各国中央銀行のマイナス金利政策(Negative-Interest Rate Policies, NIRPs)

マイナス金利政策を採用している通貨圏は、2016年3月末時点で欧州4つ(デンマーク、ユーロ圏、スイス、スウェーデン)と日本。

欧州のマイナス金利政策

欧州を中心とする主要国の「マイナス金利政策」(Negative interest rate policies, NIRPs)の状況は2016年3月末時点で次の通り。

国・通貨圏 金利種別 時期 金利 備考
デンマーク CD金利 2012/07 -0.2% 左図は主な動きのみ。デンマークは条約によりユーロ圏との事実上の為替・ペッグを行っている
2015/02 -0.75%
2016/01 -0.65%
ユーロ圏 デポジット・ファシリティ 2014/06 -0.1% ユーロ圏の場合、「国債」が複数存在しているため、日米英と比べて「量的緩和」(QE)政策の採用が容易ではない
2014/09 -0.2%
2015/12 -0.3%
2016/03 -0.4%
スイス 要求払預金勘定 2014/12 -0.25% スイスは2015年1月、約3年続けた対ユーロ・ペッグを突如として破棄(スイス・ショック)
2015/01 -0.75%
スウェーデン レポ金利 2015/02 -0.1% デポジット金利はレポ金利より0.75%低い水準に設定されているため、2014年7月時点で既にマイナス化
2015/03 -0.25%
2015/07 -0.35%
2016/02 -0.5%

(【出所】各国中央銀行ウェブサイトより著者作成)

ユーロ圏のマイナス金利政策の背景

一般に中央銀行が操作できるのは「短期金利」に限られており、これらは物価の安定などを目的に中央銀行が政策として行うものとされる。教科書的には景気上昇期には利上げをして景気の過熱を防ぎ、不況期には利下げにより消費・投資を喚起するのが中央銀行の役割とされている。特に景気後退はデフレを伴うことが一般的であり、中央銀行が利下げを行うのはインフレ目標を達成するためという側面もある。また、利下げしてゼロ金利になってしまっても、なおデフレ基調が止まらない時には、中央銀行は「量的緩和」(国債などの安全資産の購入)によりマネタリーベースを拡大し、インフレ目標を達成しようとする。さらに景気過熱期に金融機関が巨額の融資を行ってしまい、バブル崩壊後に金融機関が巨額の不良債権を抱えていた場合には、金融政策が効力を発揮しないことがある。このため、金融機関に資本注入を行い、不良資産に時価会計や厳格な償却引当を適用することで金融機関の経営の健全性を回復しなければならない。

しかし、ユーロ圏の場合、次の問題から伝統的な金融政策の採用が困難である。

問題点 概要 備考
共通通貨圏であること ユーロは共通通貨であり、域内にはドイツなどの財政黒字・貿易黒字国やギリシャなどの財政赤字・貿易赤字国が同居している(ユーロの本質的問題点「財政政策と金融政策の断絶」)。このため、日米英と比べて中央銀行が「買入」を行うことができる債券の種類、供給額は限られている ユーロ圏は共通通貨圏であるにも関わらず、財政の統合を行っていないため、財政力が弱い国では国債の「デフォルト」が現実に発生し得る
不良債権問題 ユーロ圏を中心に上場している企業が利用している会計・財務報告基準「IFRS」は金融機関の不良資産・不良債権隠しを合法化する金融商品会計基準「IAS39」の下で巨額の不良資産を抱えていると考えられており、それから数年が経過してしまっているため、金融システム自体の健全化がますます困難になっている 支離滅裂なことで有名な会計基準「IFRS9」の使用については、2016年第Ⅲ四半期末時点でEU域内において非合法である

つまり、本来ならば国債等の買入を柱とした量的緩和(QE)と金融機関の不良債権処理を「車の両輪」として進めなければならないところ、ユーロ圏はこの双方の政策を中途半端にしか実施できていない。つまり、欧州中央銀行(ECB)が2014年6月に採用したマイナス金利政策は、いわば「苦肉の策」である。

デンマークのマイナス金利政策の背景

一方、デンマークはマーストリヒト条約に参加していないものの、同国通貨は「欧州為替相場メカニズム(ERMⅡ)」に従い、1ユーロ=7.46038クローネを中心に上下約0.1%でのペッグが続けられている。しかし、ユーロ危機から「安全資産」を買う動きが続いたことから、デンマークがユーロ圏に先駆けて2012年7月にマイナス金利政策を導入したことは、いわば自国通貨が買われ過ぎることを防ぐ目的である。

スイス、スウェーデンのマイナス金利政策の背景

スウェーデンは欧州連合(EU)加盟国でありながら、ERMⅡに参加しておらず、したがって、自国通貨をユーロとペッグさせる義務はない。また、スイスはEU加盟国ですらない。このため、本来ならスイス、スウェーデンともに、ユーロと自国通貨との為替相場を無視して自由に金融政策を決定して良いはずである。しかし、スイスは周囲をユーロ圏に囲まれており、スウェーデンも事実上、ユーロ圏(とEU非加盟国であるノルウェー)に挟まれているため、両国ともユーロとの為替相場が急変動することは望ましくない。ユーロ圏がマイナス金利を導入して以降、両国ともに同様にマイナス金利の導入を余儀なくされているが、これは自国に巨額の資金流入が発生するのを防衛する目的もあると考えられる。

なお、スイスは2012年に1ユーロ=1.20フランのペッグ制度を臨時的に導入したものの、もともとスイスは「資本移動の自由」と「中央銀行の金融政策の独立」を重視する国であり、為替相場についての安定を図ることはそもそも不可能であった(「国際収支のトリレンマ」の項を参照)。おそらく為替防衛に耐えられなくなったためだろうか、2015年1月、スイスの中央銀行(SNB)は、3年間続けたユーロペッグ政策を突如として放棄。為替相場が大混乱に陥るというショックが発生している(いわゆる「スイス・ショック」)。

日本銀行のマイナス金利政策

日本経済の20年の歩み

一方、日本では1990年代に当時の大蔵省による「総量規制」という政策ミスにより不動産バブルが崩壊。日経平均株価は4万円台から一気に半額にまで下落するなどし、同時に社会全体に停滞モードが発生した。また、1990年代後半には「住専」問題をはじめ、金融機関の「不良債権」が社会問題化。自民党・橋本龍太郎政権が1997年4月1日に消費税率を3%から4%(+地方消費税1%)に引き上げたことで、日本経済は極度のデフレ体質に落ち込んだ。

こうした中、日本銀行がゼロ金利政策と量的緩和政策に踏み切るとともに、2000年代初めに時価会計や金融検査マニュアルなどによる金融商品会計の厳格化が行われ、さらに都市銀行の大部分は経営再編によりメガバンク化した。こうした自助努力により日本の金融システムは小泉政権末期の2005~2006年頃には最悪期を脱した。

しかし、今度は2008年3月の「ベア・ショック」、同年9月の「リーマン・ショック」による世界的な金融危機の波が押し寄せ、翌2009年8月には「マス・メディア」の偏向報道の末に民主党政権が発生。さらに2011年3月には東日本大震災と、時の首相・菅直人による福島第一原発爆破事件が発生し、日本経済は再び「どん底」に叩き落された。さらに、2012年7月には、民主党・野田佳彦政権が民主党の政権公約にない「消費増税」を決断した。

政権交代後、自民党・安倍晋三政権は黒田東彦・ADB総裁を日銀総裁に抜擢。2013年4月に始まった「異次元緩和」(QQE)により、積極的な国債買入が行われた。しかし、野田政権下で決まった消費増税を安倍政権は覆すことができず、2014年4月から消費税率は4%から6.3%へ(地方消費税率は1%から1.7%へ)と引き上げられ、せっかくの「アベノミクス」も腰折れした。

マイナス金利政策は正しいのか?

日本銀行としては、「年間80兆円に相当するペースでのマネタリーベース拡大」、「ゼロ%金利政策」などを続けてきたが、ついに2016年1月、マイナス金利政策の採用に踏み切った。しかし、このマイナス金利政策は、ECBをはじめとする欧州諸国のマイナス金利政策(NIRPs)とは全く質が異なるものである。

区分 概要
ECBの場合 ユーロという通貨自体の設計不備により、中央銀行としてできる政策(例:QE)などに限界があり、また、IFRSというインチキ会計基準により莫大な不良債権を抱えている民間金融機関の経営健全化・破綻処理が抜本的に遅れている状況にある。つまり、ECBのマイナス金利政策は「中央銀行として、他にやるべきことをやっていない」という状況で導入されたものである
デンマークの場合 ERMⅡという一種の「国際協定」により、為替相場の安定を図る必要があるため、デンマークは他のユーロ圏からの資本流入を防ぐ目的で、やむなくマイナス金利の導入を余儀なくされている。また、BREXITなどの市場混乱の際には、巨額の為替介入(おもに自国通貨売り・ユーロ買い)を余儀なくされている
スイス、スウェーデンの場合 スイス、スウェーデンには、いずれも、ユーロとの為替ペッグの義務はないが、自国通貨がユーロに対して強くなり過ぎるのを防ぐために、やむにやまれずマイナス金利政策の導入を余儀なくされている。また、スイスはマイナス金利政策にもかかわらず、ユーロという「巨人」からの資金流入を防ぐことに失敗。金融政策の独立と為替相場の安定という二つの政策目標を侵害されている
日本の場合 金融機関の不良債権処理・健全化、事業再編などを通じた金融機関の健全化・資本強化の動きは継続的に行われており、ゼロ金利政策や量的緩和政策など、中央銀行としてできる他の全てのことを行ったうえで、マイナス金利政策に踏み切ったもの。なお、本来ならば「車の両輪」であるところの「財政出動」が望まれるが、「国の借金1000兆円」という意味不明なプロパガンダを垂れ流す財務省の力は依然として強く、安倍政権が財務省の影響力をどこまで排除できるかにも注目したい

日本経済をデフレから脱却させ、活性化するには、本来ならば「消費減税や国債の大幅な増発」という財政政策が望ましいところだが、日本の場合、財務省が「増税至上主義」を掲げ、「国債は国の借金であり、日本の財政は危機的状況だ」などと誤った理論を各方面に吹聴している。日本経済新聞を初めとする不勉強なマス・メディアは、完全に財務省の「プロパガンダ」のコントロール下に置かれており、短期的に財政政策を通じた日本経済の再生は難しい。そこで、マイナス金利政策という「カンフル剤」に中央銀行が手を出したことの勇気については称えたい。ただし、日銀によるマイナス金利政策の導入(2016年1月29日)以前から、既に日本国債市場ではマイナス利回りが常態化しており、QQEとマイナス金利政策を継続すれば、日銀の財務健全性にも影響が生じてくるため、政策の継続余地はそれほど大きくないと見るべきであろう。

一種の「ツイスト・オペ」

日本銀行は今月の政策決定会合で、従前のQQEやマイナス金利政策に加え、長期金利のコントロールを打ち出した。一方、米国では2011年9月のFOMCで、FRBがバランスシートを拡大させずに長期金利を抑制する「オペレーション・ツイスト」(短期債を売り、長期債を買う政策)を決定したことがあるが、日銀としては、この「ツイスト・オペ」も参考にしているのかもしれない。いずれ近い将来、QQEにも限界が来るが、こうした状況に備えてイールドカーブ全体をコントロールする手法を今のうちから布石として打っておくことは賢明だと考えている。

関連記事

人民元、日韓スワップ等に関する関連記事

経済・金融に関する用語集

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2017/04/29 00:00 : 私の教育の「4つの方針」 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/28 00:00 : 雑感アラカルト―足を引っ張る野党 ほか (政治その他)
  • 2017/04/27 00:00 : 日本人は朝日新聞社との闘いに勝てる! (マスメディア論)
  • 2017/04/26 14:30 : 復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言 (時事|国内政治)
  • 2017/04/26 00:00 : 朝鮮半島危機は日韓関係清算の好機 (韓国崩壊)
  • 2017/04/25 12:00 : 北京から東京へ―カギを握る日本と何もできない韓国 (時事|外交)
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告