天皇陛下は8月8日、国民に向けてメッセージを発出されました。このメッセージは、いわば政治権能を持たない「天皇という立場」にある陛下が、政治的発言にならないよう慎重に配慮しつつも、我々国民に対して「国の在り方を考えよ」と諭されたものだ、と考えるべきでしょう。そうであれば我々国民は、憲法議論を恐れず、積極的に「国の在り方」を議論していく必要があるはずです。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    今日は祝日―

    本日は「山の日」なのだそうです。およそ2年前の平成26年(2014年)5月に改正された「国民の祝日に関する法律」が今年から施行されることにより、今後は8月11日が「山の日」の休みとなります。

    個人的には、8月といえばお盆休みもあるし、むしろ祝日のない6月に何らかの祝日を設けてはどうかと思ったこともあります。また、「山の日」を制定する根拠となった報道等を見ても、なぜ今日が「山の日」なのか、いまひとつよくわかりません。

    「海だ山だ、祝日多すぎる」慎重論もあった「山の日」 意義浸透が今後の課題(2014.5.23 22:04付 産経ニュースより)

    いずれにせよ、せっかくの祝日ですので、有意義に過ごしたいものですね。

    メディアの「生前退位」に苦言を呈す

    さて、今週・8月8日(月)、天皇陛下がお気持ちを述べられました。

    象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日付 宮内庁ウェブサイトより)

    全文はすでに公表されている通りですが、ポイントを要約しておきますと:

    • 戦後70年が過ぎ、2年後に平成30年を迎える節目となった
    • 即位後28年、80歳を超え、天皇の任務に制約が生じるようになった
    • 天皇が重病・未成年などの場合、社会が停滞し、また、天皇の終焉後には2か月の殯(もがり)をはじめ、国民の生活に懸念が及ぶ
    • 憲政下で天皇には国政に関する権能がないが、皇室と国民が相たずさえて日本の未来を築き、象徴天皇の務めが途切れぬことを念じて話した次第である

    といったところでしょうか。ただ、文章からは陛下のお気持ちがひしひしと伝わってきます。10分少々のビデオレターですし、お時間の許す限り、直接、陛下のメッセージを視聴されることを強くお勧めいたします。

    ところで、これを日本のマス・メディアは「生前退位」と報じましたが、考えてみれば失礼極まりない報じ方ですね。まるで「死ぬこと」を前提としているかのようであり、これらの報道に接していると不愉快極まりないです。この報道は諸外国でも注目されており、英語メディアの場合は「abdicate」(退位する)という用語が使われていますが、「退位」ないしは「譲位」は自発的に行われるものであり、「生前」などという不愉快な表現を伴いません(事例として、次のWSJオンラインの記事をご参照ください)。

    Japanese Emperor Akihito Indicates He Is Ready to Abdicate(米国時間2016/08/08(月) 20:05付 WSJオンラインより)

    いずれにせよ、「生前」退位という用語は、一般の人に対して使うときであっても無礼極まりないものです。マス・メディア産業に従事する全ての関係者に、猛省を促すとともに、この用語を使わないよう苦言を呈しておきたいと思います。

    象徴天皇としての権能

    さて、陛下のおことばに戻ります。

    今回のメッセージは、単に、「天皇もまた高齢となった」から「退位したい」、というものではありません。陛下の思いは、もっと深いところにあります。放送の中で陛下は「憲法の下、天皇は国政に関する権能を有さない」という点を強調されており、あくまでも政治的な発言ではなく、ご自身のお気持ちを我々国民にお伝えになる、という姿勢です。しかし、発言の内容を読めばわかりますが、「皇室が常に国民とともに歩むためには、象徴天皇としての務めが途切れず、安定的に続いていくことが必要」だという点に、陛下の思いが凝縮されているのだと思います。

    まさに、平成が始まってからの28年間、陛下は皇后陛下とともに、離島などを含め、それこそ全国各地を精力的に廻られました。また、外国を訪問される際にも、太平洋戦争の激戦地などで慰霊碑に献花を所望されるなど、平和を愛し、常に国民とともにあろうとするお姿は、我々国民の深い尊敬の対象でもあります。

    ただ、陛下のお言葉の中にもある通り、幼少の宮様が即位された場合や、天皇陛下が重病に倒れた場合などには、国民生活にも大きな停滞が生じます。昭和天皇が吐血されてから崩御され、さらに大喪の礼が営まれるまで、確かに日本は国を挙げて「自粛ムード」となり、経済活動も停滞しました。陛下がご懸念になられているのは、まさにこの点でしょう。

    そして、政治的なご発言に制約がある陛下に、ここまでのことを言わせた歴代政権の無為・無策を、私は強く批判します。さらには、憲法を含めた国の在り方の議論をしようとするときに、「憲法を守る」の一点張りで議論に応じようとしない野党議員、面倒くさい議論から逃げまわる与党議員を含めた国会議員たち、さらには彼らを議員に選び出した我々有権者にこそ、強い反省が求められているのです。

    憲法第7条を改正せよ!

    私自身、民主主義という制度は、この日本に適合していると思います。というのも、日本人は合意を積み上げる形で組織を運営することに慣れており、その意味で、様々な意見を代表する国会議員が国の方針を決めていくというやり方は、日本の風土に合致していると思うのです。

    一方、日本が日本であるために、やはり精神的な支柱としての天皇陛下は必要でしょう。日本国憲法第1条によれば、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とされていますが、我々日本国民の総意は「天皇陛下を慕い、敬う」というものであり、実際に現在の天皇の地位が、それに即したものとなっていることは間違いないでしょう。非常に皮肉な話ですが、私自身はGHQに「押し付けられた」とされる日本国憲法についても、意外と日本に合致している部分もあると考えています。

    ただ、日本国憲法には大きな問題点がいくつかあります。その一つが、「天皇の国事行為」について定めた憲法第7条です。「天皇の国事行為」は10項目もあります(図表1)。

    図表1 憲法第7条にいう「天皇の国事行為」
    号数 項目 備考
    憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること 法律はともかく政令まで天皇の公布とされるのは負担が重過ぎる
    国会を召集すること
    衆議院を解散すること
    国会議員の総選挙の施行を公示すること 「総選挙」は衆議院のみに使われる用語。憲法の欠陥の一つ
    国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること 内閣改造のたびに皇居での認証が必要となってしまうが、国務大臣の任命は首相に一任すべきでは?
    大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること 刑の執行の中断等は法務大臣が認証すれば良いはず
    栄典を授与すること
    批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること 外交文書は国会承認により「みなし認証」とすべき
    外国の大使及び公使を接受すること 外務大臣で十分
    10 儀式を行うこと

    いかがでしょうか?「備考」欄に私自身の思いを書きましたが、とにかく天皇陛下には細かい国事行為が多すぎます。法律の公布は国会で決議されたものである以上、陛下の認証を求めるのはまだ理解できますが、政令など時の内閣が決定するものです。法律が内閣に詳細の決定をゆだねている以上、わざわざ天皇陛下が政令の公布まで担うのは過剰です。

    また、同様に、「衆議院の解散」は内閣総理大臣が行えば良いだけの話ですし、「国会の召集」に至っては、フランス共和国憲法のように「国会議員選挙の30日後に当然国会が開かれる」という具合に、国政が自動的に動く法的仕組みにしておけば済むだけの話です。

    そのように考えていくと、天皇陛下が現在、果たされているお務めのうち、国事行為のかなりの項目は削減可能ではないでしょうか?

    国の在り方の議論を恐れるな

    憲法議論に踏み込むと、日本の場合は「護憲派」と呼ばれる勢力が条件反射的に「憲法を守れ!」などと反発してくることが予想されます。しかし、8月8日の天皇陛下による我々国民へのメッセージは、いわば、「憲法議論」といった小手先の法律の議論ではなく、もっと踏み込んで、我々日本国民に対し「国の在り方」を議論することの大切さを、天皇陛下が諭されたとみるべきでしょう。

    憲法といえば条件反射のように「第9条をどうするか」といった議論がなされますが、日本国憲法の問題点は第9条だけではありません。たとえば「参議院議員の通常選挙」という用語は憲法中に欠落していますし、憲法上、複数年度にまたがる予算の制定も技術的に難しいという面があります。私自身は日本国憲法中の「予算単年度主義」を是正すべきだと考えていますし、基本的人権のうち人格権については外国人にも適用されるべきである一方、選挙権については日本国民に限定すべきだと考えています。しかし、日本国憲法に定める理念のうち、重要なものは堅持すべきでしょう(図表2)。

    図表2 私が堅持すべきだと考える大原則
    項目 概要 備考
    法治主義 国会で決めた法律が最上位の社会規範となる仕組み 租税・刑罰の法定主義、私法の準則主義なども維持すべき
    自由主義 法律の範囲内で経済活動の自由が許される仕組み 環境権、嫌煙権など、時代に即した権利を考慮することは必要
    民主主義 国会議員や行政・司法の最高責任者は国民が選ぶ仕組み 裁判官の国民審査の対象を最高裁判事以外にも拡大してはどうか?
    基本的人権 全ての国民に対して基本的人権が尊重される社会 外国人に対する政治活動の自由の制限は必要
    平和主義 自ら侵略戦争を起こそうとしないという国の在り方 むしろ時代に合わせて「積極的平和主義」に舵を切っていくべき

    ただ、重要なのは、「憲法をどう変えるか」という議論ではなく、「憲法を含めた国の在り方そのものを見直す」という議論です。これを機に、国会ではぜひ、「国全体の在り方・理念」を見直してほしいと思いますし、我々国民サイドとしても旺盛な議論をしていくのが有益でしょう。私も、自らのウェブサイトを通じて、こうした議論に一石を投じていきたいと考えています。

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/25 00:00 : 「フランスのEU離脱」という議論の浅さ (外交)
  • 2017/04/24 20:30 : 北朝鮮危機と「安倍晋三」という指導力 (時事|外交)
  • 2017/04/24 00:00 : 力作「なぜ韓国は中国についていくのか」を読む (韓国崩壊)
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告