起業したばかりの会社を狙う「取材商法」、最近話題の高齢者を狙った「PCサポート商法」…。商道徳に反するビジネスなど長続きしない。これが私自身の持論です。本日は、私自身が最近経験した「取材商法」と、最近報道されている某PC量販店の高齢者をターゲットにした「高額PCサポート契約」について、「商道徳に反したビジネスは、最初はうまくいくかもしれないが、いずれ破綻する」という観点から、普段の思いを取りまとめておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (1コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (3コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (16コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (2コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    起業して2度目の取材商法

    「取材商法」、というものがあるそうです。私も起業するまで知らなかったのですが、概要はこうです。

    • ある日、「創業したばかりの中小企業を紹介する雑誌の記者」を名乗る人物から、「ホームページを見たが取材させてほしい」という電話が掛かってくる
    • 取材には、やや落ち目の有名人(例えば、1980年代の人気歌手グループに所属していた目立たないメンバーとか)が取材に帯同する
    • ただし「帯同する著名人の肖像権がある」ということで、雑誌に掲載するには「掲載費用が必要である」とのこと(5万円とか、10万円とか)
    • 取材した内容は雑誌記事にしてもらえるが、その雑誌は全国の書店で販売されるとは限らない

    …、というものです。いまどき、こんな商法に騙される人もいるのかな?と思いますが、この商法、「詐欺」ではありません。なぜなら、「雑誌に掲載するために取材をし、しかも実際に雑誌に掲載してくれる」からです。もちろん、誰が読んでいるのか良くわからない雑誌にインタビュー記事を掲載してもらったところで、宣伝効果など全くありませんが…(笑)

    しかも、「自分自身が取材を受け、謝礼をもらう」というものではなく、「取材を受けた方が掲載手数料を支払う」というものです。私自身も某専門誌に何度も記事を寄稿したことがあるのですが、謝礼をもらったことはありますが、手数料を払ったことなど一度もありません。

    どうしてこの話を紹介するかといえば、実は先日、当社にも2社目の「取材商法」の申し込みがあったからです(会社名は伏せますが、インターネットで「取材商法」で検索してみると上位に表示されます)。木曜日に電話があり、

    「12月号のために、新宿エリアの特集記事を組んでおり、俳優の●●さん(男性)と一緒に取材に回っています。つきましては今週の金曜日か土曜日に時間が取れないか?」

    ということだったので、

    「突然すぎて時間が取れない」

    と申し上げてお断りしました。

    取材申込メール

    先ほど、「先日、2社目の営業が来た」と申し上げましたが、起業した直後にわが社に取材を申し込んできた「1社目」についても言及しておきましょう。わが社は昨年10月に起業したのですが、その直後の12月に、このメールが送られてきました。

    To: <info@XXXX.com>
    From: XXXXXXXX 山田<yamada@XXXX.jp>
    Subject: ホームページを見てお問い合わせ致しました

    XX社 代表 ●●様

    拝啓
    時下、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
    XXXXX社の記者で山田と申します。
    今回、●●代表に、弊社の出版する『XXXX』の新設企業特集にご登場いただきたく、ご連絡させていただいた次第でございます。
    週末の金・土に10件ほどを訪ねる予定です。その際、ミュージシャンの●●●●氏にインタビュアーになって頂き、一般目線から質問するという形式です。
    詳細についてはお電話で直接お話できればと思いますので、宜しくご検討いただき、ご一報いただければ幸いです。

    敬具

    (メール文中のアドレス、名前部分は伏せ字、または仮名に変更しています。)

    このメールに対して私は、

    「せっかくの申し出ですが、今のところそのニーズはありません」

    と返信したところ、それっきりになってしまいましたが…。

    考える時間を与えない

    起業したばかりの会社を狙う「取材商法」のもう一つの特徴は、唐突に電話を掛け(またはメールを送りつけ)、1~3日後を取材日に指定するなどして、考える余裕を与えない、という悪質なものです。実際、一度取材を断ると、その業者からは、二度と電話はかかってきません。その理由は簡単です。電話を受けた方としても、その企業の名前を検索するなりして、対策をしてしまうからです。

    ここで、1社目と2社目に共通している、起業したばかりの企業を狙う取材商法の特徴を、改めて列挙しておきましょう。

    • 誰が読んでいるかよくわからない雑誌を刊行する
    • 取材と称して有名人(しかもやや落ち目の有名人等)を帯同させる
    • 取材に費用負担が発生する
    • 突然取材を申し込み、経営者に判断の時間を与えない(取材予定日が金曜日・土曜日なのに、木曜日に取材を申し込む、など)

    それに、よく考えてみたら、木曜日に申込み、金曜日に取材をするというのもとても変な話です。取材者側が取材する会社のこと(業務内容、代表者の経歴、その他)について何も予備知識を持たないで取材をするというのも、相手に対して失礼極まりない話です。

    ちなみに、私の会社に関していえば、ターゲットとなる業界への知名度の浸透に苦慮していることは事実ですが、自分自身のターゲットは良くわかっていますし、その業界に対するアプローチについても、ある程度戦略的にやっているつもりです。そして、逆に「誰が読んでいるかわからない」ような雑誌に、自分の会社のことが掲載されてしまうのはリスクでもあります。

    逆にいえば、自分自身の会社のビジネス・ターゲットをよく理解しておかないと、この手の取材商法のターゲットにされてしまうのかもしれません。

    商道徳が大事!

    そういえば、最近、某家電量販店が高齢者を騙して高額のサービス契約を締結させているというニュースが世間を賑わせているようです。聞くところによると、「売上高至上主義」とでも言えば良いのでしょうか、相手が高齢者なら、PC、スマートフォン、タブレット等の端末に関し、とても高額なサポート契約を結ばせているとか。

    もちろん、私自身、その企業のことに詳しいわけでもなく、報道されている内容が事実かどうかを自分自身で検証したわけではないため、具体的な企業名を出すのは控えます。しかし、仮にこれらの報道が事実ならば、短期的にはその企業は急成長しますが、長期的には社会的な存続は許されません。

    私の持論ですが、「運任せ」によらないで他人よりも高額な所得を得るためには、方法は三つしかありません。

    1. 他人よりも努力する。
    2. 競争相手がいない分野で仕事をする。
    3. 不正をする。

    まず、「(1)他人よりも努力をする」という部分は、当たり前ですし、正当な行為です。他人よりも成果を出すためには、他人と同じ努力をしていたのではダメです。しかし、他人よりも努力したところで、成果が出るという保証もありませんが…。

    次に、「(2)競争相手がいない分野で仕事をする」という項目については、少し説明が必要でしょう。私など、だれも競合他社がいない仕事をしているのですが(ただしそれで豊かな暮らしが送れるほどの売上高など得られませんが)、これは私自身が長年、努力して見つけた専門分野です。中には、「何百年も続く老舗の着物業者」という具合に、伝統のある企業もありますが、これも「競争相手がいなくなっている」例と言えるかもしれません。

    一方、新聞社、テレビ局を筆頭とするマス・メディア各社は、新規参入を阻む様々な利権に守られていますし、公務員は滅多なことで首になることはありません。規制や利権に守られた業界に勤めていれば、大した努力をしていなくても、そこそこの給料をもらうことができます。これも広い意味では「(2)競争相手がいない分野での仕事」といえるでしょう。

    そして、最も手っ取り早く、かつ、私が一番軽蔑するのが、「(3)不正をする」ということです。学生が、テストで勉強をするのが嫌だからカンニングをする、というパターンが多いのですが、本日紹介した「取材商法」のような詐欺まがい商法も、「高齢者に無意味で高額なサポート契約を締結させる」のも、「法的には詐欺ではないものの、信義にもとる仕事」であり、見方によっては広い意味での「不正」といえるかもしれません。

    なお、私自身は「商道徳が何より大事」だと考えています。不正をしてお金持ちになるくらいなら、不正をせずに貧乏である方を選びたいと思います。もちろん、努力をし、知恵を使ってお金持ちになる、というのが一番良い選択肢なんですけどね(笑)

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、シェアして下さい。

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (1コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (3コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (16コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (2コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 2018/02/03 13:00 【時事
    【夕刊】不完全な「海外安全情報」 (11コメント)
  • 2018/02/03 00:00 【韓国崩壊
    日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ (9コメント)
  • 2018/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ (3コメント)
  • 2018/02/02 00:00 【金融
    暗号通貨と新たな金融の可能性 (4コメント)
  • 2018/02/01 13:10 【過去ブログ
    【過去ネタ再録】悪魔を浄化する君が代 (2コメント)
  • 2018/02/01 00:00 【韓国崩壊
    今月のキーワード:「さよなら韓国」と「前後関係」 (3コメント)
  • 2018/01/31 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国 (7コメント)
  • 2018/01/31 00:00 【雑感オピニオン
    超高給取りのNHK職員は「正当な努力」をしているのか? (3コメント)
  • 2018/01/30 11:00 【時事
    【夕刊】悪意に満ちた中央日報が日本を良くする (3コメント)
  • 2018/01/30 00:00 【国内政治|外交
    改憲後も日米安保を保持すべきだ (8コメント)
  • 2018/01/29 13:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国は名実ともに敵対国になる? (4コメント)
  • 2018/01/29 00:00 【金融
    ソフト・カレンシー建て債券の危険性 (2コメント)
  • 2018/01/28 12:00 【時事|金融
    【夕刊】580億円窃盗事件:暗号通貨を金商法の対象にせよ (2コメント)
  • 2018/01/28 00:00 【政治
    「人間の盾」構想と試される日本人 (3コメント)
  • 2018/01/27 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】しょせんは党名ロンダリング (2コメント)
  • 2018/01/27 00:00 【マスメディア論
    新聞業界が生き残る方法 (8コメント)
  • 2018/01/26 11:00 【時事
    【夕刊】「安倍訪韓」に関する分析の現時点のマトメ (6コメント)
  • 2018/01/26 00:00 【国内政治
    痛感する、安倍総理の説明責任の欠如 (9コメント)
  • 2018/01/25 08:30 【韓国崩壊|過去ブログ
    過去ブログ再録:「韓国と国際社会」 (1コメント)
  • 2018/01/25 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪:安倍総理は政治利用されるのか? (5コメント)
  • 2018/01/24 08:55 【時事
    【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない (16コメント)
  • 2018/01/24 00:00 【政治
    2017年の日韓観光統計を読む(前編) (1コメント)
  • 2018/01/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    【緊急提言】韓国大使の「ペルソナ・ノン・グラータ」を議論する (3コメント)
  • 2018/01/23 00:00 【国内政治|外交
    【速報】施政方針演説から外交を読む (1コメント)
  • 2018/01/22 12:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:韓国は国際社会への加害者だ (3コメント)
  • 2018/01/22 00:00 【金融
    産業構造の変化に対応する業界、しない業界 (2コメント)
  • 2018/01/21 12:00 【時事
    【夕刊】金正恩の刑事告訴を支持する (2コメント)
  • 2018/01/21 00:00 【マスメディア論
    ビジネスマンと政治経済評論 (5コメント)
  • 2018/01/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「主要国が韓国抜きで協議」報道の真偽 (2コメント)
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か? (1コメント)
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (6コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 2018/01/01 00:00 【マスメディア論
    ウェブ言論元年宣言 (5コメント)
  • 2017/12/31 00:00 【雑感オピニオン
    読者の皆様へ、今年1年の御礼 (6コメント)
  • 2017/12/30 00:00 【韓国崩壊
    安倍政権は東アジア秩序の再構築を目論む? (6コメント)
  • 2017/12/29 09:30 【時事
    慰安婦合意TF、韓国メディアの「逆切れ」 (9コメント)
  • 2017/12/29 00:00 【雑感オピニオン
    2017年はフェイク・ニュース元年? (3コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。