20161002rmb

以前より当ウェブサイトでは、中国の人民元が「ハード・カレンシー」と呼べるのかどうか、あるいは「SDR」とはどのようなものなのかについて、積極的に取り上げてきたところです。また、中国の通貨「人民元」は10月1日より、IMFの特別引出権(SDR)の構成通貨に入りました。これを受けて、やっぱりというか予想通りというか、NHKや朝日新聞は相次いで、「IMFのSDR入りにより、人民元が第三の主要通貨になった」「人民元が主要通貨入りした」など、通貨論的に極めて不正確な報道を行っていますが、果たして真相はどうなのでしょうか?

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。
    2016/10/02 追記

    この記事は10月2日付で公表する予定だったのですが、10月1日時点で公表されてしまっていました。日付を修正いたします。

    2016/10/03 追記

    タイトルについても「人民元『主要通貨』のウソ」から「人民元『主要通貨』報道のウソ」に変更しました。

    人民元、SDR構成通貨に

    【参考】ATMからニセ札が出てくるとのうわさもある人民元(写真と本文は関係ありません)

    20161002rmb

    人民元は国際通貨基金(IMF)の定義する特別引出権(SDR)の構成通貨に加わりました。これについては、以前からたびたび、解説記事を執筆して来ましたが、私の結論は「SDRの構成通貨に入ったとしても、劇的に人民元の地位が変わるわけではない」とするものです(詳しくは次の記事もご参照ください)。

    <保存版>ハード・カレンシーとは?
    人民元のハード・カレンシー化という誤解
    用語集のページ

    これについて、本論に入る前に、きちんと用語を定義しておきましょう。

    ハード・カレンシーとは?

    当ウェブサイトでは「ハード・カレンシー」を、次のように定義しました。

    「その通貨の発行国・発行地域に留まらず、国際的な商取引・資本取引等において広く利用されている通貨であり、為替取引等においても法的・時間的制約が少ないもの」

    すなわち、事実上の「国際通貨」として位置付けられるためには、「いつでも」・「どこでも」・「透明な市場価格で」交換することができることが必要です。しかし、人民元の場合は、次のような問題点を抱えており、ハード・カレンシーの要件を満たしていません。

    • 中国本土で取引される人民元(CNY)は中国人民銀行が厳格に為替相場をコントロールしており、価格に透明性がない
    • 香港などの「オフショア」で取引される人民元(CNH)の為替相場は、ある程度、市場メカニズムに委ねられているものの、オフショアと中国本土の送金には制約条件が多い
    • 中国本土の金融市場(株式市場、債券市場など)は外国に対して開放されておらず、人民元を調達しても運用手段が限られている

    つまり、事実上、中国の通貨・人民元は「ソフト・カレンシー」なのです。このような状態でIMFがなぜ、人民元をSDRに組み込むことに決めたのかは不明ですが、邪推するに伝統的にIMF専務理事は欧州の「指定ポスト」であり、欧州と中国の仲が極めて良いということから、IMFが人民元を無理やり「自由利用可能通貨」に指定してSDRに加えることを決めた、というのが実情に近いでしょう。

    通貨統計3種類

    ただし、、人民元の利用高が増えていることは間違いありません。近年、中国が「経済大国」として急速に発展していることは事実です。もちろん、中国のGDP統計などをそのまま信じて良いのかどうかについては様々な疑問もありますが、10億人を超える人口を有し、中国人観光客が日本に来て「爆買い」をするなどしていることは事実です。このため、日常的な通貨取引量も、自然に考えると増えて当然と言えるでしょう。

    ところで、世界の「通貨の実力」を図るうえで、だれでも入手可能な統計が、少なくとも3種類あります。IMFが公表する「外貨準備高の構成割合」、国際決済銀行(BIS)が公表する「外為市場の取引高」、SWIFTが公表する「RMBトラッカー」です。これらについて、概要を確認しておきましょう。

    RMBトラッカー上は、確かに「上位」だが…

    SWIFTは、民間銀行の国際送金メッセージ等を交換する基盤を運営しており、「国際的な取引における決済電文に占める人民元のシェア」を公表しています(図表1)。

    図表1 RMBトラッカー
    順位 通貨 比率
    1位 米ドル 42.50%
    2位 ユーロ 30.17%
    3位 英ポンド 7.53%
    4位 日本円 3.37%
    5位 人民元 1.86%
    6位 加ドル 1.72%
    7位 豪ドル 1.67%
    8位 スイス・フラン 1.44%
    9位 香港ドル 1.25%
    10位 スウェーデン・クローネ 1.11%

    (【出所】SWIFT「RMBトラッカー」より、2016年8月末時点の数値)

    この比率は「顧客を送金人とする決済額及び銀行間決済額(SWIFT上で交換されたメッセージ)」を集計したもので、いわば、国際的な商取引が中心であると考えられます(なお、集計対象はあくまでもSWIFTを使った電文に限定されています)。実は、人民元は2015年8月に、いちど日本円を抜いて「第4位」に浮上したのですが、その後はじりじりと比率の低下が続いています。

    また、確かに人民元のシェアは2%近くに達しているものの、カナダ・ドル(加ドル)やオーストラリア・ドル(豪ドル)と比べて顕著に多い、という訳ではありません。

    BISの3年ぶりの統計

    ところで、人民元の取引高を、「決済電文」だけでなく、デリバティブ市場などにまで拡大してみると、どうなるのでしょうか?「中央銀行の中央銀行」との異名もある「国際決済銀行」(Bank for International Settlement, BIS)が先日公表した統計によると、外為市場の「通貨ペア」に占める比率は、他の統計と同様、米ドルが圧倒的な上位ですが、二番目にユーロ、三番目に日本円が位置付けられています(図表2)。

    図表2 外為市場の取引高(OTCデリバティブ等を含む)
    通貨 2001年 2004年 2007年 2010年 2013年 2016年
    米ドル 89.9% 88.0% 85.6% 84.9% 87.0% 87.6%
    ユーロ 37.9% 37.4% 37.0% 39.1% 33.4% 31.3%
    日本円 23.5% 20.8% 17.2% 19.0% 23.0% 21.6%
    英ポンド 13.0% 16.5% 14.9% 12.9% 11.8% 12.8%
    豪ドル 4.3% 6.0% 6.6% 7.6% 8.6% 6.9%
    スイス・フラン 6.0% 6.0% 6.8% 6.3% 5.2% 5.1%
    加ドル 4.5% 4.2% 4.3% 5.3% 4.6% 4.8%
    人民元 4.0%
    その他 20.9% 21.1% 27.6% 24.9% 26.4% 25.9%
    合計 200.0 200.0% 200.0% 200.0% 200.0% 200.0%

    (【出所】国際決済銀行(BIS)が公表する“Triennial Central Bank Survey”のP7より、2016年4月時点の数値(ただし通貨ペアを統計としているため、合計すると200%になる))

    日本円の比率が21.6%と異常に高い理由は、おそらく、デリバティブ市場がきわめて発達していることに加え、日銀による異例な金融緩和政策の影響で、預金取扱金融機関などの機関投資家が外貨建債券(米ドルなど)を購入し、それを為替スワップや通貨スワップなどでヘッジしているためだと考えられます(著者私見)。豪ドルの比率が7%近くに達しているのも、日本の金融機関が豪ドル建て債券などに積極的に投資している影響ではないでしょうか?

    しかし、人民元の比率は、わずかに4%に過ぎません。これは、人民元の資本市場が未成熟である証拠でしょう。実際、人民元は本土からの持出規制が厳しく、いまだに「NDF」(ノンデリバラブル・フォワード)などが活発に取引されています。人民元を対象としたNDFは人民元建て取引ではなく、米ドル建て取引にカウントされることが多く(著者私見)、BIS統計上も人民元はまだまだ未成熟な通貨であることが示されています。

    世界の外貨準備の構成比率は「四大通貨」に偏重

    IMFが公表する「世界公式外貨準備統計」では、世界の中央銀行の外貨準備高構成が公表されています。2016年第Ⅱ四半期末時点で、全世界の外貨準備は約11兆円です。ただ、すべての国が通貨の内訳を明らかにしているわけではなく、通貨別の内訳が明らかになっているのはそのうち約7.5兆ドル部分です(図表3)。

    図表3 IMFのCOFER
    通貨/区分 金額 Aに対する比率
    米ドル 4兆7598億ドル 63.39%
    ユーロ 1兆5150億ドル 20.18%
    英ポンド 3521億ドル 4.69%
    日本円 3406億ドル 4.54%
    加ドル 1490億ドル 1.98%
    豪ドル 1430億ドル 1.90%
    スイス・フラン 215億ドル 0.29%
    その他の通貨 2281億ドル 3.04%
    小計(A) 7兆5091億ドル 100.00%
    内訳不明分 3兆4841億ドル
    合計 10兆9931億ドル

    【出所】「世界公式外貨準備構成」(World Currency Compositions of Official Foreign Exchange Reserves, COFER)の2016年第Ⅱ四半期末の数値

    これによると、外貨準備の約6割超が米ドルで占められており、ユーロ(20%少々)、英ポンド・日本円(各5%弱)、と続きます。また、加ドルと豪ドルは2014年第Ⅳ四半期時点から内訳の開示が始まったのですが、スイス・フランの比率を大きく上回っているものの、ドル・ユーロ・ポンド・円の「四大通貨」にはまだまだ及ばないことがわかるでしょう。

    実質的には使えないSDR

    以上で見たとおり、人民元は昔と比べると、貿易等の分野での取引高が増えていることは間違いありません。しかし、それと同時に、デリバティブ市場が未成熟であることや、自由交換などに様々な制約があることなどから、「ハード・カレンシー」と呼ぶには程遠いのが実情であることがわかります。しかし、IMFは人民元を、実に10.92%もの比率で、SDRに割り当ててしまったのです(図表4)。

    図表4 SDRの構成比率
    通貨 これまでの割合 10月以降
    米ドル(USD) 41.9% 41.73%
    ユーロ(EUR) 37.4% 30.93%
    ポンド(GBP) 11.3% 8.09%
    日本円(JPY) 9.4% 8.33%
    人民元(RMB) 10.92%

    (【出所】IMFウェブサイト)

    これをどう考えるべきでしょうか?

    SDRのポイント

    そもそもSDRとは、いったい何者なのでしょうか?

    IMFのウェブサイト(※日本語)によると、SDRとは「加盟国の準備資産を補完する手段としてIMFが1969年に創設した国際準備資産」です。ただ、「国際準備資産」といっても、事実上、自由に出し入れできるわけではありません。まずは、SDRの仕組みを概観してみましょう(図表5)。

    図表5 SDRの仕組み

    20161002-sdr-1

    20161002-sdr-2

    20161002-sdr-3

    (【出所】IMFウェブサイトより)

    このSDRの行使に当たっては、二つの方式があります(図表6)。

    図表6 SDRの行使方法
    方式 概要
    都度指定する方式 ある国がSDRを行使しようとするときに、IMFが「強い外貨ポジション」を持つ国を指定し、その国から「自由利用可能通貨」を受け取る方式
    事前の協定方式 事前に加盟国間で自主的に協定を締結し、その協定に基づいてSDRの売買を行う方式

    (【出所】IMFウェブサイト)

    しかし、この二つの方式については、事実上、「都度指定する方式」しか機能していません。なぜならば、「事前に協定を締結する方式」だと、SDRというまどろっこしい方法ではなく、「二カ国間通貨スワップ(BSA)」を締結する方が遥かに速いからです(なお、日韓通貨スワップ協定については「専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」」や用語集「日韓通貨スワップ協定」もご参照ください)。

    人民元がやり取りされるわけではない!

    もう一つのポイントがあるとすると、SDRは通貨そのものではありません。あくまでも「SDR1単位」に相当する「自由利用可能通貨」との交換です。そして、SDR提供国が、「要求された通貨」を、SDR利用国に引き渡さなければなりません(図表7)。

    図表7 SDRの行使

    本条セクション5に従いIMFから指定された国は、SDR利用国の要求に応じて「自由利用可能通貨」を、本条セクション2(a)に従って、SDR利用国に提供しなければならない。(A participant designated by the Fund under Section 5 of this Article shall provide on demand a freely usable currency to a participant using special drawing rights under Section 2(a) of this Article.)

    (【出所】IMF「Articles of Agreement」第19条セクション4)

    ここで、IMF約款上、「一つの自由利用可能通貨(a freely usable currency)となっているのがミソです。つまり、人民元がSDRに入ったからといっても、それはあくまでも「SDRと実際の通貨の為替レートを計算するため」のものであり、「現実に相手国に渡す通貨に人民元が含まれている、という意味ではない」のです。

    人民元、円を抜いて「3位の主要通貨」に!?

    以上を踏まえたうえで、日本の報道各社の問題報道を取り上げておきます。

    NHK「主要通貨」という言葉をでっちあげ?

    まずは、極めて問題のあるこの報道から紹介しましょう。

    IMF 人民元を第3の主要通貨に位置付け(2016年10月1日 6時35分付 NHKオンラインより)

    ※NHKの記事はリンク先が消えるのが異常に速いので注意が必要です。

    NHKはリンク先記事の冒頭で

    「IMF=国際通貨基金は、今月1日から中国の通貨・人民元を、ドル、ユーロに次ぐ、第3の主要な通貨に位置づけて加盟している国どうしの資金のやり取りなどに活用していくことになり、ラガルド専務理事は記者会見で「国際通貨制度の進化にとって歴史的な転換だ」と述べました。」

    と述べていますが、これは人民元がSDRの構成通貨となることを意味しているのだとすると、のっけから間違っています。SDRとは、「資金のやり取り」に使われるものではありません。あくまでも、IMFへの出資比率等に応じて、IMF加盟国に配分される義務と権利です。各国は「SDR配分額」を負債として負うとともに、「SDR保有額」を資産として保有します。そして、通貨危機に陥った国があった場合に、その国からの要請(二国間協定=BSA)や、IMFからの「割当」などに基づいて、SDRに相当する「自由利用可能通貨」(Freely Usable Currency)」と交換する、という仕組みです。その「交換比率」を計算する時の割合が、10月から変更されるに過ぎません。

    ほかにも、NHK報道にはツッコミだらけですが、さすがに全文を引用すると著作権に触れてしまうのが悩みどころです。ただ、NHKが人民元のことを「第3の主要通貨」と呼んでいますが、この報道を起草した方に申し上げたいことがあります。果たして本当にあなた方は、通貨の専門家に話を少しでも聞いたのでしょうか?事実上のソフト・カレンシーである人民元が、SDRの構成通貨となったからといって、すぐにハード・カレンシーに変わるわけではありません。さらにいえば、「3番目の主要通貨」という表現には強い悪意しか感じません。

    慰安婦を捏造した朝日新聞の報道ぶり

    次に、NHKと並んで問題な報道が、「慰安婦問題」を捏造したことで有名な朝日新聞による、このニュースです。

    人民元、IMFの主要通貨に 専務理事「重要な一歩」(2016年10月1日12時32分付 朝日新聞より)

    記事を執筆したのは、昨年も人民元を「主要通貨」と呼んだ、ワシントン駐在の「五十嵐大介記者」なる人物です。五十嵐記者は冒頭で

    「中国の人民元が、1日から国際通貨基金(IMF)の「主要通貨」に加わった。これに先立ち、IMFのラガルド専務理事は9月30日、記者団に対し、「中国経済が世界の金融システムに融合するうえで重要な一歩だ」と話した。」

    と述べていますが、この五十嵐記者なる人物が、経済・金融に関する初歩的な基礎知識すら全く保持していないことが、この一文でよくわかります。

    「主要通貨」という呼び方はNHKの報道にもありましたが、IMFのSDRの構成通貨に入れば「主要通貨」となる、という話ではありません。あくまでも、通貨の使い勝手を決めるのは、人民元に対する「中国人民銀行」(実質的には中国共産党)による統制がどこまで緩和されるのか、という話であり、実際に人民元が「主要通貨」(?)と呼べるかどうかは、人民元がどの程度、決済やデリバティブ、資本取引、外貨準備等に用いられているかによって間接的に測定されるに過ぎません。

    相変わらず朝日新聞やNHKの報道は、不正確です。素人がクリスティーヌ・ラガルドというフランスの元財相の政治的発言をそのまま報じるとどうなるのか、というのがよくわかるでしょう。

    マトメと関連記事

    マトメ

    本日の主張を箇条書きにしてまとめておきましょう。

    • 人民元は確かに、国際送金電文のシェアで昨年8月に日本円を抜いたことがある
    • しかしその後は5位ないし6位に低迷している
    • 人民元はデリバティブ市場が未成熟であり、BIS統計上も人民元の比率は4%に過ぎない
    • 人民元が世界の外貨準備に占める比率も極めて少ない
    • SDRは事実上、極めて使い勝手が悪い
    • SDRの構成通貨となったからといって、人民元がやりとりされるわけではない
    • NHKや朝日新聞の報道は相変わらず間違いだらけだ

    関連記事

    人民元等に関する関連記事

    日韓スワップ等に関する関連記事

  • 日韓スワップ特設ページ
  • 2017/04/16: またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意
  • 2017/04/14: 日韓スワップ再開論
  • 2017/04/04: 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない!
  • 2017/03/07: スワップに苦しむ韓国のメディア報道
  • 2017/03/07: インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国
  • 2017/02/28: 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」
  • 2017/02/27: 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に…
  • 2017/02/20: インドネシアとの通貨スワップはどうなった?
  • 2017/02/09: 豪ドル・スワップは「焼け石に水」
  • 2017/02/08: 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増
  • 2017/01/28: スワップ協定全般アップデート
  • 2017/01/19: 日韓スワップ再開は潰えた
  • 2017/01/18: そろそろ韓国経済破綻への備えが必要だ
  • 2017/01/08: 韓国経済、あと1年が勝負?
  • 2017/01/07: 慰安婦問題を巡る本当の闘いは始まったばかりだ!
  • 2017/01/06: 【速報】中途半端ながらも対韓制裁が実現
  • 2017/01/02: 新春ネタ「三つの経済爆弾抱える韓国」
  • 2016/12/22: あれほど「為替介入と量的緩和は違う」と…
  • 2016/12/13: 「約束を破る国」の通貨は信用されない
  • 2016/12/12: 日韓スワップ再開はペンディング?
  • 2016/12/07: 日韓スワップ巡る「麻生発言」と韓国の反応
  • 2016/12/04: 韓国の外貨準備の75%はウソ?
  • 2016/12/02: 速報【産経報道】日韓スワップ交渉、長期停滞か?・ほか
  • 2016/11/29: 深刻化する韓国経済危機と安易な日韓スワップ再開論
  • 2016/11/16: 片山さつき氏の日韓スワップ論に思う
  • 2016/11/13: 老獪な菅官房長官の「日韓スワップ」発言
  • 2016/11/11: 「韓国経済崩壊論」と韓国の不良資産疑惑
  • 2016/10/27: 専門家が見る、韓国が「日本との」通貨スワップを欲しがるわけ
  • 2016/10/13: 韓国から見た日韓スワップの必要性
  • 2016/10/12: SDRとは?
  • 2016/10/07: 「日韓通貨スワップ協定」深掘り解説
  • 2016/09/30: 日韓スワップ「500億ドル」の怪
  • 2016/09/17: 専門知識解説:「日韓通貨スワップ協定」
  • 2016/09/14: <保存版>ハード・カレンシーとは?
  • 2016/08/29: 日韓通貨スワップ協定巡る不信感
  • 2016/08/27: 日韓通貨スワップと安倍政権の説明責任
  • 経済・金融に関する用語集

    どうか引き続き、当ウェブサイトをご愛読ください。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告