が東アジア(中国・韓国・台湾・香港)に集中しています。そして、「最大の訪日国」である中国から日本に観光をするためには、旅行会社を通した観光ビザの取得が必要です。「訪日旅客3000万人」を目標に掲げるのは結構ですが、悪質な旅行会社を排除する仕組みが不十分であることに加え、「人数そのもの」を目標にすること自体が独り歩きしてしまうことは危険です。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    順調な訪日旅行客

    日本政府観光局(JNTO)が公表する統計によると、2016年8月末までに日本を訪問した外国人は1606万人に達しています。これは、8月までの数値としては過去最高です(図表1/図表2)し、このペースでいけば年間2000万人を超えることはほぼ間違いないでしょう。

    図表1 8月までの8ヵ月間の累計訪日外国人数(2010年度以降)
    年度 総数 中国 韓国 台湾 香港 米国 欧州 その他
    2010 5,883 1,040 1,652 889 374 492 559 877
    2011 3,941 653 1,128 637 223 356 338 606
    2012 5,656 1,129 1,345 978 331 480 492 900
    2013 6,864 838 1,780 1,463 493 531 588 1,171
    2014 8,638 1,542 1,778 1,900 587 593 676 1,561
    2015 12,875 3,347 2,554 2,468 992 682 820 2,012
    2016 16,060 4,485 3,289 2,886 1,212 818 676 2,694

    (【出所】JNTOデータより、8月までの累計訪日者数をカウント。単位:千人)

    図表2 8月までの8ヵ月間の累計訪日外国人数(2003年度以降)

    20161006jp-visitors-tilaug

    (【出所】JNTOデータより、8月までの累計訪日者数をカウント。単位:千人)

    また、JNTOデータが出そろっている8月までの1年間で集計しなおしてみても、訪日外国人数は過去最大です(図表3/図表4)。

    図表3 8月までの12か月間の累計訪日外国人数(2010年度以降)
    年度 総数 中国 韓国 台湾 香港 米国 欧州 その他
    2010 8,266 1,391 2,197 1,228 530 724 833 1,362
    2011 6,669 1,025 1,915 1,016 357 592 633 1,131
    2012 7,934 1,520 1,876 1,335 473 690 723 1,317
    2013 9,566 1,134 2,477 1,951 644 767 871 1,721
    2014 12,138 2,018 2,455 2,648 840 862 993 2,323
    2015 17,651 4,214 3,531 3,398 1,330 981 1,192 3,004
    2016 22,922 6,132 4,737 4,095 1,745 1,169 1,101 3,944

    (【出所】JNTOデータより、前年度9月から当年度8月までの累計訪日者数をカウント。単位:千人)

    図表4 8月までの12か月間の累計訪日外国人数(2003年度以降)

    20161006jp-visitors-7th

    (【出所】JNTOデータより、前年度9月から当年度8月までの累計訪日者数をカウント。単位:千人)

    (遠方である米国や欧州などの地域も含めて)2000万人を超える人々が、主に観光客として日本にやって来てくれるのは、本当に喜ばしい限りです。なお、欧州からの訪日旅客数が2016年度に前年割れを起こしているように見える理由は、JNTOの集計が間に合っておらず、欧州の8月の数値が「0人」となっているためです。

    中国人観光客「激増」のカラクリ

    ところで、年間2000万人を優に超える人々が日本にやって来てくれるのは嬉しい話ですが、その一方で、少し気になる点もあります。それは、訪日旅客のうち、「アジア4か国」(中国、韓国、台湾、香港)の訪日旅客者数が、恒常的に7割を超えている、という点です(図表5)。

    図表5 訪日客に占める各国のシェア

    20161006jp-visitors-share

    (【出所】JNTOデータより、前年度9月から当年度8月までの累計訪日者数をカウント)

    意外な話ですが、中国人(や韓国人)の訪日旅客者数は、彼らが「極右」と呼んで嫌う安倍晋三政権が成立して以降、急激に増えています。また、2015年頃までの旅客者数の増加は「アベノミクス」や日本銀行の「黒田緩和(QQE)」による円安によりある程度の説明がつくのですが、円高に転じた2016年に入っても増加傾向は止まらず、各国の旅客が堅調に増加を続けているのは不思議です。

    ビザの問題

    外国人は基本的に、日本に入国する前に、現地の日本大使館・日本領事館に出かけて「入国ビザ」を取得することが必要です。この「日本入国ビザ」とは、日本に入国する前に取得する、事前の入国許可証のようなものです。ただ、次の67か国・地域については、在留期間が90日までであれば、日本入国に際して入国ビザを取得する必要がありません(いわゆる「観光ビザ」、図表5)。

    図表5 日本が入国ビザを免除している国・地域(2014年12月時点)
    地域
    アジア(9か国) インドネシア(※1)、シンガポール、タイ(※1)、マレーシア、ブルネイ(※1)、韓国、台湾、香港、マカオ
    北米(2か国) 米国、カナダ
    中南米(12か国) アルゼンチン、ウルグアイ、エルサルバドル、グアテマラ、コスタリカ、スリナム、チリ、ドミニカ、バハマ、バルバドス、ホンジュラス、メキシコ(※2)
    大洋州(2か国) オーストラリア、ニュージーランド
    中東(2か国) トルコ、イスラエル
    アフリカ(3か国) チュニジア、モーリシャス、レソト
    欧州(37か国) アイスランド、アイルランド(※2)、アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア(※2)、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス(※2)、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ(※2)、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マケドニア(旧ユーゴ)、マルタ、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン(※2)、ルーマニア、ルクセンブルク、英国(※2)

    【出所】外務省ウェブサイト。ただし※1については15日、※2については6か月

    韓国に対するビザ免除措置の事例

    ビザ免除措置により、特定国からの入国者数が激増した事例があります。それが韓国です。

    韓国人旅客に対する訪日観光ビザは、2006年3月から「免除措置」の恒久化が行われており、それ以降はリーマン・ショックの翌年の2009年と東日本大震災のあった2011年を除くと、年間200万人を超える韓国人が日本に入国。2015年には実に400万人を超えています。

    このように考えていくと、中国人観光客が大量に日本にやってくるようになったのは、おそらく訪日ビザの緩和による影響が大きいでしょう。

    中国人の訪日ビザ

    中国人に対する短期訪日ビザについては、以前、「安易な入国ビザ要件緩和」という記事で触れたとおり、主なものとしては次の6種類があります(図表6)。

    図表6 中国人の訪日ビザ
    区分 概要 備考
    一般のビザ 一次ビザ 短期商用、親族・知人訪問当の目的で90日以内の滞在を申請するもの 「一次ビザ」とは、一枚のビザで一度しか入国できないビザ
    数次ビザ 大企業の管理職以上などの者の商用目的文化人、知識人等のに対するビザ。有効期間は最長5年 「数次有効ビザ」とは、期限内なら何度でも使えるビザ。2016年10月17日から「最長10年」に緩和
    観光ビザ 団体観光ビザ 中国の関連法令に基づく「団体観光」の形式をとり、滞在期間は15日以内 「団体観光ビザ」の場合、添乗員なしの自由行動は認められない
    個人観光ビザ 団体観光の形式をとらない「一次ビザ」(ビザ一枚につき1回士会入国できないビザ)。滞在期間は15日または30日以内 事前に旅行日程を作成して中国の旅行会社を通じてビザを申請する
    沖縄県数次ビザ
    東北三県数次ビザ
    1回目に沖縄県や東北三県で1泊以上するなどの要件を満たした場合に発給される、何度でも日本に入国できるビザ。有効期間3年、1回の滞在期間は30日以内 1回目の訪問のみ旅行会社を通じてビザを申請すれば2回目以降は旅行会社に旅行手配を依頼する必要はない。発給対象者は十分な経済力を有する者とその家族などに限られる
    相当な高所得者用数次ビザ 有効期間5年、1回の滞在期間90日以内の数次ビザ 1回目だけ旅行会社を通じてビザを申請すれば2回目以降は旅行会社に旅行手配を依頼する必要はない

    (【出所】外務省ウェブサイト)

    ここで、「観光ビザ」はいずれも、最初に日本に来るときのビザの申請には、必ず中国国内の旅行代理店を通す必要がある、というのがポイントです。たとえ「個人旅行」であったとしても、旅行代理店を通す必要があるのです。

    悪質な旅行業者を排除しているのか?

    こうした中、少し気になる報道を見かけました。

    何があった!?中国人客「訪日団体ツアーにはもう参加しない」=中国報道(2016年9月12日 7時55分付 ライブドアニュースより=サーチナ配信)

    リンク先の記事では、「団体ツアーによる訪日」には何かと不満が多い、ということです。しかし、中国人の観光目的での訪日には、上記で見たとおり、少なくとも1回目は必ず「中国の」旅行代理店を経由してツアーを申し込む必要があります。

    年間600万人にも達する中国人の全てが、「観光客として」日本を訪れて、日本の社会・文化・人々に触れ、「感動して」帰っていくのであれば、日本にとっても非常に嬉しい話に違いありません。しかし、現実には、非常に残念なことに、「ぼったくり系の旅行ツアー」も存在するようですし、そのようなツアーに参加してしまい、強い不満を抱いてしまう人も中には存在するようです。

    外務省、観光庁、JNTOなど、日本政府関係者は、「訪日旅客数をとにかく増やすこと」だけを目的にしている節がありますが、「質の低い旅行業者」を排除しなければ、中国人観光客が日本に嫌な印象を抱いて帰ってしまうことにもなりかねません。政府は「訪日観光客目標」を年間3000万人に引き上げたようですが、「人数ありき」の目標設定の前に、旅館業法の改善、旅行業者の品質の確保など、優先課題は他にもいくつもあるのではないでしょうか?

    必要なのは「人数」ではなく「質」

    日本では、反日デモや中国公船による尖閣周辺海域への頻繁な領海侵犯などを受けて、中国に対する印象が年々悪化しています。内閣府が公表する「外交に関する世論調査」でも、中国に「親しみを感じない」とする回答割合が8割を超えており、少なくとも日本側から中国に対する親近感が近い将来、劇的に上昇する可能性は極めて低いでしょう。

    一方、逆に中国では、GDPの上では日本を逆転し、「経済大国」となったはずなのに、日本に対する「憧れ」なのか、日本は旅行先としても、相変わらず強い人気を誇っています。これは、考え様によっては悪いことではありません。年間500~600万人もの中国人が日本を訪れれば、中国国内の「中国共産党による反日プロパガンダ」を打破する底力になり得るからです。

    ただ、それと同時に私は、「人数」を目標にするのには反対です。日本の役所のことですから、「どんな人でも良いからとにかく年間3000万人を日本に入国させる」ことだけを目標にすると、安易なビザの緩和措置などに頼ってしまいがちです。さらに、「従軍慰安婦問題」を筆頭に、捏造した問題で日本を糾弾し続けている韓国に対し、制裁目的で観光ビザ免除制度を廃止することを検討するうえで、「年間3000万人訪日目標」を優先する、という愚かな決断をしてしまうのは避けなければなりません。

    いずれにせよ、私は「多くの国から多くの人が日本にやって来て、日本を好きになって帰っていってもらう」こと自体は、日本の国益にも深く資するものだと考えています。しかし、だからといって「人数自体」を目標にすることには大きな問題がありますし、また、観光客が特定国(特に中韓)に偏ることも警戒すべきです。その意味で、「観光客激増」の報道を、私自身は手放しで素直に喜ぶことができないのも事実なのです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告