中国共産党の事実上の機関紙である「環球時報」や「新華社」などの記事を読むと、「大国」「小国」という用語が出てきます。「対等な主権国家間の関係」という概念に慣れた我々日本人にとっては、非常に違和感のある概念ですが、少なくとも現在の中国共産党政権は、この「大国」「小国」という、きわめて時代遅れで異常な概念を、外交の主軸に据えているようなのです。本日は、中国の報道から垣間見える中国共産党の時代錯誤的な発想について議論するとともに、「不測の事態」に備えて日本が何をしなければならないかについて考察してみたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    大国と小国の関係

    今月4日から5日にかけて、中国・杭州で開催された「G20首脳会合」関連の報道をいくつか整理しているときに、ふと目に留まった報道があります。

    「中国は日本に付き合っているひまはない」 安倍晋三首相を名指しで中国紙が論評(2016.9.6 23:11付 産経ニュースより【共同通信配信】)

    共同通信が配信した産経ニュースによると、中国共産党の機関紙の一つである「環球時報」が、杭州G20首脳会合での安倍総理大臣の振る舞いを社説の中で厳しく批判したそうです。記事からの「孫引き」で恐縮ですが、環球時報の主張は次の通りです。

    • G20会合中、公開の場で南シナ海問題の発言をしたのは安倍晋三首相が最も多かった
    • 大国同士の首脳会談には通常、矛盾を解決し、お互いに善意を広げる効用がある
    • 「話をすればするほど状況が悪くなる」悪循環に陥るのであれば、中国は日本に付き合っているひまはない

    私自身、中国語を読むことができないため、環球時報の原典を当たることは難しいのですが、環球時報の英語版でこんな記事がありました。

    Abe should cherish high-level meeting with China(2016/9/6 23:03:39付 環球時報英語版より)

    タイトルを意訳すれば、「アベは中国とのハイレベル会合を大切にすべきだ」でしょうか。この中で、次の下りがあります。

    There is a general rule among major power relationships that meetings between heads of state would normally turn into a vital driving force in resolving controversies and showing goodwill. Hopefully Japan is not an exception. Abe always asks to meet with Chinese leaders. It is hoped he can cherish every opportunity he gets.

    共同通信が報じた「大国」とは、ここでいう「major power」のことでしょうか?この下りを著者自身の文責で、日本語に訳しておきましょう(ここでは、「major power」を「大国」と訳します)。

    一般的に、大国間では首脳会談が論争の解決のための重要なきっかけとなるとともに、友好を示すためのものであるという、一般的なルールがある。日本がその例外でないことを祈りたい。アベは常に、中国の首脳に会談を求めている側だ。彼こそが、すべての首脳会談という機会を大切にすべきである。

    どうでしょうか?簡単に要約すれば、「せっかく習近平(しゅう・きんぺい=中国国家主席)が会ってやったのだから、安倍(晋三総理大臣)はその機会をありがたく受け止めて、波風を立てないようにしろ」、とでも言いたいのでしょうか?中国共産党の事実上の機関紙である環球時報が日本を中国と並ぶ「大国」に位置付けているのは光栄ですが(※皮肉です)、「大国間での首脳会談」には「対立を騒ぎ立てずに友好を示すものだという一般的なルールがある」とは、私も初めて知りました(※これも皮肉です)。

    私が知っている首脳会談とは、「国際法の下に対等な存在である主権国家同士」が行うものであり、「大国」「小国」などの区別はありません。そして、「首脳会談は穏便に行わねばならない」というルールもありません。欧州連合(EU)首脳会合のように、時として激しい意見の衝突が発生することもあります。どうもこの「環球時報」の主張は、首脳会談に「主権国家同士の意見の衝突」を通じた意思疎通機能がある、という事実を無視しているようにしか見えません。

    中華思想が蘇っている!

    ここ数年、中国の様々な主張を見ている限り、この「大国」という単語はよく出てくるようですが、これは一種の「中華思想」にほかなりません。そして、中国政府はこの「大国意識」を隠そうと努力しているようにも見えますが、様々な機会で、明らかにこのおかしな「大国意識」が出現しています。その証拠を、ほかならない中国メディアに発見できます。

    中国外交部:中国は個別の国が南中国海問題で「小国による大国強請り」を放任しない(2016-05-10 11:20:58付 新華網日本語版より)

    環球時報と同様、事実上の中国共産党の「マウスピース」である新華社は、今年5月に「フィリピンが南シナ海の領有権問題でオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(Permanent Court of Arbitration, PCA)に提訴した」問題について、中国外交部の報道官による次の発言を報じています。

    「中国は『大国による小国いじめ』をすることはないが、個別の国が不正なやり方で『小国による大国強請り』をすることを放任しない」。

    この発言に、「中国は大国」「フィリピンは小国」という、中国当局による驕り・高ぶりが露骨に出ています。南シナ海で実際に中国がやっていることは、「大国による小国イジメ」であり、また、アフリカ、アジア、南米などの発展途上国でも「札束で資源を買いたたく」ような資源外交です。そして、今年7月12日にPCAから中国全面敗訴の判決が下されているにもかかわらず、中国はいまだに「国際法に従った解決に応じるつもりはない」との姿勢を崩していません。

    日本はどうすれば良いのか?

    これは非常に厄介な問題です。

    中国は、いわば「国際法を守らない」と宣言しているわけです。日本としては、尖閣諸島にしろ沖縄県全体にしろ、国際法に従ってれっきとした日本領だという立場ですが、相手は日本が領有する根拠自体を認めておらず、むしろ国際法を無視する意向を示しているのです。では、これに対して日本はどうすれば良いのでしょうか?

    まず、いくら中国が尖閣諸島などの周辺海域の領有権を主張したとしても、日本を凌駕する軍事力がなければ、そもそも実効支配することなどできません。そこで、日本としては、日米同盟をはじめとする各国との外交関係を強固にするとともに、尖閣周辺海域での不測の事態に備えることが何よりも大切です。しかし、それだけでは全く十分ではありません。

    私が懸念しているのは、習近平国家主席が軍部の掌握に失敗し、現場の人民解放軍が「暴発」して「なし崩し」的に戦闘状態に入ることです。そうであるならば、(あってはならないことだと思うものの、)日本が「自衛戦争」に入った時に備えた法制度(事実上の軍法を含む)を整えることが必要です。日本は法治国家であり、憲法第9条第2項には

    「前項(※)の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」(※「前項」とは、戦争放棄を定めた第1項)

    とあり、たとえ中国が攻めてきても、相手が「国」であるかぎり、「交戦権」がない、と明記されています。「軍法」を整備するためには、まずはこの憲法第9条第2項との関係をきちんと整理することが必要です。憲法第9条第2項を放置したままで「軍法」を整備した瞬間、中国共産党の意向を受けて、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞、共産党、極左系プロ市民らが一斉に大騒ぎすることは目に見えています。

    このため、現状では、安倍総理が地球上を飛び回り、中国以外の各国との関係を強化し続けていますが(図表)、憲法第9条第2項撤廃に時間がかかるため、これはやむを得ないアプローチなのです。

    図表 安倍外交の目標は対中孤立化
    外交相手国 最近のおもな出来事
    米国 G7でオバマ大統領訪日の際に広島を訪問
    欧州連合(EU) G7会合、ASEM会合、G20会合に加え、EU加盟国のうち主要国(独、仏など)とは頻繁に首脳会談を実施
    英国 安倍総理は就任直後のメイ首相とG20で会談。BREXIT巡り日系企業への法的安定性等を求める
    アフリカ諸国 8月のTICAD6で3兆円相当のアフリカ支援を表明
    ロシア プーチン大統領の年内訪日等が決定済み
    韓国 慰安婦合意に基づく解決金10億円を支払い済み。日韓通貨スワップやGSOMIA等の「エサ」もちらつかせる
    ASEAN 安倍総理は9月5日に閉幕したG20会合の直後にラオスに飛び、ASEAN首脳会合に参加

    まったく、安倍総理の激務ぶりには驚きます。どうかお体に気を付けてほしいところですが、米国を含めた各国との外交関係の強化は、そのまま「中国孤立化」に繋がります。「中国人民解放軍の軍事侵攻」に際し、自衛する有効な法的枠組みを持たないわが国にとって、こうした戦略は正しいというほかありません。

    ※もっとも、普段から主張している通り、対韓外交に関していえば日本が譲歩し過ぎであるなど、色々不満もあるのですが…。

    中国の自滅が先か、軍事侵攻が先か?

    ただ、安倍外交が奏功しているということは、言い換えれば、中国が現在、色々と追い込まれている、ということです。経済的には人民元のハード・カレンシー化も頓挫しかけていますし(※なにせATMからニセ札が出てくる国です)、投資と輸出に過度に依存した成長モデルも破綻してしまいました。社会的には貧富の格差や官僚・共産党員の汚職も酷く、環境破壊も進行。こうした人民の不満を逸らすために、中国共産党は現在、「偉大なる中華の復興」を掲げており、それだけに、中国が領有権を主張する海域(南シナ海か東シナ海)で軍事的「暴発」が発生するおそれも高まっています。

    習近平・中国国家主席にとっては、2013年に就任して以来、ASEANやアフリカを舞台に日本と「外交争い」を繰り広げているものの、いずれも「戦果」は思わしくありません。また、親中派の朴槿恵(ぼく・きんけい)韓国大統領を、いったんは「手なずける」ことに成功したかに見えたものの、その朴槿恵政権は日本と「慰安婦合意」を締結しただけでなく、米国との間でTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の朝鮮半島配備で合意。クリミア問題で国際制裁を受けるロシアでさえ、日本との経済協力を模索する始末です。

    おそらく、現在の習近平主席の立場は、かなり危ういものになっているのではないでしょうか?こうした中、中国共産党では一段の権力闘争が発生し、人民解放軍がなし崩し的に暴走して戦争が勃発する可能性も否定できません。こうした環境のもと、「日本は何もせずに見ているだけ」、というわけにはいきません。安倍総理には今の調子で外交を続けていただきたいものの、与党・自民党には「早く改憲議論を進めなければ不測の事態が発生する」というくらいの危機感を持ってほしいと思っています。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告