テレビ局の経営は、主にスポンサーからの広告料収入で成り立っています。この辺の事情は、読者からの購読料とスポンサーからの広告料収入双方で経営が成り立っている新聞社と大きく異なる点です。昨今のインターネットの発達により、最近では動画サイトを通じて情報を提供する、いわゆる「インターネット番組」が、多数、出現し始めています。インターネットが発達すれば、既存のマス・メディアの経営が圧迫されることは容易に想像できます。こうした中、購読料収入のある新聞社よりも、広告料収入に依存するテレビ局の方が、早く経営難に陥る可能性があるでしょう。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    テレビの参入障壁が崩れた!

    当ウェブサイトで「グーグルを使った広告」の挿入を開始した、という話題を紹介したばかりですが、もう一つ、興味深い話があります。最近、硬派な情報提供番組が、YouTubeをはじめとする動画サイトで配信され始めているのです。私が個人的に気に入っているのは、「真相深入り!虎ノ門ニュース」という番組です。これは、化粧品・健康食品等で有名な「株式会社DHC」がスポンサーの番組らしいのですが、確認したところ地上波テレビでは放送されておらず、あくまでもニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイトでしか閲覧できないようです。そして、木曜日朝8時からの番組は、毎回、参議院議員の青山繁晴さんが出演するため、私は最近、毎回欠かさずに視聴するようになりました。

    冷静に考えてみると、この手の「動画配信」がビジネスとして成立するとは、すごい時代になったものです。ニュース・スタジオから生放送しているという意味では地上波テレビで放送される情報提供番組とそっくりですが、最大の違いは、何といっても「通常のテレビ局の放送と比べてコストが安いこと」です。極端な話、マイクとカメラさえあれば、さしたるスタジオ設備なしに事業を始めることができるため、参入障壁が極めて低いのが特徴です。また、視聴者側としても、地上波放送と異なり、テレビ受信設備等を整える必要などありませんし、地方在住者であっても、あるいは地球の裏側にいても、高速インターネット環境さえあれば、世界中どこにいても番組の視聴が可能です。さらに、スポンサー企業としても、自分の会社の広告をリアルタイムで誰が視聴しているかを把握することができるため、出稿した広告の効果があるのかどうかよくわからない地上波テレビと比べると、非常にメリットが大きいと言えます。これをまとめると、図表1のとおりです。

    図表1 インターネット番組の特徴
    項目 内容
    設備投資コストがかからない 地上波放送設備を整える必要もないし、放送法の認可等も必要ない。その気になれば個人でも始められる
    全世界に発信可能 極端な話、高速インターネット環境さえあれば、世界中どこにいてもリアルタイムで視聴可能
    ユーザーデータ 視聴者の属性(年齢・職業・居住地等)別のデータ収集が可能であり、広告出稿者としても広告の効果測定が容易

    つまり、動画サイトの起業が相次ぐとともに、インターネットによる高速回線網が普及したことにより、事実上、「テレビ局」への参入障壁が崩れてしまったのです。それだけではありません。テレビ局は原則として都道府県単位で経営しているため、全国ネット番組でもない限り、番組は自局の県内・地域内でしか流すことができません。さらに、同じ時間帯に1つの番組しか流せないテレビ局と異なり、これらのウェブメディアには同時並行的に多数の「インターネット番組」チャネルが存在しています(図表2)。

    図表2 テレビがインターネットに敗ける!?
    項目 内容
    視聴可能地域 特に地方のテレビ局は自社が存在する県でしか放送できない
    同時放送 民間テレビ局は1局が1チャンネルしか保有していないため、同じ時間帯に異なる番組を放送することはできない

    そうなると、もはやテレビ局がビジネスモデルとして成り立たなくなり始めているのです。

    他人より儲けるための三つの方法

    ところで、ありとあらゆるビジネスに共通のことがあります。それは、「幸運によらずに他人よりも稼ぐためには三つの方法がある」、ということです。一つ目は「他人よりも努力すること」、二つ目は「他人と競争しないこと」、そして三つ目は「不正をすること」、です(図表3)。

    図表3 他人より儲ける三つの方法
    項目 内容
    ①他人より努力をすること 他人よりも早起きする、他人より長時間働く、他人よりも創意工夫を凝らすなど、努力・苦労すること
    ②他人と競争しないこと 資格を取る、新規参入が規制されている産業で働く、雇用が守られている仕事に就く、など
    ③不正をすること 犯罪、詐欺まがい商法、他人を騙す仕事などで楽をして儲ける

    私が一番尊敬するのは①のパターンであり、一番軽蔑するのは③のパターンです。先日も「取材商法に関する注意喚起」に関する記事をこちらのウェブサイトに掲載したばかりですが、たとえば「起業したばかりの会社を狙う悪質な取材商法」、「PCや電化製品に疎い高齢者から高額の代金を徴収するサポート・ビジネス」などのように、「明確な詐欺」ではないものの、信義にもとる行為がその典型例です。

    マス・メディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)の場合は、この三つの類型でいえば、②、つまり、「規制産業」に該当します。もちろん、東京には民放テレビ局が6社あり、NHKを含めたこれらのテレビ局が「地上波テレビ放送」の世界で競争しているのは事実ですが、ただ、放送業の世界では、いったん放送免許を取得してしまえば、滅多なことで廃業の憂き目に遭うことなどありません。何より、放送免許を新規取得するためのハードルは極めて高いため、新規参入が生じないのです。

    その結果、どのテレビ局も「横並び」で似たような番組を制作して放送する、という珍現象が発生します(もっとも、在京テレビ局の中には個性的なテレビ局もあるようですが…)。別に差別化を図らなくても、面白い番組を作らなくても、情報を提供する手段がテレビしか存在しなければ、視聴者は必ずテレビを見てくれるからです。この辺りの事情は、「宅配制度」と「再販売価格維持制度」に守られた新聞業界も似たようなものでしょう。

    ただ、長年の寡占競争にアグラをかいてきた結果、テレビ業界が苦境に陥っていることも事実です(図表4)。

    図表4 テレビ業界の苦境
    項目 内容
    負のスパイラルと視聴率 レベルの低い番組を作って垂れ流した結果、知的階層がテレビを見なくなった結果、テレビ番組の品質全体のレベルが低下する、という「負のスパイラル」に陥り、前世帯視聴率が低下する
    他メディアとの競合 インターネットが急速に普及したことを受けて、人々がテレビではなくインターネットを通じて情報を受け取り始めている
    地上波設備負担の増大 地上波テレビ放送に切り替わったことに伴う設備の償却負担が経営の重しとなり始めている

    そして、こうした状況の中で「インターネット番組」が急激に増え始めたことで、テレビが得意とする「動画」という土俵でも、テレビ局が競争に巻き込まれ始めたのです。これが、テレビ局が直面する最大の脅威でしょう(図表5)。

    図表5 テレビ局の最大の脅威はインターネット番組

    20160904I-nET

    今のままでは、経営体力の乏しい地方局を中心に、早ければこれから数年以内に、経営破綻する会社が相次ぐことは間違いありません。そして、経営危機に陥る可能性があるという意味では、在京テレビ局も例外ではありません。

    「新聞社」と「テレビ局」はマス・メディアの双璧を形成していますが、新聞社の場合は読者からの購読料収入があるため、広告料収入が激減しても、ただちに倒産するとは限りません。しかし、テレビ局の場合、売上高の大半はスポンサーからの広告料収入に依存しています。よって、テレビを視聴者する人が激減すれば、スポンサーもテレビへの広告出稿を控えるようになる可能性が高く、そうなれば、テレビ局は収入を失い、倒産への道が見えてきてしまいます。

    こうした中、テレビ局が視聴者の支持を回復するために何をしなければならないかは明白です。それは、「面白いコンテンツを作ること」に尽きます。長年の独占競争に安穏としてきたテレビ局に、簡単にそれができるとも思えないのですが、いずれにせよ、民間テレビ局の経営がどうなるのかについては、私自身としても非常に興味をもって関心を払っている論点の一つなのです。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告